May&Juneオートクチュールウェディングドレスのサンプルが届きました!

e0122680_17214400.jpg


May&Juneオートクチュールウェディングドレスのサンプルが届きました!

今回届いたドレスは、オートクチュールならではの手技の極地を駆使しています。

レースに見える部分は、チュール生地にオリジナルのブーケのデッサンを新潟の工房で刺繍したもの。

その刺繍を美しいシルクの生地に載せるため、生地と同じくらい細い糸で一針一針縫い留めています。
そのため、オーガンジーの生地と一体になっているように見えるのです。
本当に細かい作業で作るの大変らしいですが、素晴らしい仕上がりになっていると思います^ ^


実際のドレスがどんな感じかご覧になりたい方は、是非お店までお越し下さいませ。


もちろん、オートクチュールなので、お客様のご要望に合わせ、体型や会場など様々な場面に合わせてデザイン画を描くところからスタートいたしますので、ここにあるだけでなく、様々なデザインが可能です。



一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていくデザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。



詳しくは
http://mayjune.jp/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

[PR]

by guild-01 | 2017-06-18 17:26 | ウェディングドレス | Comments(0)

『ウェディングドレスの選び方』第五回 小柄な方にもオススメなエンパイアシルエット





『ウェディングドレスの選び方』第五回 小柄な方にもオススメなエンパイアシルエット


『ウェディングドレスの選び方』第5回は、エンパイアシルエットです。


このラインのドレスは、ハイウエストなので脚長シルエットになります。
バランスを上に、そしてボリュームを下に持って来ることが出来るので、
小柄な方でも全体のバランスが取りやすく、オススメです。



May&Juneでは、実際にこのカタチのドレスを制作していますので、ご紹介いたします。
May&June定番のEmpire Dress

http://mayjune.jp/works/empire/1.html




上から見ると



斜め上から



斜め前から



横から



May&Juneのドレスでは、後ろに脱着式のリボンを付けることで、横から見るとプリンセスラインに近い豊かな表情になっていることが分ります。
なので、単純なエンパイアシルエットのドレスではありません ^ ^(そのあたりは、あくまでデザイナーズ・ウェディングドレスなので、いろいろな工夫をしています)


お客様と相談しながら、デザイン画を描いていくところから始めますので、より、あなたに合ったドレスが制作可能です。


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101


大きな写真はこちらから
http://mayjune.jp/works/empire/1.html


『ウェディングドレスの選び方』



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00
close 月+金=休 (祝日の場合は営業)年末年始12月31日〜1月3日は休み




ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-01-06 23:09 | ウェディングドレス | Comments(0)

『ウェディングドレスの選び方』第四回 人魚のように優雅なマーメイドラインドレス




『ウェディングドレスの選び方』第四回 人魚のように優雅なマーメイドラインドレス


『ウェディングドレスの選び方』第四回は、マーメイドラインとスレンダーラインドレスです。


このラインのドレスは、文字通り、スレンダー(細身)な方に似合うドレスです。
華奢でシック、優美で大人っぽい印象になりますよね。


May&Juneでは、実際にこのカタチのドレスを制作したことがありますので、ご紹介いたします。




シルクサテンの美しさを活かしたシンプルでクラッシックなマーメイドドレスです。

オーガンジーとパールのロングネックレスとベールで合わせました。



なんか、こうしてみると、ヴァイオリンとかヴィオラでも弾きそうな音楽的な感じを受けるのは、ワタクシだけでしょうか。






実は、このドレス、オーダーから納期まで2週間という、恐るべき短さでした。

よくぞ、2週間で出来上がったと思います。

思いますが、この2週間というのは、本当に限界ギリギリで、May&Juneでは、通常オーダーから納期まで3ヶ月いただいております。


その方が、やはり、ドレス作りそのもを楽しめますし、出来上がりを待つのも楽しいと思います。細かい修正も出来ますし、余計な出費もかかりません。


納期が短いと、ご希望の生地やパーツが無い場合、妥協しなければならなくなったり、高い金額を出さなくなったりする可能性があります。


特に、お仕事でお忙しい花嫁の方は、より時間に余裕をもたれると良いと思います。


結婚式は、まず会場とドレスを3ヶ月前までに選びましょう。(出来れば半年前がモアベター)です。


ジューンブライド(ジューンブライド(といっても、当ブログ オススメのウェディングは、5月中旬から6月初めの梅雨入り前にかけてです。)を考えている方は、是非今のうちにご相談いただければと思います。


そして、あれこれ想像しながらワクワクするのが、良いのではないでしょうか?



それから、ドレスにこだわりたい方は、まずドレス作りを優先していただきたいと思います。
会場によっては、提携のドレスしか受け付けないところもありますし、持ち込み料金がかかる場合も多くあります。


レンタルなのに、May&Juneのオーダーメイドドレスよりもお金がかかったという話も良く聞きますし、自分の思い通りのドレスにならなかったという話も非常に多く聞きます。


May&Juneのオーダーメイド(オートクチュール)なら、お客様の要望をお聞きしながら、デザイナーがデザイン画を描くところから始まりますので、より、思った通り、というよりも、思った以上の仕上がりをすべく努力しておりますので、ドレスも会場も、両方のマッチングも美しくやりたい方は、そのあたりをしっかり考えて、結婚式を考えてみてください。


そうしないと、自分が本当にやりたかった式や着たかったウェディングドレスが着れなくなってしまいます。



ですので、結婚式を予定している方は、まず、気軽に当方にご相談いただけると嬉しいです。
実際に見て、よかった場所もご紹介出来ると思いますし、当方も様々相談に乗れますので、よろしくお願いいたします。


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101







contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00
close 月+金=休 (祝日の場合は営業)年末年始12月31日〜1月3日は休み




ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/




[PR]

by guild-01 | 2014-01-05 13:24 | ウェディングドレス | Comments(0)

日常のトクベツな一瞬を捉えるということ フェルメール『デルフトの眺望』に学ぶ


ニコラス・フェルメール 『デルフトの眺望』

制作年代:1660~1661年頃
技法:カンヴァス、油彩
サイズ:96.5×115.7cm
所蔵:マウリッツハイス美術館




日常のトクベツな一瞬を捉えるということ フェルメール『デルフトの眺望』に学ぶ






本日は、2012年の1月に筆者がオランダに行った際に偶然出逢った景色をご紹介します。


こ、これは。。フェルメールの光だ!!

と、盛り上がって撮った写真です。
夜明け直後(といっても午前8時半くらい)のアムステルダムです。









フェルメール的な光景というのは実在するのです。







そして、この光景が冬の夜明け直後の写真であることから、このフェルメール『デルフトの眺望』のような景色は、太陽が低い位置にあり、空は晴れているけれども、日が当たっていない場所がある時に出来るということが分かります。



ウィンターウェディングにおいて、『デルフトの眺望』的な透明感のあるウェディングを挙げたい方、フォトウェディングを挙げたい方は、是非参考にしてください。






日本でオランダ的な光になる確率が一番高いのは5月ですかね?

梅雨の間の晴れ間にも、たまにこういう光の加減が出現します。




日本は大陸からの黄砂の関係で、丁度よい光の加減の時に黄色くなってしまうことが多いんですよね。

でも、5月、6月は、上手くすると、ものすごく透明感のある光の時に遭遇します。

そういう天気のジューンブライドに当たった人は、本当にトクベツな時間を過ごせるでしょうね。


そして、11、12、1月というのも又、日本において透明感のある美しい光が楽しめる月だと思います。





text by g





一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていく

デザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。

詳しくは
http://mayjune.jp/



秋冬のウェディング対応もいたします。
秋冬のウェディングのお問い合わせは、お早めにどうぞ。


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101
[PR]

by guild-01 | 2013-11-05 14:30 | ウェディングドレス | Comments(0)

クロードモネに学ぶ光と色彩の関係 ウエディングドレス研究 




光と色彩の関係 ウエディングドレス研究 


『ものが見える』と一言で言ってしまいますが、『ものが見える』って、実はかなり不思議なことです。



私達は、暗闇の中では、ものは全く見えません。

だからといって、そこに物体が無くなったわけでは無いのです。

見えなくなっただけなんですね。

明るくなれば、見ることは可能です。


こちらは、光によって見えるようになった物質を描くことで独自のポジションを獲得したフランスの画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの絵です。





ジョルジュ・ド・ラ・トゥール画『聖ヨセフ』(1642年または1645年)ルーヴル美術館蔵


暗闇の中にろうそくの光が浮かび、日常の出来事が神聖な出来事であるかのような一瞬の風景をとらえた傑作です。







色というのも、これまた不思議でして、光の当たり具合によって、色が全然違って見えるわけです。






今回お見せする写真は、実際に撮影した写真よりも、かなり明るくしています=光を強くしています。


ですが、これは真実では無いわけではなく、実際にこういう風に見えることもあります。







その光の加減で一瞬見える印象を描いた人達が、印象派の人達です。


彼らは屋外で絵画を制作することを好みました。

屋外の方が、そういう一瞬の光の印象が訪れる機会が多かったからだと思います。

フェルメールの室内画から、もう一歩先に踏み込んだわけですね。




中でもクロード・モネの大聖堂のシリーズは、移り行く光と色をとらえたまれに見る傑作です。










Claude Monet’s The Reader or Springtime
Le Portail, brouillard matinal
扉口、朝霧 (Le Portail, brouillard matinal)
クロード・モネ 1893年
W 1352 
キャンバスに油彩 100 x 65 cm
フォルクヴァンク美術館 エッセン



このように、光が色彩を変えていくのです。

ウェディングも、様々な光の状況を想定してやると、ものすごく美しいウェディングになるかもしれません。


クロード・モネ風に『サンセットウェディング』や『モーニングウェディング』
それから、ラ・トゥール式に『ナイトウェディング』なんかも有りだと思いますよ~






筆者も、そのうち、屋外の一瞬の印象を撮影しようと思っているのですが、今回の写真は、屋内における、一瞬の印象を捉えたものです。


窓から差し込むシンクロした光の束
こういう状況では、私達は、白をもっと白く感じることが出来ます。














一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていく

デザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。



詳しくは
http://mayjune.jp/


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101
[PR]

by guild-01 | 2013-11-04 22:08 | ウェディングドレス | Comments(0)

真珠の首飾りの少女に見るフェルメールライトとウエディングドレスの関係

2012年、東京上野の国立西洋美術館では、「ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」が開催されていました。
http://www.berlin2012.jp/tokyo/


最近日本でもオドロクほどの大人気になってきたフェルメールですが、筆者は、昔から大のフェルメールフリークでして、世界に30数点しかないフェルメールの作品を見るために欧州中を旅してきたのですが、このベルリン国立美術館にある『真珠の首飾りの少女』もベルリンまで見に行きました。

筆者は、ベルギーの首都ブリュッセルからわざわざ夜行列車で10時間かけてベルリンまで辿り着き、絵を見て来たのですが、その作品が上野で見れるなんて奇蹟的なことでしたね。
行かれた方も多かったと思います。


では、なぜフェルメールの絵は、こうも魅力的なのか?この『真珠の首飾りの少女』を題材に見ていきたいと思います。



『真珠の首飾りの少女』ベルリン国立美術館




筆者が室内で写真を撮影したり、店内をディスプレイする時、『フェルメールライト』と『レンブラントライト』という効果を多用します。



レンブラント・ファン・レイン『夜警』アムステルダム国立美術館

レンブラントライトというのは、暗闇の中にスポットライトを当てることによって、劇的な効果をもたらす照明のことです。
この絵は、世界三大名画の一つに数えられている、レンブラントの『夜警』です。

中心に集められた光の束が、浮遊するような不思議な神秘的な効果をももたらしていることが分かると思います。



では、『フェルメールライト』とは何か?と言いますと、オランダの画家ヨハネス・フェルメールが使ったライティングのテクニックのことです。


フェルメールは『カメラオブスクーラ』という暗箱を使った写真機の原型を利用して絵画を制作したといわれています。

この『カメラオブスクーラ』の構造は、カメラと一緒で、焦点の合った部分とソフトフォーカスな部分を画面に作ることが出来ます。

なので、フェルメールの絵画は、私達が映像を撮る時のまたとない参考になります。




彼のライティングテクニックの一つに、窓からの光の効果というものがありまして、フェルメールは、少し高い場所にある窓から差し込む光を使って、空間を神秘的に見せる効果を使っていました。



『手紙を書く婦人と召使』(てがみをかくふじんとめしつかい、蘭: Schrijvende vrouw met dienstbode、英: Lady Writing a Letter with her Maid)1670-1671
ダブリン アイルランド国立美術館



室内で絵画が制作される以上、光は必ず間接光になるわけです。
この室内における間接光を最も効果的にしたもの。これが所謂『フェルメールライト』と呼ばれているものです。
その効果については、ピーター・グリナウェイが映画の中で実証しています。




この筆者が撮影したウエディングドレスの写真も、少し高いところにある窓の光を利用し、漆喰の白壁の反射光を使ってウエディングドレスの輝きを引き出しています。

プラス、そのウエディングドレスに蓄光した光を使って、空間を光で満たしているわけです。

なので、全体の空間がとても神秘的でトクベツな感じになっているのだと思います。







フェルメールの魅力はいくつもありますが、その最大の魅力の一つは、光を描き出すことにあるのではないかという気がします。

それぞれの物質がもたらす反射光の違いを綿密に、しかし、オドロクほど素晴らしく再構成して描き出しているのです。


何もない空間でさえも、光が何かを語っているわけです。


フェルメールの絵が魅力的なのは、画中の人物が着ているシルクの衣服や真珠のネックレスの描く特別な光を描き切っているところにもあると思います。
『真珠の首飾りの少女は、そうした中でも傑作中の傑作であると思います。



それから、こちらを見ていただきましょう。



『青衣の女』(せいいのおんな、蘭: Brieflezende vrouw in het blauw)1665 アムステルダム国立美術館



この『青衣の女』に見られるように、それらの特別な光を効果的に見せるために、ベルベットなどの光の一部を吸収し、光の一部を放つ素材を多用しているところも注目すべきポイントといえるでしょう。





その光の反射特性の違いを生かした写真は、また後でお見せしたいと思います。




この記事は、2012年の記事に加筆修正したものです。


以下の展覧会は終了しました。

また、機会のある時に是非見ていただけたらと思います。




「ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」

2012年6月13日(水)~9月17日(月・祝)


国立西洋美術館(東京・上野公園)
*巡回先:九州国立博物館(福岡・太宰府)2012年10月9日(火)~12月2日(日)

〒110-0007 東京都台東区上野公園7‐7


http://www.berlin2012.jp/tokyo/







text by g





一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていく

デザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。



詳しくは
http://mayjune.jp/


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101
[PR]

by guild-01 | 2013-11-01 15:56 | ウェディングドレス | Comments(0)

ヨハネス・フェルメールに見る光の音楽性とウエディングドレスの関係

今回は、フェルメールを参考にしながら、物質の反射率の違いによる物体の見え方について見ていきたいと思います。




ヨハネス・フェルメール『音楽のレッスン.』 The music lesson. バッキンガム宮殿ウィンザー城(ロンドン) 英国王室コレクション 1662年 74×64.6cm



フェルメールの絵には、シルクやヴェルヴェットがよく使われています。

それに、パンや花瓶なども使われていることが多いです。

実は、フェルメールの絵には白磁の花瓶が登場します。



これは、当時の17世紀のオランダが、東洋との貿易の中心港になっていたために、白磁が入ってきていたのです。

フェルメールの生家はオランダのデルフトにあります。
ここの名物はデルフト焼きという陶器ですが、このデルフト焼きも、実は東洋から入ってきたものが、独自に進化し、こういうカタチになっていったわけです。

このように、フェルメールの絵には、東洋の青磁や白磁の影響が非常に強く見られるのです。

フェルメールブルーはよく知られているところですが、これはラピスラズリという宝石(貴石)を砕いたものです。

これは、青磁に影響されたものなのではないかと思います。



『青衣の女』(せいいのおんな、蘭: Brieflezende vrouw in het blauw)1665 アムステルダム国立美術館






では、『真珠の耳飾りの少女』別名『青いターバンの少女』の印象的な眼と唇、そして襟元の輝きは何でしょうか??




『真珠の耳飾りの少女』(しんじゅのみみかざりのしょうじょ、蘭: Het meisje met de parel, 英: Girl with a Pearl Earring)


それは、白の輝き方の発見から生まれたものではなかったのか?という気がします。

フェルメールの絵に出てくる白は、壁のしっくいの白、それから真珠の白、それに白磁の花瓶の白、それにパンが光り輝いていたり、牛乳が光輝いていたりします。



真珠の首飾りの少女




『牛乳を注ぐ女』(ぎゅうにゅうをつぐおんな、蘭: Het melkmeisje)1657 アムステルダム国立美術館


ご覧のように、日常の様々な場所における白、光の粒が描かれていることが分かると思います。

これらはみな白ですが、当然のことながら、光の反射率が異なるわけで、その光の反射率のアンサンブルこそが、フェルメールの絵をフェルメールたらしめているところなのではないか?という風に思います。



フェルメールの絵は、そういう意味で、とても音楽的です。
バイオリン、ビオラ、チェロ、ピッコロにフルート、様々な波長の音が重なり合ってオーケストレーションをするように、フェルメールの絵もまた、様々な光の波がアンサンブルとなって、物質や人間を浮かび上がらせるわけです。




『手紙を書く婦人と召使』(てがみをかくふじんとめしつかい、蘭: Schrijvende vrouw met dienstbode、英: Lady Writing a Letter with her Maid)1670-1671
ダブリン アイルランド国立美術館



フェルメールの絵に、音楽の風景が度々登場するのも、偶然では無いのだと思います。



恋文 1669-1670 アムステルダム国立美術館



フェルメールの時代は、近代絵画の完成と共に、近代音楽の芽生えの時期でもあったのです。


筆者は、この光のアンサンブルを、ウエディングドレスの撮影の時に見出したわけです。

真珠(スワロフスキー)の輝き、それと波長の異なるチュールの輝き、そして襟元のサテンの輝き、内側のシルクが放つ輝きと、外側のレースが通す光、レースの附属がきらびやかに放つ光、ヴェールの淡い光。。


窓から入ってきた光は、漆喰の壁を照らし出し、その反射光を受けたドレスは、淡く輝き出し、その光が再び空間や壁を照らし出す。

それは、白い光のオーケストレーションでした。










この記事は、2012年の記事に加筆修正したものです。


以下の展覧会は終了しました。

また、機会のある時に是非見ていただけたらと思います。

上野の東京都美術館
リニューアルオープン記念「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」
2012年6月30日~ 2012年9月17日

http://www.tobikan.jp/museum/2012/mauritshuis2012.html




 東京都美術館のグランドオープンを飾る「王立絵画館」の名で世界的に知られるオランダ・マウリッツハイス美術館のコレクションの数々。
公式ページ
マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝
www.asahi.com/mauritshuis2012/
















一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていく

デザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。



詳しくは
http://mayjune.jp/


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101
[PR]

by guild-01 | 2013-10-31 16:02 | ウェディングドレス | Comments(0)

Miho Tanakaのオートクチュール・ウエディングドレス

e0122680_1954265.jpg



Miho Tanakaのオートクチュール・ウエディングドレスのホームページが出来ました!


http://mayjune.jp/

一連の写真は、管理人が撮影しております。
自分で言うのも何ですが、久々に背筋がぞくぞくするような美しい写真が撮れました!
ホームページに沢山写真が出てますので、是非見てみてください。
よろしくお願いいたします。





結婚式というのは、皆、憧れると思うのですが、そのくせウエディング業者のお仕着せで、わけの分らないまま大金が飛んでいったり、出たくもない式に付き合わされて嫌な思いをしたりという方も多いと思います。


でも、今回様々調べていて気付いたのですが、結婚式って、もっと色々楽しめるんです。
お仕着せの結婚式が嫌いな人でも、式を主催する側も参加する側も、とびきり楽しくて素敵な、特別な時間を作ることが充分可能なのです。

そのあたりは、こちらのブログで随時探求していきたいと思います。
365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/


Miho Tanakaのウエディングドレスは、結婚式をする人、する場所に合わせて、デザイナーがデザイン画を書くところからスタートするそうです。

そうやって、その人ならではの、とっておきのカスタムメイド=オートクチュールが創り上げられます。


実は、Miho Tanakaのお父上は、注文住宅の設計をなさっている方です。
そういう面で、Miho Tanakaのオートクチュールは、筋が通っている感じがします。

本が好きな方とか、芸術が好きな方とか、音楽が好きな方、服が好きな方には、特にオススメします。

e0122680_1942094.jpg


人生の中で、思うままに、オートクチュールのドレスを作れる機会って、滅多に無いと思います。

是非デザインする段階から楽しんでいただけたらと思います。

管理人も、出来るだけサポートしますので、お気軽にご相談ください。
よろしくお願いいたします。
仮縫いとかも、当店で行えるようにします。


管理人も、とっておきの結婚式のやり方とか、結婚式をリーズナブルに素敵に挙げる方法とかも研究してます


それから、DAN TOMIMATSUも、結婚指輪を作りたい方は、相談に乗るそうなので、是非お気軽にご相談ください。

よろしくお願いします。

e0122680_197447.jpg





May&June by Miho Tanaka

Concept

人生を祝福する 特別な時間 特別な場所の
光や音や空気と響き合う
世界でたったひとつのオートクチュール



About us

私たちMay&Juneは
一着のドレスが仕上がるまでの心地良い緊張感と喜びを
皆様と分かち合いたいという思いからはじまりました。

美しいラインと厳選された素材を基本とし
アトリエでひとつひとつ丁寧に仕立てます。

様々なアイディアと手仕事により
こだわりを形にするお手伝いを致します。



Schedule

1 ご注文

店舗にてお客様のご要望をお伺い致します

2 デザイン

お客様のイメージ、式場の雰囲気に沿ったデザイン&素材をご提案 

3 採 寸

ウエディング用下着を持参いただき、サイズを計測します

4 仮縫い

仮の布での試着により、美しいラインを調整していきます
デザインにより1〜3回仮縫いを行います

5 フィッティング

ドレス実物を着用していただき、より細かい部分の修正、
コーディネートチェックを行います

6 お引渡し

ご注文からお引渡しまで スタンダード 約3ヶ月(ご要望によりご相談承ります)

http://mayjune.jp/

e0122680_1962317.jpg



お問い合わせ
contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2012-02-11 19:52 | Miho Tanaka | Comments(0)