お洒落になるために、何が一番大事か?


お洒落になる方法


お洒落になるために、何が一番大事か?


服を着るということであれば、筆者は、『バランス』と『素材合わせ』と『色合わせ』が重要だと思っています。


服を着ること以外では、『立ち方』と『歩き方』が一番重要だと思います。


服を買う前に必要なのは、『全身が写る鏡』です。


鏡を見てチェックする。これがお洒落になるために、最も重要なポイントです。








[PR]

by guild-01 | 2017-05-10 18:57 | FASHIONの本質 | Comments(0)

春は何を着る??&春のお買い得

e0122680_20355905.jpg
e0122680_20362337.jpg


e0122680_20370129.jpg

上から、リネン、コットン、カシミヤのストール各種

様々な素材と色があります。




そろそろ春ですね。


3月は、あれこれ忙しく、あっという間に3月も後半ということで、桜の花なんかもちらほらと咲き出しました。

本格的に春の訪れと言いたいところですが、三寒四温ということわざがあるように、この時期は寒暖の差が激しく、何を着ていくか迷いますよね。


本日は、展示会行くのに、あまりにも寒かったので、冬物コートでがちがちに防寒して行きました。

本当は、もっと軽めの格好をする予定でしたが、冷たい雨は降ってるし、これは無理だなと判断しまして、冬物の展示会だから良いかなと。。



そんな日もありますが、こんな季節、とりあえず、一番簡単な方法は、冬の格好のまま、ストール(マフラー)を春色にするという手法。


ストールを春色にするだけで、春っぽくなります^ ^



人間は、環境の色に合わせると落ち着くので、景色が春色になったら、春色を取り入れるのが、やはり落ち着きますね。


この時期は、まだまだ芽吹きが浅いので、全身春色にならずとも、部分的春色使いで、気分が軽やかになる気がします。



アイテム的に筆者がこの時期多用しているのは、薄手のニットと、スウェット(パーカ)、それからジャケット、少し軽めのコートです。



寒暖の差が激しいので、薄手ニットで丁度良い時間が過ぎると、ジャケットかスウェットなどが必要になり、さらには、大判のストールか、軽めコートが必要になるという感じですね。



花見なんかも、夜になると極端に冷えることが多いので、防寒対策は万全に。



コーディネートセット割引もありますので、複数買いがお得です。

現金だと、もっとお得です。


この時期に活躍する商品を多数取り揃えて、お待ちしております。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-03-24 20:50 | FASHIONの本質 | Comments(0)

服の悩みを解決!ファッションカウンセリング始めます

e0122680_18011885.jpg
もうすぐ春ですね。

卒入学シーズン、新しい生活を始める方も多いと思いますし、そろそろ春になりたい人も多いでしょう。


というわけで、ファッションカウンセリング始めます。



人間が生きていく上において最も大事な衣食住。

服=自分ですが、様々な悩みを持つ方は多いと思います。


そんな皆様の様々な衣の悩みの解決を提案いたします。



似合う服が無い。

コンプレックスがある。

お洒落と言われたい。

そもそも何を着ていいのか分からない。

大事な用事がある時の服を選びたい。

もっとセンス良くなりたい。

お洒落上級を目指している。

プロのデザイナーだけど、もっと上を目指したい。


などなど


皆様のお話を聞いた上でアドバイス出来ればと思います。



今まで、数万人に服を着せてきたからこそ分かる解決方法

数万着の服を着てきたからこそ分かる解決方法。

様々なデザイナーと共に仕事をしてきたからこそ分かる解決方法があります。


人それぞれの悩みに応じて、様々な解決方法を提案いたします。



30分2000円(お茶お菓子付き)


時間、営業前の10:00から12:30の間の30分間

(コレクションウィーク・展示会ウィークは、土日のみ。通常は、月+金を除く営業日の午前中)

予約制ですので、お尋ねください。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-03-09 18:07 | FASHIONの本質 | Comments(0)

お洒落の悩みを克服!!基本やバランスを学ぶ『超初心者向けお洒落ワークショップ』

e0122680_1821623.jpg

e0122680_18213886.jpg


お洒落の悩みを克服!!基本やバランスを学ぶ『超初心者向けお洒落ワークショップ』

そろそろ年末ということで、あれこれ人前に立たなくちゃならないとか、パーティーや謝恩会に出席しなくちゃならないという機会が増えますよね。


そんな時に、何着たら良いのかよく分からないとか、もうちょっと自分に自信を持ちたいとか思っている方多いのではないかと思います。


全ての人は、モデルのような容姿になれるわけではありませんが、自分なりの魅力を表現出来るようになることは十分可能だと思います。
その方が人生楽しくないですか??



というわけで、当ブログでは、もっと広く一般の方に、お洒落の面白さ、奥深さ、効能を知ってもらいたいと思っております。



お客さまのお話をいろいろ聞いていると、お洒落するのが怖いというか、どうして良いか分からないという声を多く耳にします。


あれこれチャレンジしたいけれど自信が無いという方が多いようです。


でも、お洒落って、本当にちょっとしたことで見違えるように良く見えるようになったりするものです。


もちろん、モデル体型では無い人が、モデルのようになれるわけではありませんが、今より全然良くする(魅力的に見えるようにする)ことは可能です。


筆者は、筆者でも、「正直、この人に似合う服あるのかな??難しいかな」と思えた人でも、見違えるように綺麗になり、服をスタイリングしているこっちが腰を抜かすほどびっくりしたことが何度もありました。

筆者も、お客様の「他の人から沢山褒められました」という声が、一番嬉しいですね。



お洒落の効能の最大の一つは、自分に自信が持てるようになる。生活するのが楽しくなるということだと思います。

その、ちょっとしたきっかけをアドバイス出来ればと思います。



というわけで、当店営業時間前の10時から12時半の間の60分間(10時スタートか11時スタートをお選びください)、一人3000円で、超初心者向けお洒落ワークショップを開催いたします。
(事前予約制・店内貸し切り)


実際に服を着てもらって、どうしたらお洒落に見えるバランスを取ることが出来るのか、体感出来るワークショップです。
(お茶やお菓子なども出ますので、お気軽にご参加ください)


今回の企画は、服を買わない方でもご参加いただけるように、60分会費制=3000円でやります。(ただし、当店の服を買っていただければ、アドバイス料は減額いたします。お買い上げ1万円以上で無料。5000円以上で1000円引き)



たとえば、手持ちのどう着て良いのか?分からない服をご持参いただき、どうすればお洒落に着れるのか?アドバイスすることも可能です。

今着ている服をスマートに着こなす方法もアドバイス出来ると思います。


ともかく、全身、変わりたいという方。

具体的にどのような場所へ行く時に、私に似合う服はどういう服なのか?というアドバイスも、大歓迎です。



ご希望の方は、電話か店頭で直接ご連絡ください。
又は、このブログのコメント欄にご連絡先のメールアドレスをご記載の上、お洒落についてどういう悩みがあるのか?お書きいただき応募していただいても結構です。

こちらの企画は、事前予約制とさせていただきます。

通常営業時間外の店内貸し切りで、事前予約制となります。

展示会などの特定日を除く 10:00〜 11:00〜 

よろしくお願いします。



なお、営業時間内は、通常通り営業いたしております。


text by


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2015-11-28 20:36 | FASHIONの本質 | Comments(0)

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??

e0122680_20255141.jpg


写真は、uemulo munenoliのアウターブラウス・ミニワンピース『Medusa』
写真はモデルが着てますが、モデルじゃなくても大丈夫!!
体型に自信が無い人を劇的にお洒落に変身させる魔法の服です。


これに、ピッタリなレギンスを合わせれば、メチャメチャお洒落です。




『体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??』



体型に自信が無い人は、自信が無い部分を隠そうとする人が多いです。


ですが、全部隠そうとすると、野暮ったくなり、かえって悪循環になりがち。


体型に自信が無い人は、体型に自信が無い部分を全部隠そうとせず、半分隠すようにしてみてください。


たとえば、膝に自信が無い人は膝丈を着るのです。
ちらちら見えるか見えない程度にする。


もっと自信がなければ、レギンスの上に膝丈をもってくる。

これで、スッキリ見えますよ。




二の腕に自信が無い人は、二の腕を半分隠すのです。

ノースリーブやフレンチスリーブの上に、ニットやカーディガンを巻くというテクニックがありますが、これなんかは、まさにそれ。


半分隠せば、細くすっきりとして見えるのです。

透ける素材で隠すのも、すっきり見えますよ。

透ける部分と透けない部分の陰影というのも、体型を良く見せるポイントです。




写真のブラウスは、そういう意味で、体型に自信が無い人に対して、体型を良く見せる全ての要素が詰まった優れた服と言えます。

筆者も、着せてみてビックリしたことが何度もあります。



もうひとつ、二の腕で言えば、腕が細めのジャケットを着る方法があります。

ジャケットの場合、多少腕がパツパツになっても大丈夫なのです。

すっきり綺麗に見えるのです。


TAKIZAWA NARUMIのジャケットやコートなんて、まさにそれ。

e0122680_20464010.jpg


写真は、袖は細いけど、見頃はあるので、体型カバー
一見すると、細い人しか着れそうもないですが、そうでも無いのです。

特に、肩や背中のシルエットは、特筆ものですよ。TAKIZAWA NARUMIのロングジャケット


ニットやカットソーは、あまりパツパツだと厳しいですが。。

ジャケットなら大丈夫です。
どんどん着ましょう。
明らかに格好良くなりますよ。



ドレープや落ち感というのも重要です。


落ちるところは落とし、カッチリさせるところは、カッチリさせる。
メリハリも大事。


他にもいろいろありますので、お尋ねください。


お問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション・デザイン関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp


コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-09-10 20:54 | FASHIONの本質 | Comments(0)

背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス



背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス


お洒落で一番大切なのは、バランスです。


背が低めの女性の方は、以下の


上がタイトで下もタイト

上ボリューム(ミニ丈や膝上丈など)で、下タイト

上タイトで、下ボリューム


の3つのバランスが合わせやすいです。


止めた方が良い合わせ方は、上下とも大きいサイズです。

これだと、服に着られてしまう感じになりがちです。
中には、これで着こなせる方も居ますが、普通はNGです。


以上、参考にしてください。


http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-09-03 16:47 | FASHIONの本質 | Comments(0)

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは

e0122680_19203150.jpg



お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは



カラーコーディネイトの極意


よく色の合わせ方が分からないと言われます。


一番簡単な色の合わせ方。


それは、自然を模倣することです。


私たちが、ある色彩を『美しい』、『美しく調和している』と感じているのは、私たちの身の回りにある自然の色を日々体験しているからです。


たとえば、黄色を春と秋に使うとしたら、春の黄色は、春に咲く花の色、周囲の草むらの色、森の色、土の色、空の色、背景の岩やコンクリートの色に合わせてみるのです。

秋は、黄葉の色に合わせてみる。
黄葉の森の色に合わせてみる。黄葉の並木道の色に合わせてみる


そんなイメージを膨らませてみてください。


春らしいピンクなんかのイメージも同様です。


e0122680_19324552.jpg



オフィスや都会の衣装は、町並みのコンクリートやアスファルトが基本になります。


これは、言い換えると、高い山の上の岩場の素材感に近いわけです。

ちょっと嬉しい色使いをしたかったら、高山の岩に咲く可憐な高山植物をイメージしたり、風雪に耐えるハイマツの緑を

美しく広がる雲海や青い空、そして幻想的なモルゲンロート(朝焼け)や、圧倒的な夕陽。


そして、満点の星空をイメージしてみましょう。

きっと素晴らしい色彩のコーディネイトが思い浮かぶでしょう。


e0122680_19315713.jpg


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)





ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-03-01 19:22 | FASHIONの本質 | Comments(0)

体型別 お洒落の基本と応用 小柄な男性のお洒落の仕方

e0122680_17595855.jpg


写真はGARE 55,650yen(53,000)




体型別 お洒落の基本 小柄な男性のお洒落の仕方


よく、「身体のサイズにぴったりあった洋服を着たい」と言われます。

小柄な男性の方は特に、ぴったりあったサイズが無いことが多いようです。



小柄な男性の場合は、ヨーロッパブランドや欧州ブランドに近いサイズ感の日本のレディースの服を着るのも、一つの選択肢です。

かくいう筆者も、身長は170センチで日本人としては標準的ですが、昔は体重が48キロしかなかったので、合うサイズがありませんでした。



そこで、ある時、着てみたのが、CoSTUME NATIONALのレディースコートでした。
死ぬほど格好良くて、衝撃を受けました。

洋服のラインの美しさとは何なのか?考えるようになったのは、それがきっかけです。


欧州の女性は、骨格のある人も多いので、日本の華奢な男性が着ると、丁度良い場合も多いのです。
特にマニッシュな服を作るメーカーのものだと、大変格好良いです。

そして、バリエーションも多いので、是非一度トライしていただきたいです。
そういう服は、バランスも優れているので、ただ着ただけでも十分格好良くなる場合もあります。
もちろん、コーディネートは大事ですが。。



ジャストサイズだけが全てでは無い。


小柄な方が、ジャストサイズのものを着ただけだと、どうしても、こじんまりまとまって無難な感じになりがちです。


そこで、一つ方法があります。


それは、サイズ48くらいの大きさ(Lくらい)を着てみることです。


そうすると、バランスが崩れます。

その崩れたバランスを補うために、長さや着丈、袖丈などを調整していくのです。


そうすると、今まで見れなかったバランスで服を着ることが出来ます。



そしてそれは、ジャストサイズではないのだけれども、なぜか凄くお洒落な感じに仕上がっている場合が多いものです。


実は、ヨウジヤマモトがやってるのは、まさにそれなのです。


そして、変化のあるボトムスやワイドパンツ、ちょっと短い丈なども使って積極的にお洒落してみてください。


小柄な方は、かなりお洒落しても、嫌みな感じになり辛いです。

そして、実は、かなりいろいろ着ることが出来て、お洒落を楽しめるのです。

無難から一歩抜け出して、お洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか??


小柄な方のスタイリングも提案いたします。


コーディネート割引などもありますので、是非お気軽にお尋ねください。




関連

体型別 お洒落の基本 二の腕が気になる女性へのアドバイス
http://guild3.exblog.jp/20581762/

体型別 お洒落の基本 お腹が出てしまった男性のお洒落の仕方とは?
http://guild3.exblog.jp/20577471/






text by

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)





ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-11-24 22:37 | FASHIONの本質 | Comments(0)

第二回contemporary creation+スタイリング プログラム

e0122680_18102517.jpg


第二回contemporary creation+スタイリング プログラム




これから、忘年会、謝恩会、クリスマスパーティーなど目白押しの季節です。


そこで、特別企画 『contemporary creation+スタイリング プログラム 』実施します。



現在、TPPが山場ですが、TPPの目指すものが、地球のコンビニエンスストア化だとすれば、当ブログ管理人が目指しているのは、『個人商店』です。

いろいろな人が居て、それぞれの人が、それぞれの楽しいと思うことをしていた方が楽しい。
当たり前のことなのですが、世界中がコンビニになってしまったら、世の中空虚です。



コンビニが、パートタイム労働を前提としたコンピューターと流通システムによる画一的な商品販売システムだとすれば、当ブログ管理人がやっているのは、世界中をその目で見て、歩いて、服を見て、選んで着てみて、買って、売って、人が着て使うのを見てきた十数年にわたる経験から導きだされたものです。


服は、着てみて使ってみないと、全く分かりません。

とはいえ、一般の方は、何をどう選んだら良いのか?も、よく分からないかもしれません。


そこで、contemporary creation+スタイリング プログラムを行います。


ズバリ、あなたをお洒落にします!

で、お洒落にするといっても、アパレルのプロの世界でも通用するようなお洒落とか、もうちょっと普通のお洒落とか、さりげないお洒落とか、芸術的なお洒落とか、いろいろあるわけです。


そのような要望にお答えして、予算内におけるベストなお買い物が出来るお手伝いをします。



基本、当店は、良質なものしか扱わない(ただし、変なものはある 笑)ので、ある程度お値段かかりますが、それだけの価値は十分あると思います。


ただし、あくまで、当ブログ管理人の目線ですので、当ブログのテイストがだめな人には向きませんので、念のため。当店のテイストに合わないものは買えませんし。


大体、一回、こちらが提示するものを一通り着ていただければ、似合うサイズ感などが分かってきます。


当店にある商品で、コーディネート出来れば、そのままお渡し出来ますし、無い場合は、探します。



卒・入園式やライブ・コンサート、パーティー用などの対応もいたします。

お時間いただければ、当店のリメイクによる作品提供なども可能です^ ^


もちろん、普段着でも全くかまいません。
上質な、がんばりすぎないお洒落というのも、当店の得意とするところです。



一応、ミニマム3万円〜(例 ニットとパンツなど)から対応いたします。

管理人にスタイリングして欲しい方は、是非この機会をご利用ください。


予算と欲しいもの、どういうシチュエーションで使うのか?など、お聞きしまして、取り組みたいと思います。

この機会に当店の実力を是非知っていただけたらと思います。


特殊なサイズの方も相談にのります。

インポートだとXXXLくらいまで対応可能なので


詳しくは、管理人に直接おたずねください。


もちろん、自分の審美眼に自信があって、自由に買い物したい人に関しては、当店は基本的に放っておきますので、好きに買い物してくださいね。

聞かれた場合は、ちゃんとお答えいたしますが。



というわけで、よろしくお願いいたします。



こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-11-17 18:02 | FASHIONの本質 | Comments(0)

ファッションの本質を探るワークショップ その4 自分の中の何かが変化するような服

写真は、ANGELO FIGUSのドレス
希少品 

e0122680_14105852.jpg




『ファッションの本質を探るワークショップ その4 自分の中の何かが変化するような服』



ファッションの本質を探るワークショップ その3 土地が産み出すファッション 『衣服の生と死』
http://guild3.exblog.jp/21018811/

のつづきです。


竹田
「そうですね、じゃあ東京はファッションが楽しめる土地なんですね。でも私、全然ファッションを楽しんでないです。」



ccplus
「じゃあ楽しんでみますか?試しにこのBALENCIAGAのジャケットの腕に手を入れてみて下さい。」

注 BALENCIAGA(バレンシアガ)
フランスの老舗ブランドで、現在世界で最も注目を集めているデザイナーの一人、ニコラゲスキエールがデザインを手掛けていた。(当時)2006年にはパリ装飾博物館で大規模な回顧展が行われた。洋服業界の誰もが憧れる、パリコレのトップブランド。

(竹田ジャケットの袖に腕を通す)



竹田
「え、なんですか、これ?ものすごく気持ちいいです!」


ccplus
「これがパリの老舗メゾンの本当のスゴさなんですよ。着心地がわけわからなくスゴいんです。気持ちいいというより官能的でしょ。」



竹田
「ほんとです、これは快楽ですよ。麻薬みたいに抜けられなくなりそう。なんか知ってはいけない世界のような気がします。」


ccplus
「ま、おいそれとは買える金額ではないから、大丈夫といえば大丈夫のですけどね 笑」


竹田
「ちなみに、この辺のジャケットはいくらくらいするんですか?」


ccplus
「普通はジャケットで15万から20万くらいかな。もっともそれは半額で売ってますけどね。」


竹田
「...全然知らない世界があるのですね。」


ccplus
「そうですね、ふつうの人はこんな服着てみる機会がないから分らないと思うんですが(笑)こういう服を着ると、自分の中の何かが立ち現れてくるような気がします。なにかが目覚める服みたいな(笑)
じゃあ今度はAnnemie Verbekeのニットを着てみますか?」


注 Annemie Verbeke(アネミーベルベッカ)
ベルギーのブリュッセル派を代表するデザイナーで、特にニットのコレクションが素晴らしい。2006年ベルギーはブリュッセルモードがイヤーテーマで、ブリュッセルのカンブル校の先生である彼女がスポットライトを浴びた。


竹田
「ニットは大好きです。でも、いつも全然似合わないんですよ。店員さんていつも”お似合いですよ”とかしか言わないじゃないですか?
で、似合ってるんじゃないかと思って買って、あとで写真見たりすると全然似合ってないじゃないかと思ったり..」


ccplus
「僕は、本当に似合わない時は、あまり似合わないから、他のにした方が良いってお客さんにわりとハッキリ言いますけどね。変わった服屋なので」
、僕が売る前に言った方が、買ってから周りに非難されるより全然いいと思うのですが。。
洋服は、自己満足が大事ですけど、客観的にバランスが良いとか悪いとかは、確実にありますから。


(竹田ニットを着る)


ccplus
「着ると全然違うでしょ?どうですか??」


竹田
「えー、こんな風になっているんですね。見ただけだと本当に全然分りませんね。でも、なんか似合わない気がする。」


ccplus
「そうですね、じゃ、こっちの方はどうですか??」


竹田
「では着てみます。」


(竹田ニットを着て出てくる)


ccplus
「あー、こっちの方が似合いますね。ほらフロントがクシャクシャっとしていたり、ここがふくらんでいたり、絞れていたりするでしょ。」


竹田
「ほんと、服って立体なんですね。着ないと全然分らない。私、今まで全然試着しないで買ってたりしたんですよ。」


ccplus
「それは駄目でしょ。基本的に試着させてくれない服屋は問題外だと思いますよ。服は着てみないと絶対分らないですから。
バイヤーの僕でも、見ただけではよく分らないものがいっぱいあるくらいだから、まして一般の人が分るわけないですよ。」



e0122680_14154110.jpg


写真はTAKIZAWA NARUMIのライダースモチーフブルゾン 71,400yen
究極のアール構造が面白過ぎかつ美しいです。



竹田
「でも、試着させてくれない店いっぱいありますよ。」


ccplus
「白い服とかシルクとかオーガンジーとかを興味本位で試着されると困るけど、他は全然問題ないはずですよ。
服は立体だからこそスゴいし、面白いんですよ。
僕も服というものを真剣に考えなかったら、立体というものがうまく理解出来なかったかもしれないと思う。
元々絵が好きだったし、二次元系なんですよ。」



竹田
「二次元と言ってもアニメ好きの二次元とは違う二次元ですよね?笑」


ccplus
「もちろん、アニメも好きなことは好きだけど、それとは違う二次元です。笑
ふつう、絵とかって平面的に捉えるじゃないですか、視覚的に。。遠近法みたいなのはあるにしても、ということですが。でも、服っていうのは、それだけじゃなくって、三次元なんですね、立体なのです。そして、着心地とか動きとか、他にも様々な要素を併せ持った一つの『宇宙』みたいなものなんだと思うんです。」

竹田
「そういえば、このニットも、スゴく着心地が良いです。」


ccplus
次のニットもイタリアのエキストラファインの柔らかいニットです。これはカタチが面白いんです。」


(竹田ニットを着る)



竹田
「えー、何だろう。これはさっきのと全然違いますね。こういうデザインって見た時は絶対に似合わないと思ったけれど、着てみるとなんだか嬉しくなります。
動きたくなりますね。」



ccplus
「これはスゴく似合ってますね。さっきのと全然違うでしょ。これはわざと余分な部分を作っているんですね。動きによって布が動くんです。だから動くのが楽しい。」
せっかくだから、下もA.F.VANDEVORSTのスカートを履いてみてください。」

注 A.F.VANDEVORST(エーエフヴァンデヴォスト)
パリコレに旋風を巻き起こしたベルギーアントワープの第二世代を代表するデザイナー。ヨーゼフボイスに影響を受けたインスタレーションで衝撃的なデビューを飾った。2005年にはアントワープモード美術館で大規模な回顧展を行った。

(竹田スカートを履く)



竹田
「これも、とても面白いですね。」



ccplus
「このスカートは、後ろの部分に布が沢山畳まれて付いているんですね。だから後ろに重みがあるんです。着た感じがなんか違うでしょ!?」



竹田
「はい、なんか違和感があります。」


ccplus
「これは、わざと何かを付け加えることによって、何かを感じることが出来るようにデザインされているんですよ。」



竹田
「服を着ることで、自分の中の何かが変化するような気がします。
そんなこと今まで全然考えたこと無かったです。
私、コスプレとかは好きじゃないんですよ。でも、これはコスプレとは違って、別のものに変身するというよりも、何か自分の中の未知なる部分が出てくるような気がします。私、冒険とかにすごく惹かれるので、そういう感じに近いのかな?
えー、ほんとに洋服着るのって楽しいですね!」


写真はマルタンマルジェラのドレス (本文中のニットではありません)
e0122680_14123548.jpg




ccplus
「そう言っていただけると嬉しいです。じゃ、こんなのはどうですか?MARTIN MARGIELAのビッグシルエットのニットです。」

注 MARTIN MARGIELA(マルタンマルジェラ)
ベルギー、アントワープを代表するスターデザイナー。20世紀後半において最も重要なデザイナーと考えられることが多い。エルメスのチーフデザイナーとしても活躍していた。
現在は、マルタンマルジェラブランドのデザインは行っていない。

(竹田ニットを着る)



竹田
「これは素材は何ですか?」


ccplus
「コットンですね。」



竹田
「気持ちいいですね。でも、これは楽過ぎて、動きたくなくなってしまいます。外に出たくない感じです。


ccplus
「服の素材やカタチによって、人間はアクティブになったり、リラックスしたり、様々なんですよ。」



竹田
「ほんとですね、服によってこんなに違うとは思わなかった。」



続きます
[PR]

by guild-01 | 2013-10-20 14:25 | FASHIONの本質 | Comments(0)