タグ:コート ( 41 ) タグの人気記事

どこまでもハイレベル tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の最新作のダッフルコートが入荷

e0122680_17334669.jpg
e0122680_17321145.jpg
e0122680_17313421.jpg
e0122680_17322530.jpg



当店でも毎度おなじみtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の最新作のダッフルコートが入荷しました。

極上のダッフルコートが欲しい方は、もちろん、今までダッフルコートに興味が無かった方も欲しくなるような、そんなハイレベルなダッフルコートです。

展示会で、思わず「カシミヤ混ですか?」と聞いたほどの肌触りのウール100%
これ、ウールなんだと、びっくりしますよ。

シルエットも縫製も細部の仕上げにいたるまで、ハイレベル。

袖に腕を通すと分かりますが、とてもとても良い服なのが分かります。

メイドインジャパンも、ここまで来ています。

この服に至るまでの道のりって、相当に深く長いということが、筆者にはよく分かります。
テーラードの研究、オートクチュールの手法、一流ブランドの仕事、自分のファッションレーベルでの仕事の経験
様々な経験を経ないと、このような服は作れないということです。

ものすごく普通に見えますが、普通ではありません。
飛び抜けていますが、全く尖っていなくて、ものすごく普遍的です。うまく言えませんが。。
エレガントなのです


tomoumi ono
100%WOOL
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 36,38
カラー ベージュ、黒
92,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-24 19:04 | tomoumi ono | Comments(0)

トップメゾンのデザイナーを歴任した日本人上榁むねのりによるuemulo munenoliのコート『EVA』が美しい!

e0122680_17185714.jpg
e0122680_17191551.jpg
e0122680_17194033.jpg
e0122680_17201389.jpg




CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人上榁むねのりによるuemulo munenoliのコートですが、非常に着やすく、体型問わず綺麗に見えることで好評です。

最新作のEVAは、肩の作りが非常に特徴的で、ふわっと丸みを帯びたフォルムになります。
腕も立体的です。

このフォルムの美しさは、着てみないと理解出来ないと思います。

様々な体型の人を許容しつつ優雅な丸みを帯びたフォルムです。

uemulo munenoliのコートは、毎年無くなるのが速いので、お早めにどうぞ!


uemulo munenoli EVA
100%WOOL (裏地100%CUPRA)
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
85,000yen+tax

カラー
紺、黒


uemulo munenoliインタビューは、こちらから


uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-10-19 17:38 | uemulo munenoli | Comments(0)

背中で語れる極上シルエットのtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のコート

e0122680_21331529.jpg
e0122680_21333784.jpg


メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』から極上のウールコートが入荷しました。

生地も素晴らしいですし、シルエットも秀逸

特に背中の丸みが素晴らしい。
背中で語ることの出来るコートです。


当店では、男女兼用アイテムとして考えております。
是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
93%WOOL 5%NYLON 2%SILK
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 38,40
94,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2017-09-30 21:41 | tomoumi ono | Comments(0)

体型が出ないのに美しい!tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』トレンチコート





e0122680_20435365.jpg
e0122680_20441814.jpg

メゾンマルタンマルジェラ出身の日本人デザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のトレンチコートです。


ビッグシルエットで、身体のラインに響かずに、美しいドレープが出来ます。
大きめの方も着れるのに、小さい人が着てもエレガント。

ふわりとした仕上がりで、背中の丸みに特徴があります。

体型問わず美しくなる優れたコートです^ ^

秋口から春先まで着れてしまう便利なコート。

コートって全身覆ってしまうので、とりあえず、格好良くなります^ ^

是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
55%COTTON 45%PE
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 38
76,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-09-26 18:06 | tomoumi ono | Comments(0)

人気のuemulo munenoliコート『PAMELA』ですが、残り1点です!

e0122680_19214835.jpg
e0122680_19220514.jpg



CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人上榁むねのりによるuemulo munenoliのコートですが、非常に着やすく、体型問わず綺麗に見えることで好評です。

このPAMELAは、前側の腕の付き方と背中側の腕の付き方が違うという非常に凝った作りで、腕は3枚のパターンで作られています。なので、非常に立体的で美しい丸さがあります。
生地は、エレガントなウール100%の生地です。
身幅はたっぷりしているのに、腕はすっきりしていますので非常にエレガントかつ美しいシルエットです。
ゆるやかに弧を描く様は、非常に美しいです。

色はグレーのみ、残り1点となっております。
コートのシーズンには、間違いなく在庫無くなってると思いますので、お早めに。
早いもの勝ちです!


uemulo munenoli PAMELA
100%WOOL (裏地100%CUPRA)
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
65,000yen+tax

カラー
グレー


uemulo munenoliインタビューは、こちらから


uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-09-26 17:47 | uemulo munenoli | Comments(0)

とにかく極上です!tomoumi onoによる『名前の無いブランド』ロングジャケット・ライトコートと共生地のパンツ

e0122680_17170978.jpg
e0122680_17173404.jpg
e0122680_17204057.jpg
e0122680_17210844.jpg


本日ご紹介するのは、通称『名前の無いブランド』tomoumi onoのロングジャケット・ライトコートと共生地のパンツです。

裏地のない『背抜き』の作り。
これからの季節でも十分着れる3シーズン用のジャケット・コートです。
同じ生地のパンツもあります^ ^
セットアップにも出来て便利です。
着ると、ものすごく綺麗です。
もちろん着心地も抜群。


tomoumi ono
100%WOOL
MADE IN JAPAN
SIZE 36,40 (38はsold out)
82,000yen+tax

共生地のパンツは35,000yen+tax
SIZE 36,38

デザイナーの小野智海氏は、文化服装学院で服作りを学び、東京芸大で美術理論と平面における服のデザインの探求とテーラードによる服作りの研究をし、サンディカ(オートクチュール組合の学校)で立体裁断を学び、ミリ単位で構築していく服作りの極意を研究した後、メゾンマルタンマルジェラで綺麗な服も面白い服も両方デザインした後帰国し、自分のブランドを始めるわけですが

ブランドを始める際に名前を付かなかった。
「ブランドというより本の著者のような立ち位置で服を作りたかった」そうです。

なんというか、名前がどうというより、着れば分かるんですけど、服のことをものすごく分かった人しか作れない服なのです。
服って、ハンガーにかかった状態で、皆良いとか悪いとか判断してますけど、ハンガーにかかった状態で見ても全く分かりません。

それは、美味しそうに見える料理みたいな話で、美味しいかどうかは、食べてみなくては分からないように、良い服は着てみないと全く分かりません。

筆者も様々な服を着てきましたが、ハンガーにかかった状態は綺麗なのだけど、着るとダメな服沢山経験しました。
写真だと綺麗なんだけど、実物見ると全然ダメな服も沢山見ました。

ファッションってイメージが先行し過ぎなんですよね。
現在は、インスタグラムなどでイメージだけがやりとりされていて、それでみなスマートフォンで右往左往操られているみたいな気もしてます。
写真は加工出来るんですよね。。

そうじゃなくて、ちゃんと服の素晴らしさを伝えたくてもがいているっていうのが、当ブログです(笑)
もちろん、写真もちゃんと撮ろうとは思っているんですけどね。

そして、着てみて最高な服を作るには、ものすごい努力が必要で、そういうのって、なかなか普通の人は理解してない気がするんですよね。

着てみた瞬間に、あ、これスゴイってなるのって、ものすごく大変なのです。

そういう服が当店には沢山あります。



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2017-06-22 20:50 | tomoumi ono | Comments(0)

風を受けて布地が様々揺れ動く秀逸なuemulo munenoli 新作ライトコートシャツ『SARA』

e0122680_18475366.jpg
e0122680_18481606.jpg

現在、最も注目すべきデザイナーの一人uemulo munenoliの新作ライトコートシャツ『SARA』です。

今期の服は、アレキサンダー・カルダーの『モビール』をモチーフにしているそうです。
アレキサンダー・カルダーの『モビール』のように、風に揺れて布が動く表情・見え方をジオメトリックに表現した今回の服。

その中でも、このライトコートシャツは、マスターピースとも言うべき作品です。
内側に仕込まれた布、前後で分量を変えた布、脇のスリット
時間差で揺れ動く布の美しさを最大限に表現しています。

ドレープの美しさを表現するために、ビスコース×シルクの柔らかい生地を使っていますので、美しいだけではなく着心地も抜群です。


uemulo munenoli
70%VISCOSE 30%SILK
MADE IN JAPAN
(sold out)

contemporary creation+

180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101

Tel/Fax:0422-20-8101

open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから

http://mayjune.jp



[PR]

by guild-01 | 2017-03-30 18:08 | uemulo munenoli | Comments(0)

uemulo munenoliによる アシメトリー(左右非対称)な色使いのコート『GAIA』




e0122680_22402945.jpg


e0122680_22405092.jpg




そろそろ年末ということで、忘年会やクリスマスパーティー、帰省など、お洒落して人と会う機会が増える季節です。

本日は、そんな時期にピッタリの服をご紹介いたします。

本日ご紹介するのは、当店でもおなじみの日本のファッション界で最も注目すべきデザイナーの一人uemulo munenoliによる
アシメトリー(左右非対称)な色使いのコート『GAIA』です。

これは、他者に差をつけられる洗練したお洒落です。

作りは、基本的なクラシックなテーラードのコートですが、素材・風合い・色使い・ディテールによって、とても印象的に仕上げています。
女性の魅力が上がるコートと言えるでしょう。


『GAIA』
WOOL TENCEL PE
MADE IN JAPAN
SIZE UNI
79,000yen+tax
明るめな色使いも、今の季節から春先にかけてピッタリです^ ^

uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから




[PR]

by guild-01 | 2016-12-15 23:00 | uemulo munenoli | Comments(0)

暖かく着心地良く美しい、tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のジップアップコート

e0122680_18540137.jpg
e0122680_18541951.jpg
なんだか、突然冬の訪れのような気温ですが、防寒かつ着心地よくシルエット美しい商品の紹介です。

メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナーtomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』のジップアップコートです。
外側はウールで、ごく少量の中綿入りです。
当店では、ダウンジャケットの代替アイテムとしてオススメしております。

気軽に着れるアイテムでありながら、優雅さも漂う秀逸なコートです。

是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
87%WOOL 8%TRIACETATE 3%PU 2%NYLON
裏地100%CUPRA
MADE IN JAPAN
SIZE 40
64,000yen+tax



【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2016-11-23 20:35 | tomoumi ono | Comments(0)

tomoumi onoによる通称『名前の無いブランド』の極上の一枚 ウールのロングコート


e0122680_17432714.jpg
e0122680_17434613.jpg


文化→東京芸大→サンディカ(オートクチュール組合の学校)→メゾンマルタンマルジェラという、ファッションデザイナーとしては、王道のような、そうでないような、非常に特殊な(良い意味で)道を歩んできた小野智海氏が、帰国後、名前の無いブランド(レーベル)をスタート。

テーラードジャケットやミリタリーものなどを分解・再構築したり、オートクチュール組合の学校に行ったりしていて、一流メゾンでデザイナーとしての経験を積んだ氏のジャケット・コートは、大変着心地がよく美しいです。

こちらは、極上のウールで仕立てた、クラシックかつエレガントな美し過ぎるレディースのロングコート。
縦長のラインは、非常に美しいシルエットになります。
着心地も抜群です。

良いコートをお探しの方は、是非お試しくださいませ。

tomoumi ono
100%WOOL
MADE IN JAPAN
SIZE 36
92,000yen+tax

【インタビュー】デザイナー小野智海はなぜブランドに名前を付けなかったのか?
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-11-22 17:47 | tomoumi ono | Comments(0)