東京コレクション日記2015SS 独自の進化を遂げる『malamute』

東京コレクション日記、じわじわ行きます。


今回書くのは、2シーズン目の新進ニットブランド『malammute』

前回、change fashionの滝田氏のイチオシで見て来た。
というか、そもそも滝田氏を紹介してくれたのが、小高さんだったような気もするのだが。。


デザイナーの小高真理氏は、文化服装学院大学院大学卒業後、ISSEY MIYAKEを経て、MIKIO SAKABEなどのニットを担当。
昨シーズン、自身のレーベルを立ち上げた方。


しかし、ISSEY MIYAKEは、個性的な人材を採用しますよね。
他に2人知ってますけど、どちらも超個性的なクリエイターです。

筆者が、『売れるかどうかは、よく分からないけど、明らかな才能があると感じている人材』をしっかり採用しています。
その懐の深さがトップブランドなんでしょうね。

MIKIO SAKABEのへんてこりんなニットも、この人が作っていたのか。


さて、『malammute』である。


デビューコレクションは、良いのか良くないのかよく分からなかったが、インパクトがあった。
そして独自だった。そして何より話が面白かった。

デビューコレクションのテーマは、「おばあちゃんが持っていた黒と赤の「FEILER(フェイラー)」花柄のタオルが嫌いだった子供の頃の記憶が、大人になってみたら、もしかして、あれはお洒落だったかもしれない」と思いついて始めたコレクションだそうだ。


ダサイが、お洒落に見えなくもない。
ビミョーだ。


しかも、モールニット
皆さん、モールニット知らないでしょう。

昔、筆者が某安いカジュアル系服屋で働いている時に売ってましたよ、モールニット。

それを使うか?


(それが、後で街で見かけたら、お洒落だったのです。しかも目立つので直ぐ分かる)



筆者 「小高さん、どこ出身ですか?」

小高 「所沢です。」

筆者「そうでしょ、西武線っぽいですよ、このコレクション」

小高「分かりますか?それです。あのビミョーな感じを出したかったんです」

筆者「分かる、分かる。あの都会に近いのに、全くあか抜けない感じ。これは西武線だ。」

滝田「俺、全然分からない」



こんな会話が交わされてから半年。
今回も、招待状が送られてきたのですが、その中にはコレクションの写真集が同封されていました。

ぱらぱらめくってみると、これが実に素晴らしい写真集なのです。

写真は、こちらから見れます。
http://malamute-knit.com/2015sscollection/



ホームページを見てみると、今年の木村伊兵衛賞を受賞した、新進の写真家 森栄喜さんが撮影しているとあります。

どうりで、ものすごく良いと思ったわけです。



動画がこちらから見れます。
http://www.tokyofashionfilm.com/pages/malamute_2015ss.html


写真集は、江の電と稲村ケ崎、鎌倉で撮影されています。

筆者「あの写真集、ものすごく良いですよ」

小高「ありがとうございます。この写真集のおかげで、いろいろなところから問い合わせが来ました。」


HIGH FASHION ON LINEの編集長 西谷真理子さんのブログにも紹介されていました。


西谷真理子 ファッションエディター
2015東コレ日誌「女子の強気」なお一層。
■malamute
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-10-16/15ss-nishitani-03/




では、コレクションの話に戻ります。



今回のコレクションは、「子供の頃、父親と一緒に作ったトランジシタラジオ」がモチーフになっているそう。

小高「子供の頃に、ハンダ使って作ったんですよ。ラジオ

その部品の『抵抗=トランジスタ』にストライプが付いているじゃないですか?」

筆者「あ、あるね。あ、あれですか、このストライプ!笑」

小高「分かりますか?言っても分からない人多いんですよ。」

筆者「そりゃ、分からないでしょうね。うちの父親もオーディオ自作してたので。。JBLのスピーカーやら真空管アンプやら」

小高「うちの父も真空管ラジオ作っていました。
で、ラジオから電波が出るじゃないですか。その電波のイメージなんです。」



筆者 「これが電波ですか。もしかして、このニットの微妙なストライプはシルク??」

小高 「そうです。シルクをランダムに使ってます。それも電波のイメージです。
今回は、コットンとシルクを多く使っています。ストライプの腕の部分はシルク100%です。肌触り良くしたいので、直接肌に触れる場所は、シルクにしてあります。」


筆者「いろいろ工夫しているんですね。
電波もあると思うけど、チルデンセーターモチーフだよね。皇太子とかがテニスの時に着てそうじゃない??木のラケット持って」

小高「そうです。そのイメージもありました。
そういう時代なんです。父親の持っていた古い写真がベースになっているので。そういうイメージを森さんに伝えて写真を撮ってもらいました。」


とにかく、個性的で、我が道を行く、malamuteであった。

個性派女子の皆さん、いかがでしょうか??


小高さん身長152センチだそうなので、小柄な女性の方にもよく合うと思いますよ。

着ているだけで、直ぐ『マラミューター』だと分かります。


町中で見かけたら、直ぐ仲良くなれるかも??
そんなコレクションでした。
[PR]

by guild-01 | 2014-10-29 22:52 | 展示会 | Comments(0)

10月29日(水)は、展示会のため16:00からの営業となります

10月29日(水)は、展示会のため16:00からの営業となります。

よろしくお願いいたします。
[PR]

by guild-01 | 2014-10-28 22:21 | Comments(0)

uemulo munenoli 2015SSコレクションの展示会に行ってきました。

東京コレクションウィークですが、本日は、当店取り扱いのブランド、uemulomunenoliの展示会に行ってきました。
http://www.uemulomunenoli.com


上榁さんと話し過ぎて、見れなくなった展示会があり、そこには、すみませんという感じですが。。

久しぶりにデザイナーさん達と話すと面白いです。


上榁さんの新作は、なんと柄が登場していましたよ。

ちょっとぼかしの入ったプリントのドットです。
新鮮でした。



筆者が見た今回のマスターピースは、『Tornado』というワンピース
その名の通り、螺旋状に構築されているのですが、その難しいカットと作り、パタンナーさんは、さぞ大変だったと思います。

これ造形出来るパタンナーさん、なかなか居ないと思います。
筆者は、パタンナーさんも知ってますが、デザイナーとパタンナーの二人の功績ですよね。

そして、上榁さんの場合、フィニッシュの造形が、やはりスゴイのです。
最終的にカタチになった時に、造形がピッタリハマるのです。
そこを突き詰められるかどうか?なんですよね。

それが、一流のデザイナーさんの仕事です。


「分かってくれない人が居るんですよ〜 あ、ワンピースですね」と言われて
と、おっしゃってましたが、筆者は、上榁さんのコレクションは、デビュー前から、ほぼ全て見てますので、分かりますよ。その凄さが。

しかも、生地をバイアスで取ってるので、めちゃめちゃ生地沢山使わないと作れないんですよね。

着る現代彫刻というか、現代アートそのものです。

美術館に飾っておきたい一品でした。

スカートのカタチも綺麗でしたね。

他にも着やすい服も沢山ありました。


上榁さんの服を、着るのが難しい服とか、モデルさんのようにならないから、私無理 と思っている方も多いようなのですが、全然そんなこと無いのです。


その人なりに、ものすごく素敵になれる一品があると、様々な体型や年齢の方々に着せてきた筆者は思います。



はっきり言って、世界中を見回しても、これだけ美しい造形をどんどん出してくるデザイナーさん、なかなか居ません。
現在、最も注目すべきデザイナーの一人と言えると思います。


シュウ ウエムラが制服一新 2014年からuemulo munenoliデザインに
http://www.fashionsnap.com/news/2013-11-03/shuuemura-uemulo-uni/

なったように、制服のデザインなんかも、とても上手いです。


飛行機会社とかホテル、百貨店などの制服なんかを作らせたら最強だと思いますので、是非、その筋の方は、デザイナーさんとコンタクトを取ってみていただきたいと思います。

今回のコレクションなんかは、そのままKLMとかアリタリアとかシンガポールエアラインの制服に出来そうと、筆者は密かに思いました。


そして、そんな服を着ているアテンダントが居たら、どんなに旅が素敵になることか!!


もちろん、普通の人が、普通に着れるお洒落な服でもあります。


今シーズンくらいから、お客さんに、「丸の内のOLが着ていても大丈夫な感じになりましたよね」と言われることが多いです。

もちろん、美術館に飾っておきたい服の要素は残しているのですが、より、着る人側の立場に立った、一般の人に身近になったと思えるuemulo munenoliのコレクションです。


このブランドが、どこまで伸びていくのか?これからも見守っていきたいと思います。
[PR]

by guild-01 | 2014-10-24 23:31 | uemulo munenoli | Comments(0)

東京コレクションウィーク開催中

現在、年に2度のファッションの大イベント、東京コレクションウィーク開催中です。


筆者は、大きいブランドのショーとかは行きませんが、合同展示会を中心に回ります。

ので、開店時間が若干遅れる場合があります。


遅れそうな時は、あらかじめアップしますので、ウェブサイトをご注意くださいませ。


それでは、よろしくお願いします。
[PR]

by guild-01 | 2014-10-21 19:42 | Comments(0)

『z.B BERLIN』のニット地のパーカとプルオーバーが入荷しました。

最近の入荷から

ドイツ、ベルリンからAnke Bruns と Stephanie Herboldによるブランド、『z.B BERLIN』のニット地のプルオーバーが入荷しました。


z.B. ... Berlin is a fashion label based in Berlin. The z.B. … Berlin design team (female design-duo Anke Bruns and Stephanie Herbold) specialises in the concept of «wrap around» clothing. A wrap philosophy for the modern urban man and woman.

ホームページ更新されてませんが、雰囲気は一緒です。
http://zb-berlin.tumblr.com


写真等まだですが、これ、筆者はかなりツボです。
襟元に特徴のあるパーカとオフタートルのプルオーバー


細身のパンツかレギンス、タイツ合わせておけば、何にも考えなくてもお洒落になります。
デザイン関係の仕事している人なんかにもオススメです。
室内で着ているにも暖かいですし、そのまま外にも出れますから。


男女兼用で着れます。

パーカ28,000yen+TAX
オフタートル27,500yen+TAX




この商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101  http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-10-18 19:04 | KNIT | Comments(0)

体型別お洒落の方法 標準体型の人のお洒落のコツとは??


e0122680_20485295.jpg

写真は、RICK OWENSのパリコレデビュー当時のドレス(稀少品)


標準体型の人のお洒落のコツとは??


標準体型の人は、市販されている多くの服を着ることが出来ます。

大手メーカーの量産品は、基本的に標準体型に合わせて作られているからです。

なので、安い価格でお洒落を楽しむことが出来ます。


しかし、ここが落とし穴でもあるのです。

なぜかというと、大手メーカーの量産品は、出来るだけ多くの人の体型に合うように、標準より若干身幅が大きめに作られています。

そして、生地や縫製やパターンは、大量生産を前提としたものとなります。


安くて、合う服が多いので、それで満足しがちですが、本当に満足出来る服に到達しない人が、実は多いのではないでしょうか?


一方、大きかったり、小さかったり、細かったり、太っていたり、特殊な体型の人は、似合う服がそもそもあまり無いので、似合う服を探しているうちに、どうやって服を着ると綺麗に見えるのか?どういうものが似合うのか?考えるようになって、よりお洒落になっていく傾向が強いのです。


なので、標準体型の人は、そういう人たちに、気付いてみたら負けてた。
みたいなことになりがちです。

そのあたりを注意していただけたらと思います。

もともと似合う服は多いわけですから、生地やカッティング、色、フォルムなどを見つめなおして、お洒落を楽しみましょう。
[PR]

by guild-01 | 2014-10-16 20:50 | FASHIONの本質 | Comments(0)

NARUMI TAKIZAWAやMILFOILなど最近の入荷情報

最近の入荷ですが、簡単に


NARUMI TAKIZAWAのメンズコート グリーン 82,000yen+tax
NARUMI TAKIZAWAのメンズジャケット グレー 72,000yen+tax
共に、抜群に素晴らしいです。

NARUMI TAKIZAWAのレディースコート 黒×ターコイズブルー53,000yen+tax
ライナー取り外し可能


MILFOIL レディースオーガニックウールの長袖カットソー 4色 10,500yen+tax
着やすく便利

MILFOIL メンズ・レディース オーガニックコットンのジップパーカ グレーベージュ サイズS,M,L
13,000yen +tax
裏尾起毛のオーガニックコットンの着心地は宇宙レヴェルです。


他に、ベルギーやイタリアのニットデザイナーやファクトリーなどのニットなど


詳しくは、また後ほど
[PR]

by guild-01 | 2014-10-11 17:16 | COAT | Comments(0)