一見シンプルな中に様々な工夫、着るとさりげなくお洒落なuemulo munenoli プルオーヴァーシャツ『KARIN』

e0122680_15595543.jpg
e0122680_16001265.jpg


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


こちらはプルオーヴァーシャツの『KARIN』

一見シンプルな中に様々な工夫があり、着ると、さりげなくお洒落になるという素晴らしい1枚。

特に襟の立ち具合が絶妙なのです。

前後の長さが違うことや、全面がラウンドしていることなど、さりげないディテールが、効果を生み出しています。


服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli 『KARIN』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
23,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

# by guild-01 | 2017-08-20 16:00 | uemulo munenoli | Comments(0)

uemulo munenoli シャツワンピース『BEATA』

e0122680_15584208.jpg
e0122680_15581836.jpg



現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


こちらはシャツワンピースの『BEATA』


こちらも、写真で見ると分かりにくいですが、複雑な構造になっています。

上榁氏いわく「着物スリーブの変形です」とのことですが、肩から腕、裾にかけての作りがスゴイのです。

そのため、着ると柔らかいのですが、すっきり見えるのです。

服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli『BEATA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
25,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

# by guild-01 | 2017-08-19 22:41 | uemulo munenoli | Comments(0)

トップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作シャツは、オドロキの構造


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

本日から、さまざまご紹介していきたいと思います。


まず、今回、上榁氏が「標準シャツ」と呼んでいた『FLAVIA』からご紹介いたします。

このシャツが入荷した時、展示会の際、まじまじと、どういう構造になっているのか?見入ってしまったことを思い出しました。




e0122680_15573177.jpg
一見すると、普通のシャツのように見えますが、よく見ると。。
e0122680_15575596.jpg

右肩と右腕が一枚のパターン。左肩と左腕が一枚のパターンになっています。
しかも、肩より下は4カ所折り畳んだ構造になっているのが分かります。
つまり、肩や腕はボリュームが抑えられていて、その下からふわっと丸みを帯びた構造になっているのが分かると思います。

そして、前側は、ボリュームが出過ぎるのを抑えるために、すっきりカットしているのが分かると思います。
後ろと前の構造が違うのは、このためでした!

今回、ストライプにしたことで、より構造が見えやすくなったと思います。

うーむ、奥深いぞ、シャツ。
是非着てみてくださいませ。

服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoli『FLAVIA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
22,000yen +tax


uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

# by guild-01 | 2017-08-17 16:19 | uemulo munenoli | Comments(0)

8月15日(火)18時~は、かき氷とコーヒーのイベントやります



毎日暑いですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

随分昔に、南欧を旅していた頃、毎日40度という猛暑でした。(今年も猛暑らしいです)

でも、不思議に夕暮れ時になると気持ち良い風が吹いてきて、今まで誰も居なかった街に人が沢山出てきて、一転街は大にぎわいとなっていました。

皆、夕涼みに散歩しているのです。

それまで暑くて死にそうだったのに、なんだかその時間になると、ものすごく気持ち良いのです。

夕暮れ時の一番綺麗で気持ち良い時に出歩くのって良いなと、その時すごく思いました。


日本のリゾート地は、夕暮れになると、誰も居無くなることが多いです。

もったいないなと、いつも思います。



当店の前の大正通りも、18時くらいになると、必ず気持ち良い風が吹いてきます。

これは、昼間、コンクリートやアスファルトによって蓄積された熱と夜の冷気によって風が起きているのだと思います。


丁度、岩山の山頂付近の夕方に吹く風のような状況が生まれるみたいなのです。

こういった現象は、都市の様々な場所で見られるはずなので夕焼けが綺麗だったりすることもよくあります。


昨日は2重の虹が出ていました!

e0122680_17364619.jpg


そんなわけで、夕暮れ時に街に出るのって良いなということで、イベントを企画しました^ ^



8月15日(火)18時~は、お店でかき氷とコーヒーのイベントやります。

夏なのでコーヒーだけだとどうかな?ということで、涼しいものが良いな!と思いつき、かき氷とコーヒーの組み合わせにしてみました。



予定のスケジュール


8月15日(火)18:00〜は、かき氷をやります。氷自体にはそれほど味が無いので、様々な味が作れるようにセッティングしたいと思ってます^ ^

18:30くらいから氷と人類の歴史について話す予定(超面白いです^ ^)

最近筆者は、人と氷の関係の奥深さに様々気付いてワクワクしております。人類の進化の過程には、氷が密接に関わっていたのです。


8月15日(火)19:00〜は、コーヒー淹れ方講座で、どういうコーヒーが感動するのか?についてお話しします。なぜなのか理由も分かります(超面白いです^ ^)  19:30くらいから実際にコーヒー淹れる予定


8月15日(火)20:00〜は、雨が降ってなかったら花火も予定(打ち上げではなく、手持ちで)


参加費500円


全ての時間が無理な方でも、一部の時間だけ来るとかもokです。



場所

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

# by guild-01 | 2017-08-10 22:43 | ワークショップ | Comments(0)

オートクチュールドレスのモノづくりの一端を体験!『リネンとレースのサシェ作りワークショップ』のお知らせ

オートクチュールドレスのモノづくりの一端を体験!『リネンとレースのサシェ作りワークショップ』のお知らせ





contemporary creation+は、吉祥寺大正通りで16年続く服を中心としたセレクトショップです。

contemporary creation+では既製服だけでなく、デザイン画を描くところから作るオートクチュールドレスのオーダーを2012年から手がけています。

今回は、ドレスを仕立てる過程で様々気付いたこと・興味深いこと・楽しかったことなどを一般の皆様にも還元して楽しい時間を過ごす企画の一つとして、『サシェ作りワークショップ』を開催いたします。

このワークショップでは、ウェディングドレスに使用している本物のリバーレースやエンブロイダリーレースを使ってサシェ(sachet)を一針一針仕立てていきます。
とは言っても、シンプルなカタチなので針仕事はちょっと苦手という方でもご安心を。
どなたでもワクワクするサシェが作れると思いますよ^ ^

サシェ(sachet)とは?乾燥ハーブを布で包んだもの
クローゼットや引き出しの中、玄関に下げたりハンカチの間に入れたり、香りを楽しむアイテムの一つ。
日本では香袋と呼ばれ、長い歴史を持ち正倉院の宝物の中にも現存しています。
欧州では嫁入り道具の一つとして、また結婚する友人に送る事も。

May&Juneのアトリエに保管しているリバーレースやエンブロイダリーレースなどの中から気に入った柄をお選びいただき、針と糸で仕立てていきます。
そして、様々な香りのポプリをご用意しますので、仕上がったサシェの中に自分好みの香りを詰めて完成となります。

更に、オートクチュールドレスのオーダーの際と同じく、季節や時間に合わせて様々セッティングされたお茶とお菓子を楽しむことが出来ます^ ^
美味しいお茶とお菓子を楽しみつつ、楽しい時間を過ごしてみませんか?


日時
1日目 2017年8月19日(土)10:30~12:30
2日目 2017年8月26日(土)10:30~12:30

場所
contemporary creation+店内

費用 各回2300円(全二回4600円)

応募締め切り8月16日(木)

応募方法、メールまたは店舗への電話、店頭にて受け付けております。

メールはこちらをクリック

メールの際は、お名前・ご連絡先・参加人数をご明記の上、ご連絡ください。

電話 0422-20-8101 (12:30-21:00) 祝日を除く月・金は定休日

ご応募多数の場合は、先着順とさせていただきますので、ご応募はお早めにどうぞ。


一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていくデザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。


詳しくは
ホームページ http://mayjune.jp/

インスタグラム: 日々のこと、アトリエでの製作風景や
ドレスについて綴っています。 mayjune365



ontemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel:0422-20-8101
open 12:30-21:00((祝日を除く月・金は定休日)
http://guild3.exblog.jp

[PR]

# by guild-01 | 2017-08-08 17:11 | ワークショップ | Comments(0)