カテゴリ:tomoumi ono( 29 )

どこまでもハイレベル tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の最新作のダッフルコートが入荷

e0122680_17334669.jpg
e0122680_17321145.jpg
e0122680_17313421.jpg
e0122680_17322530.jpg



当店でも毎度おなじみtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の最新作のダッフルコートが入荷しました。

極上のダッフルコートが欲しい方は、もちろん、今までダッフルコートに興味が無かった方も欲しくなるような、そんなハイレベルなダッフルコートです。

展示会で、思わず「カシミヤ混ですか?」と聞いたほどの肌触りのウール100%
これ、ウールなんだと、びっくりしますよ。

シルエットも縫製も細部の仕上げにいたるまで、ハイレベル。

袖に腕を通すと分かりますが、とてもとても良い服なのが分かります。

メイドインジャパンも、ここまで来ています。

この服に至るまでの道のりって、相当に深く長いということが、筆者にはよく分かります。
テーラードの研究、オートクチュールの手法、一流ブランドの仕事、自分のファッションレーベルでの仕事の経験
様々な経験を経ないと、このような服は作れないということです。

ものすごく普通に見えますが、普通ではありません。
飛び抜けていますが、全く尖っていなくて、ものすごく普遍的です。うまく言えませんが。。
エレガントなのです


tomoumi ono
100%WOOL
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 36,38
カラー ベージュ、黒
92,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-24 19:04 | tomoumi ono | Comments(0)

袖に腕を通すと良さが分かります。tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のジャケット

e0122680_17230576.jpg
e0122680_17235260.jpg

20世紀後半から21世紀初頭にかけて、世界で最も影響力が強かったファッションデザイナー、マルタン・マルジェラの元でデザインを手がけていた日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のジャケットです。

袖に腕を通すと分かりますが、とてもとても良い服なのが分かります。

この服に至るまでの道のりって、相当に深く長いということが、筆者にはよく分かります。
テーラードの研究、オートクチュールの手法、一流ブランドの仕事、自分のファッションレーベルでの仕事の経験
様々な経験を経ないと、このような服は作れないということです。

ものすごく普通に見えますが、普通ではありません。
飛び抜けていますが、全く尖っていなくて、ものすごく普遍的です。うまく言えませんが。。
エレガントなのです

着て、すごく良いなと思える服を作るのって、実はものすごく大変です。
ハンガーにかかっていると分かりませんけどね。



tomoumi ono
100%WOOL
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 36
69,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-20 17:49 | tomoumi ono | Comments(0)

背中で語れる極上シルエットのtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のコート

e0122680_21331529.jpg
e0122680_21333784.jpg


メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』から極上のウールコートが入荷しました。

生地も素晴らしいですし、シルエットも秀逸

特に背中の丸みが素晴らしい。
背中で語ることの出来るコートです。


当店では、男女兼用アイテムとして考えております。
是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
93%WOOL 5%NYLON 2%SILK
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 38,40
94,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2017-09-30 21:41 | tomoumi ono | Comments(0)

tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』から使いやすいスーパーワイドパンツ




e0122680_17091676.jpg


e0122680_17102216.jpg

メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』から新作の使いやすいスーパーワイドパンツが入荷しました。
いわゆるタイ式パンツの構造を応用したワイドパンツです。

タイ式パンツといっても、そこはtomoumi onoの手によるシルエットは美しいわけです。

このシルエット、着やすくて合わせやすいんですよ〜
一度着るとやめられません。


tomoumi ono
100%COTTON
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE UNISEX FREE
27,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2017-09-30 17:18 | tomoumi ono | Comments(0)

体型が出ないのに美しい!tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』トレンチコート





e0122680_20435365.jpg
e0122680_20441814.jpg

メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のトレンチコートです。


ビッグシルエットで、身体のラインに響かずに、美しいドレープが出来ます。
大きめの方も着れるのに、小さい人が着てもエレガント。

ふわりとした仕上がりで、背中の丸みに特徴があります。

体型問わず美しくなる優れたコートです^ ^

秋口から春先まで着れてしまう便利なコート。

コートって全身覆ってしまうので、とりあえず、格好良くなります^ ^

是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
55%COTTON 45%PE
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 38
76,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-09-26 18:06 | tomoumi ono | Comments(0)

tomoumi ono 2018SSの展示会に行ってきました。

e0122680_15440698.jpg



tomoumi ono 2018SSの展示会に行ってきました。


tomoumi ono 2018SSコレクションは、tomoumi onoの今まで見た中で一番軽やかなコレクションでした。


色が綺麗だったのと、麻のワンピースとか、ストライプのフレアスカートとか、フェミニンな印象のものも登場して、乙女がワクワクしそうな服まであって、今回は軽やかな印象です。(今まで通り格好よろしい感じのものもシックなものも、もちろんありますが)



毎回、展示会で思うことは、ハンガーに吊り下がっている状態と、着た状態の印象が違うことで、これは、どれだけ服を見て来ても変わらない問題です。



筆者は、今まで普通の人では考えられないくらい服を見てきましたが、いまだにハンガーに吊り下がっている状態だけでは、服が良いのか悪いのか判断出来ません。(生地が良いか悪いかは判断可能です)




ですから、普通の人が、ハンガーにかかった状態で服が良いかどうか判断するのは、まず無理だろうなと思っています。


筆者にも分からないくらいなので。



今回も、ハンガーで見ると、もっさりした感じの印象だったパンツが、履くとボリュームが出てエレガントな印象になったり、見た目ある部分がタイトなのかと思いきや、ゆるやかなカーブが出来ていたり、そうなるんだ!とオドロクことしきり。


来期は何を仕入れるか?考えますね。



本当に服って奥が深いです。


立体の作り方は、生地との相性で成り立つんですよね。


小野さんの服は、その立体の作り方が、わけわからないくらい上手いのです。



そういうのって、平面で見てもさっぱり分かりません。



デザイナーの作った服が、「お洒落な人しか着こなせない特殊な服」と思っている方多いと思うのですが、そうじゃない場合多いのです。


ちゃんとしたデザイナーが作った服は、人間が着た時に綺麗に見えるように作っているから、ハンガーの見た目が変わってみえる場合がある。


でも、着ると、ちゃんと綺麗に見えるのです。

当たり前なんです、着た時に綺麗に見えるように作っているから。


それを知らずに、本当に綺麗な服を着逃している人多いと思うんですね。




服を着るとどうなるのか?当店でワークショップを受けると、様々理解出来ると思うので、是非受講してみることをオススメします。


筆者が眼から鱗だった数多くの体験を、皆様にフィードバックする場です。


ぜひご利用くださいませ。


『自分に似合う服の着こなしを知るためのワークショップ』夏期(8月末まで)は90分貸し切り可能です!





contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-08-03 15:53 | tomoumi ono | Comments(0)

とにかく極上です!tomoumi onoによる『名前の無いブランド』ロングジャケット・ライトコートと共生地のパンツ

e0122680_17170978.jpg
e0122680_17173404.jpg
e0122680_17204057.jpg
e0122680_17210844.jpg


本日ご紹介するのは、通称『名前の無いブランド』tomoumi onoのロングジャケット・ライトコートと共生地のパンツです。

裏地のない『背抜き』の作り。
これからの季節でも十分着れる3シーズン用のジャケット・コートです。
同じ生地のパンツもあります^ ^
セットアップにも出来て便利です。
着ると、ものすごく綺麗です。
もちろん着心地も抜群。


tomoumi ono
100%WOOL
MADE IN JAPAN
SIZE 36,40 (38はsold out)
82,000yen+tax

共生地のパンツは35,000yen+tax
SIZE 36,38

デザイナーの小野智海氏は、文化服装学院で服作りを学び、東京芸大で美術理論と平面における服のデザインの探求とテーラードによる服作りの研究をし、サンディカ(オートクチュール組合の学校)で立体裁断を学び、ミリ単位で構築していく服作りの極意を研究した後、メゾンマルタンマルジェラで綺麗な服も面白い服も両方デザインした後帰国し、自分のブランドを始めるわけですが

ブランドを始める際に名前を付かなかった。
「ブランドというより本の著者のような立ち位置で服を作りたかった」そうです。

なんというか、名前がどうというより、着れば分かるんですけど、服のことをものすごく分かった人しか作れない服なのです。
服って、ハンガーにかかった状態で、皆良いとか悪いとか判断してますけど、ハンガーにかかった状態で見ても全く分かりません。

それは、美味しそうに見える料理みたいな話で、美味しいかどうかは、食べてみなくては分からないように、良い服は着てみないと全く分かりません。

筆者も様々な服を着てきましたが、ハンガーにかかった状態は綺麗なのだけど、着るとダメな服沢山経験しました。
写真だと綺麗なんだけど、実物見ると全然ダメな服も沢山見ました。

ファッションってイメージが先行し過ぎなんですよね。
現在は、インスタグラムなどでイメージだけがやりとりされていて、それでみなスマートフォンで右往左往操られているみたいな気もしてます。
写真は加工出来るんですよね。。

そうじゃなくて、ちゃんと服の素晴らしさを伝えたくてもがいているっていうのが、当ブログです(笑)
もちろん、写真もちゃんと撮ろうとは思っているんですけどね。

そして、着てみて最高な服を作るには、ものすごい努力が必要で、そういうのって、なかなか普通の人は理解してない気がするんですよね。

着てみた瞬間に、あ、これスゴイってなるのって、ものすごく大変なのです。

そういう服が当店には沢山あります。



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2017-06-22 20:50 | tomoumi ono | Comments(0)

着ることの楽しさを再認識させてくれる通称『名前の無いブランド』 tomoumi onoのプルオーバーニット

e0122680_17253604.jpg
e0122680_17260368.jpg
着ることの楽しさを再認識させてくれる通称『名前の無いブランド』 メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナー tomoumi onoのプルオーバーニット

このニット、袖が腕にくっついてますよ!!
これ、一見してもどう着て良いのか?分かりません。
でも、2通り(またはそれ以上)に着れて、しかもそれぞれ表情が違って面白いのです。
これ着ただけで、春夏のコーディネートが面白く・楽しくなります^ ^
どうなるか?は、着てのお楽しみ^ ^

黒もあります。
100%COTTON
23,000yen + tax


【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-04-04 17:39 | tomoumi ono | Comments(0)

メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』から新作レディースジャケット


e0122680_17061673.jpg
e0122680_17064639.jpg





メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』から新作レディースジャケットが届きました。

しっかりとしたテーラーの作りの中にエレガントさが滲む素晴らしいジャケットです。

限りなくシングルに近いダブルのジャケットなので、ウエストやヒップの許容範囲がとても広いのが特徴です。
そのため、様々な人が美しく着ていただけると思います。

卒入学シーズンで、ちゃんとした服を着なくてはならない機会が増えるこの季節にピッタリなジャケットです。


tomoumi ono
100%WOOL
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 36
69,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-02-02 17:11 | tomoumi ono | Comments(0)

tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の美し過ぎるブラックドレス・ワンピース

e0122680_16322163.jpg

そろそろ年末ということで、忘年会やクリスマスパーティー、帰省など、お洒落して人と会う機会が増える季節です。

本日は、そんな時期にピッタリの服をご紹介いたします。

本日ご紹介するのは、メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のワンピースドレスです。

洗練されたモダンなクラシックドレスで、フォーマルな場面や、日々のお洒落など、どんな場面でも対応しやすいブラックドレスです。

バレンシアガのパタンナーの方にパターン・クチュールを習ったという履歴が示すように、昔のバレンシアガ的な匂いのするオートクチュールの影響が見られるカタチが秀逸です。


是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
100%WOOL
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 36
55,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-12-17 18:21 | tomoumi ono | Comments(0)