本日は、先日開催したサシェ作りワークショップの様子をお伝えしたいと思います。


本日は、先日開催したサシェ作りワークショップの様子をお伝えしたいと思います。

まず、サシェの材料から。

様々なハーブが用意され、自分の好みに応じて香りを調合することが可能です。

こちらは、ウェルカムドリンク

今回は、スパークリングブドウジュース

ワインにする前段階のジュースです。

筆者は、お酒がほぼ飲めないので、お酒気分に浸れる優れた飲み物として重宝しています。

ジュースなのですが、リッチな気分になれるのです^ ^

各自、サシェを縫っていきます。

終止笑顔が絶えないサシェ作りでした。

丁寧に縫っている方が多かったように見受けられました。

香りを調合していきます。

生姜は入れ過ぎないように注意!

生姜って結構香り強いのですね、気付きませんでした。

理科の実験のような手法で嗅いだ方が良さそう。

カレーのような匂いになるのか?お洒落な匂いになるのか?

調合が決め手です。

皆様、好みの香りが調合出来たようです。

香りって、なかなか調合する機会がありませんが、五感の中で実は一番強いのが臭覚なのだそうです。

もっと香りについて知りたいですよね。

サシェ、完成です!

レースのどこの部分を使うかで随分変わるので、センスの見せ所です^ ^

サシェ完成記念ということで、ケーキ入刀!?

格好良く4当分するところまでは出来たのですが、その先は。。すいません! ぐちゃぐちゃに。。

ケーキ切るのって難しい。

それでも、皆でわいわい、お茶とケーキを楽しみました。

今回、以前May&Juneにてウェディングドレスをを仕立てて式を挙げた方々にもご参加いただきました。

そして結婚式の様子など、冊子に作ったものをいただきました。

あまりの出来の良さ(コレクションのルックブックかと思うほど!)に一同感嘆

なかなか、ドレス作っている側としては、実際の式の風景をなかなか見れないので、嬉しいです。

そして実際に式を挙げた人が、ドレスの生地でこういう楽しみをするというのも良いですね^ ^

もちろん、これからドレス作ろうっていう方も是非チャレンジしていただきたいと思います。

参加していただいた皆様、楽しい時間をありがとうございました。

皆様、サシェ作りがあまりにも似合いっていて感激です。

サシェ作りワークショップ次回は、9月16日(土)と17日(日)の10:30〜12:30を予定しています。

次回から全2回の予定だったものを1回にまとめたいと思います。

料金は3000円です。

それから、8月26日(土)は、13時から17時までデザイナーがドレス相談受付ますので、ぜひドレスをお考えの方は、ご来店くださいませ。

一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていくデザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。


詳しくは
ホームページ http://mayjune.jp/

インスタグラム: 日々のこと、アトリエでの製作風景や
ドレスについて綴っています。 mayjune365



ontemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel:0422-20-8101
open 12:30-21:00((祝日を除く月・金は定休日)
http://guild3.exblog.jp


[PR]

# by guild-01 | 2017-08-24 23:29 | ワークショップ | Comments(0)

動いたときの表情の美しさが秀逸!!uemulo munenoli シャツワンピース『FIONA』



e0122680_15570347.jpg
e0122680_15592706.jpg


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


本日ご紹介するのは、シャツワンピース『FIONA』です。

筆者は、シャツワンピースというものが大変お洒落だと認識しています。

このシャツワンピース『FIONA』は、下側が2重構造になっており、スカートを重ね着したかのような印象になります。

それも、ただスカート履いたというのではなく、サイドのスリットや上下の長さの違いなど、ディテールに大変気を使っていまして、動いた時により綺麗に見える作りになっています。


服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli 『FIONA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
31,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

# by guild-01 | 2017-08-22 17:54 | uemulo munenoli | Comments(0)

一見シンプルな中に様々な工夫、着るとさりげなくお洒落なuemulo munenoli プルオーヴァーシャツ『KARIN』

e0122680_15595543.jpg
e0122680_16001265.jpg


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


こちらはプルオーヴァーシャツの『KARIN』

一見シンプルな中に様々な工夫があり、着ると、さりげなくお洒落になるという素晴らしい1枚。

特に襟の立ち具合が絶妙なのです。

前後の長さが違うことや、全面がラウンドしていることなど、さりげないディテールが、効果を生み出しています。


服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli 『KARIN』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
23,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

# by guild-01 | 2017-08-20 16:00 | uemulo munenoli | Comments(0)

uemulo munenoli シャツワンピース『BEATA』

e0122680_15584208.jpg
e0122680_15581836.jpg



現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

さまざまご紹介しております。


こちらはシャツワンピースの『BEATA』


こちらも、写真で見ると分かりにくいですが、複雑な構造になっています。

上榁氏いわく「着物スリーブの変形です」とのことですが、肩から腕、裾にかけての作りがスゴイのです。

そのため、着ると柔らかいのですが、すっきり見えるのです。

服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoliのシャツは、シルエットも素晴らしいですが、細部にいたるまで驚くべき美しさです。

是非その美しさを味わっていただけたらと思います。


uemulo munenoli『BEATA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
25,000yen+tax




uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

# by guild-01 | 2017-08-19 22:41 | uemulo munenoli | Comments(0)

トップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作シャツは、オドロキの構造


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

本日から、さまざまご紹介していきたいと思います。


まず、今回、上榁氏が「標準シャツ」と呼んでいた『FLAVIA』からご紹介いたします。

このシャツが入荷した時、展示会の際、まじまじと、どういう構造になっているのか?見入ってしまったことを思い出しました。




e0122680_15573177.jpg
一見すると、普通のシャツのように見えますが、よく見ると。。
e0122680_15575596.jpg

右肩と右腕が一枚のパターン。左肩と左腕が一枚のパターンになっています。
しかも、肩より下は4カ所折り畳んだ構造になっているのが分かります。
つまり、肩や腕はボリュームが抑えられていて、その下からふわっと丸みを帯びた構造になっているのが分かると思います。

そして、前側は、ボリュームが出過ぎるのを抑えるために、すっきりカットしているのが分かると思います。
後ろと前の構造が違うのは、このためでした!

今回、ストライプにしたことで、より構造が見えやすくなったと思います。

うーむ、奥深いぞ、シャツ。
是非着てみてくださいませ。

服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoli『FLAVIA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
22,000yen +tax


uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

# by guild-01 | 2017-08-17 16:19 | uemulo munenoli | Comments(0)