日本画と水墨画と写真を探求 筆者写真展、9月15日(月祝)まで





吉祥寺の『contemporary creation+ 』にて9月15日(月祝)まで筆者の写真展を開催しております。



place
contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)





今回展示している写真は、日本画や水墨画にヒントを得て、霧や雲、そして海などの水の流れをコンテンポラリー(現代)の作品として表したものです。

なので、撮影は、デジタルカメラで行っていて、プリントアウトしています。



今回の写真はもし、横山大観や東山魁夷などの日本画の巨匠達が、現代の技術を用いて制作したら、どうなったのか?を考えるプロセスでもありました。


鎌倉時代の作者不詳の名画『那智瀧図』、横山大観の『生々流転』、東山魁夷の『唐招提寺ふすま絵』などが、発想のモチーフになっていることは、見る人が見れば、お分かりかと思います。


東洋は伝統的に、水墨画というものが発達したわけですが、唐の時代に発展したものが、鎌倉時代に日本で発展し、日本画の元になっていきます。

筆者は、西洋画の風景画と日本画の違いを、西洋画の風景画は、空気遠近法による空間の表現を追求したものが大元であるのに対して、日本画の風景画は、対象そのものを水(流れるもの=流体)として捉え、その水(流れるもの=流体)である水墨で対象を表現したものだと捉えています。


すなわち、プロセスそのものが作品になっているのが水墨画であり、構図の中に捉えられた空間そのものが、西洋画の風景画ということです。


その水墨画のやっていることを西洋画壇に持ち込んだのが、イギリスの画家ターナーです。


ですから、ターナーの水彩画は大変素晴らしいのですが、油絵になると、また違ってきます。

対象そのものを水の流れで表現するのではなく、色彩で表現していくようになっていくということです。


そのターナーの流れの延長として、ドイツの画家、カスパー・ダビッド・フリードリッヒが存在し、さらにフリードリッヒを研究して日本に持ち込んで日本画に発展させたのが東山魁夷であるという風に認識しています。


そして、このフリードリッヒが描いた油絵の流れが、印象派の絵画=つまり、光を点で描き出すことにより、色=光を表現するようになった。

それは、印刷技術にも通じているわけです。

そして、印象派の影響を受けて、横山大観が、いわゆる『日本画』を生み出していったのです。


日本画というのは非常に曖昧な概念で、これは明治期に海外の美術との関わりの中で形成されていったもののようだ。

横山大観は、東京芸術大学の一期生で、その授業の一環として日本中の希少な名画を写生する機会を得ることが出来た。
そして更に留学により、世界の芸術と世界から見た日本の絵画の評価を知ることになる。

そうしたダイナミックなものごとを見る視点の変化が、大観の芸術ひいては日本画というものを形成していったようだ。


そして、横山大観の絵画というより、日本画の最高傑作と思われるのが、『生々流転』である。


『生々流転』というのは、水墨画が本来もっている能力を全て出し、水の流れそのものを表現することに成功していて、なおかつ、東洋思想そのものを内在しているということです。



『生々流転』

万物の始まり
雨が降り、水を集め、やがて川となり、生活を潤し、海に注ぐ。やがて海は荒れ、嵐となり天に昇り、また雨となって落ちてくる。


というわけで、今回の写真展の主要なテーマは、『水の流れの循環と形態を写す』ということです。

その話は長くなりますので、また後日やりたいと思います。


現在、この国の自然は、心の底から美しいと思う。

人間が、それを醜く変形させなければ。。
ということですが。。








contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション・デザイン関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp


コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-09-07 13:53 | ART | Comments(0)

筆者 写真展のお知らせ

e0122680_22222469.jpg



筆者の写真展ですが、最初、ごく気楽にカジュアルな感じで展示を考えていました。

夏だけに、リゾートの写真を飾って、リゾート気分を味わってもらいたい。というのが、最初のテーマでした。


しかし、展示してみると、これが、あまりよろしく無いのです。

わざわざ、人を呼ぶほどでは無いな、これは。。と 思いました。




そこで、違う展示方法を試してみましたが、これも、どうも違う。

店内の雰囲気にそぐわない。



あれこれ悩みまして、ようやく見えて来ました。方向性が。


当初の予定と違って、VERYシックな展示になりました。




今回は、様々失敗を繰り返しました~


でも、ようやく、皆様にお見せ出来そうになってきました。
よろしくお願いいたします。


週末から写真見れると思います。(本格的なご案内は、来週になります。)




思えば、311以降、初めての写真展になります。

いろいろ思うこと、感じていることはあるわけです。


なので、やはり、作っているうちに、段々エモーショナル(感情を揺さぶる)な展示になっていきました。
(最初は、さわやかな展示でした。。)


今回の写真は、ここ数年、筆者が山歩きや、魚釣りに出かけた際に写した日本の自然の風景です。



かの東山魁夷画伯が、第二次大戦で日本が敗戦した後、『国破れて山河あり』ということで、日本の風景の美しさの目覚め、風景画を描いていきましたが、311以降の筆者の心境もこれに近いものがあります。(放射能で汚染されてしまったとはいえ。。とうことですが。。)


e0122680_22233643.jpg

e0122680_223110100.jpg



筆者が、こういった写真を撮る時に考えているのは、やはり、視覚的ということだけでなく、四重奏などで音が重なり合っていくように撮っていくということですね。

それは、ファッションのコーディネイトにも共通しているものです。


それらを感じていただけたらと思います。
よろしくお願いします。



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp


コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/
[PR]

by guild-01 | 2014-08-08 22:29 | ART | Comments(0)

小浜はるみ さんの写真展 インスタレーション

e0122680_2115291.jpg


当店のホームページの写真なども撮っていただいている写真家の小浜はるみ さんの写真展が、吉祥寺と浅草で開かれています。
是非足を運んでみてください。


吉祥寺は写真展
浅草は、シフォンの生地を使ったインスタレーションだそうです。


以下、小浜氏のホームページより引用
http://casavoutadiary.tumblr.com



mederu jewelry×小浜はるみ企画展『一瞬の永遠性』
8月17日(土)~ 9月1日(日)

mederu jewelryさん店舗にて展示を行うことになりました。

mederu jewelry は丁寧な手仕事で作られる、さりげなく肌に溶け込むようなアクセサリーで人気のブランドです。

浅草店ではお店の中の小部屋に映像によるインスタレーションを展示致します。また、吉祥寺店では写真展示を行います。

浅草店も吉祥寺店も、mederu さんの美意識がちりばめられたとても心地の良い場所です。夏の暑さが少しでも和らぐような空間を作りたいと思います。

ぜひお立ち寄り下さい。

詳細はこちらです
http://www.mederu-jewelry.co.jp/products1/meets_photo.html

mederu さんによる小浜のインタビューも掲載されています。合わせてご覧頂ければ幸いです。


mederu jewelry
浅草店
〒111-0032
東京都台東区浅草7-6-1

吉祥寺店
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町4-9-16
[PR]

by guild-01 | 2013-08-28 21:02 | Harumi Obama | Comments(0)