人気ブログランキング |

トップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作シャツは、オドロキの構造


現在、最も注目すべきデザイナーの一人、CoSTUME NATIONAL , JILSANDER などのトップメゾンのデザイナーを歴任した日本人uemulo munenoliの新作が入荷いたしました。
コートやウールのものも入荷いたしました。

本日から、さまざまご紹介していきたいと思います。


まず、今回、上榁氏が「標準シャツ」と呼んでいた『FLAVIA』からご紹介いたします。

このシャツが入荷した時、展示会の際、まじまじと、どういう構造になっているのか?見入ってしまったことを思い出しました。




e0122680_15573177.jpg
一見すると、普通のシャツのように見えますが、よく見ると。。
e0122680_15575596.jpg

右肩と右腕が一枚のパターン。左肩と左腕が一枚のパターンになっています。
しかも、肩より下は4カ所折り畳んだ構造になっているのが分かります。
つまり、肩や腕はボリュームが抑えられていて、その下からふわっと丸みを帯びた構造になっているのが分かると思います。

そして、前側は、ボリュームが出過ぎるのを抑えるために、すっきりカットしているのが分かると思います。
後ろと前の構造が違うのは、このためでした!

今回、ストライプにしたことで、より構造が見えやすくなったと思います。

うーむ、奥深いぞ、シャツ。
是非着てみてくださいませ。

服は着てみないと分かりません。
それは、食べ物が食べてみないと分からないのと良く似ています。

uemulo munenoli『FLAVIA』
100%COTTON
MADE IN JAPAN
22,000yen +tax


uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3



contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション関係はこちらから

デザイン画を描くところからスタートするオーダーメイドのウェディングドレスは、こちらから


by guild-01 | 2017-08-17 16:19 | uemulo munenoli