サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている

e0122680_22161375.jpg


初秋のコーディネイト例など

写真左から、コットンのメンズロングカットソー(180euro),カシミヤ・シルクのストール(100euro)

コットンの帽子(12,600yen),カシミヤ100%のニット(320euro),カシミヤ・シルクのストール(80euro),ウールのパンツ(270euro)

シルク・コットンのカーディガン(245euro),レザーとコットンのカットソー(165euro),オーガニックコットンのワンピース(6,195yen),ハンドメイドのレザーベルト(120euro),ナットのチョーカー(3,675yen)

シルク・コットンのカーディガン(245euro),オーガニックコットンのカットソー(6,615yen),アルパカ・シルクのストール(70euro)

NO NUKES ガベッジバッグ(1,050yen)



サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている。

互いの長所・短所を見極めながら、

バランスを考えながら、

組み合わせた時のハーモニーを考えながら、


ちょっとアシメトリー(左右比対称)にしてみたり、

ちょっと丈を長くしたり、短くしたり

上手く出来ると、美しいサッカー(コーディネイト)が出来上がります。


コツは、まず、素材(アイテム・選手)が持っている資質をよく見極めることです。

その上で組み合わせていきましょう。


text by

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2013-08-31 19:27 | FASHIONの本質 | Comments(0)

小浜はるみ さんの写真展 インスタレーション

e0122680_2115291.jpg


当店のホームページの写真なども撮っていただいている写真家の小浜はるみ さんの写真展が、吉祥寺と浅草で開かれています。
是非足を運んでみてください。


吉祥寺は写真展
浅草は、シフォンの生地を使ったインスタレーションだそうです。


以下、小浜氏のホームページより引用
http://casavoutadiary.tumblr.com



mederu jewelry×小浜はるみ企画展『一瞬の永遠性』
8月17日(土)~ 9月1日(日)

mederu jewelryさん店舗にて展示を行うことになりました。

mederu jewelry は丁寧な手仕事で作られる、さりげなく肌に溶け込むようなアクセサリーで人気のブランドです。

浅草店ではお店の中の小部屋に映像によるインスタレーションを展示致します。また、吉祥寺店では写真展示を行います。

浅草店も吉祥寺店も、mederu さんの美意識がちりばめられたとても心地の良い場所です。夏の暑さが少しでも和らぐような空間を作りたいと思います。

ぜひお立ち寄り下さい。

詳細はこちらです
http://www.mederu-jewelry.co.jp/products1/meets_photo.html

mederu さんによる小浜のインタビューも掲載されています。合わせてご覧頂ければ幸いです。


mederu jewelry
浅草店
〒111-0032
東京都台東区浅草7-6-1

吉祥寺店
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町4-9-16
[PR]

by guild-01 | 2013-08-28 21:02 | Harumi Obama | Comments(0)

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない

e0122680_17452644.jpg




『素敵』は死語か?

最近LEDが省エネだからとかの理由で、店の照明をLEDに変えませんか?と言ってくるセールスの人が増えているのだが、当店は、『裸電球』が好きなので、変えるつもりはありません。


電球というのは、その光の波長というか、ブレ方みたいなものが本質的なので、大変落ち着くのだ。

そういうのは、消費電力とか明るさ(ルクス)などの定量化が出来ないものである。

音楽の音色もそうだ。

今、パブロカザルスのチェロをライブ用のモニタースピーカーでかけているのだが、こういう音の素晴らしさも又、定量化出来ない。
当時の録音設備は現在とは比較にならないし、ノイズもスゴい。でも素晴らしい。


Cortot, Thibaud, Casals - Beethoven Archduke
http://www.youtube.com/watch?v=GCS9bURe3y8



服の素晴らしさも、これと同じで定量化出来ないものだと思う。



以前、友人と話していた時に、最近『素敵』って言葉聞く??『素敵』って死語だよね。って話になった。


「え?」俺、ほぼ毎日聞いてるよ。
しかも、年間1000回以上、「素敵」て言われる。

といっても、もちろん、自分の事ではなく『服』がだ。


そういえば、服の量販店で働いていた時は、『素敵』なんて言葉は聞いたことが無かった気がする。

『かわいい』は、よく聞いた気がするけれど。。



『素敵』 素晴らし過ぎて敵わないさま。
ものすごく素晴らしいさま

これが、よく使われている『素敵』



もう一つ、『素適』 素晴らしく適っているさま。
という『素適』があると思う。


この『素適』は、とても奥が深くて、素のままで適っている=言うまでもなく素晴らしいのである。

これが一番難しく、一番高度なお洒落なのではなかろうかと、当店は考えているわけです。


で、この『素適』は、電球の光や、パブロカザルスのチェロの音色に大変近いものだと感じている。

波長が、素のままで本質に適っている。

それを、うまく波長を合わせ素晴らしい音楽に変えていくのが、オーケストレーションであり、ファッションのコーディネートである。
そのように思うわけです。


当店が目指しているのは、スタイルを作ることではなくて、布や服を使った『オーケストレーション』や『アンサンブル』なんですね。

そして、服のコーディネートというのは、トリオの演奏やカルテットの演奏に一番近いのではないかと感じています。

それを上手くやると『素適』になり、それは、素晴らし過ぎて敵わないほど『素敵』になる。

こういう事なんじゃないかと思ってます。


音楽が好きな人は、服が好きになる素養を持った人なんだと思います。
食べ物も『音楽的に作る人』と『視覚的』に作る人が居ます。

当店は、『視覚』であるはずの『服』を音楽的に作ってます。
服っていうのは、音楽と視覚と触覚を併せ持った『総合芸術』なのです。





text by

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-08-25 22:16 | FASHIONの本質 | Comments(0)

履く現代アート proef新作ストッキング『Paint』シリーズ

Half Paint



Whole Paint



Middle Paint



好評のproefストッキングですが、2013新作のペイントシリーズ

従来のproefストッキングとは、ストッキングそのものも技法も異なる新作になります。


履く現代美術といった感じで、お洒落ですね〜

着るものが少ない季節、他の人に差をつけるお洒落の重要なポイントになりそうです。



proef
83%nylon 17%pu
made in Japan
4,725yen(4,500)

Half Paint , Whole Paint , Middle Paintの3種類

イエロー、ブルー、ブラック の3色



以下changefashionのproefのデザイナー 斉藤 愛美インタビューを一部抜粋


全文はリンク先をご覧下さい。

proef 斉藤 愛美 ~プロダクトデザインとファッション~


―それでどうしてストッキングを作ろうと思われたのですか?

あれはもともと学生時代に行なったプロジェクトの1つです。2010年のミラノサローネにアーネムのデザイナーでみんなで出展しようというグループプロジェクトがあり、普段は生産路などを考えずにデザインをするのですが、量産できるものという前提で、みんなでコンセプトを立ててそれぞれが作品を作って一緒に展示することを目的にデザインしました。


―どういう発想からあのストッキングは生まれたのですか?


何気ない出来事に角度を与えて、人に何かを気づかせる、考えさせる、その角度がアートのひとつの性質だと思うんですけど、それがデザインにもできるんじゃないかなと思っていまして。そうした考えから表面を作りたいと思いました。


人が表面を通して何かを見るということ、このストッキングの例を挙げれば、普段何気なく存在している足というものがあって、そこに規則正しくプリントされた表面を履くことで今まで見えていた足とは違った形態が現れる。

以下
http://changefashion.net/interview/2011/10/21190115.html


proef 斉藤 愛美  ~プロダクトデザインとファッション~ 2/3
http://changefashion.net/interview/2011/10/24192300.html


proef 斉藤 愛美 ~プロダクトデザインとファッション~ 3/3

いいデザインは、説明が要らないし、言葉なんてなくても伝わるものだと思います。
ただモノや感覚だけじゃなくて、そこにベースになる理論がそのデザインの立場を守ることになるのかなって。そういうことを大学時代ずっと言われ続けてきましたし、そういうものだと思ってます。


中略


そうですね。ただそこを切り離して考える必要は無いと思っていて、言語は文字を使っていて、アートやデザインはイメージを使っている。

文字も言ってしまえばイメージですから。


たとえば日本語だと他の国の人から見ればただの記号でしかなくなってしまいますし、結局それ自体に意味があるのじゃなくて、その文章の集まりから生まれる何か、がコンセプトですよね。

頭で考える部分と、感覚で感じる部分の両方のバランスをとってどうアプローチするかなんじゃないかな、と思います。


以下
http://changefashion.net/interview/2011/10/26193356.html




こちらの商品のお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2013-08-20 20:51 | proef | Comments(0)

お洒落になるためには、どうすれば良いのか??

e0122680_1733377.jpg





以前、期間限定でスタイリングのお手伝いをする企画をしましたが、これから本格的に始めようと思っております。



お洒落になりたいけど、どうしても上手くいかないという人、多いと思います。
そこで、今回は、どうすれば、お洒落になるのか?
考えていきたいと思います。




筆者も、考えると昔はダサかったと思います。

ファッションに興味を持ったのは中学生の頃ですから、男にしては早めかなと思います。
ただ、雑誌とかで勉強してスタイリングを真似てみるわけですが、どうしても上手くいかないわけです。

今考えると、よくそんな変な格好してたなと思います。



高校生になると、アルバイトでお金を貯めて、かなり良い服を買い出すわけです。

これも、似合いませんでした。今考えると。。



ただ、高いデザイナーのちゃんとした服を買っただけあって、モノは良かったわけです。
今見ても、良い生地だったりします。

現在の仕事のことを考えると、この当時、服に散財(投資)したのが、今の仕事の基礎を築いていると思います。


フランス製やイタリア製の生地の素晴らしさ、アルパカや上質なコットンの素晴らしさに気づいたのも、この頃です。


パターンや色が、当時の自分に合わなかっただけなんですね。

でも、残っている服達を今着てみると、案外着こなせてしまったりします。




大学時代は、けっこう奇抜なというか、ロックな格好もしてました。
真っ赤なGジャンとか、パンクなTシャツとか。

靴は当然ドクターマーチンとか。。


そうかと思えば、イタリアの奇麗な色のポロシャツを2枚重ねてみたり。。
いろいろなタイプの服を買って着ました。

でも、まだ、お洒落な人とは呼べなかったですね。


なんで、そんなことしたのか。。と思うこと沢山あるわけですが、いろいろ試行錯誤だったのですね。

大学の図書館でコレクションブランドのショーの写真をスケッチするとかもやりました。

ファッション好きだったのです。




それから、大学出てから、ユニクロみたいな低価格のカジュアルショップで働きました。

これは、非常に良い経験だったです。

なぜかというと、安い店なので、様々な人が来るわけです。

老若男女、実に様々な人が来ました。

女子プロレスラーに接客したこともあります。


こうして、数年で数万人から十数万人は接客しましたかね。


どういう体型の人には、どういうカタチの服が合うのか?
上下はどういうバランスにすべきなのかという膨大なデータが蓄積されたのです。


最初から洗練されたブランドのブティックやセレクトショップで働いていたら、こういう経験は積めなかったと思いますから。



一方、仕事をしながら、主に欧州を旅しました。



管理人がショップをやろうと思ったきっかけは、イタリアに行った時に見た、ブティックのショーウインドーの圧倒的な格好良さでした。

それは、現代アートと見間違うばかりの空間と造形物だったのです。

はっきり言って、惚れましたね。



それから、数年、欧州に行く度、様々な服を見てきました。

そして、段々着るようになり、何が凄かったのかが、序所に分かるようになっていきます。


そして、旅先で、様々な場所があり、シチュエーションがあり、光の具合があるわけですが、どういう場所でどういう色が美しく見えるのか?

どういうスタイルだと合うのかが、経験として分かっていくようになったのです。


結局、自分が、お洒落に対して自信を持てるようになるまで、随分かかりました。

これが、自分のショップを開くまでに行ってきたことです。



多分、レストランとか菓子屋を開く人たちも、同じようなことをしていると思います。

やはり、自分自身が納得出来るまで、経験を積まないことには、そういうことは身に付かないということだろうと。



なので、ファッションのプロになりたいと思っている方は、筆者と同じように、出来るだけ多くの服を見る、着る、買うということをしてみるべきだと思います。

失敗を恐れず、あれこれトライすべきと言えまね。

そして、様々な人と接したり、様々な場所に行ってみるべきだと思います。

特に、優れた服は、着れば着るほど、自分の中に引き出しが増えていくものですから。




とはいえ、ファションのプロではない、一般の方々に、そんなことをしている余裕も時間も資金もないでしょうから、今まで、失敗や成功、様々重ねてきた筆者が、コーディネートやスタイリングのアドバイスをしながら、上手く服を着れて、他人に『お洒落だね』と呼ばれるような人になるお手伝いをしたいと思っております。

管理人が費やしてきたお金や時間と比べると、遥かに安価に、短時間でお洒落になると思います。



オーナーバイヤー以外に、自分のお金で服を数百万とか数千万とか買う人は、世の中にほとんど居ません。

まして、これほど世界中の服を買った人間は、そんなには居ないと思います。


その知識と経験を、皆様の日々の生活に少しでも役立てれば、と考えております。


お店を初めて今年で12年目になりますが、今まで数々の感動的な服に出逢ってきました。

そして、お客さんに様々服を着せてきました。

こう言っては失礼ですが、このオバちゃんおじさんが、こんなに美しく変身するんだ!と、腰を抜かすほど驚いたこともあります。


服って、スゴイのです。

お洒落、楽しいですよ。


一応、スタイリングは、ミニマム3万円から とさせていただきます。


もちろん、普通に服を買っていただいても、ある程度のアドバイスは出来ますが、これくらいの金額以上でないと、『スタイリングする』というところまでたどり着かないので、ということで、この価格を設定しております。

コーディネート割引もありますので、是非ご活用くださいませ。

よろしくお願いいたします。



こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)





ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-08-13 16:14 | FASHIONの本質 | Comments(0)

MILFOIL オーガニックコットン エキストラシン(極細糸)のカットソー

e0122680_16212771.jpg



今回ご紹介するのは、MILFOIL オーガニックコットン エキストラシン(極細糸)のカットソーです。

甘く繊細な織りと、生成りから染めるローインパクトダイの微妙な風合いが素晴らしいカットソーです。

絶妙な首の空き具合が、コーディネートの幅を広げます。

極薄の生地が、優しい着心地と表情を生み出します。


超長綿ならではの、洗った後の蘇り方が、これまた素晴らしい。

日本製

MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
6,875yen(6,500)

色は、生成り、ペパーミントグリーン、イエロー、オリーブ、バーガンディー、ネイビー、ブラックの7色

e0122680_16205895.jpg


e0122680_162389.jpg






こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)





ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-08-08 16:24 | MILFOIL | Comments(0)

MILFOIL / Lovegeの売り切れていたと商品と新色追加しました

e0122680_1343695.jpg



MILFOIL / Lovegeの売り切れていたと商品と新色追加しました。

メンズのオーガニクリネンの半袖Tシャツ8,925yen(8,500)

レディースのオーガニックコットン・エキストラシンの新色

写真は、Lovegeのカットソー
繊細で柔らかく、素晴らしい風合いのカットソーです。


100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE M.L
6,615yen(6,300)



当店で取り扱いのオーガニックコットンのブランドMILFOILの展示会で伺ったのは、インドでは、世界最大規模の綿花の栽培が行われているのですが、インドにおけるモンサントの遺伝子組み換え種子のコットンのシェアは、なんと80%だそうです。

とんでもないことになっているのです。

ちなみに、オーガニックコットンの割合はたったの0.6%だそう。


オーガニックのコットンをやっている業者達が、モンサント社に狙われて撤退せざるを得ない状況になっているそうで、現在大変な事態だそうです。


やはり、モンサントの人たちが、オーガニックの畑にモンサントの種子をばら蒔いていくそうです。

オーガニックと在来種の種子を守らなければなりませんね。



関連記事
ORGANIC LIFE STYLE MILFOIL
http://guild3.exblog.jp/i29/




contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

[PR]

by guild-01 | 2013-08-03 13:43 | MILFOIL | Comments(0)