RYOTA SHIGA受注会 明日11月20日(日)まで

e0126063_15301713.gif
e0126063_15304014.gif
e0126063_15311162.gif


上から、SILVER FOX x CURLY LAMBのコート 514,500yen(490,000)

CURLY LAMB x OLD SHEEPのジャケット 194,250yen(185,000)

SHAD BLUE FROSTのハーフコート 204,750yen(195,000)


RYOTA SHIGA展示・受注会 明日までとなりました。

明日、日曜の夕方からデザイナーの志賀さんがいらっしゃるそうなので、話を聞きたい方は、是非ご来店くださいませ。

お茶やお菓子なども御出ししますよ〜


毛皮は9万円〜となりますが、ワンピースは2万円〜あります。

そして、通常の服の販売もしてますので、念のため。



志賀亮太 : 福島県いわき市在住のデザイナー。
杉野服飾学園在学中にアントワープに渡る。卒業後、ミラノにてANTONIO BERARDIの
アシスタントデザイナーとして活躍。帰国後、賞を受賞し、経済産業省のサポートを受け
ドイツをはじめ世界各地でショーを行う。
3・11地震発生。被災する。
以後、被災地の復旧活動を行いながらチャリティーショーやコレクションを行う。
その活動がドイツの名門紙シュピーゲルの『原発事故と津波の特集』に6ページに渡り
掲載される。それをきっかけにオーストリアに招待され、サポートを受けて2012SS
コレクションを発表。

今回、contemporary creation+では、デビューコレクションである2011A/Wの中で、
毛皮会社とのコラボレーションによって誕生したファーのコレクションの受注会を行い
ます。毛皮会社との共同企画により、プライスは抑えてありますので、リアルなファーの
コレクションとなります。

毛皮というものが持つ、人類が人類になった根源、服が服になった根源、日本や東北の
システムについて、もう一度考え直すきっかけになれば幸いです。
よろしくお願いいたします。




期間中オーダーしていただいたものは、12月中にお届け出来ると思いますので、よろしくお願いいたします。


毛皮というと、”ゴージャスで素敵”という反応か、”動物虐待で見るのも嫌”という極端な反応があります。

でも、2011年の日本で、福島県いわき市にアトリエのある現実に被災されたデザイナーの毛皮の展示会をやるという意味は、それとは全く別の意図が管理人にはあります。


それは、人間が人間になった重大な要因の一つに、人間が毛皮を着るようになったことがあるという仮説に基づくものです。


人間の体毛がなぜ薄いのか?
ごく局所的にしか生えていないのか??

それは、氷河期や洪水・津波などで、毛皮を着ていなかった人達が死に、毛皮を着ていた一群だけが助かった。

ということがあったと思われるからです。


人類の毛皮への欲望は、ですから生と死に関わる根源的なものなんだと思います。


2011年3月11日
福島県のいわき市で震災と津波と放射能に遭遇したデザイナーが、毛皮というものに向き合ったのは、この生命の根源、人類の根源、生き残るという根源に対して、無意識に立ち向かっていった結果なのかもしれません。




近々、それについては詳しくテキスト化する予定ですが、
そこには、人間が人間になった根源、そして服というものの根源、そして東北と日本というシステムの根源があり、現在の日本にとって、最もモードであると、管理人は思ったからです。

是非皆さんも、その意味について考えていただけたらと思います。


商品につきましては、毛皮メーカーとのコラボレーション企画により、お値段を抑えているそうなので、着用する年数など考えますと、充分リアルなものと思います。
よろしくお願いいたします。



http://ryotashiga.com/


http://www.apalog.com/ryotashiga/



contemporary creation+
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/

武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-11-19 20:25 | RYOTA SHIGA | Comments(0)

RYOTA SHIGAの展示会11月15日(火)〜11月20日(日)

e0126063_15301713.gif
e0126063_15304014.gif
e0126063_15311162.gif


上から、SILVER FOX x CURLY LAMBのコート 514,500yen(490,000)

CURLY LAMB x OLD SHEEPのジャケット 194,250yen(185,000)

SHAD BLUE FROSTのハーフコート 204,750yen(195,000)


6月にやったRYOTA SHIGAの毛皮の受注会ですが、当時、梅雨で蒸し暑く、反応が無かったので、
もう一回、11月15日(火)〜11月20日(日)までやります。

期間中オーダーしていただいたものは、12月中にお届け出来ると思いますので、よろしくお願いいたします。


毛皮というと、”ゴージャスで素敵”という反応か、”動物虐待で見るのも嫌”という極端な反応があります。

でも、2011年の日本で、福島県いわき市にアトリエのある現実に被災されたデザイナーの毛皮の展示会をやるという意味は、それとは全く別の意図が管理人にはあります。


それは、人間が人間になった重大な要因の一つに、人間が毛皮を着るようになったことがあるという仮説に基づくものです。


人間の体毛がなぜ薄いのか?
ごく局所的にしか生えていないのか??

それは、氷河期や洪水・津波などで、毛皮を着ていなかった人達が死に、毛皮を着ていた一群だけが助かった。

ということがあったと思われるからです。


人類の毛皮への欲望は、ですから生と死に関わる根源的なものなんだと思います。


2011年3月11日
福島県のいわき市で震災と津波と放射能に遭遇したデザイナーが、毛皮というものに向き合ったのは、この生命の根源、人類の根源、生き残るという根源に対して、無意識に立ち向かっていった結果なのかもしれません。




近々、それについては詳しくテキスト化する予定ですが、
そこには、人間が人間になった根源、そして服というものの根源、そして東北と日本というシステムの根源があり、現在の日本にとって、最もモードであると、管理人は思ったからです。

是非皆さんも、その意味について考えていただけたらと思います。


商品につきましては、毛皮メーカーとのコラボレーション企画により、お値段を抑えているそうなので、着用する年数など考えますと、充分リアルなものと思います。
よろしくお願いいたします。



http://ryotashiga.com/


http://www.apalog.com/ryotashiga/



contemporary creation+
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/

武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-11-13 18:28 | RYOTA SHIGA | Comments(0)

RYOTA SHIGAの展示会やります。11月15日(火)〜11月20日(日

e0126063_15301713.gif
e0126063_15304014.gif
e0126063_15311162.gif


6月にやったRYOTA SHIGAの毛皮の受注会ですが、当時、梅雨で蒸し暑く、反応が無かったので、
もう一回、11月15日(火)〜11月20日(日)までやります。


毛皮というと、”ゴージャスで素敵”という反応か、”動物虐待で見るのも嫌”という極端な反応があります。

でも、2011年の日本で、福島県いわき市にアトリエのある現実に被災されたデザイナーの毛皮の展示会をやるという意味は、それとは全く別の意図が管理人にはあります。

近々、それについては詳しくテキスト化する予定ですが、
そこには、人間が人間になった根源、そして服というものの根源、そして東北と日本というシステムの根源があり、現在の日本にとって、最もモードであると、管理人は思ったからです。

是非皆さんも、その意味について考えていただけたらと思います。



http://ryotashiga.com/


http://www.apalog.com/ryotashiga/



contemporary creation+
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/

武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-10-22 22:20 | RYOTA SHIGA | Comments(0)

RYOTA SHIGA 2011A/Wワンピース

e0122680_1831072.jpg
e0122680_1821975.jpg


RYOTA SHIGA / JAPAN
100%WOOL
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
27,090yenyen(25,800)


デザイナーであり、パタンナーでもある志賀さんのワンピースは、パターンが面白い構造になってます。
それを3本のひもとボタンホールを使ってあれこれ変化出来るようになってます。

管理人は、ボタンのネックレスで変化させてみました!
(実は、これ、革命的なネックレスなのです ふふふ)


ボタンとシルバーのアクセサリーは、管理人作
2,625yen(2,500)

ワンピースは、コットン×ナイロンの黒バージョンもあります。

RYOTA SHIGA / JAPAN
50%COTTON 50%NYLON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
27,090yen(25,800)



今回紹介するデザイナーは、志賀亮太さん


RYOTA SHIGA
http://ryotashiga.com/


志賀さんの拠点は福島県いわき市にあります。

今回の大震災では、おばあさんの家の目の前まで津波が達したそうです。
なんとか床下浸水くらいで助かったそうですが、連絡がつかない、停電の状況で、世界観が変わったと言ってました。


志賀さんは、経済産業省のサポートを受けて、ドイツでショーを行ったことがあるそうで、今回の地震では、ドイツの名門紙『シュピーゲル』紙に6ページに渡って特集されています。

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSLVNQSUVHRUwtMmdpZqrJ.gif

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSU1BJRUdFTC0zR2E.gif

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSU1BJRUdFTC00SGI.gif


津波、地震、原発の放射能漏れ事故、そしてその中で生まれるファッションのコントラスト。


ドイツは、2022年に原発を全廃することを決定しました。
イタリア、ドイツと、第二次世界大戦の敗戦国は、核を放棄する決断を下しています。


一方、ファッションの日本代表として経済産業省のサポートを受けた志賀さんは、経済産業省が推進した原発によって被災するという皮肉な運命に見舞われました。

日本では、相変わらず、脱原発派を追い落とすための政治闘争などが行われているようです。
現地の人々の暮らしも考えずに。。


未曾有の事態。
それでも、志賀さんは、福島を拠点にしてファッションを作りたいと考えているそうです。



この状況下で、ファッションに関する賛否両論があると思います。
でも、世界に通用するファッションが、こういう状況下で生まれてくる不思議を、私達はもっと注目して良いと思います。

ファッションとは何か?それはとても難しい質問です。
でも、ファッションには様々な答えがあります。
正解は一つではありません。

当ブログは、様々な答えがあるからこそ、様々な可能性があるからこそ、ファッションというものを土台に活動を行っています。


原発を使った便利な生活。東北を都合の良いように利用して汚いものを押し付けて、生活の利便性を追求してきた私達の暮らし。

そういったものを考え直すきっかけに、東北のブランドがなったとしたら幸いです。

志賀さんは、来月、同じ福島出身の上榁むねのり氏http://uemulomunenoli.com/と合同で展示会をやるそうなので、ファッション関係の方は是非チェックしてみてください。

よろしくお願いいたします。


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-10-01 18:04 | RYOTA SHIGA | Comments(0)

RYOTA SHIGA 2011A/Wカットソー

e0122680_17475294.jpg
e0122680_1747256.jpg


RYOTA SHIGA / JAPAN
50%COTTON 50%NYLON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
20,869yen(19,875)

紐であれこれ遊べるカットソーです。
頭を入れる場所を変えても面白いです。
コットン×ナイロンの生地は極上ですね。



今回紹介するデザイナーは、志賀亮太さん


RYOTA SHIGA
http://ryotashiga.com/


志賀さんの拠点は福島県いわき市にあります。

今回の大震災では、おばあさんの家の目の前まで津波が達したそうです。
なんとか床下浸水くらいで助かったそうですが、連絡がつかない、停電の状況で、世界観が変わったと言ってました。


志賀さんは、経済産業省のサポートを受けて、ドイツでショーを行ったことがあるそうで、今回の地震では、ドイツの名門紙『シュピーゲル』紙に6ページに渡って特集されています。

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSLVNQSUVHRUwtMmdpZqrJ.gif

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSU1BJRUdFTC0zR2E.gif

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSU1BJRUdFTC00SGI.gif


津波、地震、原発の放射能漏れ事故、そしてその中で生まれるファッションのコントラスト。


ドイツは、2022年に原発を全廃することを決定しました。
イタリア、ドイツと、第二次世界大戦の敗戦国は、核を放棄する決断を下しています。


一方、ファッションの日本代表として経済産業省のサポートを受けた志賀さんは、経済産業省が推進した原発によって被災するという皮肉な運命に見舞われました。

日本では、相変わらず、脱原発派を追い落とすための政治闘争などが行われているようです。
現地の人々の暮らしも考えずに。。


未曾有の事態。
それでも、志賀さんは、福島を拠点にしてファッションを作りたいと考えているそうです。



この状況下で、ファッションに関する賛否両論があると思います。
でも、世界に通用するファッションが、こういう状況下で生まれてくる不思議を、私達はもっと注目して良いと思います。

ファッションとは何か?それはとても難しい質問です。
でも、ファッションには様々な答えがあります。
正解は一つではありません。

当ブログは、様々な答えがあるからこそ、様々な可能性があるからこそ、ファッションというものを土台に活動を行っています。


原発を使った便利な生活。東北を都合の良いように利用して汚いものを押し付けて、生活の利便性を追求してきた私達の暮らし。

そういったものを考え直すきっかけに、東北のブランドがなったとしたら幸いです。

志賀さんは、来月、同じ福島出身の上榁むねのり氏http://uemulomunenoli.com/と合同で展示会をやるそうなので、ファッション関係の方は是非チェックしてみてください。

よろしくお願いいたします。


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-10-01 17:56 | RYOTA SHIGA | Comments(0)