総合芸術としての試着会について

guild試着会


洋服は着てみないと分らない。
それは、ケーキの味が食べてみないと分らないことによく似ている。

でも、買わされそうだから、安易に試着出来ないとか、恐れ多くて試着出来ないと思ってる人ってスゴく多いのではないかと思う。

昨年、アントワープモードミュージアム(MOMU)http://www.momu.be/で行われたヨウジヤマモト http://www.yohjiyamamoto.co.jp/の展覧会は、そういう意味で画期的な展覧会だった。そこに飾ってある服が試着可能なのである。
洋服の展示とは、本来そうでなくっちゃ!



そこで、考えたのが、洋服の試着会です。

美味しい、お茶、お菓子付きで、思う存分素敵な洋服を試着出来るイベントがあったら、行ってみたいとは思いませんか??

絶対買わないと思うけど、一回は着てみたい洋服や、憧れのあのブランド。
美しい服、カッコイイ服、変な服。。笑

そして、リアルに自分に似合う服を探す等
様々楽しめます。

お金払ってるんだから、無理に買わされる心配もありません!
この機会を是非、ご利用ください☆

本当にスゴい服って、私の意識を変えたり、感じ方を変化させたり、生活を変化させたり様々です。
着心地、造形etc

たとえば、イタリアの美しいコットンローンの生地で出来たブラウスは、イタリアの夏の夕暮れの心地よい風や景色と結びついていたりします。

良い服は、良い音楽と同じように、別の何かを感じることが出来たりします。
『喚起する服』
試着っていうのは、『総合芸術』に成り得るかもしれない。
服っていうのは、それだけのものを持っているんじゃないか?

そんな考えから、行う試着会第一弾です。
皆様、是非ご参加ください。
よろしくお願いいたします。


フードクリエイターnao氏による、お茶、お菓子付き
料金 一人1,000yen(二時間)

07.30(MON) 14:00-16:00 , 18:00-20:00 試着会:お茶・お菓子付きで1000yen

08.03(FRI) 14:00-16:00 , 18:00-20:00 試着会:お茶・お菓子付きで1000yen

スタッフ関係者フリマコーナー併設。

guildスタッフ関係者が集めた、珍品、希品、銘品 大放出 !!



guild(ギルド)
中世の商工業組合を意味するguild。
産業革命以前、株式会社の形態が起きる前
guildによるモノ作りはルネッサンスを支えた。
21世紀のguildは、新しい時代を支える一つの道を提示する。
それは、かつてのguildではなく、21世紀のguild



guild shop data
目黒区三田2-3-20 1F
TEL/FAX 03-3713-0513
営業時間 12:00-20:00
定休日 木曜日
http://www.guild3.jp/
[PR]

# by guild-01 | 2007-07-26 14:52 | guild | Comments(0)

シークレットギグ

guildのパーティーでシークレットギグをやっていただくスペシャルゲストの
ご紹介です。

ジャジーでサウージな感じの暖かい生音のライブになる模様。


スイモアマイモ


志賀由美子:guitar
大学卒業後数年間会社員生活を経験するが、 突然音楽への道に方向転換。
散歩・水の中・トマト・トマトジュース・牡蠣・魚・ワイン
が大好き。天秤座・B型。
ギターはGibson175(1965年)とクラシックギターを使用。

HP
http://www.geocities.jp/yumikosiga/


山本ヤマ:trumpet
未年うまれ。ジャズのスタイルを基にしつつ、独自の音楽世界を展開している。共演者に恵まれ、表現の場にこと欠かない幸せなトランぺッター。ライブ活動の他、映像作品・大道芸人への音楽提供、異ジャンルとのコラボレーションに意欲を燃やす。果物の種から幼木を育てるのが趣味。

HP
http://www.h2.dion.ne.jp/~kasawo/index.html


HP
http://www.h2.dion.ne.jp/~kasawo/suiama.html
[PR]

# by guild-01 | 2007-07-25 19:59 | guild | Comments(0)

guild CREATORS FES タイムスケジュール

guild CREATORS FES 7月30(月)ー8月4日(土)
のタイムスケジュールです


フリーマーケット(期間中)



-7/30(mon)

試着会 14:00〜16:00,18:00〜20:00(1drink&1sweets set ¥1,000)

-7/31(tue)
undo 2008 ss collection "0.3" 発表

-8/2(thu)
vicuna講習会 19:00〜20:00

-8/3(fri)
試着会 14:00〜16:00,18:00〜20:00(1drink&1sweets set ¥1,000)

-8/4(sat)
creators fes #01 party 17:00〜21:00(1drink&1food付き¥1,000)
・映像クリエイターハシモトミカ http://www.mikahashimoto.com/による作品上映
・イラストレーター小高 博史によるライブペインティング
・フードクリエイターnaoによるケータリング
・GAREスペシャル企画
・スペシャルゲストによるシークレットギグ


■guild展示スペースについて

様々なクリエイターの才能の発掘と支援、また新たなビジネスの創造を主な目的とした取り組みの一つ。guildでは、様々な分野でのクリエイションの発表の場として企画展、展示会等を行うためのレンタルスペースを提供しています。

7.30(mon)-8.4(sat) guild fashion week 期間中、イラストレーター小高 博史、グラフィックデザイナー佐野 文利 http://www.geocities.jp/sano_fumitoshi/の作品を展示いたします。


全文はこちら http://blog.guild3.jp/?eid=40106#sequel
[PR]

# by guild-01 | 2007-07-21 20:15 | guild | Comments(0)

guild CREATORS FES

恵比寿のguildでは、7月30日(月)から、『guild CREATORS FES』と題して、様々なジャンルのクリエイターによる仕掛けを行っていく予定です。


詳細は次号でお知らせしますが、先日、パーティーの音楽を担当してもらう予定の、トランぺッターの山本ヤマさんのデモが届いたのですが、素晴らしい音楽です☆
この音を聴いた瞬間に、パーティーの成功を確信しました。
音楽は、やっぱり、本物の音が鳴ってなくっちゃ!

夕暮れが美しく、良い風が吹くguildに相応しいパーティーになりそうです




詳しくは次号を予定していますが、
関係者のサイトをチラ見してみてください☆

Fumitoshi Sano http://www.geocities.jp/sano_fumitoshi/
http://www.loftwork.com/portfolio.aspx?cid=5956



Mika Hashimoto http://www.mikahashimoto.com/


undo(Shinpei Hara) http://www.undo-506.jp/







現在の予定


期間中 クリエイターによるフリーマーケット
Fumitoshi Sano氏と小高博司氏によるイラスト・グラフィックの展示


07.30(MON) 14:00-16:00 , 18:00-20:00 試着会:お茶・お菓子付きで1000yen by gento

07.31(TUE) undo 2008SS collection 0.3発表

08.01(WED)

08.02(THU) 19:00-20:00 vicuna アクセサリー講習会

08.03(FRI) 14:00-16:00 , 18:00-20:00 試着会:お茶・お菓子付きで1000yen by gento

08.04(SAT) 17:00-21:00 PARTY 1FOOD+1DRINK付きで= 1000yen
映像作家ハシモトミカ氏による作品上映
イラストレーター小高博司によるライブペインティング
フードクリエイターnao氏によるケータリング
ファッションブランドGAREによるスペシャル企画
ミュージシャン 山本ヤマ氏(trumpet) 志賀由美子氏(guitar)による、スペシャルギグ

等を予定しています。

今後、guildでの展示や展示会に興味ある方も、是非、その時にいらしてください☆
お待ちしております。
[PR]

# by guild-01 | 2007-07-15 19:09 | guild | Comments(0)

antiques tamiser アンティークス タミゼ 

antiques tamiser

______________________________________


guild http://www.guild3.jp/
から徒歩3分、カッシーナのビルの角を右折し、さらに左折した辺り。
この辺に素敵なお店がポツポツと佇んでいる。


その中の一つが、antiques tamiser
http://www.tamiser.com/tamiser_top.html

1600-1900年くらいのヨーロッパのアンティークを主に扱うお店だ。



商品はマニアックに良いものが並んでいる。
中でも気になったのは、1600年代のオランダ・デルフトの磁器。
デルフトの器というと、白地に青い絵付けの皿を瞬間的に思い浮かべるけれども、ここに置いてあるのは、絶妙な色合いの青磁と白磁である。
デルフト焼きにこんなものがあるのか??というのが正直なところだが、あるのだろうね、きっと。

そのことに関しては、僕は確信を持って言える。
なぜなら、世界最高の芸術と呼ばれる17世紀オランダの画家フェルメールの絵には、明らかに青磁と白磁の影響が見られるからである。


フェルメールの絵に関しては、相当な研究論文が出ているけれども、一番核心的なこと、つまり、東洋の青磁と白磁との関連について触れた文章を、僕は全く見たことがない。これは実に奇妙なことである。

フェルメールの絵は、東洋の青磁と白磁に関するインスピレーションから産み出されている。それは彼の絵を見れば明らかだと思う。
実際に、彼の絵の中には繰り返し白磁の壺が登場しているではないか。
http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/music-lesson-detail.jpg

http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/asleep.jpg



17世紀のオランダにおいて、世界最高峰の絵画、レンブラントやフェルメールの絵が誕生したのは、彼らが、それまであまり見ることの出来なかった東洋の陶器や磁器を目にする機会が増えたためだと思う。

レンブラントの絵画のテクスチャーは、素焼きの壺の表面と瓜二つであるし、
http://www.salvastyle.com/images/collect/rembrandt_jewish00.jpg
フェルメールのは、青磁にとても近い。
http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/view-delft.jpg




17世紀、東洋との貿易で世界最大の貿易国として栄えたオランダは、それ故に世界最高峰の芸術を輩出出来たわけだ。

そのデルフトの皿が、再び海を超えて日本に舞い戻っている。
果たしてこの皿が、*オランダで作られたものなのか、東洋で作られてからオランダに運ばれたものなのか?僕は知る術を持たないが、その絶妙なテクスチャーや色合いを見るにつけ、これを見たクリエイター達が何を作るか?そのことに僕は多大な興味を持っている。



さて、今回僕は昭和初期?のクジラの骨で出来たボタンを購入した。
どんな作品が出来るか?今から楽しみだ。

店主と『危険な店ですね(ハマると)』話していたら、よく言われるとのこと。
もっとも、うちも他人のことを言えた義理じゃないですけど。。
ハマってしまった人、すいません。
本当に優れたモノには、宇宙の構造が宿るのだ、たぶん。


*以前、ドイツのミュンヘンで、ドイツで作られた日本風の焼き物のエキシビションを見る機会があったのだが、非常にクオリティーが高くて驚いたことがある。だから、そのデルフト焼きがオランダで作られたものであっても、全く不思議ではないと思う。



アンティークス タミゼ 
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-9-8 落合荘苑ビル101
JR.日比谷線恵比寿駅より徒歩5分
 
月曜日 休み 営業時間 12:00 〜 20:00(日曜日のみ12:00〜19:00)
[PR]

# by guild-01 | 2007-06-30 16:37 | Comments(0)