色づく木々と食欲の秋


突然寒くなり、武蔵野の木々も色づき始めてきました。

千川上水沿いなどは、落ち葉が降り積もって晩秋の雰囲気もちらほら。

ついこの前まで昼間は半袖で歩いていたというのに、本日の最高気温は12度ということで、ほとんど真冬なみですね。


そんな今日この頃いかがお過ごしでしょうか?



この時期に目立ってくる黄葉(紅葉)ですが、もっとも早く黄葉する木の一つにヤマイモがあります。


ヤマイモは、木といってもツルだから、どこかの木の上に巻き付いていて、他が黄葉する前に色づくので目立つ。

そこで、こんなところにヤマイモがあったのだ!と気付くわけです。


そんなヤマイモのツルにムカゴ(小さな芋状の突起物)が出来ていることがある。


これをお米と一緒に炊き『むかごご飯』にすると、美味なので、ついつい探す。

もちろん、根っこには山芋の本体がある(掘るのは大変だが。。)


私達が黄葉の木々につい反応してしまうのは、こうした食べ物の採集が数十万年に渡って続いてきたからだろう。



もう一つ、早くから色づく木としてイチョウがある。

そして、イチョウの黄色は、感動的に美しい。


これもまた銀杏の実を食べる木だ。

黄色く色づいたイチョウの木の下には、銀杏の実が落ちている。


そう考えると、私達が木々が黄色く色づくことに敏感なのは、食料調達(つまり生きていくこと)と密接な関わりがあることが分かる。


カエデや白樺の紅葉(黄葉)も綺麗だが、これらは、樹液を取ることが出来る植物だ。


柚子も毎日食べているが、柚子の色も大変美しいものだ。

柚子は葉は常緑だが、実は緑色から黄色に変化していく。


柿は、葉の紅葉も美しいが、実も綺麗なものだ

ちょっと郊外の山里などに行くと、やたらと柿の実がなっている。。

そこで、なぜ日本には甘柿よりも渋柿の方が断然多いか?ということにふと疑問を持った。


食べるためなら、普通、甘柿を増やしますよね?

でも、渋柿の方がずっと多い。


ということは、人々が渋柿の方を大事にして増やしたのだと思う。


調べてみると、渋柿は、青い実を間引いて染料や塗料に使用していたことが分かった。

古民家の柱の色がとても美しいのは、実は渋柿の色で染めていることが多いということも分かってきた。

番傘なども柿渋染めである。

柿渋は、漆と並んで非常に重要な染料だったのだろう。


そして、色づいた実は、干して干し柿にした。

これは、そのまま食べるだけではなく、様々な甘味料として広く使われていたようだ。


筆者は、それに着目して、現在『柿渋コレクション』を様々製作中である。

様々なものに柿渋を塗っている。


順次登場しますので、ご期待くださいませ。


[PR]

by guild-01 | 2016-11-02 18:39 | FASHIONの本質 | Comments(0)

武蔵野市の紅葉(黄葉)情報その2 玉川上水の紅葉(黄葉)情報

e0122680_143737.jpg


本日11月23日の状態


武蔵野市の紅葉(黄葉)情報その2

本日は、境浄水場の辺りから井の頭公園まで玉川上水沿いを自転車で走ってきました。

千川上水と比べると紅葉(黄葉)は遅め。


でも、境浄水場から三鷹駅の間は、もうかなり綺麗でしたよ。
散歩すると良さそうです。

この季節って、緑と黄色の中間に紅葉やかえでの朱が混じり、なおかつ落ち葉の茶やベージュと相まって一色に染まらないところもまた良いんですよね。

三鷹駅から井の頭公園の間は、色づきが始まったばかりといった感じでした。



e0122680_14142358.jpg


写真は、紅葉(黄葉)の季節にぴったりな、デンマークのデザイナーによるメリノウール×キッドモヘアの手編みのニット(糸はドイツ製)

最高のクオリティです^ ^
昔、デンマーク行った時に思ったのですが、植生が落葉広葉樹中心で武蔵野と良く似ていてびっくりしました。

この絶妙な色合いと風合いは、自然への感性から出てきたものですね。


世界では、ややこしい争いが始まってしまっていますが、共通の部分、共感出来る部分と、違いも理解しながら、争いを乗り越えていけたら良いなと思います。
[PR]

by guild-01 | 2015-11-23 14:20 | 吉祥寺 | Comments(0)

武蔵野市の紅葉(黄葉)情報

武蔵野市の紅葉(黄葉)情報

本日の冷え込みで、一気に紅葉(黄葉)が進んでいるようです。

千川上水沿いは、紅葉(黄葉)の最盛期。

武蔵野市役所と中央公園の間の銀杏並木は、見頃。

成蹊のケヤキ並木も良い感じです。


明日は、違う場所もチェックしてみたいと思います。
[PR]

by guild-01 | 2015-11-22 16:49 | 吉祥寺 | Comments(0)

人はなぜ紅葉の山を美しいと感じるのか?

e0122680_17201984.jpg

e0122680_1656183.jpg
e0122680_16552676.jpg

e0122680_16572093.jpg


そろそろ紅葉の季節ということで、先日御岳山に行ってきたのですが、今年の紅葉の色づきは、もうひとつですかね??

イチョウは全般的に綺麗ですけど。

それでも、山の中で見ると、様々な色合いや風合いがあって、都会で見る紅葉とはまた違って、とても良いものです。


様々な動物や魚などが、保護色を持っていますが、人間も回りの環境に合う色彩が一番落ち着きます。

なので、都会だと、グレー中心という事になりますが、紅葉の季節なら、回りも美しい色彩で満たされているので、心置きなく美しい色をまとうことが出来ますよね。


広葉樹林帯に暮らす人々の秋の色彩感覚って、やはり似たものがあると思います。
植生が色彩感覚を生み出すのですよね。


秋の紅葉の季節を特段美しいと感じるのは、この季節、野山に沢山の食べ物が実るからです。
なので、私達の身体には、そういう場所へ行きたいという衝動が潜在的にあるという風に感じています。

それは、旧石器時代や縄文の時代から変わらないもののような気がしてします。


筆者は、大学時代『観光産業論』の授業を受講していまして、当時、様々なリゾートを調べていたりしたのですが、結論として、日本のリゾートは、様々な複合施設作るより、野山の花や紅葉や海や川や湖や温泉を楽しむのが一番という事に気付きました。

それは、そういう場所へ行くことを人間が本質的に欲しているからなのではないでしょうか?
[PR]

by guild-01 | 2015-11-18 17:15 | FASHIONの本質 | Comments(0)