今、この時間でしか体験出来ない美しさを日々作り出していくこと

e0122680_22151522.jpg
e0122680_22121103.jpg
e0122680_22114830.jpg
e0122680_22123969.jpg

e0122680_22144046.jpg

e0122680_22133570.jpg



店内の改装をやりながら思ったこと その2


今、この時間でしか体験出来ない美しさを日々作り出していくこと。




やろうと思ったこと。

今、この時間でしか体験出来ない美しさを作り出していくこと。


たとえば、花の美しさは、日々刻々と変わっていて、同じ美しさは、再現出来ません。

だから、その現在の美しさを見て欲しいと思って、花を飾っています。


現在は、ユキヤナギが最高潮に美しいですね。

春の息吹を感じます。


木瓜も美しいです^ ^



今回、ライティングも、もう一度徹底的に見直しています。


やったことは、


1、光源の数を増やしたこと。


2、様々な高さに光源を置いたこと。


3、ダウンライトに使用していたライトをアップライトにして天井に反射させて、ふわっとした明かりにしたこと。


4、上部に空間の抜けを作って、奥からも光を感じることが出来るようにしたこと。


5、調光器を入れて、時間帯によって光の強さ、明るさを変えること。


6、15ワット球を中心とした弱い光の白熱球を多用したこと。


7、それらの光を様々な物質に反射させる光の質の違いによって、光を調節したこと


などです。



たとえば、試着室は、透けないぎりぎりの薄さで、光は通す素材を選んでいます。

そして、天井目一杯の高さから床まで布を垂らしています。

そのため、天蓋付きのベッドとか、テントの中の明かりのような効果を生んでいます。


他にも、様々な布、陶器、磁気、青銅器、鉄器、銅、真鍮、シルバー、亜鉛、アルミ、漆塗り、柿渋塗り、オイルフィニッシュの木、白木、レザー、ガラス、鏡など、反射率の異なる物質を使って光を多様化しています。


音楽でいうと、光のアンサンブルだったものが、オーケストレーションになったような感じですかね。

日々、あらゆる時間に合わせてそれらを調整しながら営業しております。


是非、光のオーケストレーションをお楽しみくださいませ。


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2017-03-19 22:32 | Comments(0)