人気ブログランキング |

夏野菜で至福の一皿『トマトサラダ』を作ってみよう。

夏野菜で至福の一皿『トマトサラダ』を作ってみよう


日常をセンスアップ
衣食住を見直してクオリティアップしていこうという企画 料理編です。


もう7月ですね。

夏野菜が美味しい季節です^^


最近は、一年中同じ野菜が出回るようになり、トマトやキュウリなどの夏野菜も、冬にサラダで出てきたりしますが、あれは美味しく無いですよね。

でも、キュウリも、この季節になると本当に美味しくなります。
何もかも全然違うのですよね。それが、旬の野菜の力です。


というわけで、本日は、夏野菜の料理から最高の夏料理の一つとも言える『トマトサラダ』のレシピを


そのままかじっても美味しいトマトですが、今回のレシピは、美味しいトマトを更に美味しくする素晴らしいレシピです。


トマトは、自家栽培でも購入しても良いです。
ご自身の好きな味のトマトをご用意ください。

ただし、旬のトマトが良いです。
そして、ある程度熟れたトマトの方が、より合います。


まず、8mm から1cmほどの薄さにトマトをスライスします。

それを皿の上に重ならないように並べて、エキストラバージンオリーブオイルをかけます。

塩を少々

摘みたてのバジリコの葉をトマトの上に並べます。

以上、完成です。


これだけ?
そうです。これだけです。

通常、サラダというと、オイルとビネガー(酢)を混ぜて作りますが、トマトの場合はトマトそのものに酸味がありますので、オイルと塩だけで良いのです。
そこにバジリコの香りが加わると、これが、まさに完璧な美味しさ!!
夏の至福のサラダの出来上がりです。

筆者は、これ以上美味しいサラダを食べたことが無いです。


どれだけ夏バテしてても、あっさり食べられますし、トマトの赤とオリーブオイルの黄緑、そしてバジリコの緑と、彩りが綺麗で、バジリコの香りが、これまた食欲をそそります^ ^

そして、簡単なのですが、この一皿があると、なぜか食卓がグレードアップして見えるのです。

是非お試しくださいませ。


バジリコとトマトの相性の良さは、『刺身とワサビ』や、『タケノコと山椒の芽』に匹敵する相性の良さがあります。

「私、トマトのために生まれてきたの」byバジリコ くらいの勢いです。


バジリコは、出来るなら自家栽培しておいてください。
普通に苗も売ってます。

椅子や台の上で育てると、比較的虫に食べられにくいです。

採取する時は、葉っぱを摘み取るのではなく、4〜5枚付いた葉っぱを茎ごと切るのがコツです。

そうすると、後からまた生えてきます^ ^


イタリア料理やフランス料理のお供にも、もちろん合いますが、日本料理との相性も抜群です。


筆者的には、トマトサラダ、茹でた枝豆(枝豆をさやごと塩ゆでしてザルに上げた時に、上から追加塩をしてあえるのが最大のコツ)、冷や奴(ミョウガと生姜を載せて)の3点セットが夏の至福です^ ^


これに、炊きたてのご飯でも良いですが、ソーメンも良いですね。

茹で鳥肉か、焼き魚も付けて。


で、デザートにスイカ


考えただけでも最高ですね。
筆者は、生まれてこの方、一度も夏バテで食欲が無くなったこととかありません。
だって、これ美味しそうでしょ!?


では、ボナペティート!!


以下関連


世界で、最も完成された至福の一皿の一つ『スパゲティ・ポモドーロ(トマトソース)』を作ってみよう!!
http://guild3.exblog.jp/22765925/


ミシュランの星付きレストランのオードブルにも負けない超絶美味な『枝豆豆腐』のアレンジを作ってみよう!
http://guild3.exblog.jp/22786791/

by guild-01 | 2015-07-05 18:23 | 料理