<   2016年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

日本の服・アジアの服 JFW-IFFの展示会に行ってきました


JFW-IFFの展示会に行ってきました。



ここの展示会は、普通のデザインレーベルだけではなく、織物工場やニット工場、プリントの工場など、アパレル企業が様々出ていて面白いのです。


日本だけでなく、今回は、アジア各地の工場の製品なども見ることが出来ました。



筆者は、現在、服の歴史を考えているのですが、今回思ったのは、シルクロードを通じて、質の高い織物の工場があちこちにあるのだなということです。


歴史的に考えると、当たり前のことなんですけどね。


魚食系のニッティング(麻中心)の上に照葉樹林文化圏の織物文化(シルクなど)が乗っかり、さらに牧畜の毛が加わって混じって発展していったのが、織物の歴史です。

それが、東西を繋いで、互いに影響を与えていったのです。


地図を見ると分かりやすいのですが、長江とか揚子江の最上流部というのは互いにごく近くにあり、さらに東南アジアやインド方面へ向かう川も又、ごく近くにあるのです。

このあたりからだと、どこへものを運ぶにも水運で楽に運ぶことが出来る。


つまり、そのあたりが古くからの交通の要所であり、文化の結節点だったわけです。


お米も長江流域から日本へやってきたと考えられますが、織物の文化も、ヒマラヤやインド・中東などのものが、長江を通って上海に出て、そのまま船で日本列島に来た。そういう交流ルートが1万年単位であったのではないかと筆者は考えています。


長江を辿ると、黒潮に乗って必然的に日本へたどり着くのです。


インド・ヒマラヤ→長江→九州or日本の太平洋岸→日本海側→朝鮮半島→満州・シベリア みたいなルートがあったのではないかと、最近考えているのですが、それはともかく




近年、アジアのアパレル工場の質は、ものすごく上がっているところが(一部ですが)あります。

それは、おそらくハイレベルなデザインレーベルの下請けの仕事をこなして要求に答え続けてきたら、表現力が伸びてきたことがあるのではないかと思います。

ハイテクな量産工場とかではなく、古い技術を使って表現力を身につけるところが出てきた


トータルなデザイン力では、まだ及ばないところもありますけど、ものすごく力をつけてきたところがあるなと感じました。



正直な話、サッカーと同じで、もはや、日本が簡単に上回れる相手では無いと思います。


なので、やはり日本のアパレルは、サブカルチャーだけでなく、きちんとメインカルチャーとして語れるものを様々な事から学んで表現出来るようにならないと、生き残っていけないのではないかと思いました。



ハイテクとかクールジャパンとかでは、太刀打ち出来ない文化的な奥深さが、やはり織物・服にはあるわけで、そこをしっかりやっていかないとダメなのではないかと筆者は思います。







[PR]

by guild-01 | 2016-04-28 18:54 | 展示会 | Comments(0)

スタンリー・キューブリックが関与していると噂される、美し過ぎる月着陸の写真集の裏側

e0122680_20443814.jpg
e0122680_20441684.jpg
e0122680_20430612.jpg
e0122680_20434314.jpg

店内にある写真集のご紹介


これは、新潮社から出ているNASAの月面着陸計画の写真集です。


初めて見た時、なんて美しい写真なのだ!と感激したのですが、よく考えてみると、写真が美し過ぎるのです。


こんな美しい写真が撮れるのは、本当に優れた超一流のカメラマンだけなのです。

(筆者には、とても無理です)


では、月着陸船に、そんな優れたカメラマンは同行していたのでしょうか?

(同行してませんよね。)


また、あんなに重そうな宇宙服を着て、頑丈なシールドで前もよく見えない上に、手には分厚いグローブを嵌め、こんなに優れた写真を撮影することは可能なのでしょうか?

(明らかに無理ですよね。)


そもそも、月面でフィルム撮影が可能なのか?

(たぶん、無理でしょう。)



という疑問を持つことになりました。


一説には、あのスタンリー・キューブリックが撮影していたと言われているNASAの月面着陸の映像ですが、そういう見方をすると、すごい撮影テクニックとセットだったんだなと、言わざるを得ません。


しかし、よくもまあこれだけ壮大な嘘をごり押し出来たものですよね。。


実は、アポロ計画とベトナム戦争は、完璧なまでに重なるのです。


ベトナム戦争における無差別爆撃(785万トン=第二次世界大戦における爆弾の使用量の3倍以上)や猛毒物質のダイオキシンを多量に含む枯れ葉剤(7800万リットル)の散布、ベトナムの雨期を長引かせて洪水を起こす気象操作作戦(オペレーション・ポパイ=そのために最初の月着陸は、アームストロングだった=洒落)や、現地の人々やアメリカ人の兵士でさえ大量に亡くなっていた事実から目を逸らせるために、この月着陸捏造は行われたようです。(当時、ベトナム反戦運動が盛んに行われていました)


そして、アポロ計画の資金が、新型の兵器開発や戦争に使われていたわけです。


そういう風に考えると、この写真集が持つ意味は、違って見えてきます。



スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙への旅』が公開されたのは、1968年

最初の月着陸とされているのは、1969年です。

したがって、『2001年宇宙への旅』のセットで月着陸のシーンが撮影されたと考えると、辻褄が合うのです。



第二次世界大戦の時にも、様々なアーティストたちが戦争のプロパガンダに使われたわけですが、キューブリックも同じようなものだったのでしょう。


ベトナム戦争やアポロ計画がほぼ終結した1972年に、キューブリックは、『時計仕掛けのオレンジ』を発表


そういえば、ベトナム戦争で撒かれた枯れ葉剤の一つに、エージェント・オレンジというものがありましたね。



後に、キューブリックは、映画『シャイニング』において、さりげなく、このアポロ計画の謎解きをしています。


さらに、映画『フルメタルジャケット』において、ベトナム戦争のリアルな姿を描いています。


ネットには、キューブリック自身が語る『月着陸映像捏造インタビュー』があがっていますが、それが本当にキューブリックのものなのかどうかは、分かりません。


しかし、そのインタビュー収録の後、1999年3月7日にキューブリックは亡くなっています。

死因は、未だに謎とされています。


アメリカの公文書は、30年後に公開する法律があります。

アポロ月着陸は、1969年7月16日〜7月24日


この写真集の発行は、その30年後の1999年6月25日となっています。


そして、1999年7月から、この『フルムーン展』はアメリカで開かれました。


すなわち、この写真集の写真は、米国の公文書なのではないかと筆者は考えています。



そして、見る人が見れば明らかなように、この写真は、明らかにセットで撮影されているのです。

















[PR]

by guild-01 | 2016-04-24 22:33 | BOOK | Comments(0)

人類の歴史と織物の歴史・麻の歴史

e0122680_21004189.jpg
e0122680_21010509.jpg



人類の歴史と織物の歴史・麻の歴史


筆者は、人類には、主に肉食系と魚食系が居たと考えています。


これまでの歴史の議論では、肉食としての人類の歴史ばかりが考えられてきたのだが、実際は、魚食いの人類の方が遥かに多かったはずだと考えるようになった。


それは、陸上の動物よりも遥かに水の中に居る魚の方が多く居て、捕まえるのも簡単で、生産性も高かったからだ。

単位あたりのタンパク質の量としては、魚が圧倒的なのだ。(環境破壊もし辛いし)

だから、世界の多くの人々は、海沿いや川沿い、湖の回りに住んだのです。



そんなわけで、筆者は、魚食系の歴史について、フィールドワークなどを通して学んでいるのですが、今回は、魚食と織物の関係について考えてみようと思う。



主食が魚だった人達は、魚を捕まえる道具が非常に重要だった。

それが、人々の生活の根本を支えたからです。

だから、道具の進化というものが、生きるという事に直接結びついた。

このことが、人類の進化にとって、とても重要だったということですね。


日本人が,道具作りに命をかけている人が多いっていうのも、原点はここにあるはずです^ ^

元々、道具作りが、生死を分けたからなのですね。



魚を捕まえる時に使う道具は、主に植物を編んだ籠などが最初に用いられていたはずです。これらの籠は、現在でも世界中で広く使われています。

そして、編み物(ニッティング)の原点は、実は、ここにあるのです。



籠が水流に流されないためのロープ作りというのもまた、非常に重要だったはずです。

植物の繊維をほぐし、それを撚り合わせて縄を作る。


それが、紡績の始まりなのです。


この歴史は、おそらく10万年をはるかに超えるはずです。


人類の進化の原点の大きな一つは、ここにあったわけです。



縄を作る過程で、摩擦による火起こしが出来るようになります。

その結果として、人類は、火を使った様々な調理や技術を会得していくことになるわけです。

これは、人類の進化そのものです。



縄文時代の火起こしの道具が、なぜあんなに難しそうな道具だったのか?筆者には、長い間疑問だったわけですが、縄を作るために繊維を撚っていた人々にとって、あの火の起こし方は、笑っちゃうくらい簡単な事だったでしょう。


やがて、縄は網になり、その進化系として織物・生地が誕生します。


織物の原点は、ここにあるのです。


そんな魚食系な人々にとって、最も重要だった植物の一つが麻の仲間です。


日本においても欧州においても、麻は、特別な地位を占めています。

それは、始まりにおいて、人々が生きるために編み出した智慧と技術の結晶だからなのだと思います。





上の写真は、筆者によるリメイクの麻(リネン=フラックス)のパンツです。

イタリアのファクトリーもののパンツを改造したものです。


風を通しやすい、たっぷりとした幅のリネンを使ったドローストリングスのワイドパンツ。


欧州では、多くの地域で嫁入り道具にリネンを持参する慣習があり、リネンというものは、非常に重要な地位を占めています。

日本でも、麻布は、古くから非常に重要でしたし、縄をやたらと神格化しているのも、元々が魚食系だからだと思います。



織物の原点を考える上で、まずここからかなと思いました^ ^


イタリアの魚屋に行った時、並んでいる魚が日本とほとんど全く一緒だったのを見た時、そこには10万年を超える共通した文化や暮らしがあるのだと思いました。

織物を偏愛するのは、そこが原点にあるのでしょう^ ^


そういう共通の文化は、世界中にあるはずで、そう考えると、世界中の人々と仲良くなれそうな気がします。(一部、とんでもない人達が居るとはいえですが。。ちなみに、アメリカの新20ドル札の表は、奴隷解放のために働いた黒人女性ハリエット タブマンになるそうですが、その裏には、現20ドル札の表の人物アンドリュージャクソン大頭領が描かれるそうです。アンドリュージャクソンは、奴隷労働主で、元からアメリカに住んでいたネイティヴ・アメリカンに対して軍を派遣してミシシッピ以西に強制移住させ、大量虐殺した最悪の人物ですが、父親はリネン織物業者だったようです。そういう人達とは、当然仲良くなれませんが。。)


このパンツは、一応メンズですが、紐でウエストを締められますので、女性が着ても全然大丈夫だと思います。



H artinasal hand by..

100%LINEN

MADE IN ITALY+JAPAN

SIZE ONE SIZE

15,000yen+tax




contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから






[PR]

by guild-01 | 2016-04-23 22:07 | FASHIONの本質 | Comments(0)

筆者のリメイクもの(メンズ)製作中 

東京コレクションも一段落(まだいくつか見に行くもの残ってますが)
忙し過ぎた時期を過ぎて、ちょっとリフレッシュしたので、ただいま、久しぶりに筆者のリメイクもの(メンズ)製作中です。

今シーズンの筆者のデザインは、ジャストサイズって何だろう?丁度良いサイズって何だろう?という疑問から始っています。
ご好評いただいている、超初心者向けワークショップでやっているような、サイズ感に対するアプローチをカタチにしていっています。

オーダーいただいている方は、遅れてしまって、すいません。
もう少々お待ちくださいませ。

工場に出すもの以外は、順次仕上がっていきます。

新着は、もう少しで店頭に出せると思います

よろしくお願いします。



[PR]

by guild-01 | 2016-04-20 22:08 | Comments(0)

極上の風合いと着心地のMILFOILオーガニックコットンエキストラシン(極細糸)のシリーズのカーディガン

e0122680_15472875.jpg

e0122680_15484416.jpg
e0122680_15490515.jpg
e0122680_18371789.jpg
e0122680_18373498.jpg
e0122680_15474911.jpg




これからの季節に活躍する商品のご紹介です。
極上の風合いと着心地のオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)のシリーズのカーディガンです。

当店でもベストセラーになっているこのカーディガン、ほどよくフィットするので、細身のアウターを着ても邪魔しません。

中にはあまり着込むことが出来ませんが、その代わり、華奢に見せることが出来ます。

陰影を利用して、より立体的に見せることが可能です。

薄手なので、真夏まで充分利用していただけると思います。


極上のオーガニックコットンの繊細な糸を昔ながらの低速織り機でゆっくりと編みたてた生地で作ったから、風合いや着心地が抜群です。

染色は、コットンを漂白せず、製品染めしているローインパクトダイなので、元々のコットンの穏やかなクリーム色がにじみ出ているから、素晴らしい色合いと風合いを保っているのです。



MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE INJAPAN
SIZE UNI
7,800yen

ピンク、生成り、カーキグレー、グレー、ブルー、薄パープル、紺の7色


関連記事 は、こちらから




こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-04-16 18:29 | MILFOIL | Comments(0)

着心地良くスタイル良く見えるMILFOILオーガニックコットンエキストラシン(極細糸)のカシュクール長袖カットソー

e0122680_15463909.jpg




e0122680_18374819.jpg


e0122680_15550696.jpg
e0122680_15552529.jpg


本格的な春到来ということで、これからの季節に便利な商品のご紹介。


好評のオーガニックコットンのトータルブランド『MILFOIL』から、極上の風合いと着心地のオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)のカシュクール長袖カットソーです。


こちらは、バストトップが2重になっていて、下半分が一枚の作りなので、微妙な透け感の違いで立体的かつ奥行きがあるように見えます。
袖は、カーディガンを着ても、もたつかない細めの作りですが、二の腕のところには余裕がある絶妙な作りです^ ^


丈はやや短めなので、ワイドパンツやロングスカート、Aラインのスカートやワンピースなどもよく合います。

深めのVゾーンが縦の効果を産み、スタイル良くみえるカシュクールです。
 
 
黄色、オリーブグリーン、サンドベージュ、生成り、紺、黒の6色


これからの季節にピッタリのカットソーです。

MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
7,500yen+tax



関連記事 は、こちらから


こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-04-14 21:00 | MILFOIL | Comments(0)

着心地良く使いやすいMILFOILオーガニックコットンエキストラシン クルーネック長袖ワンピース

e0122680_18392718.jpg
e0122680_18400982.jpg
e0122680_18402392.jpg
本格的な春到来ということで、これからの季節に便利な商品のご紹介。


好評のオーガニックコットンのトータルブランド『MILFOIL』から、極上の風合いと着心地のオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)のシリーズの中から、着やすく使い易いクルーネック長袖ワンピース


腕はほどよくフィットしますが、バストトップでギャザーを寄せているため、見頃はゆったりとしていて着やすいです。

そして、生地がドレープしますので、ゆったりめのシルエットでも様々な体型の人に似合って綺麗なのです。


絶妙な開き具合の襟なので、何でも合わせやすいです。

極薄なので涼しく紫外線対策で夏場に半袖を着たくない方にも好評です。


極上のオーガニックコットンの繊細な糸を昔ながらの低速織り機でゆっくりと編みたてた生地で作ったから、風合いや着心地が抜群です。

染色は、コットンを漂白せず、製品染めしているローインパクトダイなので、元々のコットンの穏やかなクリーム色がにじみ出ているから、素晴らしい色合いと風合いを保っているのです。


MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE ONE SIZE
9,500yen+tax 3色(生成り、ピンク、紺)




関連記事 は、こちらから


こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-04-14 19:31 | MILFOIL | Comments(0)

春夏の色合わせの基本についてその1 桜編

e0122680_18485395.jpg

色合わせの基本についてその1 桜編


たとえば、春を表現するとして、代表的な『桜』の印象でカラーコーディネートするとします。


いろいろなやり方があると思いますが、上の写真を見てみてください。

これは、筆者が好きな『カスミザクラ』の咲き始めの様子です。

よく見ると分かるのですが、花の根元の部分は『えんじ色』をしていることが分かると思います。


『えんじ色=ボルドー』というと、秋の色だと思いがちですが、桜の花びらの薄いピンクと合わせると、桜の花の色になることが分かると思います。



つまり、こういう合わせ方の方が、より自然を奥深く表現出来るのです。


もっと詳しく観察していくと、木の幹の茶色やダークグレー、それに影になっている部分の黒なんかもありますよね。


そして、背景の薄いグレー


こうした色が、基本となるベースの色です。


その上に花の色の薄いピンクやつぼみの濃いピンクを持ってくると、桜の色を表現することが出来るようになります。






[PR]

by guild-01 | 2016-04-14 19:12 | FASHIONの本質 | Comments(0)

透け感と軽さと色と、動きが、何とも素晴らしいuemulo munenoliのシャツ・ワンピース『LEGO.S』

e0122680_18384348.jpg
e0122680_18390910.jpg


先ほどのミツバツツジや桜の花の色と合いそうなのが、こちらのuemulo munenoliのシャツ・ワンピース『LEGO.S』です。藤の紫なんかを背景にしても綺麗でしょうね。


この透け感と軽さと色と、動きが、何とも素晴らしく春の色と調和しそうです。



胴体と背中の間に空気が入ることで、動いた時に表情が出るという秀逸なデザイン


前を後ろより短くしているので、軽快感があり、小さめの人でも違和感なく着ていただけると思います。


襟を小さくしているのもチャーミング。


見た目よりも着やすく、わりと簡単に、ものすごくお洒落に見えるのでオススメです^ ^



LEGO.S

100%PE

MADE IN JAPAN

SIZE UNI

22,000yen+tax



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-04-13 19:03 | uemulo munenoli | Comments(0)

新緑とミツバツツジ 刻々と変わっていく春の色について

e0122680_13404328.jpg
e0122680_13411061.jpg


本格的な春到来で、日々刻々と咲く花や新緑の色が変わっている今日この頃ですが、最近ミツバツツジがとても綺麗です。

桜のピンクやヤマブキや菜の花の黄色、そして新緑とも良く合いますね。


そして、この新緑の色も、様々で、グラデーションになっていて、とても美しいですね。


日本の特徴は、南北に長く、高低差があるということです。

そのため、芽吹きや花の盛りが、北へ行ったり、標高を高くしたりすると長い期間楽しめるのです。


これから入梅の頃までお花見が楽しめそうです^ ^


日々着る服も、石や木々や土の色を基本にして、これらの色を取り込んでいくと、春を楽しめますよ。



[PR]

by guild-01 | 2016-04-13 18:43 | Comments(0)