正しいアイロンのかけ方『上手く仕上がるニットやカットソーのアイロンのかけ方』について

e0122680_18170729.jpg




正しいアイロンのかけ方『上手く仕上がるニットやカットソーのアイロンのかけ方』について



毛並みが良いと美しく見えます。でも、ニットやカットソーがくしゃくしゃになってしまう場合があります。

そんな時、アイロンをかける必要があります。


良い品質のニットやカットソーにスチームアイロンをかけると、オドロクほど美しい毛並みになります。


筆者が10年以上愛用しているカシミヤ×シルクのストールを夏前に洗って保管しておきますよね。


で、寒くなってくる頃に取り出してスチームアイロンかけるのですが、毎年取り出した時には、「随分やつれたなあ、さすがにもうダメかな10年以上経っているし。。」と思うのですが、スチームをかけると、新品同様の輝きになり、「なんだ、まだまだ全然大丈夫じゃん」と思うのです。


それほど、スチームをかけると、蘇るのです(もちろん良い品質のものに限りますが。。)


アイロンが面倒だと思っている方も多いと思いますが、肌触り最高で色も美しいニットやカットソーに、寒い時期にアイロンをかけていくのは、実はとても楽しい作業です。

見る間に、どんどん美しくなっていくわけですから。



正しいアイロンのかけ方について。


皆様は、アイロン掛けをどうされているでしょうか?


一般的に、『正しいアイロンのかけ方』として広く認知されているのは、ワイシャツ(White shirts)のアイロン掛けのやりかただと思います。


力をかけて、シワを伸ばしていくというものです。


しかし、このかけ方は、ニットやカットソーには使えません。(生地が伸びてしまいます)


そこで、『上手く仕上がるニットやカットソーのアイロンのかけ方』について、今回は解説したいと思います。



まず、品質表示を見て『ナイロン』が入ってないことを確認します。

ナイロンは、アイロンをかけると溶けるので、必ず低温で当て布をする必要があります。

nylon , polyamide , pa などと書かれているのは、ナイロンが入っています。


もし分からないようなら、とりあえず当て布しましょう。


化学繊維が入っていないものは、そのままかけて大丈夫なものがほとんですが、ものすごく繊細で心配なものは、当て布した方が良いかもしれません。(ただ、当て布しない方が断然楽です)


アイロンに水を入れて蓋をし、低温くらいまで熱します

スチームの目盛りは、少なめくらいで良いでしょう。


あまりスチームが多いと水が飛び散りやすいので、とりあえず、ほとんどの場合、スチーム少なめ、低温で大丈夫です。


ニットやカットソーは、とりあえず裏返しにします(表側でもかけられますが、様々な想定外の事態にそなえるため、最初のうちは裏からアイロンをオススメします。裏からかけた方が縫い目の部分のアタリが出にくいということもあります。)


で、かけ方なのですが、アイロンを若干浮かせるような感じでかけます。


上からスチーム(蒸気)を当てて、繊維を立たせるようなイメージでかけていきます。


上から押し付けるのではありません。


動かす時も、ゆっくり滑らすように動かします。


コツは、最初に手で、ある程度シワを伸ばしておくということですね。


それと、横方向に押さえつけながら動かすのは止めましょう(横に伸びてしまいます)


洗濯で縮んでしまって、少し伸ばしたい時は、必ずスチームを当ててから、アイロンを一旦テーブルに置き、手でニットやカットソーの生地を引っ張って伸ばすようにします。

これだと、適度に生地が伸びます。


あと、襟や袖口、裾などのリブになっている部分は、必ず横に動かさずに、上から抑えるようにかけてください。


袖口や襟が伸びてしまった経験がある方も多いと思いますが、アイロンのかけ方が間違っている可能性が高いです。



ニットやカットソーの襟、袖、裾は、上からそっと抑える感じでスチームをあてていくのが正解。


伸びてしまった場合は、スチームをあててからタオルで包み、手でぎゅっと絞って縮めるという裏技もあります ^ ^


参考にしてください。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

by guild-01 | 2017-12-06 18:21 | 衣服のお手入れについて | Comments(0)

絵筆の代わりにアイロンを手にする日々。

e0122680_23374064.jpg


絵筆の代わりにアイロンを手にする日々。


昨年の改装でアトリエ部分は狭くなり、店舗部分が広がった。

これは、店舗部分で作業するためでもあった。

夜、営業の後、作業台の上でスチームアイロンをかける。


灯りは40ワットの電球
モニタースピーカーからは、バッハの『2台のヴァイオリンのための協奏曲』ヨーゼフ・シゲティ
http://www.youtube.com/watch?v=QMGsRZiBhwU


カシミヤ、シルク、エキストラファインメリノ、そしてコットンのニットが、スチームアイロンによって、明らかに輝きを増していく。



この感じ、何かに似ている。と思ったら、それは、美術館で絵画をじっくり見ている時の感じに似ている。

あるいは、名画を修復している人もこういう感じなのだろうか。


そう、私は、絵筆や彫刻刀の代わりにアイロンを手にしている。


スチームアイロンをかけることが、こんなに素晴らしく芸術的なことだとは、最近まで気付かなかった。


しかし、スチームアイロンをかけることは、まさしく芸術活動なのである。


一流のバレエダンサーが音楽に合わせて踊るように、スチームアイロンは、ニットの上を踊り、輝きや艶を増してゆく。
ニットのサーフェスは、レンブラントの絵のごとく輝いているのだ。


皆様も是非、スチームアイロンの芸術、お試しください。


裏側から70%
表から30%くらいが良いと思います。
[PR]

by guild-01 | 2014-01-31 23:36 | 衣服のお手入れについて | Comments(0)

ウール製品の洗濯の仕方について

e0122680_2236753.jpg



ウール製品の洗濯の仕方について


良い服買ったのはいいけど、意外と難しいのが洗濯です。

今日は洗濯の基本について考えたいと思います。

まずウールから考えてみたいと思います。


ジャケットやコート以外のウールは、特殊なものを除いては、水洗いした方がベターだとウールの専門家の人は言っています。
どうしても、ドライクリーニングだと、ウールに元々含まれている上質な油分が入れ替わってしまうのです。
水洗いなら、それが抜け落ちないわけです。




水洗いの場合、一番多い失敗が『セーターが伸びてしまった』『セーターが縮んでしまった!』
というもの。



まず、伸びる原因は、絞ってしまうから。
絞らずに、タオルなので水気を切るのがコツです。

もう一つ、平干しするということですね。

水気を含んだまま、ハンガーや洗濯バサミに挟んで吊るすと、悲惨なことになりますので、くれぐれも、伸びないように、比較的平な場所に干しましょう。




もう一つ、『縮んでしまう』ということですが、これは、一つには、ニットの多くが出荷する時に型に嵌め込まれて蒸気を当てて、延ばした状態で出荷しているためです。

なので、単純に洗うと縮みます。


出来れば、サイズを計っておいて、洗った後に、元の大きさに手でのばして整えるのがベターです。

まあ、なんとなく、感覚でも大丈夫だとは思いますが、必ず整えてください。



一番良くないのが、ごしごし洗うということです。
これは、繊維が絡んでしまってフェルトになってしまいます。

必ず、軽い押し洗い。
又は、裏返してネットに入れて洗濯機で弱で

カシミヤなど極端に柔らかいものは、洗濯屋に任せるか、もしくは、軽く押すくらいで。

筆者は、カシミヤ・シルクのストールも手洗いしてますが、全然大丈夫です^ ^



洗濯でもし縮んでしまったら、リンスを薄めたぬるま湯につけて、繊維ほほぐしてのばしましょう。


ただし、数回縮みを繰り返していると、毛糸が複雑に絡んだ状態=フェルト状になっていくので、こうなったら最後、もう元には戻らないので、ご注意ください!


もう一つは、熱いお湯で洗わないということです。
お湯で洗うと、ウールは必ず縮みます。

かといって水でも落ちにくいので、30度くらい(ぬるま湯)で洗うのがベター

ウールとは毛なので、シャンプーとリンス(コンディショナー)を使うという方法もあります。

筆者は、帽子や小物は、頭を洗うついでに洗ってます。簡単ですよ^ ^



洗剤を使う場合は、必ずウール(あるいはカシミヤ・シルク)専用のものを使ってください。
ウールの専門家は、「洗剤は使うな」と言ってますが、筆者の経験上は、ウール専用の洗剤なら、大抵大丈夫な気がします。ものすごく研究してますから。


洗剤で一番問題なのは、漂白剤と蛍光増幅剤が入っているものです。これは白いコットンとか麻以外に使用しない方がベターだと思います。
色が変わってしまいますのでご注意!!



ウールは、そもそも汚れを弾く性質があるので、なかなか中まで汚れません。

先日、着ているニットの上に水をこぼしましたが、完全に水をはじいて全く濡れませんでした。
ウールってスゴイ!!


使い方にもよります(身体に直接着ている場合とかは別です)が、よほど極端に汚れない限り、あるいは汚れの目立つ色でない限り、着終わった後、シーズンの終わり(3月の下旬から4月の上旬頃)に洗うだけで充分だと思います。
洗い過ぎは、品質低下の元になるので充分注意してください。
ただし、目立つ汚れが付いてしまった場合は、早急に洗うなり染み抜きなどしてください。

早く洗わないと落ちにくくなります。

なお、染み抜きは専門家に任せることをオススメします。
生地によって、取り返しのつかない事になりますので。。


ウール製品は、スチームアイロンをかけることによって、蘇ります。
そして虫に食われた!という最悪の事態を回避するためにも、是非スチームアイロンを使用してください。


基本、低温から中温です。

裏から80% 表20%かける感じで完璧です。



保管は、必ず防虫剤か、嫌な人は、虫の付かない桐や楠を使用したタンスに入れて保管してください。
防虫剤は、必ず1種類でお願いします。
2種類入れると化学反応を起こして効き目が無くなる可能性があります。

上質な着心地の良い服ほど、虫に食われますので、くれぐれもご注意を。。


以上、面倒くさいかもしれませんけど、基本、一年に一回とか二回の事ですので、面倒がらずに、良いお手入れをお願いします。

当店で買った商品のクリーニング方法が分らない場合は、気軽におたずね下さい。


ただし、洗濯とか向いてない人や忙しい方も居ますので、そういう方は、素直にクリーニング屋に頼みましょう。


そして、当ブログは、洋服に関してはプロですが、洗濯に関してはプロではないので、本を紹介しておきます。



服屋が読んでも、とても参考になります。


是非、一家に一冊そろえて、衣類を大事にしていただければと思います。


『家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ―クリーニングのプロが教える』

古田 武【著】
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784839941130



時間が出来たら、また他の商品の洗濯方法についても解説したいと思います。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp


コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-01-16 22:38 | 衣服のお手入れについて | Comments(0)