<   2017年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

暖かいメンズの新作 MILFOILオーガニックコットン・ワッフルレギンス

e0122680_19420944.jpg

当店でもおなじみのオーガニックのトータルブランドMILFOILから、寒い時期に活躍するアイテムが続々入荷しております。


本日ご紹介するのは、メンズの新作 オーガニックコットン・ワッフルレギンスです。


パンツの下にも履けて、暖かい。寒い時期の大活躍商品です。


これ、相当暖かいですよ。


しかも、しっかりした作りです。


冬のワードローブに是非加えてみてはいかがでしょうか。


同じ生地のメンズ長袖カットソーもあります。

これまた暖かいです。




100% ORGANIC COTTON

MADE IN JAPAN

7,800yen+tax 


カラー(紺、カーキグレー)の2色



contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp



[PR]

by guild-01 | 2017-11-29 20:05 | MILFOIL | Comments(0)

軽くて暖かくて着やすく格好良いtomoumi onoのジップアップコート

e0122680_17244383.jpg
e0122680_17241881.jpg

なんだか、突然冬の訪れのような気温ですが、防寒かつ着心地よくシルエット美しい商品の紹介です。

よく、お客様から「ダウンジャケットが欲しい」と言われるのですが、筆者が仕入れたくなるようなダウンジャケットって、ほとんど存在しません。

服は、どうせなら綺麗に見えてほしいのですが、ダウンジャケットで綺麗に見せるって、ものすごく難しいのです。

そこで、ダウンジャケットみたいに軽くて暖かいけど、ダウンジャケットでは無く、格好良いコートを本日は、ご紹介します。


メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のジップアップコートです。
外側はウールで、ごく少量の中綿入りです。

軽くて着心地良く、暖かいですが、外側がウール生地なので綺麗に見えますし、フォルムもとても綺麗です。

気軽に着れるのですが、優雅さも漂う秀逸なコートです。

是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
87%WOOL 8%TRIACETATE 3%PU 2%NYLON
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 40
64,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから









[PR]

by guild-01 | 2017-11-25 18:19 | tomoumi ono | Comments(0)

成蹊大学の欅並木の黄葉が見頃です。19日(日)18:30〜打ち上げ花火 井の頭公園紅葉情報

e0122680_22014632.jpg
写真は、11月10日(金)の井の頭公園の紅葉

ここのところ、朝晩の冷え込みが激しいですね。武蔵野の紅葉(黄葉)も、どんどん進んできています。

当店から徒歩5分の成蹊大学の欅並木も綺麗になってきました。

カメラ持ってなかったので撮れませんでしたが、良い感じですよ!

今週末は、学園祭だそうで、明日の19日(日)18:30からは打ち上げ花火だそうです。

そして そろそろ、井の頭公園の紅葉(黄葉)も見頃の季節です。


是非吉祥寺にお越しくださいませ。



吉祥寺大正通りのオーダーメイドのドレス&国内外のデザイナーのセレクトショップ

contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp



[PR]

by guild-01 | 2017-11-18 22:10 | 吉祥寺 | Comments(0)

暖かく快適でかっこ良しMILFOILメンズ・オーガニックコットン・ワッフル長袖カットソー

e0122680_20584364.jpg

当店でもおなじみのオーガニックのトータルブランドMILFOILから、寒い時期に活躍するアイテムが続々入荷しております。


本日ご紹介するのは、メンズの新作 オーガニックコットン・ワッフル長袖カットソーです。


スウェットの代わりに着ることが出来るような、暖かく、着やすいカットソーです。


カットソーの上からも着れてしまいます。


着てみたところ、薄手のウールニットよりも、むしろ暖かいくらい暖かいです。


そして、カタチが、これまた良いです。首回りのあき具合なんかも絶妙ですね^ ^


冬のワードローブに是非加えてみてはいかがでしょうか。


同じ生地のメンズレギンス(タイツ)もあります。

これまた暖かいです。




100% ORGANIC COTTON

MADE IN JAPAN

7,500yen+tax 


カラー(紺、カーキグレー)の2色


*注意

こちらの商品は、製品染めのため、サイズに個体差がありますのでご注意ください。


紺M (着丈66 裄丈87 胸囲96)

カーキグレーM (着丈67 裄丈87 胸囲98)


紺L (着丈70 裄丈94 胸囲104)

カーキグレーL (着丈69 裄丈94 胸囲104)




contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp



[PR]

by guild-01 | 2017-11-16 21:08 | MILFOIL | Comments(2)

MILFOILオーガニックコットン製品の洗濯について

e0122680_19304122.jpg



MILFOILのオーガニックコットンは、ものすごく柔らかいオーガニックコットンをシルクを織る旧式の織り機で柔らかく織って作られています。

そのため、柔らかくて大変着心地が良いのですが、だからこそ、何も考えずにじゃぶじゃぶ洗って大丈夫というわけではありません。


洗濯するのに、ちょっとしたコツがあります。


洗濯していて伸びてしまったというお客様が、たまにいらしゃいます。

筆者が着ているのは、10年前のでも、ほとんど伸びてません。何が違うのでしょうか?



MILFOILオーガニックコットン製品の洗濯について、正しいやり方をデザイナーの井上氏にお聞きしました。



「裏返して、小さく折り畳んでネットに入れて洗濯機で洗ってください。」とのことです。


広げて洗った方が汚れは落ちそうと思いがちですが、広げて洗うと伸びる原因になるそうです。


ごしごし洗う必要も無いそうです。


洗剤が、浸透して汚れを落とすイメージだそうです。


折り畳んでネットに入れるのが、一番型くずれしにくいそう。


よくすすいでから、ネットから取り出し、カタチを整えてから、干します。


「干す時は、風通しの良い日陰で、干すようにしてください」とのこと


「太陽の光で乾かすのではなく、風を当てて乾かすのが一番」だそう。


「太陽光や蛍光灯は、色あせの原因になります。

蛍光灯の下や日の当たるところに出しっ放しにするのは、止めましょう。



それと、ハンガーにかけて干したり、一部分をせんたくばさみで挟んで吊るしたりすると、伸びる原因になります。


平干しがベストですが、無理な場合は、もの干しにかけたり、ロープ2本に渡してかけたりしてみてください。


首や裾を下にするより、両脇を下にする方が伸びにくいです。」とのことです。



参考にしてみてください。


よろしくお願いします。


contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp



[PR]

by guild-01 | 2017-11-15 21:23 | MILFOIL | Comments(0)

カシミヤやウールの防水性って、メチャスゴイですね。

昨日、突然雨が降ってきて、全く雨の準備していなかったので、ずぶ濡れで自転車漕いで帰宅しました。

全身ずぶ濡れで、上に着ていたジャケットは水浸し、下半身は下着までぐちょぐちょです。


なのですが、身体の前側がほとんど濡れていないことに気付きました。


カシミヤシルクのストールを巻いて、薄手のウールのニットを着ていたのですが、下に着たコットンのカットソーが、ほぼ濡れていないのです。


これには、オドロキました。


カシミヤとかウールの防水性ってスゴイんですね。


カシミヤのストールを雨よけに使おうとか普通思わないと思いますが、多分、水が表面を伝って下まで落ちていった結果、中まで濡れなかったのだと思います。


山で雨や雪の影響で遭難した人が、ウールの下着を着ていたから助かったという話は良く聞きますが、ウールやカシミヤの実力をまざまざと見せつけられた思いです。


[PR]

by guild-01 | 2017-11-14 22:05 | 季節のお洒落 | Comments(0)

なぜ多くの人が、服を着ることに喜びを見いだせなくなったのか?


当店で扱っている服って、ものすごくハイレベルなものが多いです。

生地もカッティングもフォルムも、色も、縫製も、着心地も全てにおいてです。

(全てがハイレベルなわけではなく、わざと変な服とか、面白い服とかも扱ってますので、ご安心ください^ ^)


服的にはこれ以上、何が必要なんだ?と思うこともしばしば。



でも、これだけ素晴らしい服を扱っているにも関わらず、お客さんがスゴイ勢いで増えたり、めちゃ評判になったりしないのです。

全く、広がった気配が無いのです。


むしろ、もの凄く気に入ったから、買った服に満足しているから買う回数が減った みたいな ことが良くあります。


ということは、お客さんの絶対数が増えないといけないのですが。。


こんなに素晴らしい服が沢山あるのに、多くの人に知っていただけて無いという現状があります。


どうしたら良いのだろう?日本の素晴らしい服が認知されるのだろう?と、様々考えました。


そこで、考えた結果、自分が扱っているものがハイレベルなものが多過ぎて、ごく一般の人の気持ちがよく分からないのではないか?と思い始めました。



では、普通の人が着てる服ってどんなだろう?という疑問が湧いてきまして、そういう服を着てみようと思い立ちました。


ただ、筆者は、量販店に行くと、頭痛くなることが多くて、色とか素材とか、全てが気持ち悪い

あと、薬品の関係とかもあると思うのですが。。



そこで、古着屋に行けば、様々着れるかもと思い、古着屋に行って、あれこれ徹底的に試着してみました。



そうしてみて分かってきたことは、もはや、バ○バリーとかブルッ○スブラザース レベルの服でも、かなりの数がタイ製とかベトナム製とかになっていること。(もちろん、そうじゃ無いのもありますが)


生地やパーツは、一見して良さげでも、着てみると、オヤ?と思うものが多いということ。


一般の人が『ブランド』と認知しているような有名なブランドでも、クオリティーが落ちているものが増えていることです。


これには理由があって、それは、中国を筆頭にしてアジア圏全般で所得が増えており、有名なブランドの服の消費量=生産量が拡大した。


それに対応するために、設備投資して服を作るようになったのだが、その対応上、全てものもに対しては、かつてのようなクオリティーが維持出来なくなった。

つまり、ブランドのオーラが失われているものがあるのです。


その一方で、もっと安い量産品のクオリティーは、かつてよりも良くなったものが一部あります。


そこで、一般の人々が知るような有名なブランドと量販ブランドの差が、ある部分では小さくなった。


一方、価格差はあるので、このくらいの差なら、安い量販ブランドで良いのでは?となった。


ユニクロ初めとして、量販店の服を多くの人が着るようになった→服への興味が薄れていった→良い服とは何かが体感出来なくなった。


と、考えると腑に落ちます。



高級ブランドのスゴイ服は、クオリティーは落ちてませんけど、ものすごく高価になってしまったので、もはやほとんどの人が買えないというか、試着すら不可能な感じですしね。




当店では、ブランドネームと全く無関係に、素晴らしい質感とかフォルムの服ばかり置いているので、そういう部分に気付かなかったなと思います。


一般の人がブランドと思っているものと、我々のようなプロが良いと思っているものって、かなり違いますからね。



この、『相変わらず素晴らしい服』もしくは、『こんなに素晴らしい服』を着たことがある人って、すごく限られているんですね。



コーヒーの淹れ方講座をやっていて気付いたことと一緒なのです。

筆者が言ってる「美味しいコーヒー』のレベルと、一般の人達が言ってる「美味しいコーヒー』のレベルの差があり過ぎて、会話が成立しなかったりする。


飲んだことが無いものを説明するのは不可能です。

飲めば分かりますけどね。全然違うのです。



服も一緒なのです。


本当に素晴らしい服は、着てみないと分かりません。


是非、多くの人に着てきていただけたらと思います。


服を着るって、本当は喜びですよ^ ^

だって、良い服は、気持ち良いし、着心地良いし、色は綺麗だし、カットもフォルムも綺麗ですもん。


探せば、似合う服もありますし。



contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp





[PR]

by guild-01 | 2017-11-11 21:06 | Comments(2)

小柄な人に朗報!今までで一番小さめで着心地抜群MILなFOILオーガニックコットン七分袖カットソー

e0122680_19320905.jpg

当店でもおなじみのオーガニックのトータルブランドMILFOILから、最新作の七分袖カットソーが届きました。


今回の生地は、今までのMILFOILのカットソーの中で最も撚りを強くしたものです。

撚りを強くすると、基本的に型くずれしにくくなります。

型くずれしにくいけれど、極上の柔らかさです。


タートルネックの部分は、短め。


今までのMILFOILのカットソーの中で最も首回りが小さく、袖丈も短めで全体的に小さめです。


小柄な方が探していたであろう大きさのカットソーです。


適度なフィット感なので、上に何かを着る時にも邪魔しません。



糸は、超絶に柔らかくて気持ち良いオーガニックコットンで、日本の絹工場でゆっくり織って製作しています。

色は、オーガニックコットンの色そのままを脱色せずに染めているので、独特の美しい色合い。

素晴らしいオーガニックコットンの風合いや柔らかさも、そのまま

なので、風合い・着心地とも最高です。


100% ORGANIC COTTON

MADE IN JAPAN

5,700yen+tax 


カラー(赤、カーキグレー)の2色



contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp









[PR]

by guild-01 | 2017-11-08 15:26 | MILFOIL | Comments(0)

カシミヤを上回るほどの着心地を実現 MILFOILオーガニックコットンタートルネックカットソー

e0122680_19342577.jpg
e0122680_19344336.jpg

当店でもおなじみのオーガニックのトータルブランドMILFOILから、最新のタートルネックが届きました。


こちらの生地は、MILFOILの生地の中で最も糸が細くて薄い生地。


そして、歴代のMILFOILのオーガニックコットンの中でも最も柔らかいのではないかと思える触り心地です。


とにかく、風合い、色合い、着心地ともに極上です。

それは、カシミヤを上回るのではないか?と思えるほど


程よいフィット感と、極上な風合いは、この上に繊細なカシミヤやシルク、ウールのニットやジャケットなどを合わせた際にも邪魔せず、引き立ててくれます。


とても合わせやすいカットソーだと思います。



糸は、超絶に柔らかくて気持ち良いオーガニックコットンで、日本の絹工場でゆっくり織って製作しています。

縫い糸や補強用のテープまで、全てオリジナルのオーガニックコットン製。


色は、オーガニックコットンの色そのままを脱色せずに染めているので、独特の美しい色合い。

素晴らしいオーガニックコットンの風合いや柔らかさも、そのまま

なので、風合い・着心地とも最高です。




100% ORGANIC COTTON

MADE IN JAPAN

6,500yen+tax 


カラー(生成り、ペールライラック、赤、紺)の4色



contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp








[PR]

by guild-01 | 2017-11-05 16:31 | MILFOIL | Comments(0)

ゆったり綺麗に着れます。着心地抜群なMIFOILオーガニックコットン ドルマンスリーブカットソー




e0122680_19310655.jpg
e0122680_19312587.jpg

当店でもおなじみのオーガニックのトータルブランドMILFOILから、最新作ドルマンスリーブカットソーが届きました。


今回の生地は、今までのMILFOILのカットソーの中で最も撚りを強くしたものです。

撚りを強くすると、基本的に型くずれしにくくなります。

型くずれしにくいけれど、極上の柔らかさです。


こちらは、二の腕やバストまわりに余裕があるドルマンスリーブで、ゆったりすっきり着ることが出来ます。


そして、後ろの見頃を分割して背中を綺麗に見せる構造なので、ゆったりめだけど、スッキリなのです。



糸は、超絶に柔らかくて気持ち良いオーガニックコットンで、日本の絹工場でゆっくり織って製作しています。

色は、オーガニックコットンの色そのままを脱色せずに染めているので、独特の美しい色合い。

素晴らしいオーガニックコットンの風合いや柔らかさも、そのまま

なので、風合い・着心地とも最高です。


100% ORGANIC COTTON

MADE IN JAPAN

7,800yen+tax 


カラー(生成り、ペールライラック、赤、ガーネットローズピンク、紺)の5色



contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp








[PR]

by guild-01 | 2017-11-02 21:43 | MILFOIL | Comments(0)