暑さ対策・日よけ、それから冷房対策として便利なイタリア製の麻のストール

e0122680_15595974.jpg
e0122680_15594859.jpg
e0122680_16003926.jpg
台風明けで暑いですが、いかがお過ごしでしょうか?
本日ご紹介するのは、暑さ対策・日よけ、それから冷房対策として便利なイタリア製の麻のストールです。

絶妙な色出しと風合い、それから付け心地です。
よく見ると分かるのですが、微妙に太さの違う糸を編み込んであったり、グラデーションになっていたり、芸が細かいです。
光が反射すると綺麗に見えるようになっています。

他にも様々な種類があります。
ただいまセール価格でご案内しております。


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp


デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2017-07-05 18:01 | 小物・ストール | Comments(0)

極上のウールを使った2重構造になっていて、ふわっとした仕上がりのストール

e0122680_22403080.jpg
e0122680_22404319.jpg

筆者が製作しているストールの新作です。
男でも女でも、スーツでもカジュアルでも、様々な場面で使えるストールです。

極上のウールを使った2重構造になっていて、ふわっとした仕上がりにしています。
これ一枚で、暖かいだけでなく洗練されたお洒落が楽しめます。

首に巻くと、かなり立体的になるところもポイント。
様々な表情が楽しめるストールです。

グレーのバージョンよりも、こちらの方が大きめサイズです。

98%WOOL 2%PU
HAND MADE IN JAPAN
9,450yen + TAX


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-12-23 22:44 | 小物・ストール | Comments(0)

極上のウールを使用したエレガントな2重構造のストール

e0122680_16160217.jpg


筆者が製作しているストールの新作です。
男でも女でも、スーツでもカジュアルでも、様々な場面で使えるストールです。

極上のウールを使った2重構造になっていて、ふわっとした仕上がりにしています。
これ一枚で、暖かいだけでなく洗練されたお洒落が楽しめます。

首に巻くと、かなり立体的になるところもポイント。
様々な表情が楽しめるストールです。


98%WOOL 2%PU
HAND MADE IN JAPAN
8,000yen + TAX


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2016-12-22 16:26 | 小物・ストール | Comments(0)

今年も、筆者が製作しているオリジナルストールの予約を受付ます

e0122680_1765953.jpg
e0122680_1763647.jpg


写真は、アルパカ×ウール、アルパカ×カシミヤの生地


今年も、筆者が製作しているオリジナルストールの予約を受付ます。

アルパカ、カシミヤなど素晴らしい素材で作ったストールです。

ご注文いただいてから2週間ほどで仕上がります。


大きさ、素材によって値段が異なります。
8,000yen〜15,000yen

15,000yenは、超極上の生地を使用したもの

12,000yenで、アルパカや、アルパカ×カシミヤ レベルです。

詳しくは、お尋ねください。


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

by guild-01 | 2015-12-03 17:19 | Comments(0)

筆者の寒さ対策あれこれ


さて、明日1月20日は、暦の上では『大寒』すなわち、一年で一番寒い日を迎えます。
ということで、毎日とても冷えますよね。。

寒さ対策、皆様はどのようにしていますか??


筆者は、厚手のウールカーディガンを着ています。
これ、一度着ると、手放せなくなる良品です。
出来れば毎日着たいところですが、ウール製品は毎日着ると痛みが早くなるので、2日に一度とか3日に一度のローテーションにしています。



もうひとつ出番を迎えているのが、厚手ウールの大判のストール

筆者が愛用しているものは、かれこれ20年以上前に買ったもの。

たしか当時定価が3万円くらいで、セールで半額で買ったような記憶があります。


当時、とても高い買い物だと思いましたが、20年以上愛用しているにつけ、非常に安い買い物だったと思っております。
ごくたまに毛玉をはさみで切る以外は、ほとんど変化無いんじゃないかなあ、これ。

消費材というより『財産』に近いです。


ひざかけにしたり、ニットの上から羽織ったり、外に出る際に寒い場合は、コートの上から羽織っちゃう。

そして、ちょっとだけ外に出たい時は、ニットの上にぐるぐる巻いて外に出るとか、とにかく使い勝手が良いです。

どれだけお世話になったことか分かりませんね。

20年以上経つと、もう自分の一部というか、なんというか、そんな感じです。

ウールは、財産に近いんですよ、やはり。




当店では、厚手ウールの大判ストールも販売中です(筆者が持っているものとは違いますが)

これらも、かなり財産に近い感じがします。

ハンドフレームのイギリス製ウール大判ストール 12,000yen +tax

日本の老舗カシミヤファクトリーによる100%カシミヤ大判ストール48,000yenの品を、やや傷ものなため、破格の15,000yen+tax
など


そして、もう一つは、パンツの下にウールのレギンスを履くことです。
元々登山や釣りに使ってたものですが、欧州に買い付けに行く時に、あまりに足下が寒いので街着の下に履いてみたところ、これが一度履くともう後戻り出来ないほど暖かいです。

筆者は、ウールのレギンスを2着持っていて、ローテーションしながら、かれこれ3年か4年使用しています。

当店では、現在のところレディースしか無いですが、MILFOILのウールレギンスと、ダブルコットンのレギンスを販売しています。
オススメです。

MILFOIL ウールレギンス 9,000yen+tax
MILFOIL ダブルコットンレギンス 7,000yen+tax


あとは、やはり帽子と手袋が重要です。

筆者は毎日自転車乗って通勤してますので、ニットの帽子を2着ローテーションしながらかぶっています。

帽子無しの生活は考えられません。

ハンドフレームのイギリス製ニット帽 4,000yen +tax
ドイツのファクトリーのカシミヤ混 ニット帽 6,000yen +tax
イタリアのファクトリーのメリノウールニット帽 8,000yen +tax
など

自転車乗らないなら、フェルトのハットもオススメです。

5000円より各種あります。(ものすごく良いやつで20,000円くらい)



レザー手袋も2着ローテーションしながら使ってます。

自転車乗るなら、レザーの方が圧倒的に長持ちしますのでお得ですよ。


ちなみに、洗濯ですが、筆者はレザー手袋の洗濯に関しては、家で水洗いしちゃいます。

ぬるま湯にシャンプーとリンスを溶かしまして、そこにレザー手袋を入れます

軽く押し洗いして、すすぎます。(かならず色落ちしますので、色落ちを防ぐためにも短時間で済ませましょう。)

すすいだら、タオルで水気を拭き取ります。


その状態で、ワセリン(ハンドクリーム)をつけます。

均一になるようにこすります。


乾いてくると、固くなってくるので、またワセリンをつけます。

この繰り返しを何度かやります。


完全に乾いたら、もう一度ワセリンを付けて、なじませて、出来上がり。

この方法だと、段々ビンテージぽい仕上がりになっていきます。

要は、レザーって皮膚なので、人間の手と同じ扱いしましょうねということで考えついてオリジナルな方法です。


筆者は、雨の日にもレザー手袋はめて自転車乗ってますよ。
乾く前にワセリンです。


もちろん、超繊細な色のレザー手袋とかは、雨に当てない方が良いですし、プロにまかせた方が良いと思いますが。


手袋専業のファクトリーの極上レザー手袋 10,000yen+tax
など


さまざまあります。


以上、筆者の寒さ対策でした。


contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101  
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)



コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2015-01-19 21:01 | FASHIONの本質 | Comments(0)

イタリアのカシミヤメーカーの100%カシミヤニットです。

e0122680_20334990.jpg


イタリアのカシミヤメーカーの100%カシミヤニットです。

もう、触っただけで幸せな品質。
素晴らしい!!


320euroで販売していますが、普通、この値段では買えませんので念のため。


ただいま、クリスマススペシャルプライス期間なので、更に割引ます。

メンズのカシミヤニットもあります。


カシミヤやシルクのニットを作ってる工場でコットンのニット作ると、これまた素晴らしいコットンのニットが出来たりします。


ちなみに、MILFOILの生地作ってくださっている工場もシルクの生産している工場だそうです。
シルクも織れる低速の織り機を使っているから、あれだけ優しい風合いになるのですね。



カシミヤも、ストールなら、7000円くらいから各種販売していますので、身近に使っていただけると思います^ ^


ちなみに、当店で70euroで販売しているシルクx カシミヤのストールですが、管理人が7年身につけていたものを、お見せしますよ。


7年間、あれだけ酷使して、この状態ですからね。

相当安いです。



こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-12-14 20:51 | KNIT | Comments(0)

『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』

e0122680_22245495.jpg



『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』


寒い冬に活躍するものといえば、巻物
通常、ストールとかマフラーとかスカーフとか呼んでいる。

日本でこの言葉を区別するなら、ストールは大判で、マフラーは細長く、スカーフは四角い感じに使い分けているようだが、これが正式であるかどうかは良く分らない。


イタリアでは、ストール/スカーフを女性へのプレゼントにする事が多いのだそうだ。

これは、イタリアにおいて、肌に触れる心地よさ、美しさ、セクシーさを、人生における最も重要な事の一つとして捉えているからなんだそうだ。



冬にコート着ている場合、外見上見えるのは、ほとんどコートと巻物と靴だけである。あと帽子か。

つまり、冬の服装というのは、巻物というものが非常に重要なアクターになってくるわけです。

巻物一つで、服が全然違って見えてくる。


ちなみに、フランス人は、巻物だけにお金をかける人が多い。
服に関しては、いつの時代?という服を着ている人がかなり多いが。。


まあ、巻物だけ良いっていうのもどうかとは思うのだが、一つの方法論ではある。

(とはいえ、当ブログは、衣服の造形や着心地や動きみたいなものを追求しているので、それを奨めているわけではないですが)


でも、究極に言えば、服のコーディネイトっていうのは、音楽のアンサンブルみたいなもので、どの波長にどの波長を乗っけていくか?という事なので、素材とか色とか糸の細さを上手く合わせることが、良いコーディネイトを作る秘訣になってくるわけです。


その為には、巻物は、種類を多く持っていた方が良いと思います。

お洒落したいのなら5本は持っていたいところですね。
種類が多ければ多いほど楽しい。
もっとも100本持っていたところで、使いこなせるわけないので、使いこなせる範囲を研究して、序所に増やしていきたいですね。

巻物を持っているっていう事は、コーディネイトのかけ算が出来るっていう事なんです。


たとえば、3枚のカットソーを単体で着ると3通りのコーディネイトしか出来ないわけですが、そこに5枚のストールを合わせることが出来れば、3x5=15通りのコーディネイトが可能になるわけです。

そうです。全然組み合わせが増えるのです。

ですから、これからお洒落してみたい、変身してみたいという方は、是非ストールを集めてみてください。

きっと、もっと合わせることが楽しくなります。






というわけで、当店には様々な巻物がある。

コットン、カシミヤ、アルパカ、ウール、シルク
それぞれの混紡のもの



ウールと一言で言うけれども、羊の種類は様々であるし、羊の毛をどのように加工するか?で、印象が全く変わってしまう。
糸にした段階で、既に千差万別だ。

そして、どのような細さで、どれくらい緻密に織るのか甘く織るのか?で表情は全く変わってしまう。

縦糸と横糸を何色にするのか?
縦糸と横糸を素材違いにしたり太さ違いにしたり。。

一つ一つ表情(波長)が全然違ってきます。


その波長をコートやジャケットの波長に合わせていく。
これは、チェロにヴァイオリンの音色を重ねていく作業によく似ています。

上手く出来ると素晴らしい音色になります。

ニットを合わせるのは、ヴィオラでしょうか。

そしてパンツやスカート、靴を合わせるのは、ピアノでしょうか。

上手く出来れば、素晴らしいカルテットになる事でしょう。





contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-11-21 22:34 | FASHIONの本質 | Comments(0)

Miho Tanaka カシミヤストール bonne nuit

e0122680_19574353.jpg


MIHO TANAKAのカシミヤストール。
bonne nuit=おやすみなさい


思わず寝ちゃいそうな、最上の触り心地、ふんわりとした暖かさ。
羊を数えるまでもなく寝ちゃいそうな心地よさということで、足が可動式の羊を付けてみました。笑

持っているだけで幸せです。

カシミヤさんありがとう!
クリスマスプレゼントにも是非!!



Miho Tanaka / JAPAN
ARTINASAL HAND MADE IN JAPAN
100%CASHEMER (刺繍部分は除く)
13,650yen(13,000)



こちらの商品に対するお問い合わせ

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)



http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2013-11-11 19:26 | Miho Tanaka | Comments(0)

Miho Tanaka merci カシミヤストール

e0126063_20502383.jpg
e0126063_20495090.jpg



MIHO TANAKAのmerciカシミヤストールです。
最上の触り心地、ふんわりとした暖かさ。
持っているだけで幸せです。

カシミヤさんありがとう!



Miho Tanaka / JAPAN
ARTINASAL HAND MADE IN JAPAN
100%CASHEMER (刺繍部分は除く)
13,650yen(13,000)




こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は
[PR]

by guild-01 | 2011-11-02 20:08 | Miho Tanaka | Comments(0)