東京ファッションウィーク2016-2017AW 1週目あれこれ

e0122680_15141738.jpg


東京ファッションウィーク2016-2017AW 1週目

かなり出遅れながら、あちこち見て回っております。

疲れた〜

詳しくは、また書くと思いますが。。

本日は、服をさまざま見ながら、様々なデザイナー・パタンナーさんとマニアックなパターンや仕様について語り合いました。

こんなの構造的に可能なの?というパターンもありました。

皆さん、様々な視点からこだわっていて面白いです。

こういうの解説しているファッション雑誌とかファッションの本、見かけませんよね。。

デザイナーさん達、「気付かずに通り過ぎられる」って言ってましたよ。


服って、食べ物が食べてみないと分からないように、着ないと分からないものなので、どう伝えるのか難しいんですよね。


うちの服も、もっと着てくれる人が増えると、買う人が増え、日本のデザイナーの服も、もっと売れるようになると思うんですけどね。

筆者は、衣食住というのは、メインカルチャーであり、一過性の流行だけで捉えられるものでは無いと思っています。

誰かが、「日本にはサブカルしか無い」と言ってましたけど、筆者は出来るだけメインで語ることが出来るようにしたいなと思います。
だって、人生の基本ですよ、衣食住。
それについては、様々な試みをすると思います。

服作りにしても、その人が、過去にいろいろ経験した様々なことが反映して作りあげられています。
だから、素晴らしい服っていうのは出来上がるわけです。

筆者も、今まで様々なものに出逢ってきたので、色々な引き出しがあります。
そういうのを伝えられたらなと思います。


とりあえず、店内は、春夏の服中心です。
着てみたい方は、様々な体型の人にとって、目から鱗のシルエットの服とか様々ありますので、ぜひお試しくださいませ。

週末は通常通り営業しております。
また、3月21日(月)は、祭日なので営業いたします。

それでは、よろしくお願いします。


contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

ウェディングドレスは、こちらから







[PR]

by guild-01 | 2016-03-18 22:07 | 展示会