RAF SIMONS 2006SSのワイドパンツと『ラフシモンズ インタビュー』

e0122680_13364548.jpg



contemporary creation+ 所蔵の稀少品をご紹介します。

今回ご紹介するのは、JIL SANDER の後はCHRISTIAN DIORと、世界のトップメゾンのデザインディレクターを務めている、文字通りのトップデザイナーであるラフシモンズ(RAF SIMONS) 2006SSのワイドパンツです。

100%COTTON SIZE 46

稀少品につき、PRICE ASK


ショーの模様はこちらから

http://www.style.com/fashionshows/review/S2006MEN-RSIMONS




元々家具のデザイナーであったラフシモンズが、ベルギーのファッション学校である、アントワープ王立芸術アカデミー(Academie Royale des Beaux-Arts d'Anvers / Royal Academy of Fine Arts Antwerp)に入学しようとしたところ、面接時にデザインコンセプトや技術、デザイナーのあるべき姿等を語ったら、(それらを学ぶために存在するアカデミーには)「もはや入学する必要が無い、と言われた」というのは、有名な話。


実は、この前、当店でエキシビションを行ったYUYA TAKATE氏にも、管理人は、同じようなことを言いました。(笑)



ラフシモンズのコレクションは、見るべきものが多いですね。

それは、彼の作品が、ただ単なる服ではなく、アートにより近いものだからだと思います。

作品に深みがあるのです。



下にリンクしたのは、ファッション雑誌『GQ』によるラフシモンズへのインタビューですが、労働者階級の父母から生まれ、ファッション界とは無縁の環境で育った彼が、マルタンマルジェラのショーと出逢って衝撃を受け、ファッションデザインを志す様子が語られています。


GQ 『ラフシモンズ インタビュー』
http://gqjapan.jp/2012/04/25/raf-simons/




こちらの商品のお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-02-06 18:40 | 稀少品 | Comments(0)