タグ:カットソー ( 81 ) タグの人気記事

日本の夏を快適に過ごすことが出来るMILFOILオーガニックリネンのメンズ半袖カットソー


日本の夏を快適に過ごすことが出来るMILFOILオーガニックリネンのメンズ半袖カットソー

e0122680_17114372.jpg
e0122680_17111901.jpg
e0122680_17103462.jpg
e0122680_17121340.jpg

好評のMILFOILオーガニックリネン半袖カットソー(メンズ)が入荷しました。

是非、この麻のカットソーシリーズを着ていただけたらなと思います。

これ、一度着たら、手放せないですよ。
暑い夏を出来るだけ快適に乗り切るための強い味方です。


メンズですが、女の人にも、このシルエットが人気だそうです^ ^

たっぷりしたシルエットなのですが、麻の重みで自然にドレープが出来る感じがとても良いです。
そして、風の通り抜け具合が心地よいのです。

筆者は、昨年の夏、MILFOILの麻のカットソーを2日に1日くらいの割合で着てました^ ^

それくらい、ハマります。
着た時の着心地はコットンの方が上ですが、動きまわった時とか、雨降った時とか、そういう時には、吸水発汗性の良い麻の方が着心地が良くなるのです。

麻は、雨に濡れると数十パーセントも強度が上がります。

涼しく、蒸れにくい。
日本の夏に最適な素材『麻』

着込むほどに柔らかく、素晴らしい風合いになっていく、本物の麻の魅力を是非お楽しみください。
麻って、実はこんなに着心地が良かったのです^ ^

麻本来の色から後染めしているので、奥行きのある微妙な色彩が美しいです。

是非ヘビーローテーションで着てみてください^ ^

注意点
麻は非常に強い素材で、虫害にも強いですが、カビには弱い性質があります。
洗った後は、ちゃんと乾かすこと。
しまっている時は、乾燥剤など入れておくと良いと思います^ ^


MILFOIL
100%ORGANIC LINEN
MADE IN JAPAN
SIZE M,L
9.500yen+税

生成り、緑、青磁色、ブラウン、紺、の5色


これからの季節に超活躍すること間違いなしです^ ^


contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-04-19 17:20 | MILFOIL | Comments(0)

MILFOIL の新作メンズクルーネック長袖カットソーが入荷いたしました

MILFOIL の新作メンズクルーネック長袖カットソーが入荷いたしました。価格6000円+税

詳細は後日載せますが、これはまた素晴らしいカットソーですぜ。
筆者も欲しい。
新色のピスタチオも良い色です。
色によって大きさが違うので、着てみるのがベストだと思います。

Vネックは、発売以来ずっと着続けていますし、これからも着ると思いますが、これも良いですね。

着た時の馴染み感が半端ないです^ ^








[PR]

by guild-01 | 2017-04-11 19:54 | MILFOIL | Comments(0)

着心地良く暖かいMILFOILオーガニックコットンダブルニット長袖カットソー

e0122680_17054259.jpg
e0122680_17051811.jpg
e0122680_17045779.jpg
e0122680_17064004.jpg





e0122680_17061064.jpg

寒い時期のインナーとして大人気のMILFOILオーガニックコットンダブルニットのカットソーですが、長袖バージョンも入荷したしました。

これからどんどん寒くなる季節です
そんな季節を暖かく快適に乗り越えたい。
そんなあなたに最適なアイテムが、オーガニックコットンダブルニット
2重窓と同じ原理。2重構造だから、暖かい空気が逃げないで溜まります。
つまり、暖かい。

肌触りが最高。

そして、身体の線にフィットするストレッチなので、上に着る服を邪魔しない。
従ってラインが綺麗に見えるのです。


一度着たら手放せないという方が、とても多いそうです。


首が詰まり気味のクルーネックなので熱が上から逃げにくい。
袖が細くて長いので、手首を冷やさない。
上から着るニットなどが綺麗に見えるために程よくフィットします。

柔らかく極上のオーガニックコットンを日本の職人さんが織り上げ、シルクの工場で生産しています。

縫い糸も全てオーガニックコットンですから、細部まで肌触りが素晴らしいです。


コットンそのものの色から脱色せずに染めているので、色合いがとても微妙で奥深く美しいです。

環境負荷も少ないです。


仕上げもオーガニックの洗剤で洗いをかけて出荷しています。


当店では、更に、一枚一枚、スチームアイロンでふんわり仕上げて店頭に出しております。



MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE FREE
6,800yen +TAX

カラー:生成り、カーキグレー、オリーブ、グレー、紺、黒


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2016-11-10 17:14 | MILFOIL | Comments(0)

寒い時期のインナーとして大人気のMILFOILオーガニックコットンダブルニットのカットソーに5分袖が登場しました


e0122680_16231763.jpg
e0122680_16233729.jpg

寒い時期のインナーとして大人気のMILFOILオーガニックコットンダブルニットのカットソーに5分袖が登場しました。

今まで、袖が長過ぎて難しかったという方。
上に着るニットやワンピースの袖が短いから短いのが欲しいといった方に最適です。

これからどんどん寒くなる季節です
そんな季節を暖かく快適に乗り越えたい。
そんなあなたに最適なアイテムが、オーガニックコットンダブルニット
2重窓と同じ原理。2重構造だから、暖かい空気が逃げないで溜まります。
つまり、暖かい。

肌触りが最高。

そして、身体の線にフィットするストレッチなので、上に着る服を邪魔しない。
従ってラインが綺麗に見えるのです。


一度着たら手放せないという方が、とても多いそうです。


首が詰まり気味のクルーネックなので熱が上から逃げにくい。
袖が細くて長いので、手首を冷やさない。
上から着るニットなどが綺麗に見えるためのフィット

柔らかく極上のオーガニックコットンを日本の職人さんが織り上げ、シルクの工場で生産しています。

縫い糸も全てオーガニックコットンですから、細部まで肌触りが素晴らしいです。


コットンそのものの色から脱色せずに染めているので、色合いがとても微妙で奥深く美しいです。

環境負荷も少ないです。


仕上げもオーガニックの洗剤で洗いをかけて出荷しています。


当店では、更に、一枚一枚、スチームアイロンでふんわり仕上げて店頭に出しております。



MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE FREE
6,500yen +TAX

カラー:生成り、紺


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2016-11-08 16:29 | MILFOIL | Comments(0)

着心地よくフロントに表情があるMILFOILオーガニックコットン オフネック長袖カットソー


着心地よくフロントに表情があるMILFOILオーガニックコットン オフネック長袖カットソー

e0122680_19200491.jpg
e0122680_19202569.jpg
e0122680_19204743.jpg
e0122680_19212643.jpg
e0122680_19213984.jpg


オーガニックのトータルブランド、MILFOILからオーガニックコットン オフネック長袖カットソーのご紹介です。
このカットソーの特徴は、ゆったりしているところと、締まっているところがあるから綺麗に見える。というところにあります。

気になる部分があると、つい全体をオーバーサイズにしがちですが、こちらのカットソーは、出すところは出し、引っ込めるところは引っ込めることで、全体的に綺麗に見せるつくりになっております。

フロントにドレープが出来、胸元に表情が出ます。
二の腕も目立ちませんし、腕先すっきりで体型をカバーする1着で、筆者オススメの1枚です。

100% ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
7,000yen+tax 
5色(ガーネットローズ、アイスグレー、生成り、紺、黒)


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-10-11 19:47 | MILFOIL | Comments(0)

極上の風合いと着心地のMILFOILオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)長袖ワンピース


極上の風合いと着心地のMILFOILオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)長袖ワンピース
e0122680_19190778.jpg
e0122680_19192991.jpg


本日は、MILFOILの極上の風合いと着心地のオーガニックインド綿エキストラシン(極細糸)のシリーズの中から、着やすく使い易いクルーネック長袖ワンピースのご紹介です。

こういうプレーンなワンピースが使いやすいのは、ウエストや腰をベルトマークして丈を調節すると、様々なアウターに合うバランスを作れるからです。

スタイリスト的に言うと、非常に便利なワンピースなのです。


腕はほどよくフィットしますが、バストトップでギャザーを寄せているため、見頃はゆったりとしていて着やすいです。

そして、生地がドレープすますので、ゆったりめのシルエットでも綺麗なのです。

絶妙な開き具合の襟なので、何でも合わせやすいです。


極上のオーガニックコットンの繊細な糸を昔ながらの低速織り機でゆっくりと編みたてた生地で作ったから、風合いや着心地が抜群です。

染色は、コットンを漂白せず、製品染めしているローインパクトダイなので、元々のコットンの穏やかなクリーム色がにじみ出ているから、素晴らしい色合いと風合いを保っているのです。


100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE ONE SIZE
9,500yen+tax 2色(生成り、ガーネットローズ)



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-10-11 19:34 | MILFOIL | Comments(0)

着心地の良い服 そのまま着ても良し、重ね着にも良し、MILFOILオーガニックコットン7分袖カットソー

着心地の良い服 そのまま着ても良し、重ね着にも良し、MILFOILオーガニックコットン7分袖カットソー
e0122680_18150678.jpg
e0122680_18153102.jpg
好評のオーガニックコットンのMILFOILから秋口にぴったりの商品のご案内です。


こちらの7分袖カットソーは、腕がすっきりとしていて、そのまま着るのも良いですし、重ね着しても、もたつきません。

ジャケットやカーディガンを上に着た時も、スッキリ綺麗に見える胸の空き具合が嬉しいカットソーです。


糸は、超絶に柔らかくて気持ち良いオーガニックインド綿で、日本の絹工場でゆっくり織って製作しています。
なので、風合い・着心地とも最高です。

100% ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
5,300yen+tax 

カラー(生成り、紺)の2色


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2016-10-08 16:09 | MILFOIL | Comments(0)

着心地抜群のベストセラー、MILFOILオーガニックコットン・エキストラシン(極細糸)のクルーネックカットソーに新色が追加

着心地抜群のベストセラー、MILFOILオーガニックコットン・エキストラシン(極細糸)のクルーネックカットソーに新色が追加

e0122680_19243330.jpg



e0122680_17395110.jpg
e0122680_17404845.jpg

e0122680_17411574.jpg
e0122680_17423859.jpg




なんだか、突然涼しくなり、秋めいてきましたね。
そんな中、MILFOILの秋冬ものの第二弾が入荷しました。

着やすく使い易いベストセラーのオーガニックコットン・エキストラシン(極細糸)のクルーネックカットソーにも新色が追加されています。


絶妙な開き具合の襟なので、何でも合わせやすいです。

極薄なので涼しく、暑いか寒いか微妙なこの時期に快適に過ごせます。

これからの時期、上にカーディガンやニット、ジャケットなどを着た時にも、腕回りがもたもたしないので、格好良く着ることが出来ます。



極上のオーガニックコットンの繊細な糸を昔ながらの低速織り機でゆっくりと編みたてた生地で作ったから、風合いや着心地が抜群です。

染色は、コットンを漂白せず、製品染めしているローインパクトダイなので、元々のコットンの穏やかなクリーム色がにじみ出ているから、素晴らしい色合いと風合いを保っているのです。

ほどよくフィットするので、細身のアウターを着ても邪魔しません。

インナーには、フィット感のあるタンクトップかキャミソールを合わせていただくと、色やシルエットに陰影が出て、より綺麗に見えます。


MILFOIL / JAPAN
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
6,800yen+tax 6色(赤、生成り、サンドベージュ、カーキグレー、オリーブグリーン、紺)


こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-09-20 19:40 | MILFOIL | Comments(0)

着心地の良い服 好評のMILFOILオーガニックリネンのカットソーに新作の長袖が登場しました

着心地の良い服 好評のMILFOILオーガニックリネンのカットソーに新作の長袖が登場しました
e0122680_15343527.jpg
e0122680_15341589.jpg
e0122680_15340111.jpg
e0122680_15333934.jpg
好評のMILFOILオーガニックリネンのカットソーに新作が加わりました。
今回新たに加わったのは、長袖カットソーです。
日差しが強い本格的な夏や初秋にかけて重宝しそうな商品ですね、避暑地や海・山にも似合いそうな商品です。
もちろん、街中で着ていただいても大丈夫です。

ゆったりめに着たい女性に、タイトめに着たい男性に最適なサイズ。


筆者は、最近、MILFOILの麻のカットソーを2日に1日くらいの割合で着てます。
それくらい、ハマります。
着た時の着心地は、コットンの方が上ですが、動きまわった時とか、雨降った時とか、そういう時には、吸水発汗性の良い麻の方が着心地が良くなるのです。

麻は、雨に濡れると数十パーセントも強度が上がります。


涼しく、蒸れにくい。
日本の夏に最適な素材『麻』

着込むほどに柔らかく、素晴らしい風合いになっていく、本物の麻の魅力を是非お楽しみください。
麻って、実はこんなに着心地が良かったのです^ ^

麻本来の色から後染めしているので、奥行きのある微妙な色彩が美しいです。

是非ヘビーローテーションで着てみてください^ ^


MILFOILオーガニックリネン ドレープカットソー
100%ORGANIC LINEN
MADE IN JAPAN
SIZE ONE SIZE
9,500yen + tax

色は、ライトブルー、グリーン、紺、グレイブラウン、の4色

これからの季節に超活躍すること間違いなしです^ ^


contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから





[PR]

by guild-01 | 2016-08-03 15:55 | MILFOIL | Comments(0)

世界で一番着こなすのが難しい服は、白いTシャツと正当的なジーンズ

e0122680_17052210.jpg




筆者が服屋を始めたきっかけは、実は、服が似合わなかったことが原因です。



流行とされている服が似合わないわけです。


それに、正しいとされている服も似合わなかった。



筆者は、自分の店を始める前に、ジーンズなどのカジュアル衣料を販売する店に勤めていました。


で、ジーンズの歴史とか勉強するわけです。


戦後の日本は、アメリカの支配下にあったので、アメリカ標準が正しいとされました。


その一つの象徴がジーンズなのだと思います。



ジーンズと白いTシャツ。

ジェームス・ディーンのイメージですね。


これが、映画やテレビを通じて、多くの日本人に、『正しい服はこれだ』と刷り込まれたのです。


でも、筆者が、その正しいとされた服を着ても、どうにも似合わないのです。


リーバイスの501というジーンズがありますが、まさにそれは、正しいジーンズとされていました。


でもね、501は、ジーンズの中でも最も似合わないものの一つだったのです。


で、筆者は当時、お客様に似合うものを奨めたかったので、あれこれ考えて研究したわけです。


体型によって、似合うカタチを奨める方法とかを研究したのです。



調べていくと、リーバイスの501というのは、アメリカ人の労働者が着るための服であり、ウエストに対して腰まわりや太腿が大きく作られているのです。


筆者は、腰も太腿も太くないので余ってしまうわけです。


それに、501は、馬に乗るために『がに股』に作られています。


筆者は、馬に乗らないので、それは、ただ『がに股』に見える服に過ぎないのです。


そういうことを理解するのに、随分と時間がかかりました。


それは、『リーバイスの501こそが最も正しいジーンズである』という歴史観を刷り込まれていたからです。


リーバイスの501は、所謂『赤耳』という生地の縁がついています。


これは何か?というと、縫製や作業を簡単にすることと生地を出来るだけ無駄に使わないために、生地の端である耳の部分をサイドに来るように作ったのです。


これは、大量生産に適した無駄の無い合理的な作りでした。


そのため、『赤耳』というものが生まれたのです。


しかし、これは、あくまでも、大量生産に対する合理的な理由で生まれたものであり、人間工学や着心地やシルエットを優先するものでは無かったのです。


そのために、これらの服は、「なんか似合わない服』っていうことになったのです。





もう一つはTシャツです。


筆者も昔、ヘインズの白いTシャツこそが、正しいTシャツであると、刷り込まれていました。


元々、Tシャツは、労働者の下着でした。


それを超合理的に生産するために、あのカタチが生み出されたのです。


Tシャツのニット部分は、円筒型の編み機で織られています。


円筒型の編み機で織ると、そのまま筒状のニットが出来ます。


これに腕と首を縫い付けると、Tシャツのカタチになるのです。


ですから、これは、超合理的なカタチなのです。生産するには。。


ところが、これも生産を合理的にするために生み出されたカタチであり、人のカタチや着心地のために生み出されたものではありません。


なので、着ると、『なんか似合わない』ということになるのです。



筆者は、世界で一番着こなすのが難しい服は、リーバイスの501と、ヘインズの白いTシャツだと思います。


白いTシャツっていうのが、これまた難しいアイテムなのです。


なぜか?というと、所謂『縦のライン効果』というものが無いからなのです。


試しに、白いTシャツを着て、上に黒っぽいネクタイを垂らしてみると分かります。


ぐっと締まって見えるのが分かると思います。


これが、『縦のライン効果』です。


白いシャツにネクタイを締めるのは、『縦のライン効果』によって、綺麗に見せるためなのです。


ロングジャケットやコート、ロングカーディガンといったものが、スタイル良く見えるのも、この『縦のライン効果』によるものです。


簡単に同じ効果を出すためには、ストールを使うという方法もあります。



所謂『Tシャツ』と『カットソー』何が違うのか?と言いますと、『カットソー』というのは、カットしてから縫う(ソー)なわけです。


そこには、身体に対して、どうカットして縫い合わせれば綺麗に見えるのか?の追求の余地が生まれるのです。


(カットソー作る人でも、分かってやってない人が、結構多い)


つまり、Tシャツと、カットソーは、別物です。



Tシャツというのは、下着の応用であり、カットソーというのは、ニットの系列にあるのです。


服は、カットや生地によって、様々表情を変えますし、誰が着るかによっても大きく変わります。



産業に人が合わせるのか、人間に服を合わせるのか?

ここに大きな違いがあるのです。

筆者は、人間に服を合わせた方が好きなのです。

人間は、産業の為に生きているわけでは無いからです。

やはり、着心地とかシルエットとか色とか、様々追求していきたいですね。



contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2016-07-23 00:30 | FASHIONの本質 | Comments(0)