筆者が製作していた『大人の上履き 柿渋バレエシューズ』オーダー開始します。

e0122680_15332412.jpg
e0122680_15325680.jpg
e0122680_15323743.jpg


筆者が製作していた『大人の上履き 柿渋バレエシューズ』が完成しました。


オーダー受付けます。

価格 4,800円 +税 (日本製)

サイズは、様々生産可能です。(女性用、男性用ともに可能)最大27センチまで


クリスマスギフトにしたい方は、早めにお申し付けくださいませ。

早めに言っていただければ、クリスマスまでに間に合わせます!!



外履きにも、室内履きにも、キッチンにも、様々なシチュエーションでお使いいただけると思います。


柿渋が素晴らしいのは、なんといっても、その色合いと風合いの素晴らしさです。

良質な絵画のような深みのある色と風合いです。


おまけに、抗菌効果や防臭効果、撥水効果などもあり、靴の塗料としては、機能的にも非常に優秀です。

そして、経年変化によって風合いが増していきます。


この柿渋を、履き心地を損なわないために、筆者がひたすら刷毛で塗りました。

インソールは、絶妙な風合いのレザー製。


大人の上履きです(子供用も生産可能ですが。。)



最近、魚釣りで郊外へ行きますと、柿がたわわに実っているのを多く見かけます。

これ、ほとんどが渋柿なのですね。

なぜ渋柿なのか?非常に疑問だったのですが(食べるためなら、普通は甘柿を植えますよね)

でも、ほとんどが渋柿なのです。


これは、実がまだ青いうちに採集して発酵させ、柿渋を作ります。

その柿渋は、家や家具などを長持ちさせる塗料になります。


さらに器に塗った柿渋は、防水効果や耐久性が増します。

傘も柿渋で防水していたわけです。

つい最近まで、柿渋というのは、最も重要な塗料の一つだったのです。


そして、残った実は大きく実り、これを干し柿にするわけです。

干し柿にすると非常に美味しくなり、保存も効くため、これを食べたり甘味料に用いたりしたのです。


つまり、柿というのは、日本の生活にとって欠かせない非常に優秀な木なのです。


柿渋のタンニンというのは、古来から皮をなめすのにも使われていたものです。

柿渋のタンニンは、非常に素晴らしい風合いと色と耐久性をもたらすのです。


柿渋の色を見ると、「渋くて格好良い!」と思うのは、本質的なことなのだと思います。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


[PR]

by guild-01 | 2016-12-10 21:30 | SHOES | Comments(0)