人気ブログランキング |

誰でも直ぐ出来て失敗が無く、毎日食べても飽きない究極の簡単美味しい和食レシピ

誰でも直ぐ出来て失敗が無く、毎日食べても飽きない究極の簡単美味しい和食レシピ


日常をセンスアップ
衣食住を見直してクオリティアップしていこうという企画 料理編です。


筆者は、料理はイタリア料理→フランス料理→中華料理→日本料理の順に料理を憶えたのですが、本日ご紹介するのは、もし筆者がこの和食料理を最初に憶えていたら(あまりにも手軽に簡単美味しく出来るので)他の料理は作らなかった可能性があるほど究極的に簡単かつ美味しいレシピです


仕事帰りで疲れていても、あるいは、朝の慌ただしい時間や仕事の合間でも、簡単かつ手早く出来てオススメです^ ^

では、以下レシピ



まず、鍋にコップ一杯から二杯分の湯を沸かします。
その間に季節の旬の野菜(季節によってキャベツ・白菜・小松菜・ほうれん草・水菜など)を洗って、ざくっと切りましょう。


冷蔵庫から肉(豚肉、牛肉、鶏肉。。何でも良いですが、火が通り易いようにある程度薄切りで、固すぎないものを用意しましょう=煮込まないので・・)

あるいは、魚(白身がベター。タラとか。。ただし、魚を使う時は、鍋に入れる前に熱湯をかけて臭みを取った方が良いです。肉の場合は、下処理は必要ありません)を取り出して、こちらもザクっと切ります。


湯が沸いたらみりんとお酒としょうゆ(1対1対1=それぞれ大さじ1〜2杯くらい)で味付け。
味見をして美味しいかどうかたしかめましょう。


そこに肉(あるいは魚)を入れて、ある程度火を通したら、野菜を投入し、野菜に火が通ったら出来上がり。


これだけです。

お好みで七味などかけて、お召し上がりください。
美味いです。
シンプルですが、ある種究極に美味しいと思います。

熱々でも美味しいですが、そのまま冷ましても味がしみ込んで美味しいです。

油揚げや芋類(じゃがいも、里芋、長いも)などを入れても美味しいです。
(芋類を入れる際は、もうちょっと時間がかかりますが。。)


しかも、3分から5分で出来ます。

この料理のポイントは、わざわざ出汁を取らないということです。

肉(あるいは魚)と野菜の出汁だけで、十分な味になるのです。

料理が難しいと思っている方、出汁を取るのが面倒だと思っている方は、是非このレシピをお試しください。

これで十分美味いということが分かると思います。

日本料理って、使っている調味料そのものが奥深いです。
引き出す力が半端ないなと。
筆者が特にスゴいと思っているのは、みりんと日本酒の持つ素材の魅力を引き出す力ですね。


化学調味料や旨み調味料はおろか、他の出汁を使わなくても、これだけ美味しく出来るということを知っておくのは、日頃の料理のベースになるのではないでしょうか?


ただ、やみくもに醤油を味付けに使うんじゃなくて、素材の旨味を引き出すため、素材のハーモニーを作るために使うということを考えると、和食レヴェルが上がるのではないかと思います。


いろいろ微調整しながらお試しくださいませ。


この料理に冷や奴、それに炊きたての白いご飯なんていうメニュー、素晴らしいです。

どれもメチャ簡単に出来ますが、しみじみ美味しいですね。


それでは、ボナペティート!!




以下関連


世界で、最も完成された至福の一皿の一つ『スパゲティ・ポモドーロ(トマトソース)』を作ってみよう!!
http://guild3.exblog.jp/22765925/


ミシュランの星付きレストランのオードブルにも負けない超絶美味な『枝豆豆腐』のアレンジを作ってみよう!
http://guild3.exblog.jp/22786791/


夏野菜で至福の一皿『トマトサラダ』を作ってみよう。
http://guild3.exblog.jp/23373006/

by guild-01 | 2015-07-17 21:53 | 料理