人気ブログランキング |

メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー、小野智海氏による『名前の無いブランド』のピーコート









メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー、小野智海氏による『通称名前の無いブランド=本当に名前が無い 笑』のピーコート、一部売り切れていましたが、再入荷しました。
サイズ34,38,40,42です。

一番小さいレディースサイズも入荷しております^ ^

クラシックなミリタリーディテールのピーコートですが、素材がカシミヤ混で、風合い・シルエット共に抜群です。


ポケットが外側に4つ、内側に3つ付いているなど、ディテールに気が利いています。

付属を付けると防風のシルエットになるのもグッド。
筆者的には、この全て止めた状態がとても好きです。

デザイナーの小野さんが、「ミリタリーの服を研究していた」とおっしゃっていたのも納得の仕上がりです。

素材も抜群ですし、長く愛せる一品になると思います。

飽きがこない良質な服を使い続けたいという方にはピッタリな一着だと思います。

値段も、それほど高価ではないですし、広くオススメします。


tomoumi ono / JAPAN
90%WOOL 10%CASHMERE
MADE IN JAPAN
SIZE 34,38,40,42
80,000yen+TAX


ユニセックスサイズですので男女共着用可能です。



以下、小野智海インタビューより引用


デザイナーの小野智海氏は東京藝術大学美術学部芸術学科卒業後、渡仏、Ecole de la chambre syndicale de la couture parisienne卒業。Lefranc Ferrant、 Maison Martin Margiela で経験を積み帰国。その後2009年に自身のブランド_______ を設立し今日に至る。



―ファッションとはあなたにとってなんでしょうか

この質問に答えることは非常に難しいですが、、、それは、服を作り、またそれを提示する中で探求されるものです。そして、それはその都度に問い直されるものです。しかし、服を作ることは、ファッションとは何かを問うことによって作られるものではありません。
それは、あくまで感覚によって探求されるものです、、、、
かつてシャネルがインタヴューの中で、モード=ファッションに関して、こう答えたことがあります「モードそれは私だった」と。これは非常に興味深いのですが、これを違う形で解釈すれば「私」と言う言葉は、誰もが自身のことを「私」と呼ぶことが出来る様に、本来的に単数であると同時に多数なものです。このシャネルの言葉において、モードとはシャネル本人を指すと同時にそれを指してはいないということです。つまり、モード=ファッションとは、多くの人々によって作られていると言う意味において無数の「私」であり、同時に誰でもである「私」によって作られるものだということです。
服を着ることは、個人的な趣向や気分を表現することです。そしてそれは、自身を変革し肯定する手段であり、他者に対する感情や態度を表現する手段でもあります。そうした、個々人の表現がファッションなのだと思います。
あえて答えるなら、私にとってファッションとは一つのメチエ=職業であり、それは社会におけるメチエ=役割であり、多くの職人的メチエ=技巧によって支えられたものです。そしてそれは、誰かにとっての小さな幸せを作るメチエであり、それを喜びとする人々のメチエなのだと思います。


以上引用


全文は


小野智海 ~名前の無いブランド~ 1/2
http://changefashion.net/interview/2011/12/05193316.html

小野智海 ~名前の無いブランド~ 2/2
http://changefashion.net/interview/2011/12/07194143.html




こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

by guild-01 | 2015-11-04 19:17 | tomoumi ono

東京コレクションレポート その1uemulo munenoli 、__tomoumi ono2016SS

e0122680_16465530.jpg



遅くなりましたが、
東京コレクションレポート その1です。

本日は、当店取り扱いの、新しい時代の東京ファッションデザインを代表する2つのデザイナーレーベルから。


uemulo munenoli 2016SS

イタリアでファッションデザインを学び、CoSTUME NATIONAL , JIL SANDERという欧州のトップメゾンでデザイナーを歴任し帰国した上榁むねのり氏が手がける uemulo munenoliの2016SSコレクションは、欧州から帰国して自身のブランドを立ち上げてから5年目になります。

uemulo munenoliは、毎回新しい試みをデザインに取り入れて展開している、現在最も注目すべきデザイナーの一人だと思います。


今シーズンからパリの展示会に出展したということもあり、原点回帰の白シャツ中心のコレクション。
コットン白シャツと淡いブルーのシャツ中心です。(展示会には無かったですが、実際の販売では、黒もあります)

予想通り、欧州での評価も良かったようで、欧州のバイヤーだけでなく、パリコレに来ていた中東やアジアのバイヤーにも多数声をかけられたとおっしゃっていました。

元々、筆者は、上榁さんの作品は、欧州なら速攻で売れるはずと思っていたので、まずは良かったです。

世界での評価ですが、次回の秋冬がどうなるのか?今から気になります。(ちなみに今年の秋冬は、今までの中でも最高傑作の一つだと思ってます)

また、パリには持っていかなかったそうですが、今回、シルクのシリーズも登場。
今後の展開が楽しみです^^




____tomoumi ono 2016SS

文化服装学院→東京芸大→サンディカ(フランスのオートクチュール組合学校)→メゾン・マルタンマルジェラのデザイナーという異色の経歴を持つ小野智海氏が手がける『通称・名前のないブランド=本当に名前が無い 笑』もデビュー5年目に突入。2016SSコレクションは、小野氏がかなり気合いの入ったコレクションで、充実したラインナップになっていました。


テーラードの美しさは相変わらずで、生地も仕立てのフォルムもドレープも全てが高次元。
春先のコートも楽しめそうです。(冬物のPコートは、サイズ追加しました=34.38,40,42)


今回は、可変するトレンチコートなども出ていました。要注目ですよ。
そして、腕にスリットの入ったデザインを多用していましたが、さぞ着た人が美しく見えるのではないかと思います。
今回、初めて写真も充実し、極めて完成度の高いコレクションとなりました。


春が楽しみです^ ^

by guild-01 | 2015-11-04 17:02 | 展示会