梅雨時のお洒落のこつ 梅雨時に最適な素材とは?




梅雨時のお洒落のこつ 梅雨時に最適な素材とは?
e0122680_18542922.jpg


写真は梅雨時に大活躍するMILFOILオーガニックリネンカットソー



さて、もう6月ということで、当店近くの成蹊大学のケヤキ並木では、アジサイが見頃になっています。

当店でもアジサイの花を飾っていることが多いです。

もう直ぐ梅雨ですね。

ということで、本日は梅雨時のお洒落について、最適な素材を考えてみたいと思います。


大雨が降っている時はレインウェアで仕方ないとして、梅雨を快適に過ごすにはどうすれば良いのか難しいですよね。

そんな時、筆者は、薄手のサマーウールやウール混の素材をよく使います。

夏にウールって、そんなの暑くないの?と思われるかもしれませんが、冬暖かくて夏涼しいのがウールの特徴です。

その証拠に、犬とか猫、動物って、大体毛が生えてますでしょ。

それでも大丈夫なのは、これらが、空気を逃がして呼吸しているからなのです。


ウールは、表面に撥水作用があるので、多少の雨ならしみ込んでいきませんし、乾きが速いのが特徴ですので、雨に濡れても直ぐ乾きます。
匂いもつきにくいですし。

なので、少量の雨が降っている状況では最強の素材の一つと言えると思います。

ただし、虫に食われますので、しまっておく時は、防虫剤をお忘れなく!




麻は、撥水性はあまり無いですが、水に濡れると強度が60%も増すそうで、吸湿・発散性能も高く、速乾性もありますので、梅雨時に強い素材です。

虫に強く、バクテリアの発生を抑えるので匂いがつきにくい点でも大変優れた素材です。

昔から、日本は、麻の素材を多用してきました。
それは、日本の多雨多湿の気候にとてもよく合っていたためだと思います。

ところで、麻ってゴワゴワしていて着づらいと思っている方は居ませんか?

実は、巷にあふれている麻の商品の中には接着剤で貼付けた麻の糸で織ったものがあるのです。
当然、そういうものは、ゴワゴワしますし、不快です。
第一、麻の最大のメリットである吸湿発汗性がありません。。

こういう麻を着て、麻って着心地悪いよね、と思い込んでしまった方が、実はかなり多いと思います。

本当は、麻って、とても着心地が良いのです。
特に良質の麻の素材は。

そして麻の性質として、水洗いすることによって柔らかくなっていくことがあります。

なので、着込むたびに着心地がアップしていくところが楽しいです。

ただし、カビに注意

麻の保管には、乾燥剤がオススメです。

e0122680_17180949.jpg
写真は、麻×レーヨンのtomoumi onoによる名前の無いブランドのコート 



それから、シルク混、レーヨン(テンセル・リヨセル)混素材などが、梅雨時に活躍します。

これらの特徴は、吸湿・発散性能が良く、乾くのが比較的速い特徴があります。

レーヨンやシルクは、100%だと水に弱い性質を持っているのですが、コットンやウール、麻などとの混紡素材だと、弱点を補い合うので、快適に過ごせるようになります。

当店では、シルク混やレーヨン混紡の製品を比較的多く扱っていたり、筆者が製作した涼しいカットソーが、リヨセル・コットンなのは、そのためです。

そして、なんと言っても、シルクが混紡されていると、快適なだけでなく、肌触りも素晴らしいですし、発色も素晴らしいのです。

直射日光に当たると変色しやすいというデメリットも、この季節なら気にならないところも良いですね。

あまり明る過ぎない光の中で、もっとも綺麗に見える素材の一つが、シルクだと思います^ ^






ポリエステルは、通気性(吸湿・発散性能)が良くないので、ジョーゼット(空気を通す穴が沢山開いている素材)である事が必要になってきます。

当店で、uemulo minenoliのポリエステルジョーゼットの商品を多く扱っているのは、シワになりにくく、涼しくて日本の夏に最適な素材だからです。

これなら、蒸し暑い季節でも、とっておきのお洒落が可能です^ ^


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-06-07 16:59 | 季節のお洒落 | Comments(0)