人気ブログランキング |

『ウェディングドレスの選び方』第四回 人魚のように優雅なマーメイドラインドレス




『ウェディングドレスの選び方』第四回 人魚のように優雅なマーメイドラインドレス


『ウェディングドレスの選び方』第四回は、マーメイドラインとスレンダーラインドレスです。


このラインのドレスは、文字通り、スレンダー(細身)な方に似合うドレスです。
華奢でシック、優美で大人っぽい印象になりますよね。


May&Juneでは、実際にこのカタチのドレスを制作したことがありますので、ご紹介いたします。




シルクサテンの美しさを活かしたシンプルでクラッシックなマーメイドドレスです。

オーガンジーとパールのロングネックレスとベールで合わせました。



なんか、こうしてみると、ヴァイオリンとかヴィオラでも弾きそうな音楽的な感じを受けるのは、ワタクシだけでしょうか。






実は、このドレス、オーダーから納期まで2週間という、恐るべき短さでした。

よくぞ、2週間で出来上がったと思います。

思いますが、この2週間というのは、本当に限界ギリギリで、May&Juneでは、通常オーダーから納期まで3ヶ月いただいております。


その方が、やはり、ドレス作りそのもを楽しめますし、出来上がりを待つのも楽しいと思います。細かい修正も出来ますし、余計な出費もかかりません。


納期が短いと、ご希望の生地やパーツが無い場合、妥協しなければならなくなったり、高い金額を出さなくなったりする可能性があります。


特に、お仕事でお忙しい花嫁の方は、より時間に余裕をもたれると良いと思います。


結婚式は、まず会場とドレスを3ヶ月前までに選びましょう。(出来れば半年前がモアベター)です。


ジューンブライド(ジューンブライド(といっても、当ブログ オススメのウェディングは、5月中旬から6月初めの梅雨入り前にかけてです。)を考えている方は、是非今のうちにご相談いただければと思います。


そして、あれこれ想像しながらワクワクするのが、良いのではないでしょうか?



それから、ドレスにこだわりたい方は、まずドレス作りを優先していただきたいと思います。
会場によっては、提携のドレスしか受け付けないところもありますし、持ち込み料金がかかる場合も多くあります。


レンタルなのに、May&Juneのオーダーメイドドレスよりもお金がかかったという話も良く聞きますし、自分の思い通りのドレスにならなかったという話も非常に多く聞きます。


May&Juneのオーダーメイド(オートクチュール)なら、お客様の要望をお聞きしながら、デザイナーがデザイン画を描くところから始まりますので、より、思った通り、というよりも、思った以上の仕上がりをすべく努力しておりますので、ドレスも会場も、両方のマッチングも美しくやりたい方は、そのあたりをしっかり考えて、結婚式を考えてみてください。


そうしないと、自分が本当にやりたかった式や着たかったウェディングドレスが着れなくなってしまいます。



ですので、結婚式を予定している方は、まず、気軽に当方にご相談いただけると嬉しいです。
実際に見て、よかった場所もご紹介出来ると思いますし、当方も様々相談に乗れますので、よろしくお願いいたします。


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101







contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00
close 月+金=休 (祝日の場合は営業)年末年始12月31日〜1月3日は休み




ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/




by guild-01 | 2014-01-05 13:24 | ウェディングドレス