人気ブログランキング |

フェルメールからのラブレター展2012/3/14(水)まで

管理人も大ファンのフェルメールの作品展が、渋谷 東急BUNKAMURA ザミュージアム で開かれています。
30数点あるというフェルメールの作品を見るため、管理人は世界中を旅しましたが、現在20点ほど見たところです。

彼の本物の作品が来るということは大変貴重な機会なので、是非行ってみることをオススメします。



ところで、管理人は、先日オランダに行った時、極めてフェルメールな写真を撮影することに成功しました!

今度お見せしますね。


そして、Miho Tanakaのウエディングドレスの撮影においても、フェルメールの影響が見られるそうです。
先日、指摘されました。
こちらから見ることが出来ます。http://mayjune.jp/works.html

管理人は、オランダフリークなので、様々な場面で、レンブラントライトとフェルメールライトを多用します。
その辺りの詳しい事は、またの機会に。。


フェルメールからのラブレター展
コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

2011/12/23(金・祝)-2012/3/14(水)

オランダ黄金期の巨匠、ヨハネス・フェルメール。精緻な空間構成と独特な光の質感をあわせもつ作品群は、今なお人々を魅了してやみません。現存する30数点のフェルメール作品のなかでも、日常生活に密やかなドラマをもたらす手紙のテーマは、重要な位置を占めています。本展は日本初公開となる《手紙を読む青衣の女》をはじめ、《手紙を書く女》、《手紙を書く女と召使い》の3作品が一堂に会するまたとない機会です。さらに、同時代に描かれた、人々の絆をテーマにした秀作も併せて紹介し、人物のしぐさや表情、感情の動きに注目することで、17世紀オランダ社会における様々なコミュニケーションのあり方を展観していきます。

place
渋谷 東急BUNKAMURA ザミュージアム

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/11_loveletter.html

by guild-01 | 2012-02-23 18:10 | ART