世界で一番着こなすのが難しい服は、白いTシャツと正当的なジーンズ

e0122680_17052210.jpg




筆者が服屋を始めたきっかけは、実は、服が似合わなかったことが原因です。



流行とされている服が似合わないわけです。


それに、正しいとされている服も似合わなかった。



筆者は、自分の店を始める前に、ジーンズなどのカジュアル衣料を販売する店に勤めていました。


で、ジーンズの歴史とか勉強するわけです。


戦後の日本は、アメリカの支配下にあったので、アメリカ標準が正しいとされました。


その一つの象徴がジーンズなのだと思います。



ジーンズと白いTシャツ。

ジェームス・ディーンのイメージですね。


これが、映画やテレビを通じて、多くの日本人に、『正しい服はこれだ』と刷り込まれたのです。


でも、筆者が、その正しいとされた服を着ても、どうにも似合わないのです。


リーバイスの501というジーンズがありますが、まさにそれは、正しいジーンズとされていました。


でもね、501は、ジーンズの中でも最も似合わないものの一つだったのです。


で、筆者は当時、お客様に似合うものを奨めたかったので、あれこれ考えて研究したわけです。


体型によって、似合うカタチを奨める方法とかを研究したのです。



調べていくと、リーバイスの501というのは、アメリカ人の労働者が着るための服であり、ウエストに対して腰まわりや太腿が大きく作られているのです。


筆者は、腰も太腿も太くないので余ってしまうわけです。


それに、501は、馬に乗るために『がに股』に作られています。


筆者は、馬に乗らないので、それは、ただ『がに股』に見える服に過ぎないのです。


そういうことを理解するのに、随分と時間がかかりました。


それは、『リーバイスの501こそが最も正しいジーンズである』という歴史観を刷り込まれていたからです。


リーバイスの501は、所謂『赤耳』という生地の縁がついています。


これは何か?というと、縫製や作業を簡単にすることと生地を出来るだけ無駄に使わないために、生地の端である耳の部分をサイドに来るように作ったのです。


これは、大量生産に適した無駄の無い合理的な作りでした。


そのため、『赤耳』というものが生まれたのです。


しかし、これは、あくまでも、大量生産に対する合理的な理由で生まれたものであり、人間工学や着心地やシルエットを優先するものでは無かったのです。


そのために、これらの服は、「なんか似合わない服』っていうことになったのです。





もう一つはTシャツです。


筆者も昔、ヘインズの白いTシャツこそが、正しいTシャツであると、刷り込まれていました。


元々、Tシャツは、労働者の下着でした。


それを超合理的に生産するために、あのカタチが生み出されたのです。


Tシャツのニット部分は、円筒型の編み機で織られています。


円筒型の編み機で織ると、そのまま筒状のニットが出来ます。


これに腕と首を縫い付けると、Tシャツのカタチになるのです。


ですから、これは、超合理的なカタチなのです。生産するには。。


ところが、これも生産を合理的にするために生み出されたカタチであり、人のカタチや着心地のために生み出されたものではありません。


なので、着ると、『なんか似合わない』ということになるのです。



筆者は、世界で一番着こなすのが難しい服は、リーバイスの501と、ヘインズの白いTシャツだと思います。


白いTシャツっていうのが、これまた難しいアイテムなのです。


なぜか?というと、所謂『縦のライン効果』というものが無いからなのです。


試しに、白いTシャツを着て、上に黒っぽいネクタイを垂らしてみると分かります。


ぐっと締まって見えるのが分かると思います。


これが、『縦のライン効果』です。


白いシャツにネクタイを締めるのは、『縦のライン効果』によって、綺麗に見せるためなのです。


ロングジャケットやコート、ロングカーディガンといったものが、スタイル良く見えるのも、この『縦のライン効果』によるものです。


簡単に同じ効果を出すためには、ストールを使うという方法もあります。



所謂『Tシャツ』と『カットソー』何が違うのか?と言いますと、『カットソー』というのは、カットしてから縫う(ソー)なわけです。


そこには、身体に対して、どうカットして縫い合わせれば綺麗に見えるのか?の追求の余地が生まれるのです。


(カットソー作る人でも、分かってやってない人が、結構多い)


つまり、Tシャツと、カットソーは、別物です。



Tシャツというのは、下着の応用であり、カットソーというのは、ニットの系列にあるのです。


服は、カットや生地によって、様々表情を変えますし、誰が着るかによっても大きく変わります。



産業に人が合わせるのか、人間に服を合わせるのか?

ここに大きな違いがあるのです。

筆者は、人間に服を合わせた方が好きなのです。

人間は、産業の為に生きているわけでは無いからです。

やはり、着心地とかシルエットとか色とか、様々追求していきたいですね。



contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2016-07-23 00:30 | FASHIONの本質 | Comments(0)

2016年7月21日(木)、22日(金)吉祥寺ふれあい夏まつり

本日と明日、吉祥寺ふれあい夏まつりやってます。

東急百貨店のところに縁日でてます。

筆者は、藤村女子高校クッキング部のチョコブラウニー150円を購入。

これ、美味いです^ ^
藤村女子高校クッキング部あなどれませんぜ。
是非おためしくださいませ。

以下武蔵野市hpより



2016年7月21日(木)、22日(金)吉祥寺ふれあい夏祭り
第42回吉祥寺ふれあい夏祭り

開催日時:2016年7月21日(木)、22日(金) 12時~21時
【縁日】12時~21時 【イベント】13時~18時30分 【盆踊り】18時30分~20時30分

内容:盆踊り(雨天中止)・縁日(雨天決行) ライブバンドほか
主催:吉祥寺ふれあい夏まつり実行委員会
(吉祥寺大正通り商店会/吉祥寺公園通り商店会)
開催場所:東急百貨店 北側広場

http://musashino-kanko.com/event/event_calendar_summer2016/

[PR]

by guild-01 | 2016-07-21 16:19 | 吉祥寺 | Comments(0)

本日は海の日ですが、祝日なので営業中です。

e0122680_18053829.jpg

今日は海の日です。夏の海の写真を探してみたら、意外なことに、ほとんど無かった(笑)
というわけで、数少ない7月の海の写真です。
まだ梅雨明け前なので、相当曇っています。
曇っていると、海の方が陸より3度から5度くらい気温が低いんですよね。
風なんか吹いていると、より涼しい。
それから、夕方になると、必ず風が吹くので、気持ち良いです^ ^


[PR]

by guild-01 | 2016-07-18 18:16 | リゾート | Comments(1)

ビンテージのチェコのプリント生地を使ったドレスです。(チェコ製)

e0122680_17010013.jpg

ビンテージのチェコのプリント生地を使ったドレスです。(チェコ製)

独特の風合いと色がお洒落ですよね。

こういうドレスって、若い女の子が着ても良いのですが、白髪の年配の女性が着ても、とても絵になります。

是非、お試しくださいませ。(ただし、サイズ的にかなり華奢なので、着れる人は限られます)

裏地付いてます。

SPECIAL PRICE 20,000yen + TAX


contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから










[PR]

by guild-01 | 2016-07-16 18:51 | ONEPIECE | Comments(0)

着心地の良い服 日本の梅雨や夏に最適なMILFOILオーガニックリネンのメンズ半袖カットソー

着心地の良い服 日本の梅雨や夏に最適なMILFOILオーガニックリネンのメンズ半袖カットソー
e0122680_17262444.jpg

e0122680_15135936.jpg
e0122680_15133923.jpg
e0122680_15301660.jpg
e0122680_15303649.jpg
e0122680_18593181.jpg



当店では、カタチの美しさとか、色の綺麗さと共に、『着心地の良さ』も追求しております。


MILFOIL、オーガニックリネンの半袖カットソー(メンズ)に新色(グリーン)が追加されました。

是非、この麻のカットソーを着ていただきたいと思います。

これ、一度着たら、手放せないですよ。
暑い夏を出来るだけ快適に乗り切るための強い味方です。


メンズですが、今シーズンは、女の人にも、このシルエットが人気だそうです^ ^

たっぷりしたシルエットなのですが、麻の重みで自然にドレープが出来る感じがとても良いです。
そして、風の通り抜け具合が心地よいのです。

筆者は、昨年の夏、MILFOILの麻のカットソーを2日に1日くらいの割合で着てました^ ^
今年もメチャメチャ着ています。

それくらい、ハマります。
着た時の着心地はコットンの方が上ですが、動きまわった時とか、雨降った時とか、そういう時には、吸水発汗性の良い麻の方が着心地が良くなるのです。

麻は、雨に濡れると数十パーセントも強度が上がります。

涼しく、蒸れにくい。
日本の夏に最適な素材『麻』

着込むほどに柔らかく、素晴らしい風合いになっていく、本物の麻の魅力を是非お楽しみください。
麻って、実はこんなに着心地が良かったのです^ ^

麻本来の色から後染めしているので、奥行きのある微妙な色彩が美しいです。


それから、よく、「もったいないから、Tシャツの上に着てる」という方が居ますが、麻のカットソーに関しては、そのまま着るのが一番効果が高いです。
毎回洗濯しなくちゃいけなくて、もったいないと思いがちですが、繰り返しの洗濯に耐える強さがありまして、風合いとか着心地は、洗濯していった方がむしろ増していきます。
大丈夫です。そのうち、「やっぱり、この商品は安い!」ということに気付くはずですから。

是非ヘビーローテーションで着てみてください^ ^



MILFOIL
100%ORGANIC LINEN
MADE IN JAPAN
SIZE M,L
9.500yen+税

生成り、緑、青磁色、ブラウン、紺、黒の6色


これからの季節に超活躍すること間違いなしです^ ^


contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2016-07-07 17:54 | MILFOIL | Comments(0)

元A.K.Laboがあった跡地に出来た焼き菓子屋さん、『ハマヤ』のキャロットケーキ 美味です


当店が最初在ったところの直ぐ側、元A.K.Laboがあった跡地に出来た焼き菓子屋さん、『ハマヤ』さんに行ってみました。

成蹊大からちょっと吉祥寺寄りの五日市街道沿いです。


今回購入したのは、キャロットケーキと米粉のクッキー

このキャロットケーキ、相当美味しいです。
まっとうな味がするのだけど、素朴っていうわけではなく、密かに洗練された味で美味。

値段もお手頃

筆者のお菓子ローテーション入りしそうです


焼き菓子とパンのレヴェルは異常に高い吉祥寺界隈ですが、また一軒 美味しい店が出来たようです。

当店ご来店の際には、是非お土産買いに寄ってみてはいかがでしょうか?

当店から徒歩5分くらいです。


タベログのランキング、もう少し上げてあげた方が良さそう。
筆者は、A.K.Laboとか、レピキュリアンとか、aoiとか、Dans dix ansとか、美味しいので買いに行きますが、ここも美味しいですよ。

ハマヤ
http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13195297/

東京都武蔵野市吉祥寺本町4-25-9
営業時間
10:00~19:00
定休日
月曜日・第2日曜日・第4日曜日


[PR]

by guild-01 | 2016-07-07 17:11 | 吉祥寺 | Comments(0)