antiques tamiser アンティークス タミゼ 

antiques tamiser

______________________________________


guild http://www.guild3.jp/
から徒歩3分、カッシーナのビルの角を右折し、さらに左折した辺り。
この辺に素敵なお店がポツポツと佇んでいる。


その中の一つが、antiques tamiser
http://www.tamiser.com/tamiser_top.html

1600-1900年くらいのヨーロッパのアンティークを主に扱うお店だ。



商品はマニアックに良いものが並んでいる。
中でも気になったのは、1600年代のオランダ・デルフトの磁器。
デルフトの器というと、白地に青い絵付けの皿を瞬間的に思い浮かべるけれども、ここに置いてあるのは、絶妙な色合いの青磁と白磁である。
デルフト焼きにこんなものがあるのか??というのが正直なところだが、あるのだろうね、きっと。

そのことに関しては、僕は確信を持って言える。
なぜなら、世界最高の芸術と呼ばれる17世紀オランダの画家フェルメールの絵には、明らかに青磁と白磁の影響が見られるからである。


フェルメールの絵に関しては、相当な研究論文が出ているけれども、一番核心的なこと、つまり、東洋の青磁と白磁との関連について触れた文章を、僕は全く見たことがない。これは実に奇妙なことである。

フェルメールの絵は、東洋の青磁と白磁に関するインスピレーションから産み出されている。それは彼の絵を見れば明らかだと思う。
実際に、彼の絵の中には繰り返し白磁の壺が登場しているではないか。
http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/music-lesson-detail.jpg

http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/asleep.jpg



17世紀のオランダにおいて、世界最高峰の絵画、レンブラントやフェルメールの絵が誕生したのは、彼らが、それまであまり見ることの出来なかった東洋の陶器や磁器を目にする機会が増えたためだと思う。

レンブラントの絵画のテクスチャーは、素焼きの壺の表面と瓜二つであるし、
http://www.salvastyle.com/images/collect/rembrandt_jewish00.jpg
フェルメールのは、青磁にとても近い。
http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/view-delft.jpg




17世紀、東洋との貿易で世界最大の貿易国として栄えたオランダは、それ故に世界最高峰の芸術を輩出出来たわけだ。

そのデルフトの皿が、再び海を超えて日本に舞い戻っている。
果たしてこの皿が、*オランダで作られたものなのか、東洋で作られてからオランダに運ばれたものなのか?僕は知る術を持たないが、その絶妙なテクスチャーや色合いを見るにつけ、これを見たクリエイター達が何を作るか?そのことに僕は多大な興味を持っている。



さて、今回僕は昭和初期?のクジラの骨で出来たボタンを購入した。
どんな作品が出来るか?今から楽しみだ。

店主と『危険な店ですね(ハマると)』話していたら、よく言われるとのこと。
もっとも、うちも他人のことを言えた義理じゃないですけど。。
ハマってしまった人、すいません。
本当に優れたモノには、宇宙の構造が宿るのだ、たぶん。


*以前、ドイツのミュンヘンで、ドイツで作られた日本風の焼き物のエキシビションを見る機会があったのだが、非常にクオリティーが高くて驚いたことがある。だから、そのデルフト焼きがオランダで作られたものであっても、全く不思議ではないと思う。



アンティークス タミゼ 
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-9-8 落合荘苑ビル101
JR.日比谷線恵比寿駅より徒歩5分
 
月曜日 休み 営業時間 12:00 〜 20:00(日曜日のみ12:00〜19:00)
[PR]

# by guild-01 | 2007-06-30 16:37 | Comments(0)

guild 2007S/S SALE が6月29日(金)スタート

恵比寿 guild
guild 2007S/S SALE が6月29日(金)12:00から始まります。

今回は、東京コレクションブランドのCOCOONがラストセールを平行して店内で行うそうです。
要チェックですね。

他にもguild取り扱いのブランド、undo , VICUNA , GARE , gemが、スペシャルアイテムを用意している模様。

そして、インポートのデザイナーは、今回イタリア生産のもの中心に。

あの、世界の最高峰、CAROL CHRISTIAN POELLのジャケットや
アントワープ6の、DRIES VAN NOTENDIRK BIKKENBERGSなんかもあるらしい。
他にも様々有名ブランド、ニュークリエイターなどが、メンズ・レディース、まとめてOFF

guildへ急げ!!
[PR]

# by guild-01 | 2007-06-27 20:34 | guild | Comments(0)

guild 今月の historical archive

guild 今月の historical archive


A.F. Vandevorst (エーエフヴァンデヴォスト)

ANGELOS FRENZTOS (アンゲロスフレンゾス)

anna heylen (アナヘイレン)

bruno pieters (ブルーノピータース)http://www.brunopieters.com/



CAROL CHRISTIAN POELL (キャロルクリスチャンポエル)
http://www.carolchristianpoell.com/


collection PRIVEE? (コレクションプリヴェ)

DIRK BIKKENBERG (ダークビッケンバーグ)
http://



DIRK SCHONBERGER (ダークショーンベルガー)
http://www.dirkschonberger.com/



DRIES VAN NOTEN (ドリスヴァンノッテン)
http://www.driesvannoten.be/movie.html


Haider Ackermann (ハイダーアッカーマン)

HELMUT LANG (ヘルムートラング)


MAISON MARTIN MARGIELA (メゾン・マルタンマルジェラ)
http://www.maisonmartinmargiela.com/ m/


RICK OWENS (リックオーウェンス)


VERONIQUE BRANQUINHO (ヴェロニクブランキーノ)
http://www.veroniquebranquinho.com/



Xavier Delcour (グザヴィエデルクール)
http://www.xavierdelcour.com/



等の逸品が展示されています。是非ご覧下さい。
[PR]

# by guild-01 | 2007-06-19 16:33 | guild | Comments(0)

『スキン+ボーンズ  1980年代以降の建築とファッション 』 新国立美術館

『スキン+ボーンズ  1980年代以降の建築とファッション 』

Skin + Bones: Parallel Practices in Fashion and Architecture



恵比寿駅から、地下鉄日比谷線で2駅。六本木に出来た、国立新美術館
2007年6月6日(水)‐ 8月13日(月) まで、ファッションに関する面白そうな展覧会が開かれています。


『スキン+ボーンズ 1980年代以降の建築とファッション』と題し、ロサンゼルス現代美術館(MOCA)が企画し同館で開催した展覧会を、国立新美術館が日本向けに充実させるもので、国内外の作品約230点によって展開するそうです。





出品作家(予定)

※アルファベット順、敬称略


建築家

坂茂(Shigeru Ban) http://www.japan-architects.com/
プレストン・スコット・コーエン
ディラー・スコフィディオ+レンフロ
ニール・M・ディナーリ・アーキテクツ
ウィンカ・ドゥベルダム/アーキ・テクトニクス
アイゼンマン・アーキテクツ
フォーリン・オフィス・アーキテクツ(FOA)
フューチャー・システムズ(Future Systems) http://www.future-systems.com/
フランク・ゲーリー
http://www.nact.jp/
ヘルツォーク&ド・ムーロン herzog and de meuron http://hdm.walkerart.org/
伊東豊雄
ジャコブ+マックファーレン 
グレッグ・リン・フォーム
ミラーリェス+タグリアブエ(EMBTアルキテクテス)
エレナ・マンフェルディーニ
ノイトリング・リーダイク・アーキテクテン
アトリエ ジャン・ヌーヴェル (Jean Nouvel) http://www.jeannouvel.fr/
オフィスdA
オフィス・フォー・メトロポリタン・アーキテクチャー(OMA)/レム・コールハース (Rem Koolhaas) http://www.oma.eu/
妹島和世+西沢立衛/SANAA
テスタ&ワイザー
ベルナール・チュミ
ウィルキンソン・エア・アーキテクツ
J・ミジン・ユン
吉岡徳仁(Tokujin Yoshioka) http://www.tokujin.com/




ファッションデザイナー

フセイン・チャラヤン (HUSSEIN CHALAYAN) http://www.husseinchalayan.com/
コム デ ギャルソン
アルベール・エルバス(ランバン)
テス・ギバーソン (TESS GIBERSON) http://www.tessgiberson.com/
菱沼良樹
マルタン・マルジェラ (MARTIN MARGIELA)
アレキサンダー・マックイーン (ALEXANDER MCQUEEN) http://www.alexandermcqueen.com/flash.html
三宅一生 (Issey Miyake) http://www.isseymiyake.co.jp/
ナルシソ・ロドリゲス
ラルフ・ルッチ
ナンニ・ストラーダ
ヨーリー・テン
オリヴィエ・ティスケンス(ロシャス)
イザベル・トレド
ドリス・ヴァン・ノッテン (DRIES VAN NOTEN)
ヴィクター&ロルフ (VICTOR&ROLF) http://www.viktor-rolf.com/index2.html
ジュンヤ・ワタナベ コム デ ギャルソン
ヴィヴィアン・ウエストウッド (VIVIENNE WESTWOOD) http://www.viviennewestwood.com/flash.php
山本耀司(Yohji Yamamoto) http://www.yohjiyamamoto.co.jp/


などが予定されているようです。

hussein chalayanの名作『アフターワーズ』なども展示されているようなので、ファッション好き、建築好きのみならず、アート関係が好きな一般の人達にとっても、魅力的な展示となっているのではないかと思います。



詳しくは

http://www.nact.jp/exhibition_special/2007/skin_and_bones/index.html


会期
2007年6月6日(水)‐ 8月13日(月)
火曜日休館
開館時間
10:00‐18:00(金曜日は20:00まで)
会場
国立新美術館


〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2
電話
展覧会に関するお問い合わせ:
03-5777-8600 (ハローダイヤル)

ファックス
03-3405-2531
URL
[PR]

# by guild-01 | 2007-06-14 19:14 | ART | Comments(0)

マルタンマルジェラ東京


マルタンマルジェラ東京
恵比寿にマルジェラのショップが出来たのは2000年。
住宅地の奥の白い一軒家。
道の前には白い足跡と白いパイロン。
看板は無し。

内装は、とにかくどこもかしこも真っ白に塗り、白衣を着た店員がいる。

知らない人が見たら、なんか変な宗教団体かと思ったかもしれない。

実際、マルジェラがまだまだ日本では全然知られていない頃、何も書かれていない白いタグを見て、これは何?っていう人は多かった。


そんなマルジェラもオドロクほどの人気になり、移転した。
今度はカルピス工場の跡地。

壁にはMARTIN MARGIELA TOKYOの白い文字が。
中には映画館まである豪華な作り。

僕は前の方が好きだったですけどね。
あの怪しい感じがたまらなかったわけだけど、今回のはちょっと資金に余裕が出来過ぎたんじゃないかな?なんて思ってしまう。

服は素敵ですけどね。
いかんせんユーロがね、高いんですよ★
インポートは辛い。

それはともかく、出口危ないですよね。
何人落ちたのか?気になります。
それも、彼特有の洒落なのでしょうか?

ウェブサイトも相変わらず洒落が効いてます☆

http://guild3.exblog.jp/m2007-05-01/
http://www.maisonmartinmargiela.com/



MAISON MARTIN MARGIELA EBISU
lines 1, 4, 11, 10, 14, 22, MM6, Artisanal 0 and 0 10

2-8-13 Ebisu Minami, Shibuya
Tokyo 150-0022 Japan

Tel: +81-(0)3-57 25 24 14
Fax: +81-(0)3-57 25 24 13

Opening hours:
monday to friday 12PM to 8PM
saturday to sunday 11AM to 8PM


http://www.maisonmartinmargiela.com/en/stores/japan.html



マルジェラ行く時は、ついでにguildにも遊びに来てくださいね☆

http://www.guild3.jp/
http://guild3.exblog.jp/m2007-05-01/
[PR]

# by guild-01 | 2007-06-03 16:30 | Comments(0)