衣服とは何か?筆者が服を取り扱っている理由とは?

衣服とは何か?筆者が服を取り扱っている理由とは?



筆者が服を取り扱っている一番の理由は、『服というのは、自分の一部』だからです。

自分の一部といっても、様々あるわけで、『見た目』の部分もあるでしょうし、『暖かさ』みたいなものや『着心地』みたいなものもあるでしょう。
社会のある集団に入るため、誰かに認められるためみたいな理由ももちろんあります。

そういうこと全て含めて『衣服』です。


筆者は、『自意識』では無い部分でも服の重要性を考えてます。
それは、『細胞』とか『皮膚や内蔵などの器官』が喜ぶような服を着るといったようなことです。

じわじわと良さの分かる服というのもあるんですよ。
身体を芯から暖めてくれるような、包んでくれるような服です。

そういう服を着ていると、気持ちが良いのでストレスが段々消えていきます。


『私』というのは、『私という自意識』ではなく、『私の身体とか細胞とか器官』を含めたものです。
その『私』のためにも服を着たいし、人に服を知って欲しいなと思ってます。

細胞とか器官レベルが喜ぶ服ってあるんですよ。
細胞とか器官レベルで安心する服もあります。

それは、衣服が自分の一部なのですから、ある種当然の事なのですが、普段、なかなかをれを自覚していない現実があります。


このように、衣服は『自分の一部』だから大事に決まっているのですが、「服がどうでも良い」と思っている人は結構多いようです。


食べ物もそうですよね。
食べたものが自分を形作っている。

そういう事が分からないと、わけの分からない食べ物になっていく。


だから、筆者は、衣服と食べ物が一番大事だと思っています。
ちなみに筆者は、建築も衣服の一部だと見なしています。


『医食同源』という言葉がありますが、筆者は、『衣食同源で医食同源』なのではないかと思っています。



何十万着の服を見ながら、数千着・数万着試着しながら、服を買ったからこそ見えてきたもの、沢山あります。
それを、様々な人々に着せてきたからこそ見えてきたものも、沢山あります。


その過程で、服作りに携わっている様々な人とも知り合いました。
真剣に服を作っている人達沢山居るんですよね。
それは、世界のいろいろな場所にです。
本当に色々な話をしてきました。


そういう事を知っているからこそ、経験しているからこそ、現在も服を取り扱っています。

着心地とかカタチとか風合いとかシルエットとか、服によって人は、ものすごく変わりますし、ハッピーになったり、安心したりするのです。

そういう事をいろいろ伝えていきたいなと今でも思います。

衣服、これからも大事にしていきたいですね。
[PR]

by guild-01 | 2015-09-26 20:22 | FASHIONの本質 | Comments(0)

メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー tomoumi onoのチェスターフィールドコートが入荷




大変お待たせいたしました。
メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー tomoumi onoによる『名前の無いブランド___no.10』のチェスターフィールドコートが入荷いたしました。
(春夏に入荷したコートとほぼ同じ薄手のコートです)


こちらも、文句なく素晴らしいコートです。
素晴らしいコートなのに、高級品にありがちな嫌らしい感じは微塵も感じさせない知的な佇まいがさすがです。

この落ち感、着心地、シルエットは、このコートにしか無いものです。
オートクチュールを学んでいたデザイナーの経歴を感じさせますね。

筆者も、これ欲しいです^^

真冬と真夏以外ずっと着れますし、このたっぷりとした生地の分量によるドレープは、心を落ち着かせます。


カラーはネイビー、サイズは、36,40です。



___no.10
designer tomoumi ono
made in japan
100% wool
size 36,40
78,000yen+tax


以下インタビュー

小野智海 ~名前の無いブランド~ 1/2
http://changefashion.net/interview/2011/12/05193316.html

小野智海 ~名前の無いブランド~ 2/2
http://changefashion.net/interview/2011/12/07194143.html


【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/

http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/index3.php

http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/index5.php


以上引用



contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2015-09-26 16:16 | tomoumi ono | Comments(0)