世界で、最も完成された至福の一皿の一つ『スパゲティ・ポモドーロ(トマトソース)』を作ってみよう!!

世界で、最も完成された至福の一皿の一つ『スパゲティ・ポモドーロ(トマトソース)』を作ってみよう!!


日常をセンスアップ
衣食住を見直してクオリティアップしていこうという企画 料理編です。


筆者が子供の頃嫌いだった食べ物は、『マヨネーズ』と『トマトケチャップ』でした。(今でも市販のものはダメです)

なので、ファストフードの『ハンバーガー』や『スパゲティ・ナポリタン』という物体を憎悪していました。


それが、ある時、高校生だったかな?原宿にあったイタリアンレストランで、初めてまともなスパゲティを食べたのです。

それが、メチャメチャ美味しかったわけです。

今まで食べてたスパゲッティって何??と、この時思ったわけです。

簡単に説明すると、東京オリンピックの時に、日本に洋食を普及させるために、NHKが、素人にも作り易いレシピで番組を使って広めた料理の一つが、『スパゲティ・ナポリタン』だったのです。

なので、全部料理方法がデタラメで、マズい料理が普及したということです。


今では、日本のどこに行っても美味しいパスタが食べれますが、それって、本当に最近の事です。
世界で、どこでも美味しいパスタが食べられる国は、イタリアと日本だけのようです。


そして、それをきっかけに、パスタへの探求が始まりました。
様々な文献を読みあさり、食べに出かけ、あげくの果てにイタリアまで食べにいきました。


というわけで、筆者の料理の基礎は、イタリア料理の技法を学ぶところから始まり、フランス料理を勉強し、中華料理も勉強した後、和食を憶えるという、ちょっと普通ではない流れになりました。


今では和食を作ることの方が多いですが、イタリア料理やフランス料理の基礎を学んだことは、とても良かったと思っています。

多分、最初から和食を習っていたら、和食の料理プロセスに対して何の疑問も思わずに作っていたことでしょう。




というわけで、その流れに沿って、第一回は、イタリア料理の基礎を学べる
『スパゲティ・ポモドーロ(トマトソース)』を作ってみよう!!



料理の基本は『さ・し・す・せ・そ』と言いますが、イタリア料理でも、それは同じですね。

まず、さとうのプロセス(甘み)から始まります。


パスタ鍋にたっぷりの水を入れて弱火にかけます。

フライパンにエキストラバージン・オリーブオイルを大さじ2から3前後入れます。(人数によって)

にんにく一かけと、唐辛子(鷹の爪)半分を種を取り除いて加えます。


じっくり汗をかかせるように炒めます。(フランス料理では、スエユと呼びます)


一般のパスタの本には、タマネギを炒めるように書いてありますが、筆者は必要ないと考えています。



数分経って、にんにくが、こんがりきつね色になってきたら、鷹の爪と一緒に取り出します。


そこに、アンチョビを半切れ投入。
しっかり崩してオイルの中で揚げながら溶かしていきます。

これが、『さ・し・す・せ・そ』の『し=塩』にあたる部分で、それが、結果的に『しょうゆ』と同じような旨味成分の醸成になるものです。

これまたアンチョビを入れるとは、パスタの本には書いてありませんが、スパゲティ・ポモドーロを作る上で最大のコツは、ここでアンチョビを入れることです。
そうしないと、『さ・し・す・せ・そ』になりません。


そして、トマトの缶詰を投入します。
パスタの本には、『サンマルツァーノ種』という長いトマトを使うと書いてありますが、筆者は、長いのは使いません。

アンチョビを入れたトマトソースの場合、より合っているのは、小さくて枝状のトマトか、普通のトマトのどちらかです。基本、イタリア製のが良いと思います。(デルモンテとかカゴメなどのケチャップメーカーのトマト缶詰ではダメと思います=変な味がしますから)


酸味が欲しいわけです。

これが、『さ・し・す・せ・そ』の『す=酢』にあたります。

トマトの缶詰を入れて油とよく馴染ませてから蓋をして。火を中火にしてぐつぐつと煮立ててから弱火に戻して煮込みます。


そうこうしているうちに、パスタ鍋が沸騰しているはずなので、塩をたっぷり入れます。

塩加減は、海水よりやや薄いくらい。


ある程度塩をたっぷり使わないと美味しくなりません。


パスタを投入。

ここでは、一番一般的に手に入り易い『ディチェコ社のスパゲッティーニ』を使います。(昔より味が落ちたような気がしますが。。それでも、ごく普通に手に入る中だと一番美味しいと思います。もっと良いものが手に入る方は、他のを使いましょう。)


茹で時間は、7〜8分。
食べてみて、芯がちょっと残っているくらいが、引き上げるタイミングです。

食べてみて、味が少し足りないようでしたら、トマトソースの方に、パスタの茹で汁を少し加えて塩分の調整をしましょう。

この茹で汁が、『さ・し・す・せ・そ』の『せ=醤油』のかわりです。

で、『さ・し・す・せ・そ』の『そ=ソース』つまり、トマトソースが出来あがります。



パスタの水気を切りながら、トマトソースのフライパンに移していきます。

からめたら、火を止め、皿に盛りつけます。


自宅で栽培しているバジリコの葉っぱを数枚パスタの上に散らします。(栽培していない場合は買いましょう)


仕上げに黒こしょうを少々。



世界で、最も完成された至福の一皿の出来上がりです。

しかも、この料理は、一人前、カップラーメン一杯分のコストで作れますよ。
是非お試しください。

ボナペティート!!



あと、応用編としては、素材を日本製にして、生パスタと、生トマトやプチトマトで作るとか、様々方法があると思いますが、まず、このレシピで作ってみてください。

びっくりするほど美味しいですよ。


というわけで、打倒『偽ナポリタン』の『ナポリタンスパゲッティ=スパゲティ・ポモドーロ』でした。

それでは、本日は、この辺で


関連
暮らしのデザインのコツ ライティング(照明)を考える
http://guild3.exblog.jp/21569737



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp


コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2015-01-29 19:51 | 料理 | Comments(2)

合同展示会 JFW IFFに行ってきました


さて、そろそろアパレルの世界では、来シーズンの2014−15秋冬コレクションの展示会がスタートです。

ミラノのメンズコレクション、パリメンズあたりから始まって、欧州では、コペンハーゲン、ベルリン、アムステルダムあたりが1月の会期。

昔は筆者もいろいろ見たかったので、パリだけではなく、コペンハーゲンやベルリン、アムステルダムコレクションなんかも見に行ったりしてました。


日本だと、2月中旬にROOMSで、その時にフランスのTRANOI
http://www.tranoi.comに出展してたブランドとかも日本で展示会やったりして、3月のパリコレの後に東京コレクションという流れになります。


というわけで、セレクトショップやデパートのバイヤーは、先に海外のデザイナーの買い付けを行った後に、日本のブランドを買うという流れが出来ているのです。

しかも、パリの個別の展示会とか、会場が異常にカッコいいことが多いので、ついつい先に買ってしまうという事が当然起きます。
日本と海外の最大の違いは、コレクション会場、展示会場の質にあると思います。

日本だと、完全にビジネスの世界なのですが、パリとかだと、文化と芸術が先に来る。
その奥行きの違いが一番大きな『差』になっている気がします。


なので、東京コレクションの時に『良いな』と思っても、『もう買う枠が無い』ということが起こり得るわけです。

そこで、JFWでは、東京コレクションの会期をパリコレの前にするとかもしたことがあったのですが、結局元に戻りました。


ちなみに、うちみたいな個人でやってるところは、バイヤーに買い付けの権限が当然あるわけですが、
日本の大手セレクトショップやデパートのバイイングは、ほとんどが会議で決定されるようなので、アパレルの方は、資料を作っておかないと買ってくれないようです。



そんな中、繊研新聞社主催の合同展示会 JFW IFFは、1月に行います。

というわけで、繊研新聞社主催の合同展示会 JFW IFFに行ってきました。
http://www.senken-ex.com/iff/


毎回案内状が届いていましたが、今回初めて行ってみました。

日本とか世界のファクトリーの参加が多くて、ROOMSよりむしろ面白かったです。いろいろな意味で。。


こんな事やってるんですけど、作れますよ的な業者が多かったですし

バングラデッュのアパレルって、こんな感じなのか。とか
興味深かったですね。

もっとゆっくり見たかったです。
早く行けば良かった。。

ふつうの展示会よりも、かなりプロ向けというか、アパレル業者向けな感じがしました。

そして、アジアを中心とした海外の人も多かったです。


この展示会、一般の人だけでなく、学生も入れないらしいです。
しかも、撮影不可。

重い一眼レフのカメラ持っていかなければ良かった。。


今回、NARUMI TAKIZAWAさんも出店していました。

主催者オフィシャルのページに出てました。
http://www.senken-ex.com/iff/pdf/official_guide/zone.pdf


良い服も発見しましたので、また後ほどお知らせしたいと思います。


JFW IFFは、湾岸の東京ビッグサイトでの展示会で、帰りに水上バスにでも乗って帰ろうと思ったら、乗務員の体調が悪いため欠航とありました。

そんな理由で欠航する公共交通機関、初めて見た。
運転手、一人しか居ないのかな??


といわけで、東京駅八重洲口行きのバスに乗ったので、帰りに久々に丸の内に寄ってきました。

なんというか、ほとんど外国ですね。丸の内って

アムステルダム中央駅とそっくりな東京駅の赤煉瓦の前の建設現場を見ながら、筆者なら、この場所に古民家移築の建物を建てるなと思いました。


東京駅+古民家移築

きっと、日本の素晴らしい名所になるんじゃないかな。

一見経済効率が悪そうに見えても、結果良くなると思うんですよね。

たてもの園に移築するだけじゃなく、商業都市の真ん中に、あえてそういう場所があるべきなんじゃないのかな。

特区というなら、例外的に商業地域の中に難燃性で、消化設備が整った木造建築の地域があっても良いと思いませんか??
[PR]

by guild-01 | 2015-01-24 17:37 | 展示会 | Comments(0)

梅春って何? 春の息吹を取り入れるファッション



梅春って何?


『梅春』というファッション用語があります。
これは、梅が咲く1月から3月の間。冬で寒いけれども春の兆しを梅の花を見て、ちょっと春支度するための服の意味です。

具体的には春色の冬ものですかね。


太平洋側と日本海側では、気候が随分違いますので、日本海側では難しいかもしれませんが、太平洋側では、冬の間が、一年で最も晴天率が高いのです。

しかも、空気が澄んでいて青空が綺麗です。

太陽は傾いていますので光線の加減は柔らかいですから、春色が合うのですね。

全部春色は難しいにしても、コートの上からのぞくストールを春カラーにしたり、中に着るニットやタイツを春カラーにする。

バッグを明るい色にする。

など、いろいろ出来ますので、是非おためしください。


今まで着てきた冬ものって無彩色(白・黒・グレー)が多いので、色は合わせやすいはずですよ。

春の息吹を自分自身に取り入れる。

部屋に引き込む。

こういった感性を大事にしてゆきたいですね。

当店では、12月くらいから順次、梅春を意識した明るめの色を投入していますよ。



東京の天気出現率 1月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph01.htm

東京の天気出現率 2月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph02.htm

東京の天気出現率 3月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph03.htm

東京の天気出現率 4月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph04.htm

東京の天気出現率 5月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph05.htm

東京の天気出現率 6月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph06.htm

東京の天気出現率 7月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph07.htm

東京の天気出現率 8月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph08.htm

東京の天気出現率 9月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph09.htm

東京の天気出現率 10月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph10.htm

東京の天気出現率 11月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph11.htm

東京の天気出現率 12月
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/tokyo/otenki365/graph/tokyo_graph12.htm
[PR]

by guild-01 | 2015-01-22 20:50 | 花とファッション | Comments(0)

筆者の寒さ対策あれこれ


さて、明日1月20日は、暦の上では『大寒』すなわち、一年で一番寒い日を迎えます。
ということで、毎日とても冷えますよね。。

寒さ対策、皆様はどのようにしていますか??


筆者は、厚手のウールカーディガンを着ています。
これ、一度着ると、手放せなくなる良品です。
出来れば毎日着たいところですが、ウール製品は毎日着ると痛みが早くなるので、2日に一度とか3日に一度のローテーションにしています。



もうひとつ出番を迎えているのが、厚手ウールの大判のストール

筆者が愛用しているものは、かれこれ20年以上前に買ったもの。

たしか当時定価が3万円くらいで、セールで半額で買ったような記憶があります。


当時、とても高い買い物だと思いましたが、20年以上愛用しているにつけ、非常に安い買い物だったと思っております。
ごくたまに毛玉をはさみで切る以外は、ほとんど変化無いんじゃないかなあ、これ。

消費材というより『財産』に近いです。


ひざかけにしたり、ニットの上から羽織ったり、外に出る際に寒い場合は、コートの上から羽織っちゃう。

そして、ちょっとだけ外に出たい時は、ニットの上にぐるぐる巻いて外に出るとか、とにかく使い勝手が良いです。

どれだけお世話になったことか分かりませんね。

20年以上経つと、もう自分の一部というか、なんというか、そんな感じです。

ウールは、財産に近いんですよ、やはり。




当店では、厚手ウールの大判ストールも販売中です(筆者が持っているものとは違いますが)

これらも、かなり財産に近い感じがします。

ハンドフレームのイギリス製ウール大判ストール 12,000yen +tax

日本の老舗カシミヤファクトリーによる100%カシミヤ大判ストール48,000yenの品を、やや傷ものなため、破格の15,000yen+tax
など


そして、もう一つは、パンツの下にウールのレギンスを履くことです。
元々登山や釣りに使ってたものですが、欧州に買い付けに行く時に、あまりに足下が寒いので街着の下に履いてみたところ、これが一度履くともう後戻り出来ないほど暖かいです。

筆者は、ウールのレギンスを2着持っていて、ローテーションしながら、かれこれ3年か4年使用しています。

当店では、現在のところレディースしか無いですが、MILFOILのウールレギンスと、ダブルコットンのレギンスを販売しています。
オススメです。

MILFOIL ウールレギンス 9,000yen+tax
MILFOIL ダブルコットンレギンス 7,000yen+tax


あとは、やはり帽子と手袋が重要です。

筆者は毎日自転車乗って通勤してますので、ニットの帽子を2着ローテーションしながらかぶっています。

帽子無しの生活は考えられません。

ハンドフレームのイギリス製ニット帽 4,000yen +tax
ドイツのファクトリーのカシミヤ混 ニット帽 6,000yen +tax
イタリアのファクトリーのメリノウールニット帽 8,000yen +tax
など

自転車乗らないなら、フェルトのハットもオススメです。

5000円より各種あります。(ものすごく良いやつで20,000円くらい)



レザー手袋も2着ローテーションしながら使ってます。

自転車乗るなら、レザーの方が圧倒的に長持ちしますのでお得ですよ。


ちなみに、洗濯ですが、筆者はレザー手袋の洗濯に関しては、家で水洗いしちゃいます。

ぬるま湯にシャンプーとリンスを溶かしまして、そこにレザー手袋を入れます

軽く押し洗いして、すすぎます。(かならず色落ちしますので、色落ちを防ぐためにも短時間で済ませましょう。)

すすいだら、タオルで水気を拭き取ります。


その状態で、ワセリン(ハンドクリーム)をつけます。

均一になるようにこすります。


乾いてくると、固くなってくるので、またワセリンをつけます。

この繰り返しを何度かやります。


完全に乾いたら、もう一度ワセリンを付けて、なじませて、出来上がり。

この方法だと、段々ビンテージぽい仕上がりになっていきます。

要は、レザーって皮膚なので、人間の手と同じ扱いしましょうねということで考えついてオリジナルな方法です。


筆者は、雨の日にもレザー手袋はめて自転車乗ってますよ。
乾く前にワセリンです。


もちろん、超繊細な色のレザー手袋とかは、雨に当てない方が良いですし、プロにまかせた方が良いと思いますが。


手袋専業のファクトリーの極上レザー手袋 10,000yen+tax
など


さまざまあります。


以上、筆者の寒さ対策でした。


contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101  
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2015-01-19 21:01 | FASHIONの本質 | Comments(0)

『The Sartorialist Closer』サルトリアリスト クローサー / スコット・シューマン

e0122680_1941176.jpg


カメラマン スコット・シューマンによる世界各地のストリート・スナップで旋風を巻き起こした、伝説の写真集『The Sartorialist』の第二弾となる『The Sartorialist Closer』の和訳版です。

サルトリアリスト クローサー : スコット・シューマン
2,300yen +TAX


いろいろファッション写真てありますが、本書の写真は、ファッション関係者の写真から、町の普通のおじさんまで、すごく説得力のある写真が多いです。


ウェブでも公開してますので、ぜひご覧下さいませ。
いろいろ参考になりますよ。


女性のファッション写真 WOMENS FASHION PHOTO
http://www.thesartorialist.com/category/women/


男性のファッション写真 MENS FASHION PHOTO
http://www.thesartorialist.com/category/men/


HP
http://www.thesartorialist.com
[PR]

by guild-01 | 2015-01-17 19:45 | BOOK | Comments(0)

いつかは、TAKIZAWA NARUMI のジャケットを着たいという方が増えています

e0122680_1959159.jpg

TAKIZAWA NARUMI /JAPAN
100%WOOL
MADE IN JAPAN
SIZE 48
68,000yen


e0122680_19585860.jpg

TAKIZAWA NARUMI /JAPAN
100%WOOL
MADE IN JAPAN
SIZE 46
65,100yen


e0122680_19581692.jpg


TAKIZAWA NARUMI /JAPAN
100%WOOL
MADE IN JAPAN
SIZE 42
65,100yen



いつかは、TAKIZAWA NARUMI のジャケットを着たいという方が増えています。

袖を通した瞬間に、ピンときちゃいます。


吟味さあれた素材、丁寧に仕立てられた美しい立体。

たまりません!!

ぜひどうぞ。

コートもあります!!



TAKIZAWA NARUMI インタビューその1
http://changefashion.net/blog/ccplus/2012/03/31151012.html

TAKIZAWA NARUMI インタビューその2 服作り編
http://changefashion.net/blog/ccplus/2012/04/14185402.html


TAKIZAWA NARUMI
http://www.narumitakizawa.com/Pages/default.aspx



この商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101  http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2015-01-16 22:08 | TAKIZAWA NARUMI | Comments(0)

アントワープ(ベルギー)の靴屋が作ったバッグ

e0122680_15302236.jpg


アントワープ(ベルギー)の靴屋が作ったバッグ

がま口からバッグが飛び出ています。笑

アントワープ系ならではの笑いですね。

100%LEATHER
MADE IN ITALY
510euro

現在特別価格にて提供中



こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

[PR]

by guild-01 | 2015-01-15 20:56 | BAG | Comments(0)

イタリア製のハンドメイド・ベルト

e0122680_15462971.jpg



イタリア製のハンドメイド・ベルトです。
アンティークな風合いがたまりません。
こういうもの作らせると、スゴイですね、イタリア人は。


HAND MADE IN ITALY
100%LEATHER
120euro

現在特別価格にて提供中


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

[PR]

by guild-01 | 2015-01-15 20:52 | ACCESSORY | Comments(0)

ベルギーのシューズメイカーのハンドメイド・パンプス

e0122680_1661147.jpg


ベルギーのシューズメイカーのハンドメイドのパンプスです。

この微妙な配色、美しいカタチ。

素晴らしい靴は、そのまま見ても美しいですが、履くともっと美しく見えます。
その上歩きやすいのです。

100%leather
HAND MEDE
SIZE38
280euro

現在特別価格にて提供中


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

[PR]

by guild-01 | 2015-01-14 21:23 | SHOES | Comments(0)

ベルギーのシューズメイカーのハンドメイド・ブーツ

e0122680_16234226.jpg



ベルギーのシューズメイカーのハンドメイドのブーツです。

職人が1点1点仕上げています。


素晴らしい靴は、そのまま見ても美しいですが、履くともっと美しく見えます。
独特のフォルムですが、歩きやすいのです。

100%leather
HAND MADE
SIZE41
450euro

現在、特別価格にて提供中


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

[PR]

by guild-01 | 2015-01-14 21:22 | SHOES | Comments(0)