着心地良くスタイル良く見えるMILFOILオーガニックコットンエキストラシン(極細糸)のカシュクール長袖カットソー

e0122680_15463909.jpg




e0122680_18374819.jpg


e0122680_15550696.jpg
e0122680_15552529.jpg


本格的な春到来ということで、これからの季節に便利な商品のご紹介。


好評のオーガニックコットンのトータルブランド『MILFOIL』から、極上の風合いと着心地のオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)のカシュクール長袖カットソーです。


こちらは、バストトップが2重になっていて、下半分が一枚の作りなので、微妙な透け感の違いで立体的かつ奥行きがあるように見えます。
袖は、カーディガンを着ても、もたつかない細めの作りですが、二の腕のところには余裕がある絶妙な作りです^ ^


丈はやや短めなので、ワイドパンツやロングスカート、Aラインのスカートやワンピースなどもよく合います。

深めのVゾーンが縦の効果を産み、スタイル良くみえるカシュクールです。
 
 
黄色、オリーブグリーン、サンドベージュ、生成り、紺、黒の6色


これからの季節にピッタリのカットソーです。

MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
7,500yen+tax



関連記事 は、こちらから


こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-04-14 21:00 | MILFOIL | Comments(0)

着心地良く使いやすいMILFOILオーガニックコットンエキストラシン クルーネック長袖ワンピース

e0122680_18392718.jpg
e0122680_18400982.jpg
e0122680_18402392.jpg
本格的な春到来ということで、これからの季節に便利な商品のご紹介。


好評のオーガニックコットンのトータルブランド『MILFOIL』から、極上の風合いと着心地のオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)のシリーズの中から、着やすく使い易いクルーネック長袖ワンピース


腕はほどよくフィットしますが、バストトップでギャザーを寄せているため、見頃はゆったりとしていて着やすいです。

そして、生地がドレープしますので、ゆったりめのシルエットでも様々な体型の人に似合って綺麗なのです。


絶妙な開き具合の襟なので、何でも合わせやすいです。

極薄なので涼しく紫外線対策で夏場に半袖を着たくない方にも好評です。


極上のオーガニックコットンの繊細な糸を昔ながらの低速織り機でゆっくりと編みたてた生地で作ったから、風合いや着心地が抜群です。

染色は、コットンを漂白せず、製品染めしているローインパクトダイなので、元々のコットンの穏やかなクリーム色がにじみ出ているから、素晴らしい色合いと風合いを保っているのです。


MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE ONE SIZE
9,500yen+tax 3色(生成り、ピンク、紺)




関連記事 は、こちらから


こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-04-14 19:31 | MILFOIL | Comments(0)

春夏の色合わせの基本についてその1 桜編

e0122680_18485395.jpg

色合わせの基本についてその1 桜編


たとえば、春を表現するとして、代表的な『桜』の印象でカラーコーディネートするとします。


いろいろなやり方があると思いますが、上の写真を見てみてください。

これは、筆者が好きな『カスミザクラ』の咲き始めの様子です。

よく見ると分かるのですが、花の根元の部分は『えんじ色』をしていることが分かると思います。


『えんじ色=ボルドー』というと、秋の色だと思いがちですが、桜の花びらの薄いピンクと合わせると、桜の花の色になることが分かると思います。



つまり、こういう合わせ方の方が、より自然を奥深く表現出来るのです。


もっと詳しく観察していくと、木の幹の茶色やダークグレー、それに影になっている部分の黒なんかもありますよね。


そして、背景の薄いグレー


こうした色が、基本となるベースの色です。


その上に花の色の薄いピンクやつぼみの濃いピンクを持ってくると、桜の色を表現することが出来るようになります。






[PR]

by guild-01 | 2016-04-14 19:12 | FASHIONの本質 | Comments(0)