コルトー、ティボー、カザルス

このところ、音楽といえば、アルフレッド・コルトー(ピアノ)=アルフレッド・ドニ・コルトー(Alfred Denis Cortot, 1877年9月26日・スイス、ニヨン - 1962年6月15日・スイス、ローザンヌ)、ジャック・ティボー(ヴァイオリン)=(Jacques Thibaud, 1880年9月27日 - 1953年9月1日)、パブロ・カザルス(チェロ)=(Pau Casals i Defilló, Pau Casals, 1876年12月29日 - 1973年10月22日)ばかり聞いている。


彼らが活躍していた時代と言えば、1910年代から30年代。
今から70年とか80年前の演奏なのに、素晴らしい。

録音技術もろくに確立されていない頃の録音。
でも、そのマイクも無いような稚拙な録音、ノイズだらけの音は、不思議に心と身体を捉えて離さない。
その音は、本物の匂いがする。
歪んでいる、擦れている。複製である。
でも、それは本物の音楽なのだ。


最近のファッションとかカルチャーにあまりワクワクしないのは、何故なのだろう?と考えていくと、『完成され過ぎているから』っていうのが大きいのかな?と思い始めている。


今年、ベルリンのミッテ地区に行く機会があって、ベルリンの最新のカルチャーとやらを見てきたのだが、正直な話、ファッションのレヴェルは裏原宿レヴェルで、買い付けたいと思うようなものはほとんど無かったのだが、でも、面白いといえば面白かったのは確かなのだ。


それはきっと、まだベルリンという街が完成されていなくて、特に旧東ベルリンだった地帯から生れでるクリエイティブなエネルギーみたいなものがあるからだと思う。



何かザラザラとしたもの、ハッとするもの、ドキドキするもの。
そういうものに出逢えることが出来なければ、面白くない。


guildの店は、現状とても居心地が良い白い家で、高台にあるから、爽やかな風が吹き、夕暮れ時は特に美しい。
まるで『海の家』みたいだ。
それはそれで素敵なのだが、それだけだと創造性を持続するのは難しい。


この空気や光や温度を利用して、新たな創造性のエネルギーに変えていかなければならないと思う。


恵比寿の東側は山の手で、上品で洗練された街。影の感じられない街だ。
一方、西側に行くと、防衛庁やらゴミ処理場やら、この世界の闇の部分が凝縮されているのが分る。

闇を見ないようにした街、見えないようにした街は、その闇を他者へ押し付けているように思える。
光が影を産むのだ。


ハプスブルグ家の城下町であるウィーンが、ナチスドイツを産む土壌になったのは、このことが大きな要因となっているのではないだろうか。
”闇を排除した光は、いずれ必ず闇に手痛いしっぺ返しを受けることになる”
歴史は語っている。


一方で、光と闇の劇的な対比は、カラバッジョ(Caravaggio) =ミケランジェロ・メリージ(Michelangelo Merisi、1573年9月28日 - 1610年7月18日)やレンブラント=レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン(Rembrandt Harmenszoon van Rijn, 1606年7月15日-1669年10月4日)等、偉大な芸術家を産み出すことになった。

そんな光と闇の際に立ち、防衛庁に沈みゆく美しい夕陽を見ていると、光と闇を分けるのでは無く、その中間にこそ美しい夕陽があることが実感出来る。
私達は”、闇を含んだ光”である。
だから美しいのだ。





ものごとが過剰である場合、エネルギーは高い方から低い方へ流れてく。
一方で、何かが足りない状況というのは、エネルギーを産み出す=エネルギーが流れ込んでくる必要性、あるいは必然性がある。

その境に、エネルギーの渦は巻く。
創造性の激動が生まれる。
恵比寿の光と闇の境に、創造性の激動は生まれるだろうか?
[PR]

# by guild-01 | 2007-08-29 19:32 | ART | Comments(0)

limArt

limArt リムアート


恵比寿ガーデンプレイス西側一帯には、住宅地の中にポツポツと魅力的なお店が点在している。

そんな中、カッシーナインターデコールとマルタンマルジェラの中間地点にあるのが、リムアート。
ヨーロッパの古い美術の本と中古家具を中心とした、魅力的なたたずまいの店だ。
奥にはギャラリーコーナーが併設しており、撮影会なども行われたりするらしい。



店内にはレアなカタログや写真集が多い。
チェコの写真家 Joseph sudekの写真集など、良いもの置いてますね。
値段はアレですが。。


実際ユーロ高いしなー。
本重いし、持ってくるのは大変なんですけどね。
僕もヨーロッパで本を買う時は、重さとの闘いです。

でも、買っちゃうんだけどね(笑)

あと、木版が欲しいのですが、欲しいアルファベットがなかなか揃わないので難しいんですよね。



リムアート
Address東京都渋谷区恵比寿南2-10-3 - 1F
Open12:00〜20:00 (Close Monday)
Tel03-3713-8670

http://www.limart.net/
[PR]

# by GUILD-01 | 2007-08-28 13:53 | Comments(0)

Tシャツフォーマル化プロジェクト

およそ2年に渡って開発を続けてきた、Tシャツフォーマル化プロジェクトのTシャツが工場から上がってきました☆
数百着のカットソーを着倒し、数々の試作品を作り続けて完成した逸品です。
ぜひよろしくお願いいたします。
guildでの販売は、8月20日の予定ですが、8月14日(火)15(水)は、店がシークレット営業してるかもしれませんので、お電話でお確かめの上、来店してみてください。
phone 03-3713-0513


_________________________________________________________


algorithm (問題を解くための特定の演算方式)
algorithm project 001 / (direction: gento+undo)
ヒートアイランド現象、省エネルギー化及び、夏期における特定電力需要のピークを下げることにより、無駄なダム建設や不必要な原子力発電の拡大などを抑えるための特定の方式=Tシャツフォーマル化プロジェクト

____________________________________________________________________
回答式

#01.仕事の場でも相応しい質感や色カタチ及び機能を備えていること。
#02.繰り返しの洗濯に耐えられる生地及び型くずれしにくい生地であること。
#03.高価過ぎない価格帯。
#04.人をより魅力的に見せ、やる気を引き出すことの出来るフォルムであること

____________________________________________________________________


*フォルムの特徴
MENS
肩や腕や胸囲には余裕を保たせ、筋肉の動きを楽にしてある一方、ウエストや余分な部分は細くしてシルエットを美しくした立体となっています。
サイズ1と2では、単純なサイズアップでは無く、異なった骨格・体型の方にフィットしていただけるように制作しました。(SIZE1=骨格の細い人向け、SIZE2=骨格の太い人向け)


LADIES
二の腕や脇腹や腰のたるみが気になる方にも安心して美しく着ていただけるように、メンズのLサイズのTシャツをレディース用に立体で詰め直し裁断した独自のフォルムを採用。
太い部分と細い部分の落差で絶妙なドレープで美しいシルエットを楽しめます。


両者に共通なポイント
ナチュラルにドレープした曲線に合わせ、ローライズでも後ろが気にならないように後ろをラウンドで長くし、腰骨に合った位置で美しくラウンドさせ、腰の動きを楽にすると共に、もたもたしないカットにしました。袖も同様に、内側を短く外側を長くすることによって、作業のしやすさとフォルムの美しさを同時に実現しました。

_____________________________________________________________________________________


quality / 60% SUPIMA COTTON 40%LYOCELL MADE IN JAPAN

price / 8,400yen(8,000) 半袖(short sleeve)MENS+LADIES
8,925yen(8,500) 長袖(long sleeve)MENS+LADIES



*SUPIMA COTTON(スーピマコットン)ペルー原産のピマ綿をアメリカで生産した、世界三大高級超長綿の一つ。光沢があり、しなやかで柔らかく、洗濯後の光沢や柔軟性の持続力が高いのが特徴。

*LYOCELL(リヨセル)パルプから作られた新繊維で、しなやかで光沢があるのが特徴。
(スーピマ綿を60%、リヨセルを40%使用することにより、洗濯後の収縮率をコントロールしました。)

*洗濯は、ネット使用の上、弱水流で、すすぎやしぼりも弱くしてください。(陰干し)
アイロンは弱でお願いします。

info / guild
目黒区三田2-3-20 1F
TEL/FAX 03-3713-0513
営業時間 12:00-20:00
定休日 木曜日
http://www.guild3.jp
[PR]

# by guild-01 | 2007-08-12 19:36 | guild | Comments(0)

guild夏期休業のお知らせ

guild夏期休業のお知らせ

guildは、8月6日(月)ー8月19日(日)までお休みします。

よろしくお願いいたします。

追記 パーティー来ていただいた方、ありがとうございました☆

あと、暑くてすいませんでした★
[PR]

# by guild-01 | 2007-08-07 17:16 | guild | Comments(0)

総合芸術としての試着会について

guild試着会


洋服は着てみないと分らない。
それは、ケーキの味が食べてみないと分らないことによく似ている。

でも、買わされそうだから、安易に試着出来ないとか、恐れ多くて試着出来ないと思ってる人ってスゴく多いのではないかと思う。

昨年、アントワープモードミュージアム(MOMU)http://www.momu.be/で行われたヨウジヤマモト http://www.yohjiyamamoto.co.jp/の展覧会は、そういう意味で画期的な展覧会だった。そこに飾ってある服が試着可能なのである。
洋服の展示とは、本来そうでなくっちゃ!



そこで、考えたのが、洋服の試着会です。

美味しい、お茶、お菓子付きで、思う存分素敵な洋服を試着出来るイベントがあったら、行ってみたいとは思いませんか??

絶対買わないと思うけど、一回は着てみたい洋服や、憧れのあのブランド。
美しい服、カッコイイ服、変な服。。笑

そして、リアルに自分に似合う服を探す等
様々楽しめます。

お金払ってるんだから、無理に買わされる心配もありません!
この機会を是非、ご利用ください☆

本当にスゴい服って、私の意識を変えたり、感じ方を変化させたり、生活を変化させたり様々です。
着心地、造形etc

たとえば、イタリアの美しいコットンローンの生地で出来たブラウスは、イタリアの夏の夕暮れの心地よい風や景色と結びついていたりします。

良い服は、良い音楽と同じように、別の何かを感じることが出来たりします。
『喚起する服』
試着っていうのは、『総合芸術』に成り得るかもしれない。
服っていうのは、それだけのものを持っているんじゃないか?

そんな考えから、行う試着会第一弾です。
皆様、是非ご参加ください。
よろしくお願いいたします。


フードクリエイターnao氏による、お茶、お菓子付き
料金 一人1,000yen(二時間)

07.30(MON) 14:00-16:00 , 18:00-20:00 試着会:お茶・お菓子付きで1000yen

08.03(FRI) 14:00-16:00 , 18:00-20:00 試着会:お茶・お菓子付きで1000yen

スタッフ関係者フリマコーナー併設。

guildスタッフ関係者が集めた、珍品、希品、銘品 大放出 !!



guild(ギルド)
中世の商工業組合を意味するguild。
産業革命以前、株式会社の形態が起きる前
guildによるモノ作りはルネッサンスを支えた。
21世紀のguildは、新しい時代を支える一つの道を提示する。
それは、かつてのguildではなく、21世紀のguild



guild shop data
目黒区三田2-3-20 1F
TEL/FAX 03-3713-0513
営業時間 12:00-20:00
定休日 木曜日
http://www.guild3.jp/
[PR]

# by guild-01 | 2007-07-26 14:52 | guild | Comments(0)