<   2017年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

東京コレクションウィーク 本日は当店でもおなじみのMILFOILの展示会に行ってきました。

ただいま、東京コレクションウィークです。

いろいろ回っていますが、本日は当店でもおなじみのMILFOILの展示会に行ってきました。


いろいろ話します。


井上氏

「また機屋(布を織る職業のこと)が2軒生産を止めてしまって、もうこの生地織れないので廃盤になります。こちらのは在庫限りで、後のは継続して生産が可能です。」


という話から始まりました。。



本当に、誰かが倒れたりすると、それで産業がストップしてしまうような、そんな状況なのです。


日本生産が2.8%以下というのは、本当にそんな状況です。


でも、危機感を持っているのは、多分ほとんど我々のような、国内アパレルの生産と販売に携わっている人だけで、普通の人達は、そんなことに全く気付いていないんだと思うのです。


たとえば、パンツの裾上げすると1000円くらい工賃かかると思うのですが、1000円でパンツ売ってるわけですから。。


「あら、安いわね」で、それ以上は普通考えません。


そういう服って、大体パンツ一本縫うのに、工賃が50円以下です。

多分、30円とかで縫ってます。

服作りって、工場で大量生産みたいに考えがちですけど、縫うのって基本手作業がほとんどです。


それで、パンツ1本縫って、工賃30円とか


張り合うとか、努力がとかいう問題では、もはや全くありません。

だって、日本で誰もパンツ一本50円で縫わないでしょう。


筆者

「考えるのが面倒くさいからユニクロしか着ない」という人、かなり居ると思います。昔コムデギャルソン着てたけど、今ユニクロみたいな人居ます。そういえば、吉祥寺の東急百貨店にニトリが入ったんですよ」


井上氏

「地方の百貨店なんか、皆そんな感じです。5階から7階が、ユニクロとGUとGAPとシマムラなんかが入っていて、あとニトリと電気屋。そんなのばっかりです。」


筆者

「全国隅々まで、ほとんど同じ店が入ってますよね。」


井上氏

「もう、一部上場の企業しか生き残らないような状況になってます。アパレルは」


筆者

「株主の利益になるための政策を延々と続けてきた結果、こうなったわけですよね。現在では、日本企業の株式を持っているのが、1位がGPIF(国民年金基金)、2位がブラックロック(米)、3位が日銀です。日銀もGPIFもユニクロのような企業しか買いませんから、日本国内で生産しない企業の株式を我々の年金で買い進めて、利益を出さないと年金が減るみたいな政策を進めているわけです(苦笑)。日銀にしても、延々と円を刷りまくって、その金でユニクロ株を買うっていう、株式が上がったって言ってますけど、これ完全にバブルですよね。バブル弾けるとどうなるんだろう?一体」


井上氏

「ウォール街が出来てから、ずっとそんなことを続けてきた感じですよね。それで株主は、皆同じみたいな。。」



1990年に日本生産の服は50%あったわけですが、現在では2.8%以下です。


そんな中、日本で服作りをして、それを売っていくって、相当大変です。

完全に絶滅危惧種です。衣服は衣食住というように、生活必需品なのに。。


だからこそレベルが上がったってことも、もちろんありますけどね。


それだけ、皆努力してきたわけですから。



井上氏

「うちの製品は、縫い目が伸びるのが特徴なんですよ。その方が着やすいんです。でも、普通はそんなことしない。大体かっちり作ってしまう。そうすると、生地に馴染まなくなるんです。生地って伸びるでしょう?だとしたら、縫い目も伸びてあげないと生地がうまく馴染まないのです。誰もやってないんですけど、そんな事ばかりやってます。」


*注 MILFOILの服は、縫製の糸が全てオリジナルのオーガニックコットン製で、ロック部分が、あまく縫われていて伸びるのです。

それに、補強のテープまで全てオリジナルのオーガニックコットン製という、半端ないこだわり

だから、着心地が異常に良いのです。

普通の服のロックは、ポリエステル糸で、もっとかっちり縫われています


筆者

「日本の普通の生産工場に出すと、大体ピシッとアイロンかけて、ビタッと縫われますよね。どうも、そういうのが正しいと身に付いているらしいんです。でも、そういう風に縫ってしまうと直線的にカクカクなってしまう。身体にうまく馴染まないから違和感が出てしまうんですよ。服をデザインして生産してもらうと、大体そこで最初の壁にぶつかりますよね。それで、生産工場とのやりとりが、これまた大変なわけですけれども」


井上氏

「身体は曲線で出来ているので、全部ビシッと縫ってしまうと、身体にうまく沿わなくなってしまうんです。」



筆者は、展示会でさまざま回っているのですが、ハンガーにかっかった状態で『良いな』と思っても、着ると「うーん残念」となる場合がすごく多いんです。一番多いのが、肩の馴染み感で、肩の馴染み感がイマイチな服って着たくなくなるんです。疲れてしまう。

着て、着心地が良いっていうのは、肩の馴染み感が良いということと、腕を通した時の心地よさみたいなのもあります。


MILFOILの服は、多分、写真で見てもワクワクはしないと思うのですが、着てると段々、こればっかり着てるようになります。


筆者

「下着とか、ヤバいですよね。本当に着出すと、これしか着れなくなってきます。」


井上氏

「そういう方多いです」


つづく


[PR]

by guild-01 | 2017-10-27 23:25 | 展示会 | Comments(0)

どこまでもハイレベル tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の最新作のダッフルコートが入荷

e0122680_17334669.jpg
e0122680_17321145.jpg
e0122680_17313421.jpg
e0122680_17322530.jpg



当店でも毎度おなじみtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の最新作のダッフルコートが入荷しました。

極上のダッフルコートが欲しい方は、もちろん、今までダッフルコートに興味が無かった方も欲しくなるような、そんなハイレベルなダッフルコートです。

展示会で、思わず「カシミヤ混ですか?」と聞いたほどの肌触りのウール100%
これ、ウールなんだと、びっくりしますよ。

シルエットも縫製も細部の仕上げにいたるまで、ハイレベル。

袖に腕を通すと分かりますが、とてもとても良い服なのが分かります。

メイドインジャパンも、ここまで来ています。

この服に至るまでの道のりって、相当に深く長いということが、筆者にはよく分かります。
テーラードの研究、オートクチュールの手法、一流ブランドの仕事、自分のファッションレーベルでの仕事の経験
様々な経験を経ないと、このような服は作れないということです。

ものすごく普通に見えますが、普通ではありません。
飛び抜けていますが、全く尖っていなくて、ものすごく普遍的です。うまく言えませんが。。
エレガントなのです


tomoumi ono
100%WOOL
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 36,38
カラー ベージュ、黒
92,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-24 19:04 | tomoumi ono | Comments(0)

袖に腕を通すと良さが分かります。tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のジャケット

e0122680_17230576.jpg
e0122680_17235260.jpg

20世紀後半から21世紀初頭にかけて、世界で最も影響力が強かったファッションデザイナー、マルタン・マルジェラの元でデザインを手がけていた日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のジャケットです。

袖に腕を通すと分かりますが、とてもとても良い服なのが分かります。

この服に至るまでの道のりって、相当に深く長いということが、筆者にはよく分かります。
テーラードの研究、オートクチュールの手法、一流ブランドの仕事、自分のファッションレーベルでの仕事の経験
様々な経験を経ないと、このような服は作れないということです。

ものすごく普通に見えますが、普通ではありません。
飛び抜けていますが、全く尖っていなくて、ものすごく普遍的です。うまく言えませんが。。
エレガントなのです

着て、すごく良いなと思える服を作るのって、実はものすごく大変です。
ハンガーにかかっていると分かりませんけどね。



tomoumi ono
100%WOOL
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 36
69,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-20 17:49 | tomoumi ono | Comments(0)

トップメゾンのデザイナーを歴任した日本人上榁むねのりによるuemulo munenoliのコート『EVA』が美しい!

e0122680_17185714.jpg
e0122680_17191551.jpg
e0122680_17194033.jpg
e0122680_17201389.jpg




CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人上榁むねのりによるuemulo munenoliのコートですが、非常に着やすく、体型問わず綺麗に見えることで好評です。

最新作のEVAは、肩の作りが非常に特徴的で、ふわっと丸みを帯びたフォルムになります。
腕も立体的です。

このフォルムの美しさは、着てみないと理解出来ないと思います。

様々な体型の人を許容しつつ優雅な丸みを帯びたフォルムです。

uemulo munenoliのコートは、毎年無くなるのが速いので、お早めにどうぞ!


uemulo munenoli EVA
100%WOOL (裏地100%CUPRA)
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
85,000yen+tax

カラー
紺、黒


uemulo munenoliインタビューは、こちらから


uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-19 17:38 | uemulo munenoli | Comments(0)

MILFOILのオーガニックコットンシリーズの新作、新色が様々届きました。

MILFOILのオーガニックコットンシリーズの新作、新色が様々届きました。
タートルネック、七分袖など様々あります。
今年は、あらゆる体型の人に向けて様々な種類のカットソーが入荷しておりますので、ぜひお試しくださいませ。
あなたに似合う1着が必ずあるはずです^ ^

よろしくお願いします。

[PR]

by guild-01 | 2017-10-14 18:37 | MILFOIL | Comments(0)

お洒落のコツ 年齢を重ねると似合うようになる服って何でしょう?

お洒落のコツ 年齢を重ねると似合うようになる服って何でしょう?


e0122680_17432714.jpg
写真のコートは、ファション日本代表とも呼べる素晴らしいコート tomoumi ono



服は、ある年齢を過ぎると似合うものが変わってきます。



年齢を重ねると似合うようになる服って何でしょう?



筆者は、『毛並みの良い服』と『素材の力を感じさせる服』だと思っています。


まず『毛並みの良い服』ですが、これは、ウールとかシルクとかカシミヤなどの綺麗目な服のことです。


野生動物の事を考えてみると分かるのですが、歳を取った動物や病気な動物から順番に捕食者に襲われるようになりますよね。


これ、捕食者は見た目で判断しています。

毛並みが良くないものは、襲いやすい動物と判断しているわけです。


捕食者に襲われたら死にますから、殺されないように、なるだけ毛並みを整えておきたい本能が動物にはあるのでしょう。


つまり、動物の本能として、毛並みが良く無い動物であることを避けようとしているのです。


人間の場合、服は着せ替え可能なので、毛並み良く見せるのは、そんなに難しいことではありません。

毛並みの良い服を着れば良いわけですから^ ^



毛並みの綺麗な服を着る。そして背筋を伸ばしてピンと立つ。


これが、本能的に良いなと感じるお洒落の秘訣です。


帽子というのも、同じ理由で、年齢を重ねた人が似合うアイテムの一つです。


そして、年齢を重ねると、クラシックな服も、モダンな服も嫌みなく着れるようになります。




もう一つ、『素材の力を感じさせる服』ですが、これはレザーや麻、ウールやコットンを風合い良く、味わいのある深みで魅せる服のことです。



丁寧にタンニンなめしされた皮や、後染めで渋い風合いになった麻やコットン。

ローゲージの風合いあるニット。

シワや色むらがあるのに美しい、力強い、深みを感じる。そんな服達のことです。


歳を取ってくると、どうしても肌の色がくすんできたり、しみが出来たり、シワが出来たりします。


それらを多くの人はマイナス要素だと思っていると思いますが、これら『素材の力を感じさせる服』のシワや色むらは、マイナスというよりも、むしろプラス要素なのです。

そういうものがあるからこそ格好良いわけです。


そういう格好良いものを着ると、自分の肌の色のくすみやシワが、むしろプラスに働くことを実感すると思います。


ありのままの自分を受け入れた上で、その年齢や経験の積み重ねを深みに変える、プラスに変えることが出来るのです。


年齢を重ねたからこそ出来る、深みのあるお洒落がそこにはあるのです。


筆者は、ある一定の年齢を重ねた方がお洒落の奥が深まると言っているのは、こういうことでもあります。



e0122680_18535981.jpg




何色が似合うということも、もちろんありますが、どういう風合いのものを着ると似合うのか?というのが、実はポイントになるのです。


もう一つ、白髪になってくると、様々な色が似合うようになってきます。


明るい色も、嫌みなく着れるようになってくるのです。


筆者は、80歳くらいの方で、ピンクのシルクワンピースを着た人を見たことがあるのですが、後光が差すほど美しかったのを今でも記憶しています。


むしろ、明るい色は、年取ってからの方が似合うのです。

覚えておいて損は無いと思います。


是非様々チャレンジしてみてください。




contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2017-10-10 19:25 | スタイリング | Comments(0)

MILFOILの最新作のカットソーが到着 今までで一番サイズ感が大きいカットソーと小さいカットソーです。

MILFOILオーガニックコットン新着速報


MILFOIL最新作が届きました。
今回の生地は、今までで一番強く撚った生地で、ちょっと張感があります。
綺麗目な生地で使いやすそうです。


□今までで一番サイズ感が大きい7分袖ドルマンスリーブカットソーが到着しました。
欲しいけれど、今まで合うサイズが無かったという方でも安心のサイズ感。
ドレープでゆったり綺麗に見せます^ ^
7800円+税



□今までで一番サイズ感が小さい7分袖クルーネックカットソーが到着しました。
欲しいけれど、今までサイズがちょっと大きいという小柄女子の方に朗報です。
サイズ感小さめで、袖は7分袖。首が詰まったクルーネック
小柄でも大丈夫です^ ^
5700円+税

写真などは後日掲載予定


当店では、全方位的に似合う服を提供すべく、努力しております。

是非お試しくださいませ。


下着のカラーも追加されました。
欲しい方は是非どうぞ。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから





[PR]

by guild-01 | 2017-10-08 13:37 | MILFOIL | Comments(0)

気付いたら10年の間にもっとも長い時間着用していたのが、MILFOILオーガニックコットンVネック長袖カットソー(メンズ)です。

気付いたら10年の間にもっとも長い時間着用していたのが、MILFOILオーガニックコットンVネック長袖カットソー(メンズ)です。
e0122680_184049.jpg

e0122680_18392185.jpg

e0122680_18385864.jpg

e0122680_18383489.jpg

e0122680_1838282.jpg

e0122680_18373281.jpg

e0122680_18371480.jpg

MILFOILのオーガニックコットンのカットソーが始って10年余、筆者はずっと着ているわけですが、この10年間の間に最も長い間着用していた服が、このVネックの長袖カットソーです。


この10年の1/3の時間は、このカットソー着ているのではあるまいか?というくらい着ています。


あまりにも着心地良過ぎて、段々他のものが着れなくなってくるというのが偽らざる実感です。

気付くと、肌に触れる部分に着てるもの、みんなMILFOILだったみたいな(笑)



アウターとして着る→インナーとして着る→ルームウェアとして着る→寝間着として着るというのが、MILFOILオーガニックコットンカットソーの正しい使い方なのではないかと考えているのですが、実は、筆者は10年前に購入したこのカットソーを現在でも寝間着に使用しています。


そして、最近またこの一番初期に買ったカットソーを外着にすること可能なのでは?と思えてきました。


なんか、復活しているのです。良い感じになってきているのです。


まじ、スゴイですね。


というわけで、表示はコットンであっても、いろいろあるのです。


中にスゴいのがあるわけです。


MILFOILのカットソーの糸は、超絶に柔らかくて気持ち良いオーガニックコットンで、日本の絹工場でゆっくり織って製作しています。
縫製に使う糸も補強用のテープも全てオリジナルのオーガニックコットンです

素晴らしい着心地をお楽しみください。

100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE M.L
6,800yen+TAX

生成り、モカ、カーキグレー、杢グレー、グレー、紺、黒


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-05 21:18 | MILFOIL | Comments(0)

体型を全て見せるのではなくドレープで綺麗に見せるMILFOILオーガニックコットン オフネック長袖カットソー

体型を全て見せるのではなくドレープで綺麗に見せるMILFOILオーガニックコットン オフネック長袖カットソー
e0122680_20444927.jpg


e0122680_19200491.jpg
e0122680_19202569.jpg
e0122680_19204743.jpg


e0122680_19213984.jpg


オーガニックのトータルブランド、MILFOILからオーガニックコットン オフネック長袖カットソーのご紹介です。
このカットソーの特徴は、体型を全て見せるのではなく、ゆったりしているところと、締まっているところがあるから綺麗に見える。というところにあります。

ドレープで綺麗に見せるのです。

フロントにドレープが出来、胸元に表情が出ます。

1枚で着ても、ジャケットやカーディガンを着ても表情が出て綺麗に見える筆者オススメの1枚です。

100% ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
7,000yen+tax 
4色(ガーネットローズ、アイスグレー、生成り、黒)


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-04 23:07 | MILFOIL | Comments(0)

お洒落の本当のコツとは何か?


お洒落の本当のコツとは何か?

http://guild3.exblog.jp/26087147/


当店では、『プロが教えるスタイリング教室』というのを、営業時間の前後に行っているのですが、お洒落の本当のコツとは何か?


ごくごく簡単に言うと『全体のフォルム(形)とバランスを考えて服を着ること』となります。


『全体のフォルム(形)とバランスを考えて服を着ること』を意識すれば、服を着れば着るほどお洒落な人に近づいていきます。


一般の人は、自分に合うサイズのアイテム(シャツとかパンツとかジャケットとか)を組み合わせると正しい組み合わせになると考えていると思いますけど、正しいサイズを組み合わせてもお洒落に見えるとは限らないのです。

意識しなくちゃいけないのは、『全体のフォルム(形)とバランスを考えて服を着ること』なのです。


その中で、色の組み合わせや素材合わせや様々なテクニックなどによって、美しく見えるフォルムやバランスの組み合わせ、コーディネートがあるのです。


『全体のフォルム(形)とバランスを考えて服を着ること』を意識しないと、いつまで経っても垢抜けないと思います。



『骨格診断』や『カラー診断』のようなものもありますが、ある骨格の人が綺麗に見える形や服は確かにありますし、似合うカラーというのもあるのですが、髪の毛の色や肌の色というのは、常に一定では無いので、似合う色というのは常に一定では無いと思います。

なので、あまりそれらにこだわり過ぎると、本質が見えなくなってくると思います。


骨格や色というのも、『フォルム(形)とバランスを考えて服を着ること』の延長線上で、それらをどう活かすか?というのが問題になると思います。



お洒落の基本が知りたい方は、当店の『プロが教えるスタイリング教室』をぜひご体験ください。


どうもお洒落が苦手という人は、基本がよく分かると思いますし、ものすごくお洒落好きで、いろいろ着た人でも、眼から鱗のテクニックとかあります。


ものすごく難しい難題とかも、かなり解決出来ると思います。


背が低くても、大きくても、太っていても、痩せていても、肩がなで肩でも、いかり型でも、胸が大きくても、小さくても、それぞれの人に似合うカタチやバランスがあるのです。


まず、着てみることで、どういうカタチやバランスが魅力的に見えるのか?知ってみることが大事です。



80分3000円 (美味しいお茶とお菓子付き)

ただし1万円以上のお買い上げで無料となります。


営業日の11:00~と21:00~の2パターンでご予約受け付けています。




準備がありますので、前日までにご予約ください。

よろしくお願いします。




contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel 0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-03 18:15 | スタイリング | Comments(0)