お洒落のコツ 年齢を重ねると似合うようになる服って何でしょう?

お洒落のコツ 年齢を重ねると似合うようになる服って何でしょう?


e0122680_17432714.jpg
写真のコートは、ファション日本代表とも呼べる素晴らしいコート tomoumi ono



服は、ある年齢を過ぎると似合うものが変わってきます。



年齢を重ねると似合うようになる服って何でしょう?



筆者は、『毛並みの良い服』と『素材の力を感じさせる服』だと思っています。


まず『毛並みの良い服』ですが、これは、ウールとかシルクとかカシミヤなどの綺麗目な服のことです。


野生動物の事を考えてみると分かるのですが、歳を取った動物や病気な動物から順番に捕食者に襲われるようになりますよね。


これ、捕食者は見た目で判断しています。

毛並みが良くないものは、襲いやすい動物と判断しているわけです。


捕食者に襲われたら死にますから、殺されないように、なるだけ毛並みを整えておきたい本能が動物にはあるのでしょう。


つまり、動物の本能として、毛並みが良く無い動物であることを避けようとしているのです。


人間の場合、服は着せ替え可能なので、毛並み良く見せるのは、そんなに難しいことではありません。

毛並みの良い服を着れば良いわけですから^ ^



毛並みの綺麗な服を着る。そして背筋を伸ばしてピンと立つ。


これが、本能的に良いなと感じるお洒落の秘訣です。


帽子というのも、同じ理由で、年齢を重ねた人が似合うアイテムの一つです。


そして、年齢を重ねると、クラシックな服も、モダンな服も嫌みなく着れるようになります。




もう一つ、『素材の力を感じさせる服』ですが、これはレザーや麻、ウールやコットンを風合い良く、味わいのある深みで魅せる服のことです。



丁寧にタンニンなめしされた皮や、後染めで渋い風合いになった麻やコットン。

ローゲージの風合いあるニット。

シワや色むらがあるのに美しい、力強い、深みを感じる。そんな服達のことです。


歳を取ってくると、どうしても肌の色がくすんできたり、しみが出来たり、シワが出来たりします。


それらを多くの人はマイナス要素だと思っていると思いますが、これら『素材の力を感じさせる服』のシワや色むらは、マイナスというよりも、むしろプラス要素なのです。

そういうものがあるからこそ格好良いわけです。


そういう格好良いものを着ると、自分の肌の色のくすみやシワが、むしろプラスに働くことを実感すると思います。


ありのままの自分を受け入れた上で、その年齢や経験の積み重ねを深みに変える、プラスに変えることが出来るのです。


年齢を重ねたからこそ出来る、深みのあるお洒落がそこにはあるのです。


筆者は、ある一定の年齢を重ねた方がお洒落の奥が深まると言っているのは、こういうことでもあります。



e0122680_18535981.jpg




何色が似合うということも、もちろんありますが、どういう風合いのものを着ると似合うのか?というのが、実はポイントになるのです。


もう一つ、白髪になってくると、様々な色が似合うようになってきます。


明るい色も、嫌みなく着れるようになってくるのです。


筆者は、80歳くらいの方で、ピンクのシルクワンピースを着た人を見たことがあるのですが、後光が差すほど美しかったのを今でも記憶しています。


むしろ、明るい色は、年取ってからの方が似合うのです。

覚えておいて損は無いと思います。


是非様々チャレンジしてみてください。




contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2017-10-10 19:25 | スタイリング | Comments(0)

Q.お洒落のコツって何ですか?

e0122680_21242435.jpg


Q.お洒落のコツって何ですか?


A.お洒落の最大のコツは、自分に似合う服のカタチと組み合わせのバランスを知ることだと思います。


それは、身長や体型によって様々なのですが、一度その『似合うカタチとバランス』を知ることが出来れば、その『似合うカタチとバランス』に沿って服を集めていくと、自分に似合う服のコーディネイトが出来るようになりますよ。


よく、「着回しの効く服が欲しい」と言われるのですが、世間一般で言う『着回しの効く服』っていうのは、自分に合った服ではなく、いろいろなものに合わせやすい無難な服になりがちです。


いろいろなものに合わせやすい無難な服をいくら集めても、無難なファッションにしかなりません。


それよりも、『自分に似合う黄金パターンのカタチとバランス』をいくつか持っていて、それを上手に着こなすことが出来るようになると、お洒落に見えるのです。

お洒落のコツは、『合わないものに合わせないこと』でもあるのです。
無理に着回さないこと。
黄金パターンの中で使うことがコツなのです。


当店では、その『自分に似合う黄金パターンのカタチとバランス』を是非、みなさまに知っていただきたく思っています。

詳しくは、筆者に気軽に聞いてみてくださいませ。


通常営業中でも、混んでいなければ、ある程度は可能ですが、詳しく知りたい方は、午前10時〜と11時から開催しているワークショップを予約していただくと確実です。
http://guild3.exblog.jp/22799489/



筆者は、服のスタイリングというのは、オーケストラの指揮とかサッカーの監督業に一番近いと思っていて、突き詰めると、もっともっと奥深いのですが、まず最初に知るべきことは、自分を見つめ直して、自分に似合う服のカタチと組み合わせのバランスを知ることだと思います。


服っていうのは、人間の身体の上に置かれた布の動きや表情でもあるのです。
なので、自分に似合う服っていうのは、着てみないと絶対に分かりません。

当店で、それを知っていただくと、『眼から鱗』になると思います。

「私じゃ無理かな?」と思っている人でも、一度ご相談ください。
こちらが、腰抜かすほどお洒落になってびっくりした例が、沢山ありますので^ ^

コツっていうのは、あるのです。

それは、美味しい料理つくるのと同じようなものです。


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp



ウェディング関係はこちらから
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2015-05-05 21:47 | FASHIONの本質 | Comments(0)

寒くなってきましたが、防寒お洒落のコツ

e0122680_17315441.jpg



毎日寒いですね。

ということで、本日は、防寒のコツなどを

暖かい空気は軽いので、下から上へ上昇します。

なので、暖かい空気を逃がさないことが大事。
首元をマフラーで、頭を帽子で覆うことが、一番の防寒対策になります。


他にも、末端を冷やさないようにすることが肝心

手袋や、暖かいソックス
インナータイツ・レギンスなどは非常に効果的です。


それから、ブーツですね。
これで、足下からの冷気を防ぐことが出来ます。


ブーツを買う際は、自分のサイズよりも、少し大きめのものを買って、中敷きやソックスで調整するのがコツです。


足の幅が広くてイタリアの靴が履けないという方も、少し大きいサイズにチャレンジしてみてはいかがでしょうか??

すんなり入って似合うかもしれませんよ。


それから、厚手のコートは、やはり暖かいです。

ニットで言うと、アルパカの保温力は半端ないです。
高い山の上に生息しているためです。


カシミヤやシルクも、薄くても保温力はかなり高いですね。
それから、アンゴラ、ウールなどは、やはり良いですね。


アルパカにしてもカシミヤにしても、大量生産出来るものは、高い場所には住んでない平地で飼われているものなので、高地に居るものと比べると、暖かさで劣るのは、仕方のないことですが。。


いずれにしても、暖かい空気の層を中に作り、それを逃さないようにすることが肝心です^ ^


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00
close 月+金=休 (祝日の場合は営業)




ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-12-10 17:35 | FASHIONの本質 | Comments(0)

大柄な方のお洒落のコツとは??

e0122680_19401938.jpg

大柄な女性のお洒落のコツとは??



パリコレに代表されるように、ファッションモデルというと、大柄な人が多いです。

ということで、大柄な人は、一番お洒落を満喫出来るはず。

ところが、日本においては、大柄でお洒落な人は少数派です。


どうも、サイズが合っていない服を着ていることが原因ということが多いようです。


大柄な人に、一般のメーカーの標準的な服は、ほとんどの場合サイズが合いません。

合わない服を着ると、なんだかおかしい。
バランスが悪い。

せっかく、良いプロポーションなのに、なんだか標準体型の人よりイケて無いという方多くありませんか??


女性だと、既製服が合わないからといって、メンズを着る方も多いと思いますが、メンズだと合う服と合わない服があり、当然合わない服が多いのです。


女性らしい美しいラインが出なくなっている方居ませんか??


でも、本当は、大柄な女性の方に似合う服というのは、インポートとか、一部の日本のブランドの女性服には沢山あって、そういうのを着ると、『パリコレですか?』くらいにお洒落になったりします。

当店では、そういった方を多く見てきました。


男性もそうです。180センチとか190センチクラスの方は、相当格好良くなれますよ。


似合う服が無いとあきらめずに、是非当店で似合う服を発見してみてください。


骨格がしっかりした方でも、ラインが綺麗に見えるテクニックとか、様々あるのです。


知れば知るほど奥深いのが、ファッションの世界。


いくつか着てみれば、きっと、ものすごくお洒落な自分に気付くはずです。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-07-22 19:37 | FASHIONの本質 | Comments(0)

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは



お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは



カラーコーディネイトの極意


よく色の合わせ方が分からないと言われます。


一番簡単な色の合わせ方。


それは、自然を模倣することです。


私たちが、ある色彩を『美しい』、『美しく調和している』と感じているのは、私たちの身の回りにある自然の色を日々体験しているからです。


たとえば、黄色を春と秋に使うとしたら、春の黄色は、春に咲く花の色、周囲の草むらの色、森の色、土の色、空の色、背景の岩やコンクリートの色に合わせてみるのです。



ヤマブキコーディネイト
http://guild3.exblog.jp/21922344

キショウブ(イエローアイリス)コーディネイト
http://guild3.exblog.jp/22055478



カーネーション・ドクダミ・アイビーコーディネイト
http://guild3.exblog.jp/22055423/


秋は、黄葉の色に合わせてみる。
黄葉の森の色に合わせてみる。黄葉の並木道の色に合わせてみる


そんなイメージを膨らませてみてください。


春らしいピンクなんかのイメージも同様です。

八重桜コーディネイト
http://guild3.exblog.jp/21898334

アズマシャクナゲコーディネイト
http://guild3.exblog.jp/22045500/



梅雨は、しっとりと濡れる緑
紫陽花やアヤメ、ショウブの白や黄色や紫が良く合います。

アヤメ(Iris)コーディネイト
http://guild3.exblog.jp/22045467/

アジサイコーディネイト
http://guild3.exblog.jp/22080214/




夏は、海の色や砂浜のサンドベージュ
澄み切った青空に入道雲
緑は、濃くなっています。
ヒマワリの黄色や
夕立の後のアスファルトの光や虹や、夕暮れの気持ちよい光線の感じなども参考にしてください。




オフィスや都会の衣装は、町並みのコンクリートやアスファルトが基本になります。


これは、言い換えると、高い山の上の岩場の素材感に近いわけです。

ちょっと嬉しい色使いをしたかったら、高山の岩に咲く可憐な高山植物をイメージしたり、風雪に耐えるハイマツの緑を


美しく広がる雲海や青い空、そして幻想的なモルゲンロート(朝焼け)や、圧倒的な夕陽。


そして、満点の星空をイメージしてみましょう。

きっと素晴らしい色彩のコーディネイトが思い浮かぶでしょう。


そして、色というのは、どういう素材で、どういう織りで、どのような染色かで、随分違うのです。
それが上手く表現出来ていると、素晴らしいと感じます。

バランスが取れていると、お洒落になります。


服だけではなく、ストールやスカーフなど小物も使って、是非チャレンジしてみてください。

それでは、よろしくお願いします。
http://guild3.exblog.jp


関連 花とファッション
http://guild3.exblog.jp/i47/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-07-19 19:43 | FASHIONの本質 | Comments(0)