タグ:カットソー ( 87 ) タグの人気記事

涼しいカットソー algorithm Tシャツが出来るまで

e0122680_19585061.jpg
e0122680_19583331.jpg
8,400yen(8,000) 半袖(short sleeve)LADIES
algorithm project 001 / JPN
60% SUPIMA COTTON 40%LYOCELL
MADE IN JAPAN
e0122680_19581137.jpg
e0122680_19575128.jpg

8,925yen(8,500) 半袖(long sleeve)LADIES
algorithm project 001 / JPN
60% SUPIMA COTTON 40%LYOCELL
MADE IN JAPAN



この記事は書いた当時のものを再掲載したものです。


このalgorithmプロジェクトは、デザインによって、社会の仕組みや日常の構造を(少しでも良い方向へ)変えようという意図を持っている。


このTシャツを作った理由

まず、最初の疑問点は、なぜ日本人が、夏でもスーツを着なければいけないのか?という素朴な疑問だった。

スーツというのは、イギリスで誕生したものだ。
イギリスは、夏でも涼しいのだ。

ちなみに、今日のロンドンの気温は、最高気温が20度。最低気温が11度である。

夏でもこんなに涼しいのだ。


この気温なら、スーツを着るのは、理にかなっている。
僕は、イギリス人だったら、「スーツ着るな」とか、とくに言わない。


しかし、昨年の吉祥寺の8月の平均気温は、最高気温35度。最低気温27度である。


誰がどう考えてもスーツを着る気温ではない。


なのに、なぜ多くの日本人は、来る日も来る日も、スーツ着て汗まみれになって満員電車で通勤しなければならないのか?

これは、本当に意味が分らない。

けれども、社会が、スーツを着るのが公式であるという社会常識を持っているために、意味不明で最悪な行為であっても、それがまかり通るのだ。


もちろん、最近は『クールビズ』などという言葉も出てきたように、それを変えようという風潮は出てきた。

僕が昔から言い続けてきた事が、僅かながら浸透してきた事は感じる。

しかしながら、『クールビズ』などという言葉が一人歩きし始めてから、僕がやろうとしていた事は、矮小化されてしまったようで、寂しいのも事実。

何か説明しようとすると『クールビズ』ですね。の一言で片付けられてしまうようになってしまったのだ。


『クールビズ』の何が一番問題なのか?というと、それが、とりあえず『ネクタイ』取りましょう。という運動になってしまった事だ。

説得力のあるデザインにならなかったのである。


で、何が起きたのか?というと、職場の規定では、『ネクタイ』外してもオーケーです。
でも、外回りの営業行く時は、ネクタイにジャケット必須です。
それが社会常識だから。

みたいな感じになってしまったのだ。


ようするに、身内の規定では、ネクタイ無しでもオーケーだけど、公式にはネクタイしてね。
ってこと。


これでは、営業の人達があまりにも可哀想である。

気温35度といえば、アスファルトやコンクリートの照り返しでは、40度を軽く超え、50度に達するところもあるだろう。

そんな中をスーツにネクタイして歩くなんて、自殺行為だ。


では、営業の人が皆そういう自殺行為をしているのか?というと、そうでもなく、賢い人は、車で移動するわけです。
車なら冷房をがんがんに効かす事が出来る。

エコカー補助金も出る。


しかし、ちょっと待てよ。
それでは、環境負担が前よりもむしろ増えているのではないのか??


というわけで、ここでもう一度、『クールビズ』の運動を考え直そうと思います。


僕達が開発したalgorithm project001のTシャツ(カットソー)というのは、Tシャツであるというのが、一つの答えでした。

というのも、『シャツ』というのは、襟が付いています。
なぜ付いているのか?というと、一つの目的は、『ジャケットの襟を汚さないため』
もう一つは、『ネクタイ』を締めることが出来るため。

です。

つまり、シャツの基本構造が、ジャケットを着るために出来ているのです。

これでは、『フォーマル=公式』のルールが変わるわけがありません。
ジャケットを着ない、あるいはネクタイを締めないというのが、『インフォーマル=非公式』のルール。
つまり、公式はネクタイ+ジャケットだけど、暗黙の了解でオーケー。
の領域になってしまうのです。



これでは、世界は変わることが出来ません。


僕が、algorithm project001で提出したかったのは、我々の『フォーマル=公式』のルールを変えようというものです。


ですから、僕達は、このTシャツを開発するのにあたって、あらゆる事を考えました。

まず、襟は無し。
なぜなら暑いから。

ジャケットを着る場面も想像するけれども、それは必要最低限にすべき。
襟が無いので、襟が汚れるため、必要最低限の着用になる。
つまり、当初の目的に合致しているということなのです。


そして、もう一つ重要な事は薄さです。
素材は薄ければ薄いほど涼しくなるわけですが、当然のことながら、薄くなればばるほど丈夫では無くなるわけですし、透けてしまいます。

透けてしまったら、一枚では着れなくなるので、これは、本末転倒ということになります。

なので、素材は、繰り返しの洗濯が出来るギリギリの薄さで、透けないギリギリの薄さという事が求められるのです。

もう一つ重要なことは、このTシャツが、スーツを着ていた時と同じように、仕事の場に相応しく見えるのか?ということです。
これは、このTシャツを開発するのにあたって一番重要な事でした。

仕事の場に相応しく見えなければ、それが受け入れられる可能性はゼロだからです。


しかしながら、この点に関しては、僕は確信を持っていました。
欧州の一流デザイナーは、ファッションやプロダクト、建築にしても、もの凄く綺麗なTシャツ(カットソー)にサマーウールのスラックスやスカートでクライアントと打ち合わせをする。というのが、ごく普通に見られていたからです。

もちろん、ジャケットを着る時もありますし、着ない時もある。
それが、クライアントとの打ち合わせでもオーケー。ということは、つまり、デザイン感度の高い人の中では、それが既に受け入れられているという事です。

これは、我々のやっている事が、受け入れられる可能性があるということを大いに示してくれます。


そして、重要だったのは、そのTシャツ(カットソー)が極めてよく出来ており、説得力があったことです。

その人達が仕事をしている時、誰もあいつはTシャツだからけしからん。という風に見えなかったわけです。
ものすごくちゃんとしていて、しかもカッコ良かった。

これなら、受け入れられるはずだ。
と、僕は思いました。


しかし、残念ながら、それはあまりにも高価だった。
一般の人が日常で使うことの出来る値段ではなかった。
1着3万円もするTシャツ(カットソー)を日常着れる人なんてほとんど居ません。

ということで、まず値段を三分の一にする事を目標に、開発はスタートしました。


長くなるので続きます。
[PR]

by guild-01 | 2013-07-24 17:40 | algorithm | Comments(0)

MILFOIL オーガニックコットン エキストラシンのカーディガン

e0122680_20354011.jpg


今回ご紹介するのは、MILFOIL スイス紡績のオーガニックコットン エキストラシン(極細糸)のカーディガンです。

甘く繊細な織りと、生成りから染めるローインパクトダイの微妙な風合いが素晴らしいカーディガンです。

超長綿ならではの、洗った後の蘇り方が、これまた素晴らしい。

日本製

MILFOIL
100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
9,345yen(8,900)

色は、生成り、モカ、チョコレート、ブラックの4色

写真は、チョコレート


e0122680_2036289.jpg



ウエストと袖口にゴムが入っているので、着丈や腕の長さを調整出来る優れもの。

e0122680_20365789.jpg




関連記事

MILFOIL / Lovegeの新作カットソーが入荷しました
http://guild3.exblog.jp/20565410/


ORGANIC LIFE STYLE MILFOIL葉山店
http://guild3.exblog.jp/18490348/

MILFOIL オーガニックリネンのカットソーワンピース(ショート丈)
http://guild3.exblog.jp/18490516/




こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)





ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-06-04 21:20 | MILFOIL | Comments(0)

MILFOIL / Lovegeの新作カットソーが入荷しました

e0122680_16543819.jpg


MILFOIL / Lovegeの新作カットソーが入荷しました。


写真は、Lovegeのカットソー
繊細で柔らかく、素晴らしい風合いのカットソーです。


100%ORGANIC COTTON
MADE IN JAPAN
SIZE M.L
6,615yen(6,300)



以下、以前の展示会の時の模様を再掲載

商品もそうなんだけど、デザイナーの井上さんの話が面白い。

生地を作る話。糸をどうやって織るか?ジャージーを丸のまま使うのか、切って使うのか、それをどういう風に染色するのか?
どうやってプレスをかけるのか?


そのやり方によって、同じ糸であっても、全く仕上がりの表情が違うと言う。
もちろん、糸が違うと、同じ方法をとっても全く違う。
試行錯誤の繰り返し。
「生地を作り始めて20年になるけれど、10年を過ぎたあたりから、ようやく、これはと思えるものが出来上がるようになった」そうだ。


でも、オーガニックをやり始めると、また全然違っていて、最初は、なんでこうなってしまうの?という連続だったらしい。



僕はバイヤーなので、ありとあらゆる商品、ピンからキリまで年間何万着も見て、良いのも悪いのも知っているので、井上さんの作るカットソーを見た時にピンと来たのです。


これは良い。本物だ。
その処理の仕方といい、生地の表情といい、色や風合いや手触りといい。。

そうしたら、それがスイス紡績のオーガニックのスーピマ綿だったのです。
そして、それを漂白しない生成りから染めている。

なので、地のコットンの生成りの色が混じって、独特な美しい発色になるのです。


(現在は、オーガニックのインド綿に切り替わっています。そして、スーピマを凌ぐ品質に育ってきたと思います。

以前は、インド綿では、この細さの糸は不可能だったのですが、それが、糸会社が有機栽培をする生産農家を直接支援する制度によって、高品質のコットンが生産出来るようになったとのこと。)



MILFOILのカットソーには、生地の厚さとかよれ具合とか、本物の匂いというか、説得力というか、そういうのが有る。



なんか最近、環境とかエコとか、そういうの嘘くさくって。と筆者。
たとえば美味しいレストランとかあるじゃないですか。
本当に美味しいもの作ろうとすると、結局素材に行き着いて、契約農家に栽培してもらって、納得いくものに仕上げるとオーガニックになっていったりする。
僕は、なんか地球の為とかよりも、その方が自然な気がします。美味しいし 笑


井上氏「僕の場合は、着ていて気持ちいいから、それをずっと着ていたいからやっている」とのこと。
着心地にこだわるなら、素材そのものを考えないとダメだし、カットを考えないとダメ。
だから、肩の構造には、本気で研究に研究を重ねたそうです。


マルタンマルジェラ、ラフシモンズ、クリステンセン
そういう一流のデザイナーがやっている事ってやっぱりスゴい。


日本人でカットソーやっている人って、みんなチャンピオンがどうとかっていう方向に走るけど、自分はずっとヨーロッパのデザイナーの服着てきたので、そういうのとは違う方向目指してるんですよ。
正直、(自分のところの服を除けば)インポートしか着る気にならない。
でも、そういうのはスゴく良いけど、高価過ぎて誰も買えない。



詳しい話はまた別の機会に譲るとして、Tシャツというのは、元々下着から始まっているのですが、欧州のデザイナーブランドでは、Tシャツというのは、ニットの一部として存在している。
だから、クオリティーもカットも素晴らしいけれど、それをTシャツと考えると、高価過ぎる。Tシャツ一枚3万円とかですよ!!
ニットとして考えればそうでもないのだけれど。


一方で、問屋に行けば、それこそ180円くらいからTシャツが売っているわけです。
一体全体どのような仕組みで180円で卸売り出来るのか?
綿花を栽培し、摘み取る作業から始まって、不純物を取り除き、紡績し、生地にして、織ってカットして縫製して、パッキングして船積みして、取引して仲買人が買って利益を取って、なおかつ180円ですよ!!



で、アメリカ式のTシャツもヨーロッパ式のTシャツも知っている僕等には、その中間の、着心地も値段も環境破壊も考えられる優れた製品が作れるのではないか?それが、結局世界で闘う時の日本のデザイナーの武器になるんじゃないか?みたいな話をしました。


すり切れるまで着て、最後は寝間着にしてください。
ちなみに僕は、十数年前に買ったスーピマ綿のTシャツを、いまだに寝間着として愛用しています。ボロボロですが、止められません!!

どうせ生きているなら、その間気持ちの良い服を着るのか?そうじゃないのか??
肌に触れる部分に関して言えば、僕は前者を選びたいと思います。

たかがTシャツ、されどTシャツ。
肌に触れる部分というのは、究極に追求したい部分です。


以上、以前の記事に追加 引用




関連記事
ORGANIC LIFE STYLE MILFOIL葉山店
http://guild3.exblog.jp/18490348/

MILFOIL オーガニックリネンのカットソーワンピース(ショート丈)
http://guild3.exblog.jp/18490516/




こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)





ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-05-28 17:08 | MILFOIL | Comments(0)

MILFOIL オーガニックリネンのカットソーワンピース(ショート丈)

e0122680_18271930.jpg
e0122680_18264728.jpg
e0122680_18271333.jpg


オーガニックのトータルブランドMILFOILのオーガニックリネン100%のカットソーです。

短めのワンピースとして、ブラウジングさせてトップスとして、いろいろな着方が出来て好評なタイプです。


今回、MILFOIL初の直営店葉山店におじゃましたところ、あまりの色出しの綺麗さに色を追加いたしました。

麻は、湿気の多い日本の夏には最強の素材の一つです。そして、洗えば洗うほど柔らかくなり着心地が増します。

ただ、安い麻を買うと、接着剤でくっついているものもあったりするのでご注意を!!

そういうのは、麻なのになぜか暑い。着心地が悪いのです。


麻は長持ちする素材なので、ちゃんとしたものを買いましょう。

こちらの商品は、100%オーガニック認証のリネンを使った製品です。

手洗いも出来ます。


100%ORGANIC LINEN
MADE IN JAPAN
SIZE FREE
8,925yen(8,500)


こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2012-07-28 18:50 | MILFOIL | Comments(0)

Miho Tankakaの新作シルクスクリーンカットソー

e0126063_22241293.jpg

写真は100%オーガニックコットンフレンチスリーブロングTシャツ=10,290yen(9,800)
ワンピースに近いロング丈のTシャツです。



シルクスクリーンを使用した着れるアート作品の第一弾

デザイナーMiho Tanakaは、実は小説の挿絵なども描いているイラストレーターでもあります。

そんな彼女のシュールレアルな作品をアーティスト自らが1枚1枚シルクスクリーンで刷ったアート作品が、今回のワンピースとTシャツです。

e0126063_22281517.jpg



100%オーガニックコットンを使用しているので、肌に優しく、最高の着心地をお約束します。

ハンドメイドの作品なので、1枚1枚表情が違います。

着れるアート作品を是非お試しください。


e0126063_22292652.jpg

写真のベルトは参考商品


100%オーガニックコットンノースリーブワンピース=11,550yen(11,000)

こちらのワンピースは、1枚で着れるように、ちょっと厚手です。

e0126063_22251416.jpg


HAND PRINTED IN JAPAN

e0126063_22255195.jpg




Miho Tankakaの新作シルクスクリーンワンピース



この商品へのお問い合わせ

contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2012-06-15 22:55 | Miho Tanaka | Comments(0)

RYOTA SHIGA 2011A/Wカットソー

e0122680_17475294.jpg
e0122680_1747256.jpg


RYOTA SHIGA / JAPAN
50%COTTON 50%NYLON
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
20,869yen(19,875)

紐であれこれ遊べるカットソーです。
頭を入れる場所を変えても面白いです。
コットン×ナイロンの生地は極上ですね。



今回紹介するデザイナーは、志賀亮太さん


RYOTA SHIGA
http://ryotashiga.com/


志賀さんの拠点は福島県いわき市にあります。

今回の大震災では、おばあさんの家の目の前まで津波が達したそうです。
なんとか床下浸水くらいで助かったそうですが、連絡がつかない、停電の状況で、世界観が変わったと言ってました。


志賀さんは、経済産業省のサポートを受けて、ドイツでショーを行ったことがあるそうで、今回の地震では、ドイツの名門紙『シュピーゲル』紙に6ページに渡って特集されています。

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSLVNQSUVHRUwtMmdpZqrJ.gif

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSU1BJRUdFTC0zR2E.gif

http://www.apalog.com/ryotashiga/img/49/REVSU1BJRUdFTC00SGI.gif


津波、地震、原発の放射能漏れ事故、そしてその中で生まれるファッションのコントラスト。


ドイツは、2022年に原発を全廃することを決定しました。
イタリア、ドイツと、第二次世界大戦の敗戦国は、核を放棄する決断を下しています。


一方、ファッションの日本代表として経済産業省のサポートを受けた志賀さんは、経済産業省が推進した原発によって被災するという皮肉な運命に見舞われました。

日本では、相変わらず、脱原発派を追い落とすための政治闘争などが行われているようです。
現地の人々の暮らしも考えずに。。


未曾有の事態。
それでも、志賀さんは、福島を拠点にしてファッションを作りたいと考えているそうです。



この状況下で、ファッションに関する賛否両論があると思います。
でも、世界に通用するファッションが、こういう状況下で生まれてくる不思議を、私達はもっと注目して良いと思います。

ファッションとは何か?それはとても難しい質問です。
でも、ファッションには様々な答えがあります。
正解は一つではありません。

当ブログは、様々な答えがあるからこそ、様々な可能性があるからこそ、ファッションというものを土台に活動を行っています。


原発を使った便利な生活。東北を都合の良いように利用して汚いものを押し付けて、生活の利便性を追求してきた私達の暮らし。

そういったものを考え直すきっかけに、東北のブランドがなったとしたら幸いです。

志賀さんは、来月、同じ福島出身の上榁むねのり氏http://uemulomunenoli.com/と合同で展示会をやるそうなので、ファッション関係の方は是非チェックしてみてください。

よろしくお願いいたします。


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2011-10-01 17:56 | RYOTA SHIGA | Comments(0)

H artinasal hand by..カットソー

e0122680_2271945.jpg
e0122680_2265892.jpg


SOLD OUT
[PR]

by guild-01 | 2011-06-30 22:18 | H artinasal hand by. | Comments(0)