東京ファッションウィークの主要な展示会がほぼ終わったので、通常通りの営業に戻ります。

東京ファッションウィークの主要な展示会がほぼ終わったので、通常通りの営業に戻ります。

レポなどは、後日報告したいと思います。

本日は、当店で販売しているSTOP TPPバッグ(裏面はNO NUKES)を持って展示会会場を巡りました。
雨の日に資料を入れて持ち歩くのに非常に便利ですので、是非どうぞ。

本日のTPP承認案強行採決はありませんでしたが、まだまだ予断を許しません。

TPPは、本当にヤバいです。


日本の貿易額が域内の4割くらいあるのに、TPPには、法律に日本語の正文はありません。
TPP本文は英語で6500Pくらいあります。
日本語の仮訳ですら1800Pくらいしかないのです。

正文は、英語と仏語とスペイン語だけ。
法律は、言葉の微妙なニュアンスというのがあるので、英語のネイティブではない我々には完全には理解出来ないようになっているのです。
これは、完全な不公正貿易協定であり、危険な法律なことが明らかです。
日本の官僚や議員達で、この法律を完全に理解している人は、おそらく居ないはずです。
それこそが、まさに一番危険なことなのです。


「健康を害するなどの理由で、立憲主義により憲法に定められた概念に基づいて法律で禁止した場合に、国家に法外な賠償金を支払うようにされる可能性が高い。
ISDS条項で、莫大な賠償交渉の裁判をする仲裁裁判所の裁判官は、ワシントンにある世界銀行の下の事務局が決めている。多国籍企業の高級弁護士がやっている。」

「同じような協定がNAFTAにもあった。」

「カナダでイーライリリー社が特許を求めた。臨床実験が不足。OK出せません。提訴したが、カナダの最高裁でイーライリリー社が負けた。それを仲裁裁判所に持っていった。」

「ガソリンの中に危険な添加物が入っているので禁止→企業の利益を損ねた→仲裁裁判所へ」

「メキシコで産業廃棄物廃棄の許可から汚染物質。地方公共団体が危険なので禁止。企業の利益を損ねた→賠償金

「賠償額が数千億円で、弁護士団の報酬が数十億円レベルの高級弁護士団が付いている。」

「韓国では、TPPのモデルと言われている米韓FTAでエコカー減税や狂牛病による輸入中止が出来なくなった。」

「米国においても、多国籍企業に政府(国民の税金から)が巨額な賠償金を払わされる危険性が指摘されている。」 そのために、米国の大統領選挙では、TPP反対になっている。(ヒラリークリントンは、そもそも推進していた側なので怪しいとはいえ、反対と言っている。トランプは、完全に脱退すると言っている)

ドイツでは、大西洋版のTPPであるTTIP反対のデモに30万人が集まる事態となり、事実上TTIPは頓挫しています。


「NAFTAを締結するまでは、ISDS条項が、これほど問題だとは気付いていなかった。多国籍企業は、自分たちの利益を最大限にするために、この条項を使っている。」

遺伝子組み換えや、どこどこ産の何々製法で作られたなどの表記が出来なくなる可能性が高い。

家庭菜園禁止法さえ視野に入っている。


TPPを推進している最も熾烈な業界団体は、米国の多国籍医薬品企業と言われていますが、現在でも医療費の高騰が続いている(日本の医療費は年間40兆円=一人あたり35万円ほど)が、米国でもっとも破産が多いのは、医療費を払い切れずに破産するケースです。

以下は、米国で実際にあった例

$12,430.45(約124万円)
腹痛で6時間ほど痛みが止まらず、深夜12時ごろ救急へ行き、翌朝6時に病院を出たときの請求書。モルヒネ、胃酸をうすめる薬、いくつかの検査でこの金額。


$49,871.18(約500万円)
出産費用ですが、2週間の集中治療室がプラスされての請求額。


$36,771.25(約368万円)
盲腸(虫垂炎)の切除手術。


$60,652.80(約607万円)
交通事故で病院に3日滞在して。


$80,861.00(約809万円)
足首を骨折しての請求書。しかもここにはまだ、救急車、麻酔、検査の費用は含まれていないとのこと


$47,192.08(約472万円)
外科手術ですが、3日で退院していることを思うと、そんなたいした手術をしたとは思えないのですが……。


$125,991.11(約1260万円)
バイクで交通事故。4日入院で保険なし。

これ本当の話です。
本当に、人が生きていける国なのか?と思います。

副作用が強く、癌の原因になる抗がん剤の費用が一粒8万円とか普通にあります。
ひと月の治療費が100万円とか普通にあります。

こういうのが、効果が認められないとか、危険という理由でこれらの薬を禁止する法律を作ったとします。これがISDS条項によって禁止出来なくなると、医療費によって国家破綻や家庭が破綻というのは、現実的に起こりえることなのです。


企業や資本の利益のために国があり、人が居るような世界に絶対にしてはいけません。

TPPは、この国の最高法規である日本国憲法に違反しています。

TPPは絶対に認めることが出来ません。


[PR]

by guild-01 | 2016-10-28 23:43 | 展示会 | Comments(0)

東京コレクションウィークが開幕

昨日から東京コレクションウィークが開幕しました。

昨日はuemulo munenoliの2017SPRING SUMMERコレクションのプレゼンテーションに行ってきました。

少人数のモデルで見せる形式で、マークロスコを彷彿とさせる絵画の前で、uemulo munenoliの幾何学的な服が動く様は、とても美しかったです。
今回の服の着想は、アレキサンダー・カルダーの『モビール』だそうで、ふわりと軽やかな印象のレイヤードが特徴的。

写真は、こちらで見ることが出来ます。
http://www.fashionsnap.com/collection/uemulo-munenoli/2017ss/gallery/


今週と来週は展示会回りが多いので、出来るだけ開店時間には居ようとは思っているのですが、無理な場合があり、平日の15時以前にお店に来たい方は、事前に連絡していただけると助かります。
15時以降は、必ず居るようにします。

土日は、通常通りの営業です。
よろしくお願いします。


[PR]

by guild-01 | 2016-10-18 17:31 | 展示会 | Comments(0)

日本の服・アジアの服 JFW-IFFの展示会に行ってきました


JFW-IFFの展示会に行ってきました。



ここの展示会は、普通のデザインレーベルだけではなく、織物工場やニット工場、プリントの工場など、アパレル企業が様々出ていて面白いのです。


日本だけでなく、今回は、アジア各地の工場の製品なども見ることが出来ました。



筆者は、現在、服の歴史を考えているのですが、今回思ったのは、シルクロードを通じて、質の高い織物の工場があちこちにあるのだなということです。


歴史的に考えると、当たり前のことなんですけどね。


魚食系のニッティング(麻中心)の上に照葉樹林文化圏の織物文化(シルクなど)が乗っかり、さらに牧畜の毛が加わって混じって発展していったのが、織物の歴史です。

それが、東西を繋いで、互いに影響を与えていったのです。


地図を見ると分かりやすいのですが、長江とか揚子江の最上流部というのは互いにごく近くにあり、さらに東南アジアやインド方面へ向かう川も又、ごく近くにあるのです。

このあたりからだと、どこへものを運ぶにも水運で楽に運ぶことが出来る。


つまり、そのあたりが古くからの交通の要所であり、文化の結節点だったわけです。


お米も長江流域から日本へやってきたと考えられますが、織物の文化も、ヒマラヤやインド・中東などのものが、長江を通って上海に出て、そのまま船で日本列島に来た。そういう交流ルートが1万年単位であったのではないかと筆者は考えています。


長江を辿ると、黒潮に乗って必然的に日本へたどり着くのです。


インド・ヒマラヤ→長江→九州or日本の太平洋岸→日本海側→朝鮮半島→満州・シベリア みたいなルートがあったのではないかと、最近考えているのですが、それはともかく




近年、アジアのアパレル工場の質は、ものすごく上がっているところが(一部ですが)あります。

それは、おそらくハイレベルなデザインレーベルの下請けの仕事をこなして要求に答え続けてきたら、表現力が伸びてきたことがあるのではないかと思います。

ハイテクな量産工場とかではなく、古い技術を使って表現力を身につけるところが出てきた


トータルなデザイン力では、まだ及ばないところもありますけど、ものすごく力をつけてきたところがあるなと感じました。



正直な話、サッカーと同じで、もはや、日本が簡単に上回れる相手では無いと思います。


なので、やはり日本のアパレルは、サブカルチャーだけでなく、きちんとメインカルチャーとして語れるものを様々な事から学んで表現出来るようにならないと、生き残っていけないのではないかと思いました。



ハイテクとかクールジャパンとかでは、太刀打ち出来ない文化的な奥深さが、やはり織物・服にはあるわけで、そこをしっかりやっていかないとダメなのではないかと筆者は思います。







[PR]

by guild-01 | 2016-04-28 18:54 | 展示会 | Comments(0)

東京ファッションウィーク2016-2017AW 1週目あれこれ

e0122680_15141738.jpg


東京ファッションウィーク2016-2017AW 1週目

かなり出遅れながら、あちこち見て回っております。

疲れた〜

詳しくは、また書くと思いますが。。

本日は、服をさまざま見ながら、様々なデザイナー・パタンナーさんとマニアックなパターンや仕様について語り合いました。

こんなの構造的に可能なの?というパターンもありました。

皆さん、様々な視点からこだわっていて面白いです。

こういうの解説しているファッション雑誌とかファッションの本、見かけませんよね。。

デザイナーさん達、「気付かずに通り過ぎられる」って言ってましたよ。


服って、食べ物が食べてみないと分からないように、着ないと分からないものなので、どう伝えるのか難しいんですよね。


うちの服も、もっと着てくれる人が増えると、買う人が増え、日本のデザイナーの服も、もっと売れるようになると思うんですけどね。

筆者は、衣食住というのは、メインカルチャーであり、一過性の流行だけで捉えられるものでは無いと思っています。

誰かが、「日本にはサブカルしか無い」と言ってましたけど、筆者は出来るだけメインで語ることが出来るようにしたいなと思います。
だって、人生の基本ですよ、衣食住。
それについては、様々な試みをすると思います。

服作りにしても、その人が、過去にいろいろ経験した様々なことが反映して作りあげられています。
だから、素晴らしい服っていうのは出来上がるわけです。

筆者も、今まで様々なものに出逢ってきたので、色々な引き出しがあります。
そういうのを伝えられたらなと思います。


とりあえず、店内は、春夏の服中心です。
着てみたい方は、様々な体型の人にとって、目から鱗のシルエットの服とか様々ありますので、ぜひお試しくださいませ。

週末は通常通り営業しております。
また、3月21日(月)は、祭日なので営業いたします。

それでは、よろしくお願いします。


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから







[PR]

by guild-01 | 2016-03-18 22:07 | 展示会 | Comments(0)

東京ファッションウィークのため

今週から本格的に東京ファッションウィーク2016-17AWが始まりました。
展示会行くので、平日の早い時間は店が開いていない可能性があります。
大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

16:00以降は、確実に居ます。
どうしても、それ以前しか来れないという方は、事前にアポイントいただければ、居るようにします。

よろしくお願いします。

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2016-03-15 18:38 | 展示会 | Comments(0)

東京コレクションレポート その1uemulo munenoli 、__tomoumi ono2016SS

e0122680_16465530.jpg



遅くなりましたが、
東京コレクションレポート その1です。

本日は、当店取り扱いの、新しい時代の東京ファッションデザインを代表する2つのデザイナーレーベルから。


uemulo munenoli 2016SS

イタリアでファッションデザインを学び、CoSTUME NATIONAL , JIL SANDERという欧州のトップメゾンでデザイナーを歴任し帰国した上榁むねのり氏が手がける uemulo munenoliの2016SSコレクションは、欧州から帰国して自身のブランドを立ち上げてから5年目になります。

uemulo munenoliは、毎回新しい試みをデザインに取り入れて展開している、現在最も注目すべきデザイナーの一人だと思います。


今シーズンからパリの展示会に出展したということもあり、原点回帰の白シャツ中心のコレクション。
コットン白シャツと淡いブルーのシャツ中心です。(展示会には無かったですが、実際の販売では、黒もあります)

予想通り、欧州での評価も良かったようで、欧州のバイヤーだけでなく、パリコレに来ていた中東やアジアのバイヤーにも多数声をかけられたとおっしゃっていました。

元々、筆者は、上榁さんの作品は、欧州なら速攻で売れるはずと思っていたので、まずは良かったです。

世界での評価ですが、次回の秋冬がどうなるのか?今から気になります。(ちなみに今年の秋冬は、今までの中でも最高傑作の一つだと思ってます)

また、パリには持っていかなかったそうですが、今回、シルクのシリーズも登場。
今後の展開が楽しみです^^




____tomoumi ono 2016SS

文化服装学院→東京芸大→サンディカ(フランスのオートクチュール組合学校)→メゾン・マルタンマルジェラのデザイナーという異色の経歴を持つ小野智海氏が手がける『通称・名前のないブランド=本当に名前が無い 笑』もデビュー5年目に突入。2016SSコレクションは、小野氏がかなり気合いの入ったコレクションで、充実したラインナップになっていました。


テーラードの美しさは相変わらずで、生地も仕立てのフォルムもドレープも全てが高次元。
春先のコートも楽しめそうです。(冬物のPコートは、サイズ追加しました=34.38,40,42)


今回は、可変するトレンチコートなども出ていました。要注目ですよ。
そして、腕にスリットの入ったデザインを多用していましたが、さぞ着た人が美しく見えるのではないかと思います。
今回、初めて写真も充実し、極めて完成度の高いコレクションとなりました。


春が楽しみです^ ^
[PR]

by guild-01 | 2015-11-04 17:02 | 展示会 | Comments(0)

10月28日(水)は16:00〜21:00の営業となります

東京コレクションウィークの展示会のため、10月28日(水)は16:00〜21:00の営業となります。
他は、通常通りの営業です。
よろしくお願いします。
[PR]

by guild-01 | 2015-10-27 20:46 | 展示会 | Comments(0)

週末(土日)は、通常通り営業いたします

東京コレクション、怒濤の4日間が過ぎました。
かなり見ましたが、見きれなかったところも結構あります。。
来週は、もう少し時間あるかな??

週末(土日)は、通常通り営業いたします。

よろしくお願いします。

コレクションレポートなどは、また後日。
[PR]

by guild-01 | 2015-10-22 22:37 | 展示会 | Comments(0)

2015/16AW東京コレクションレポート

2015/16AW東京コレクション
展示会レポート

nest+ambience 合同展示会だと、最近は、ここが一番見所が多いです。

uemulo munenoli
まず、当店取り扱いのブランドJIL SANDER出身のデザイナーuemulo munenoli の次シーズンの新作ですが

コートが面白かったですね。
こういう展開をしたのか、なるほど。展開力がアップしています。
しかし、よく毎回、これだけ新しいことを思いつきますよね。
来シーズンのは、円形モチーフが多かったです。
そして、相変わらず、ジオメトリックなラインの合わせ方が秀逸です。
色も素材感もバリエーションが増えました。
やはり、この人は才能ありますよね。毎回感心します。


_____no.10 tomoumi ono
メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー小野智海さんの通称『名前の無いブランド』は、スウェットも登場。
そして今回、カシミヤ100%のニットも始めたそうです。
コートのプライスは、8万円前後となっていました。
生地の値段が上がったため、ちょっと値上がりしましたが妥当な感じのプライスです。
ジャケットも綺麗だったですね。



以下いろいろなデザイナーを見てきました。

ヨウジヤマモトからアレキサンダーマックイーンのシニアパタンナーという経歴を持つ中井英一郎氏が手がけるELZA WINKLER
昨シーズンデビューのブランドで、昨シーズンもトレンチコートが綺麗だなと思って見ていたのですが、デザイナー氏が、うちのオープニングレセプションの時に来ていた事が判明。思い出しましたよ。
会ったことありますよね。
今時珍しい、きちんとしたまっとうな服のコレクション。
海外だと、これズバリで良い感じなんですけど、これが、現在の日本で通用するのか?とか、いろいろ話してきました。通用してほしいですけどね。


そのあたり、アントワープから帰ってきてラグジュアリーな方向から東京モードへの転換をはかっていたTARO HORIUCHIは、先シーズンくらいから表現が安定してきた印象を受けます。
素材や柄も面白くなってきていました。


文化服装学院出身の中国人デザイナーLEONARD WONGのレザーも、面白かったです。
ブランド立ち上げ2シーズン目だそうです。
これから有名になるかもしれませんね。


まだ一度もとったことないですが、divkaも毎回面白いもの作っています。



以下は、個展から

アントワープアカデミー出身の本郷いずみ氏手がけるVAN HONGOもずっと見ています。
ここのニットも独自の路線で大変面白いです。
特に今春夏シーズンのは好きだったのですが、丁度ユーロが瀑上げしていて値段的に。。となりました。


同じくアントワープアカデミー出身のYUIMA NAKAZATOは、従来のステージ衣装、アート路線から、ウェアラブルなコレクションに移行。
素材感も良く、リアルでモードな、なかなか良い感じの服を作っていました。
今までは、正直店でバイイングするとかは無いブランドという認識でしたが、これからはバイヤーも注目のブランドになったと思います。


以上、2015/16AW東京コレクションレポートでした。
[PR]

by guild-01 | 2015-04-02 21:03 | 展示会 | Comments(0)

東京コレクション2015AWから 日本のニットの未来を考える

今期は、ファクトリーの生産遅れで、インディペンデントなブランドは、ようやく春夏商品が入荷したところですが、ファッションの世界では既に来期の2015秋冬東京コレクションがスタートしています。

筆者も合同展示会を中心に回っておりますが、ちょっとピックアップしてみましょう。

当店では、来シーズンからスタートする日本のニットファクトリーのファクトリーブランドを入れることになっています。


そのファクトリーブランドのプロジェクトリーダーの方やデザイナーの方々とお話する機会が先日あったのですが、日本で生産されているニットは、全体のわずか4%になってしまったそうです。

アパレル全体では8%だそう。
生活の基本である衣食住の衣の生産が、たったのこれだけ。

せめて30%くらいには復活させたいところです。


そこの会社では、今まで安いラインのニットしか生産していなかったのですが、日本のニットファクトリーが消えていく中で社運をかけて、素晴らしいクオリティーのニットを生産するためのブランドを立ち上げるというプロジェクトを2年前にスタートしたそうです。


そして、スーパーファインのアルパカを使ったシリーズが、来シーズンデビューします。

筆者も実際の商品を見てきましたが、素晴らしい商品に仕上がっていました。

試行錯誤の連続だったそうで、ニットを扱う方に関しては、素晴らしい技術を持っているのだけれど、私達に足りなかったのは、『表現力』だったということに気付いたそうです。


日本のファクトリーは、技術力があるので、技術的な難易さを求めがちなのです。

でも、我々が欲しいのは、着心地であったり、見た目の美しさや、色や素材の素晴らしさ、立体の美しさだったりします。

そのための表現力を学んで、序所に出せるようになってきたのだそうです。


これだけ素晴らしい技術を持ったニッターの方達が、時給700円とか800円で働く世の中を変えていかないと日本の工場が終わってしまうと言っておりました。

本来、アパレルのファクトリーというのは、お洒落な場所、誇るべき場所なのだと。

そういう風に憧れてもらえるようにならないといけないとおっしゃっていました。


イタリアのニットファクトリーなんか、まさにそうですよね。
街と一体化していたりします。

お洒落は、ファクトリーから生み出されるという気概があります。




さて、インディペンデントなデザイナーの方でも、ニットを題材としたデザイナーが居まして、今回ピックアップするMotohiro tanjiは、筆者がここ数シーズン見守っていたブランドです。


今回初めてショーを行ったということで、メルセデスファッションウィークのサイトにビデオと写真が上がっていますが、筆者が今まで見てきた中で、今回が一番出来が良いと思いますので、是非見てみてください。

こちらから
http://tokyo-mbfashionweek.com/jp/brands/detail/motohiro-tanji/


スポットライトが当たるところと当たらないところによってニットに立体感や陰影が生まれ、彼のコレクションがより面白くなっていると思います。


このコレクションを見て、どうしても欲しい方がいらっしゃいましたら、その商品を仕入れることも可能ですので、是非筆者にご相談ください。(3月末まで)

どれも他には無い個性的な商品ですので、欲しい方がいらっしゃれば是非。


厚手のストール・マフラーで24,000円〜
プルオーヴァー、カーディガン、スカートで3万円から6万円台
ワンピースは4万円台が中心です。
手編みを駆使したものは、値段が上がります。

(ただし、コレクションピースのもの凄いやつに関しては、この限りではありません)



こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

[PR]

by guild-01 | 2015-03-24 17:04 | 展示会 | Comments(0)