吉祥寺観光ガイドと共に、吉祥寺駅や三鷹駅からcontemporary creation+ まで涼しく来る方法教えます^ ^

吉祥寺観光ガイドと共に、吉祥寺駅や三鷹駅からcontemporary creation+ まで涼しく来る方法教えます^ ^
e0122680_13223476.jpg






吉祥寺駅から当店まで、徒歩で8分くらいなのですが、これからの季節は暑いです。
本日は、暑さを避けながら、快適に当店まで来る方法をご紹介したいと思います^ ^


駅に着いたら、まずインフォメーションセンターに寄って吉祥寺のMAPやガイド(無料)をゲットしましょう

Kichijoji Machi Informational Center (atre Kichijoji) (INFO INSIDE JR STATION BUILDING)

Address Hanabi-no-Hiroba, 1F, atre Kichijoji Main BLDG, 1-1-24, Minamicho, Kichijoji, Musashino City, Tokyo 180-0003 Japan

http://musashino-kanko.com/en/guide/visitor/index.html



歩いてくるなら、吉祥寺駅北口(中央口)から出ると、正面に2つのアーケード(サンロード、ダイヤ街)があります。

e0122680_13523777.jpg

吉祥寺駅中央口(北口)

e0122680_13504413.jpg

左がダイヤ街、右がサンロード


このうち、左側のダイヤ街を歩いていくと、左手に著名な食のお店、『つかだ』『小ざさ』や『ステーキウスさとう』などがあります

e0122680_13513179.jpg

左が『つかだ』、右が『小ざさ』
その昔、我が家のおでんの定番は、『つかだ』のボウルでしたね〜^ ^
『小ざさ』は、朝早起きして初電に乗って並ばないと買えない幻の羊羹が有名ですが、基本的に並ばなくても買える(並ぶ時もありますが)最中でも同じ味なので、お土産に喜ばれます。安いですし^ ^

e0122680_13515425.jpg

こちらが『さとう』
いつも、とんでもなく行列してますが、これはメンチカツの行列。
筆者は、行列の出来る揚げ物は買わない主義(油が劣化するから)なのでメンチカツ食べたことはありませんが、他のものは並ばなくても買えるので食べたことあります。
随分長いこと食べてませんが、高級な和牛は、あきれるほど美味でした。(人生で2回だけ食べましたね。さとうの高級和牛)


その通りを通って、東急百貨店の前まで来ます。
吉祥寺は、伊勢丹も三越も近鉄も潰れましたが、東急百貨店は生き残っています。

e0122680_15180739.jpg

東急百貨店前の交差点。左手には『みずほ銀行』

そして、東急百貨店の中を通って、反対側=北側(MAX MARAの側)の出口を出ると右手に『マツモトキヨシ』や『セブンイレブン』が見えるはずです。
左手には、旭化成の『ヘーベルプラザ』とステーキの『ぶどう屋』が見えます
e0122680_15194089.jpg


ここまでは、少なからず、冷房が効いてますので、それほど暑くないはずです。

そして、ここまで来れば、午後3時以降なら、大正通りの道路脇の日陰を歩いて来ることが出来ます^ ^


大正通りを左側(西)に向けて歩きます。
左手に『スターバックスコーヒー』と『LACOSTE』が見えるはずです。

右手に見えるのは、台湾料理の『月和茶』、ハンコの『青雲堂』、著名なラーメン屋『春木屋』などなど
e0122680_15215829.jpg

このあたりまでは、わりと庶民的な風情の商店街。


もう少し行くと、お洒落で落ち着いた感じになりますが、このあたりの店は移り変わりが激しく、1年〜2年で変わる店多いですね。
特に大資本のお店は、大抵直ぐに撤退していきますね〜


フランス料理というかカフェ?の『ラパンアジル』のあるあたりから、いかにも大正通りといった感じが漂います。
このあたりの店は、個人でやっている店が多く、長く続いている店が多いんですよ。

北欧料理の『ALLT GOTT』、自家製味噌と料理の『ソイビーンファーム』、『MONOギャラリー』や、無垢材の家具の店『SOLIWOOD』、生活雑貨の『CINQ』や『couer de couer』など個性的なお店や雑貨店なども多いこの通り。
吉祥寺で一番お洒落なエリアだと思います^ ^

e0122680_13535702.jpg


藤村女子学院を左手に、nikitikiというおもちゃ屋さんや『四匹のねこ』というお花やさんを右手に見ながら歩きます。

ちなみに、著名なパン屋『dans dix ans』は、このお花屋さんを右に入ったところの地下。

当店へ来るには、生地屋の『CHECK&STRIPE』『シャツ工房』を過ぎて、
e0122680_13533560.jpg



コインパーキングがあって、その次の建物の半地下のお店が、contemporary creation+ です。

e0122680_14011990.jpg


この来方が、歩いて来るには、一番涼しいです。


昼間、来る方は参考に。



他にもあれこれ寄りたいなら、、夕方から夜にかけてがオススメです。
午後3時を過ぎると、大正通りも日陰が多くなってきます。
夕方6時頃になると、大概気持ちの良い風が吹いてきます。
現在、夜の9時まで営業しております ^ ^

e0122680_14031336.jpg

こちらの写真が武蔵野市のコミュニティーバス ムーバス

そして、昼間来る場合、バスを利用すると、涼しくご来店いただけます。


吉祥寺駅からムーバス吉祥寺北西循環に乗って、西五条通りで下車
徒歩30秒 (100円)

西五条通り(ムーバス吉祥寺北西循環)路線図・時刻表

このルートは、大回りするので、店に来るまでに20分以上かかりますが、武蔵野観光がてらに乗ってくるのも良いかと思います。

停留所降りたら、直ぐ店です。

なお、当店から駅までは、ムーバスで約3分と、あっという間まです^ ^



当店へ来るのに、時間的に早いのは、

吉祥寺駅や三鷹駅から関東バスに乗車、バス4分、北町1丁目(関東バス)で下車 徒歩2分 (210円)

JR吉祥寺駅北口(中央口)から、バス乗り場の一番左手からバスに乗ります。

行き先
成蹊学園前
武蔵野営業所
柳沢駅
向台町5丁目
関前西公園
桜堤団地
電通裏
武蔵野市役所・柳沢駅ヴィーガーデン西東京

いずれのバスも、停車します。

三鷹駅から来る場合は、吉祥寺駅行きで、北町一丁目下車


バス停の向かい側に郵便局が見えますので、郵便局の角の路地を曲がってください。
一本目の交差点の角に、contemporary creation+があります。


吉祥寺観光ガイド 井の頭公園(英語版)
吉祥寺観光ガイド 成蹊学園のケヤキ並木(英語版)



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから



[PR]

by guild-01 | 2017-08-06 14:02 | 吉祥寺 | Comments(0)