<   2017年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

圧倒的なフォルムと動きの美しさ!!uemulo munenoli オーバルブラウス『GISELLA』

e0122680_16305798.jpg
e0122680_16313733.jpg
e0122680_16284487.jpg
現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


本日ご紹介するのは、オーバルブラウスの『GISELLA』です。

このようにハンガーにかかっていると不思議な感じで、ものすごくアバンギャルド(前衛的)に見えますが、着ると、意外に違和感なく着れると共にお洒落なシルエットになります。

丁度、同じ色のインナーを着たアンサンブルのゆったりカーディガンみたいな雰囲気になるのです。

そして、特に腕をちょっと上げたり動きを加えると、より一層、このブラウスは魅力を増すのです。


服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli 『GISELLA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
33,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2017-08-30 16:47 | uemulo munenoli | Comments(0)

本日は、先日開催したサシェ作りワークショップの様子をお伝えしたいと思います。


本日は、先日開催したサシェ作りワークショップの様子をお伝えしたいと思います。

まず、サシェの材料から。

様々なハーブが用意され、自分の好みに応じて香りを調合することが可能です。

こちらは、ウェルカムドリンク

今回は、スパークリングブドウジュース

ワインにする前段階のジュースです。

筆者は、お酒がほぼ飲めないので、お酒気分に浸れる優れた飲み物として重宝しています。

ジュースなのですが、リッチな気分になれるのです^ ^

各自、サシェを縫っていきます。

終止笑顔が絶えないサシェ作りでした。

丁寧に縫っている方が多かったように見受けられました。

香りを調合していきます。

生姜は入れ過ぎないように注意!

生姜って結構香り強いのですね、気付きませんでした。

理科の実験のような手法で嗅いだ方が良さそう。

カレーのような匂いになるのか?お洒落な匂いになるのか?

調合が決め手です。

皆様、好みの香りが調合出来たようです。

香りって、なかなか調合する機会がありませんが、五感の中で実は一番強いのが臭覚なのだそうです。

もっと香りについて知りたいですよね。

サシェ、完成です!

レースのどこの部分を使うかで随分変わるので、センスの見せ所です^ ^

サシェ完成記念ということで、ケーキ入刀!?

格好良く4当分するところまでは出来たのですが、その先は。。すいません! ぐちゃぐちゃに。。

ケーキ切るのって難しい。

それでも、皆でわいわい、お茶とケーキを楽しみました。

今回、以前May&Juneにてウェディングドレスをを仕立てて式を挙げた方々にもご参加いただきました。

そして結婚式の様子など、冊子に作ったものをいただきました。

あまりの出来の良さ(コレクションのルックブックかと思うほど!)に一同感嘆

なかなか、ドレス作っている側としては、実際の式の風景をなかなか見れないので、嬉しいです。

そして実際に式を挙げた人が、ドレスの生地でこういう楽しみをするというのも良いですね^ ^

もちろん、これからドレス作ろうっていう方も是非チャレンジしていただきたいと思います。

参加していただいた皆様、楽しい時間をありがとうございました。

皆様、サシェ作りがあまりにも似合いっていて感激です。

サシェ作りワークショップ次回は、9月16日(土)と17日(日)の10:30〜12:30を予定しています。

次回から全2回の予定だったものを1回にまとめたいと思います。

料金は3000円です。

それから、8月26日(土)は、13時から17時までデザイナーがドレス相談受付ますので、ぜひドレスをお考えの方は、ご来店くださいませ。

一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていくデザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。


詳しくは
ホームページ http://mayjune.jp/

インスタグラム: 日々のこと、アトリエでの製作風景や
ドレスについて綴っています。 mayjune365



ontemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel:0422-20-8101
open 12:30-21:00((祝日を除く月・金は定休日)
http://guild3.exblog.jp


[PR]

by guild-01 | 2017-08-24 23:29 | ワークショップ | Comments(0)

動いたときの表情の美しさが秀逸!!uemulo munenoli シャツワンピース『FIONA』



e0122680_15570347.jpg
e0122680_15592706.jpg


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


本日ご紹介するのは、シャツワンピース『FIONA』です。

筆者は、シャツワンピースというものが大変お洒落だと認識しています。

このシャツワンピース『FIONA』は、下側が2重構造になっており、スカートを重ね着したかのような印象になります。

それも、ただスカート履いたというのではなく、サイドのスリットや上下の長さの違いなど、ディテールに大変気を使っていまして、動いた時により綺麗に見える作りになっています。


服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli 『FIONA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
31,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

by guild-01 | 2017-08-22 17:54 | uemulo munenoli | Comments(0)

一見シンプルな中に様々な工夫、着るとさりげなくお洒落なuemulo munenoli プルオーヴァーシャツ『KARIN』

e0122680_15595543.jpg
e0122680_16001265.jpg


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


こちらはプルオーヴァーシャツの『KARIN』

一見シンプルな中に様々な工夫があり、着ると、さりげなくお洒落になるという素晴らしい1枚。

特に襟の立ち具合が絶妙なのです。

前後の長さが違うことや、全面がラウンドしていることなど、さりげないディテールが、効果を生み出しています。


服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli 『KARIN』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
23,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

by guild-01 | 2017-08-20 16:00 | uemulo munenoli | Comments(0)

uemulo munenoli シャツワンピース『BEATA』

e0122680_15584208.jpg
e0122680_15581836.jpg



現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


こちらはシャツワンピースの『BEATA』


こちらも、写真で見ると分かりにくいですが、複雑な構造になっています。

上榁氏いわく「着物スリーブの変形です」とのことですが、肩から腕、裾にかけての作りがスゴイのです。

そのため、着ると柔らかいのですが、すっきり見えるのです。

服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli『BEATA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
(sold out)




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

by guild-01 | 2017-08-19 22:41 | uemulo munenoli | Comments(0)

トップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作シャツは、オドロキの構造


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

本日から、さまざまご紹介していきたいと思います。


まず、今回、上榁氏が「標準シャツ」と呼んでいた『FLAVIA』からご紹介いたします。

このシャツが入荷した時、展示会の際、まじまじと、どういう構造になっているのか?見入ってしまったことを思い出しました。




e0122680_15573177.jpg
一見すると、普通のシャツのように見えますが、よく見ると。。
e0122680_15575596.jpg

右肩と右腕が一枚のパターン。左肩と左腕が一枚のパターンになっています。
しかも、肩より下は4カ所折り畳んだ構造になっているのが分かります。
つまり、肩や腕はボリュームが抑えられていて、その下からふわっと丸みを帯びた構造になっているのが分かると思います。

そして、前側は、ボリュームが出過ぎるのを抑えるために、すっきりカットしているのが分かると思います。
後ろと前の構造が違うのは、このためでした!

今回、ストライプにしたことで、より構造が見えやすくなったと思います。

うーむ、奥深いぞ、シャツ。
是非着てみてくださいませ。

服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoli『FLAVIA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
22,000yen +tax


uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-08-17 16:19 | uemulo munenoli | Comments(0)

8月15日(火)18時~は、かき氷とコーヒーのイベントやります



毎日暑いですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

随分昔に、南欧を旅していた頃、毎日40度という猛暑でした。(今年も猛暑らしいです)

でも、不思議に夕暮れ時になると気持ち良い風が吹いてきて、今まで誰も居なかった街に人が沢山出てきて、一転街は大にぎわいとなっていました。

皆、夕涼みに散歩しているのです。

それまで暑くて死にそうだったのに、なんだかその時間になると、ものすごく気持ち良いのです。

夕暮れ時の一番綺麗で気持ち良い時に出歩くのって良いなと、その時すごく思いました。


日本のリゾート地は、夕暮れになると、誰も居無くなることが多いです。

もったいないなと、いつも思います。



当店の前の大正通りも、18時くらいになると、必ず気持ち良い風が吹いてきます。

これは、昼間、コンクリートやアスファルトによって蓄積された熱と夜の冷気によって風が起きているのだと思います。


丁度、岩山の山頂付近の夕方に吹く風のような状況が生まれるみたいなのです。

こういった現象は、都市の様々な場所で見られるはずなので夕焼けが綺麗だったりすることもよくあります。


昨日は2重の虹が出ていました!

e0122680_17364619.jpg


そんなわけで、夕暮れ時に街に出るのって良いなということで、イベントを企画しました^ ^



8月15日(火)18時~は、お店でかき氷とコーヒーのイベントやります。

夏なのでコーヒーだけだとどうかな?ということで、涼しいものが良いな!と思いつき、かき氷とコーヒーの組み合わせにしてみました。



予定のスケジュール


8月15日(火)18:00〜は、かき氷をやります。氷自体にはそれほど味が無いので、様々な味が作れるようにセッティングしたいと思ってます^ ^

18:30くらいから氷と人類の歴史について話す予定(超面白いです^ ^)

最近筆者は、人と氷の関係の奥深さに様々気付いてワクワクしております。人類の進化の過程には、氷が密接に関わっていたのです。


8月15日(火)19:00〜は、コーヒー淹れ方講座で、どういうコーヒーが感動するのか?についてお話しします。なぜなのか理由も分かります(超面白いです^ ^)  19:30くらいから実際にコーヒー淹れる予定


8月15日(火)20:00〜は、雨が降ってなかったら花火も予定(打ち上げではなく、手持ちで)


参加費500円


全ての時間が無理な方でも、一部の時間だけ来るとかもokです。



場所

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-08-10 22:43 | ワークショップ | Comments(0)

オートクチュールドレスのモノづくりの一端を体験!『リネンとレースのサシェ作りワークショップ』のお知らせ

オートクチュールドレスのモノづくりの一端を体験!『リネンとレースのサシェ作りワークショップ』のお知らせ





contemporary creation+は、吉祥寺大正通りで16年続く服を中心としたセレクトショップです。

contemporary creation+では既製服だけでなく、デザイン画を描くところから作るオートクチュールドレスのオーダーを2012年から手がけています。

今回は、ドレスを仕立てる過程で様々気付いたこと・興味深いこと・楽しかったことなどを一般の皆様にも還元して楽しい時間を過ごす企画の一つとして、『サシェ作りワークショップ』を開催いたします。

このワークショップでは、ウェディングドレスに使用している本物のリバーレースやエンブロイダリーレースを使ってサシェ(sachet)を一針一針仕立てていきます。
とは言っても、シンプルなカタチなので針仕事はちょっと苦手という方でもご安心を。
どなたでもワクワクするサシェが作れると思いますよ^ ^

サシェ(sachet)とは?乾燥ハーブを布で包んだもの
クローゼットや引き出しの中、玄関に下げたりハンカチの間に入れたり、香りを楽しむアイテムの一つ。
日本では香袋と呼ばれ、長い歴史を持ち正倉院の宝物の中にも現存しています。
欧州では嫁入り道具の一つとして、また結婚する友人に送る事も。

May&Juneのアトリエに保管しているリバーレースやエンブロイダリーレースなどの中から気に入った柄をお選びいただき、針と糸で仕立てていきます。
そして、様々な香りのポプリをご用意しますので、仕上がったサシェの中に自分好みの香りを詰めて完成となります。

更に、オートクチュールドレスのオーダーの際と同じく、季節や時間に合わせて様々セッティングされたお茶とお菓子を楽しむことが出来ます^ ^
美味しいお茶とお菓子を楽しみつつ、楽しい時間を過ごしてみませんか?


日時
1日目 2017年8月19日(土)10:30~12:30
2日目 2017年8月26日(土)10:30~12:30

場所
contemporary creation+店内

費用 各回2300円(全二回4600円)

応募締め切り8月16日(木)

応募方法、メールまたは店舗への電話、店頭にて受け付けております。

メールはこちらをクリック

メールの際は、お名前・ご連絡先・参加人数をご明記の上、ご連絡ください。

電話 0422-20-8101 (12:30-21:00) 祝日を除く月・金は定休日

ご応募多数の場合は、先着順とさせていただきますので、ご応募はお早めにどうぞ。


一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていくデザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。


詳しくは
ホームページ http://mayjune.jp/

インスタグラム: 日々のこと、アトリエでの製作風景や
ドレスについて綴っています。 mayjune365



ontemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel:0422-20-8101
open 12:30-21:00((祝日を除く月・金は定休日)
http://guild3.exblog.jp

[PR]

by guild-01 | 2017-08-08 17:11 | ワークショップ | Comments(0)

吉祥寺観光ガイドと共に、吉祥寺駅や三鷹駅からcontemporary creation+ まで涼しく来る方法教えます^ ^

吉祥寺観光ガイドと共に、吉祥寺駅や三鷹駅からcontemporary creation+ まで涼しく来る方法教えます^ ^
e0122680_13223476.jpg






吉祥寺駅から当店まで、徒歩で8分くらいなのですが、これからの季節は暑いです。
本日は、暑さを避けながら、快適に当店まで来る方法をご紹介したいと思います^ ^


駅に着いたら、まずインフォメーションセンターに寄って吉祥寺のMAPやガイド(無料)をゲットしましょう

Kichijoji Machi Informational Center (atre Kichijoji) (INFO INSIDE JR STATION BUILDING)

Address Hanabi-no-Hiroba, 1F, atre Kichijoji Main BLDG, 1-1-24, Minamicho, Kichijoji, Musashino City, Tokyo 180-0003 Japan

http://musashino-kanko.com/en/guide/visitor/index.html



歩いてくるなら、吉祥寺駅北口(中央口)から出ると、正面に2つのアーケード(サンロード、ダイヤ街)があります。

e0122680_13523777.jpg

吉祥寺駅中央口(北口)

e0122680_13504413.jpg

左がダイヤ街、右がサンロード


このうち、左側のダイヤ街を歩いていくと、左手に著名な食のお店、『つかだ』『小ざさ』や『ステーキウスさとう』などがあります

e0122680_13513179.jpg

左が『つかだ』、右が『小ざさ』
その昔、我が家のおでんの定番は、『つかだ』のボウルでしたね〜^ ^
『小ざさ』は、朝早起きして初電に乗って並ばないと買えない幻の羊羹が有名ですが、基本的に並ばなくても買える(並ぶ時もありますが)最中でも同じ味なので、お土産に喜ばれます。安いですし^ ^

e0122680_13515425.jpg

こちらが『さとう』
いつも、とんでもなく行列してますが、これはメンチカツの行列。
筆者は、行列の出来る揚げ物は買わない主義(油が劣化するから)なのでメンチカツ食べたことはありませんが、他のものは並ばなくても買えるので食べたことあります。
随分長いこと食べてませんが、高級な和牛は、あきれるほど美味でした。(人生で2回だけ食べましたね。さとうの高級和牛)


その通りを通って、東急百貨店の前まで来ます。
吉祥寺は、伊勢丹も三越も近鉄も潰れましたが、東急百貨店は生き残っています。

e0122680_15180739.jpg

東急百貨店前の交差点。左手には『みずほ銀行』

そして、東急百貨店の中を通って、反対側=北側(MAX MARAの側)の出口を出ると右手に『マツモトキヨシ』や『セブンイレブン』が見えるはずです。
左手には、旭化成の『ヘーベルプラザ』とステーキの『ぶどう屋』が見えます
e0122680_15194089.jpg


ここまでは、少なからず、冷房が効いてますので、それほど暑くないはずです。

そして、ここまで来れば、午後3時以降なら、大正通りの道路脇の日陰を歩いて来ることが出来ます^ ^


大正通りを左側(西)に向けて歩きます。
左手に『スターバックスコーヒー』と『LACOSTE』が見えるはずです。

右手に見えるのは、台湾料理の『月和茶』、ハンコの『青雲堂』、著名なラーメン屋『春木屋』などなど
e0122680_15215829.jpg

このあたりまでは、わりと庶民的な風情の商店街。


もう少し行くと、お洒落で落ち着いた感じになりますが、このあたりの店は移り変わりが激しく、1年〜2年で変わる店多いですね。
特に大資本のお店は、大抵直ぐに撤退していきますね〜


フランス料理というかカフェ?の『ラパンアジル』のあるあたりから、いかにも大正通りといった感じが漂います。
このあたりの店は、個人でやっている店が多く、長く続いている店が多いんですよ。

北欧料理の『ALLT GOTT』、自家製味噌と料理の『ソイビーンファーム』、『MONOギャラリー』や、無垢材の家具の店『SOLIWOOD』、生活雑貨の『CINQ』や『couer de couer』など個性的なお店や雑貨店なども多いこの通り。
吉祥寺で一番お洒落なエリアだと思います^ ^

e0122680_13535702.jpg


藤村女子学院を左手に、nikitikiというおもちゃ屋さんや『四匹のねこ』というお花やさんを右手に見ながら歩きます。

ちなみに、著名なパン屋『dans dix ans』は、このお花屋さんを右に入ったところの地下。

当店へ来るには、生地屋の『CHECK&STRIPE』『シャツ工房』を過ぎて、
e0122680_13533560.jpg



コインパーキングがあって、その次の建物の半地下のお店が、contemporary creation+ です。

e0122680_14011990.jpg


この来方が、歩いて来るには、一番涼しいです。


昼間、来る方は参考に。



他にもあれこれ寄りたいなら、、夕方から夜にかけてがオススメです。
午後3時を過ぎると、大正通りも日陰が多くなってきます。
夕方6時頃になると、大概気持ちの良い風が吹いてきます。
現在、夜の9時まで営業しております ^ ^

e0122680_14031336.jpg

こちらの写真が武蔵野市のコミュニティーバス ムーバス

そして、昼間来る場合、バスを利用すると、涼しくご来店いただけます。


吉祥寺駅からムーバス吉祥寺北西循環に乗って、西五条通りで下車
徒歩30秒 (100円)

西五条通り(ムーバス吉祥寺北西循環)路線図・時刻表

このルートは、大回りするので、店に来るまでに20分以上かかりますが、武蔵野観光がてらに乗ってくるのも良いかと思います。

停留所降りたら、直ぐ店です。

なお、当店から駅までは、ムーバスで約3分と、あっという間まです^ ^



当店へ来るのに、時間的に早いのは、

吉祥寺駅や三鷹駅から関東バスに乗車、バス4分、北町1丁目(関東バス)で下車 徒歩2分 (210円)

JR吉祥寺駅北口(中央口)から、バス乗り場の一番左手からバスに乗ります。

行き先
成蹊学園前
武蔵野営業所
柳沢駅
向台町5丁目
関前西公園
桜堤団地
電通裏
武蔵野市役所・柳沢駅ヴィーガーデン西東京

いずれのバスも、停車します。

三鷹駅から来る場合は、吉祥寺駅行きで、北町一丁目下車


バス停の向かい側に郵便局が見えますので、郵便局の角の路地を曲がってください。
一本目の交差点の角に、contemporary creation+があります。


吉祥寺観光ガイド 井の頭公園(英語版)
吉祥寺観光ガイド 成蹊学園のケヤキ並木(英語版)



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2017-08-06 14:02 | アクセス(ACSESS) | Comments(0)

『自分に似合う服の着こなしを知るためのワークショップ』



e0122680_21534359.jpg
contemporary creation+のサービス


contemporary creation+では、これまで様々な服のデザインやスタイリング、バイイングに関わってきた経験を活かし、分かりやすく伝えて皆様の生活を豊かにするためのサービスを行っています。


特に今年に入って、店内改装と共に、サービス充実しております^ ^


当店ではオートクチュールのウェディングドレスや衣装などを手がけておりまして、その際のサービスが大変好評なため、一般のお客様にもその体験を還元すべく、企画したのが、『自分に似合う服の着こなしを知るためのワークショップ』です。



オートクチュールは、その人のために一からデザインして服を作っていきますが、このワークショップでは、既製服を使って、クチュールのように、あなたに合う組み合わせを作っていく体験が可能なように構成されています。



あなたに似合う最適なバランスと着こなしを実際に服を着ながら知ることが出来ます。

人間には、それぞれいくつかの似合うパターンがあります。

まず、それを知ることから始めましょう

そのパターンを知り、そのパターンに沿って服を買っていくと、流行に惑わされて失敗することなく、ずっと似合う服を着続けることが出来ます。

人それぞれのファッションにまつわる悩みも出来るだけ解決しますので、ご要望をお伝えください。



基本料金80分3000円 です(ただし、1万円以上のお買い上げで無料になります)

お茶とお菓子付きの貸し切りサービスです。


服を買わなくても受講出来るように有料にしていますが、本気で服が欲しい時に来ていただけると、かなりお得です^ ^




予約制 予約電話 0422-20-8101

時間 午前の部11:00〜

夜の部21:00~


前日までにご予約ください。店頭での予約も可能です。



一回受けた方でも、何回でも受講出来ます。


初心者向け、初級者向け、中級者向け、上級者向けのワークショップもございますので、ご要望お伝えください。



このワークショップは、お茶やお菓子など楽しみながら、あれこれ試着して楽しめるサービスですが、時間 午前の部11:00~と夜の部21:00~では、ライティングや器のセッティング、お茶やお菓子の内容まで変わるという凝りようです(笑)



朝は、朝食やブランチをイメージして、果物中心

夜は、アフターディナーのデザートをイメージ。


眼で楽しく、食べて楽しく、飲んで楽しく、着て楽しい^ ^



テンション上がる時間をお楽しみくださいませ。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-08-06 14:01 | スタイリング | Comments(0)