梅雨の過ごし方あれこれ

e0122680_20125418.jpg




梅雨の過ごし方

毎日毎日 雨 雨 雨 うんざりしてくる時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。


とはいえ、梅雨っていうのは、悪いことばかりではなくって、良いことも沢山あるのです。

たとえば、植物にとっては、まさに恵みの雨

表に出て、木々を眺めると、全身で喜びを表していつかのような美しい緑に出逢ったりします。

中でも、この時期に一番楽しませてくれるのは、紫陽花です。


よく見ると、ものすごい種類がありますし、色も微妙に違うものです。

これは、紫陽花が、土壌によって、その色彩を変えるからということのようです。


この紫陽花も、日本原産ですが、パリの花屋の主役になれるような、そんな素敵な花です^ ^


欧州で6月というと、一年でもっとも暑い時期になります。

太陽が一番長い多く出ている時期なのですから、考えてみると当たり前です。


ところが、この時期にモンスーンの影響で、日本は梅雨になります。

そのおかげで、暑さが大分和らぐのです。


そして、梅雨の雨は、稲の生育にとって、まさに必要なものです。

私たちの食料事情は、冬の雪と雪解け水
それに、梅雨の雨、台風の雨に多く依存しています。



まあ、あんまり降り過ぎると大変なことになりますが、梅雨の雨、楽しんで過ごしたいものです。

日本ならではの、しっとりした色のお洒落を楽しめるのもこの時期ですが、
気分を明るくしたい場合には、明るい色の傘をさすのが効果的です。


あと、薄手のウールものは、この時期にも大活躍します(濡れても冷えないですし、汗は逃がす)ので、ぜひお試しを!!
[PR]

by guild-01 | 2014-06-11 20:21 | FASHIONの本質 | Comments(0)