DAN TOMIMATSU ドライフラワーベース『Veil』

e0122680_23165165.jpg
e0122680_23162782.jpg
e0122680_2316484.jpg


イタリアの大学院を卒業し、帰国後、プロダクトデザイナー、ジュエリーデザイナーとして活動する富松暖氏による、最初のオリジナルプロダクトが、こちらのフラワーベース『Veil』です。

オフィシャルサイト
DAN TOMIMATSU
http://www.dantomimatsu.com/

この花瓶が革新的なのは、生け花を飾るのではなく、ドライフラワーになっていく過程を見つめることが出来る花瓶ということです。

生産は、日本で、ガラス職人が吹いて作っています。
単なる筒に見えるかもしれませんが、実は、やや台形になっていて、しかも内部が歪んだ構造になっており、花がより美しく見える構造になています。

花を生ける棒もオリジナルで、六角形に削り出しています。
プロダクト、コンセプト共に完成度は極めて高いと思います。

『Veil』
DAN TOMIMATSU / JAPAN
MADE IN JAPAN
27,300yen(26,000)

現在外苑前のSUSギャラリーhttp://susgallery.jp/にて、RECRYSTAL EXHIBITION -SUSgallery window project- 9/28~10/19まで氷砂糖を、モチーフにした展覧会が開かれていますので、是非足を運んでみてください。
よろしくお願いします。



こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-09-30 23:39 | DAN TOMIMATSU | Comments(0)

uemulo munenoli ブラウス 『carta』

e0122680_16333634.jpg
e0122680_1634644.jpg




CoSTUME NATIONAL, JIL SANDERなど世界のトップメゾンのデザイナーとして活躍し、昨年帰国された uemulo munenoliの新作は、極細の日本メイドのPEを使った軽やかなブラウス。

uemulo munenoli オフィシャルサイト
http://uemulomunenoli.com/


ミニマルなディテール、興味深い構造。
静謐さやアートを感じる独特のたたずまいは、いかにもジルサンダー直系という感じです。

それもそのはず、上榁氏は、ジルサンダーの布帛部門のチーフデザイナーを務められていた方。



暑い日本の晩夏から秋にも対応出来る優れたブラウスです。
透け感が綺麗なので、インナーもお洒落に見せることが出来ますね。
重ね着で晩秋にも対応出来ます。

こちらは、ホワイトシャツバージョン
http://uemulomunenoli.com/collection_carta.html


ちなみに、この写真のインナーに着たのは、TAKIZAWA NARUMIのアーカイブから
アシメトリー・トップ。ワンショルダーにもツーショルダーにも使えます。


blouse 『carta』
uemulo munenoli /JAPAN
100%PE
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
29,400yen(28,000)

top
TAKIZAWA NARUMI
100%COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
9,975yen(9,500)

TAKIZAWA NARUMI オフィシャルサイト
http://temp.takizawa-narumicom.officelive.com/default.aspx


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-09-29 16:37 | uemulo munenoli | Comments(0)

uemulo munenoli ブラウス 『tank』

e0122680_1611982.jpg
e0122680_16103440.jpg




CoSTUME NATIONAL, JIL SANDERなど世界のトップメゾンのデザイナーとして活躍し、昨年帰国された uemulo munenoliの新作は、極細の日本メイドのPEを使った軽やかなブラウス。

uemulo munenoli オフィシャルサイト
http://uemulomunenoli.com/


ミニマルなディテール、興味深い構造。
静謐さやアートを感じる独特のたたずまいは、いかにもジルサンダー直系という感じです。

それもそのはず、上榁氏は、ジルサンダーの布帛部門のチーフデザイナーを務められていた方。



暑い日本の晩夏から秋にも対応出来る優れたブラウスです。
透け感が綺麗なので、インナーもお洒落に見せることが出来ますね。
重ね着で晩秋にも対応出来ます。

こちらは、ホワイトシャツバージョン
http://uemulomunenoli.com/collection_tank.html


ちなみに、この写真のインナーに着たのは、TAKIZAWA NARUMIのアーカイブから
アシメトリー・トップ。ワンショルダーにもツーショルダーにも使えます。


blouse 『tank』
uemulo munenoli /JAPAN
100%PE
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
31,500yen(30,000)

top
TAKIZAWA NARUMI
100%COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
9,975yen(9,500)

TAKIZAWA NARUMI オフィシャルサイト
http://temp.takizawa-narumicom.officelive.com/default.aspx


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-09-29 16:30 | uemulo munenoli | Comments(0)

saisir by Akiko Iwata 2011A/W フードジャケット

文化服装学院の大学院 BFBの一期生で、ヨウジヤマモトのパタンナーを経て独立した岩田亜希子さんの手掛けるブランド saisirのフードジャケットです。

オフィシャルサイト
http://www.saisir-clothes.com/index.html
e0122680_1955435.jpg
e0122680_19543372.jpg


ここのブランドはパターン力がスゴいので、写真では分り辛いのですが、面白いパターンになってます。
襟とフードが繋がった構造になっていて美しく、しかもオリジナリティ溢れる構造です。

ジッパーの開け閉めによって、カタチやドレープを変化させることが出来る優れた構造。

買いやすい値段も嬉しいですね!


色はベージュと黒の2色。

saisir / JAPAN
65%PE 35%VISCOSE
MADE IN JAPAN
SIZE M
34,650yen(33,000)


中に着たのは
saisir by Akiko Iwata 2011AWワンピース


この商品への問い合わせ
contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-09-28 19:56 | saisir | Comments(0)

saisir by Akiko Iwata 2011AWワンピース

e0122680_19415347.jpg
e0122680_1941950.jpg


文化服装学院の大学院 BFBの一期生で、ヨウジヤマモトのパタンナーを経て独立した岩田亜希子さんの手掛けるブランド saisirのワンピースです。

オフィシャルサイト
http://www.saisir-clothes.com/index.html


ここのブランドはパターン力がスゴいので、写真では分り辛いのですが、面白いパターンになってます。
フロントのドレープは背後に回すことも出来ます。

リヨセル×コットンですので、秋口に着やすい美しいシルエットで合わせやすい一枚です。

パーティーでも普段でも共に使えて便利です。

黒もあります。

saisir / JAPAN
70%LYOCEL 30%COTTON (ベルト100%PE)
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
24,150yen(23,000)





この商品への問い合わせ
contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-09-28 19:48 | saisir | Comments(0)