人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 86 )

torch cafe(トーチカフェ)

先日antiques tamiserの上階にあるtorch cafe(トーチカフェ)に行ってきました。

落ち着ける空間がナイスなカフェ。

塩漬け豚肉のレンズ豆煮込みを食べましたが、しみじみ旨いです。
あと、なんとかココア(名前忘れました!)も美味でした。
是非行ってみてください☆



メニューはこちら

地図はこちら

torch cafe
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-1-12 サトウビル 2F tel/fax.03.3712.6888 mail.info@renovationplanning.co.jp
weekday : 11:30am - 00:00am weekend : 11:30am - 05:00am everday open !!!

by guild-01 | 2008-03-02 22:20

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション

guild近くの恵比寿ガーデンプレイスにイルミネーションが灯りました。
とても素敵なので、是非行ってみてくださいね。http://gardenplace.jp/weblog/baccarat_2007.html?mv=tp&id=siteTop_index


恵比寿ガーデンプレイスのイベント情報ははこちら。
http://gardenplace.jp/event/index.html?mv=gn

by guild-01 | 2007-11-03 20:48

limArt

limArt リムアート


恵比寿ガーデンプレイス西側一帯には、住宅地の中にポツポツと魅力的なお店が点在している。

そんな中、カッシーナインターデコールとマルタンマルジェラの中間地点にあるのが、リムアート。
ヨーロッパの古い美術の本と中古家具を中心とした、魅力的なたたずまいの店だ。
奥にはギャラリーコーナーが併設しており、撮影会なども行われたりするらしい。



店内にはレアなカタログや写真集が多い。
チェコの写真家 Joseph sudekの写真集など、良いもの置いてますね。
値段はアレですが。。


実際ユーロ高いしなー。
本重いし、持ってくるのは大変なんですけどね。
僕もヨーロッパで本を買う時は、重さとの闘いです。

でも、買っちゃうんだけどね(笑)

あと、木版が欲しいのですが、欲しいアルファベットがなかなか揃わないので難しいんですよね。



リムアート
Address東京都渋谷区恵比寿南2-10-3 - 1F
Open12:00〜20:00 (Close Monday)
Tel03-3713-8670

http://www.limart.net/

by GUILD-01 | 2007-08-28 13:53

antiques tamiser アンティークス タミゼ 

antiques tamiser

______________________________________


guild http://www.guild3.jp/
から徒歩3分、カッシーナのビルの角を右折し、さらに左折した辺り。
この辺に素敵なお店がポツポツと佇んでいる。


その中の一つが、antiques tamiser
http://www.tamiser.com/tamiser_top.html

1600-1900年くらいのヨーロッパのアンティークを主に扱うお店だ。



商品はマニアックに良いものが並んでいる。
中でも気になったのは、1600年代のオランダ・デルフトの磁器。
デルフトの器というと、白地に青い絵付けの皿を瞬間的に思い浮かべるけれども、ここに置いてあるのは、絶妙な色合いの青磁と白磁である。
デルフト焼きにこんなものがあるのか??というのが正直なところだが、あるのだろうね、きっと。

そのことに関しては、僕は確信を持って言える。
なぜなら、世界最高の芸術と呼ばれる17世紀オランダの画家フェルメールの絵には、明らかに青磁と白磁の影響が見られるからである。


フェルメールの絵に関しては、相当な研究論文が出ているけれども、一番核心的なこと、つまり、東洋の青磁と白磁との関連について触れた文章を、僕は全く見たことがない。これは実に奇妙なことである。

フェルメールの絵は、東洋の青磁と白磁に関するインスピレーションから産み出されている。それは彼の絵を見れば明らかだと思う。
実際に、彼の絵の中には繰り返し白磁の壺が登場しているではないか。
http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/music-lesson-detail.jpg

http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/asleep.jpg



17世紀のオランダにおいて、世界最高峰の絵画、レンブラントやフェルメールの絵が誕生したのは、彼らが、それまであまり見ることの出来なかった東洋の陶器や磁器を目にする機会が増えたためだと思う。

レンブラントの絵画のテクスチャーは、素焼きの壺の表面と瓜二つであるし、
http://www.salvastyle.com/images/collect/rembrandt_jewish00.jpg
フェルメールのは、青磁にとても近い。
http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/vermeer/i/view-delft.jpg




17世紀、東洋との貿易で世界最大の貿易国として栄えたオランダは、それ故に世界最高峰の芸術を輩出出来たわけだ。

そのデルフトの皿が、再び海を超えて日本に舞い戻っている。
果たしてこの皿が、*オランダで作られたものなのか、東洋で作られてからオランダに運ばれたものなのか?僕は知る術を持たないが、その絶妙なテクスチャーや色合いを見るにつけ、これを見たクリエイター達が何を作るか?そのことに僕は多大な興味を持っている。



さて、今回僕は昭和初期?のクジラの骨で出来たボタンを購入した。
どんな作品が出来るか?今から楽しみだ。

店主と『危険な店ですね(ハマると)』話していたら、よく言われるとのこと。
もっとも、うちも他人のことを言えた義理じゃないですけど。。
ハマってしまった人、すいません。
本当に優れたモノには、宇宙の構造が宿るのだ、たぶん。


*以前、ドイツのミュンヘンで、ドイツで作られた日本風の焼き物のエキシビションを見る機会があったのだが、非常にクオリティーが高くて驚いたことがある。だから、そのデルフト焼きがオランダで作られたものであっても、全く不思議ではないと思う。



アンティークス タミゼ 
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-9-8 落合荘苑ビル101
JR.日比谷線恵比寿駅より徒歩5分
 
月曜日 休み 営業時間 12:00 〜 20:00(日曜日のみ12:00〜19:00)

by guild-01 | 2007-06-30 16:37

マルタンマルジェラ東京


マルタンマルジェラ東京
恵比寿にマルジェラのショップが出来たのは2000年。
住宅地の奥の白い一軒家。
道の前には白い足跡と白いパイロン。
看板は無し。

内装は、とにかくどこもかしこも真っ白に塗り、白衣を着た店員がいる。

知らない人が見たら、なんか変な宗教団体かと思ったかもしれない。

実際、マルジェラがまだまだ日本では全然知られていない頃、何も書かれていない白いタグを見て、これは何?っていう人は多かった。


そんなマルジェラもオドロクほどの人気になり、移転した。
今度はカルピス工場の跡地。

壁にはMARTIN MARGIELA TOKYOの白い文字が。
中には映画館まである豪華な作り。

僕は前の方が好きだったですけどね。
あの怪しい感じがたまらなかったわけだけど、今回のはちょっと資金に余裕が出来過ぎたんじゃないかな?なんて思ってしまう。

服は素敵ですけどね。
いかんせんユーロがね、高いんですよ★
インポートは辛い。

それはともかく、出口危ないですよね。
何人落ちたのか?気になります。
それも、彼特有の洒落なのでしょうか?

ウェブサイトも相変わらず洒落が効いてます☆

http://guild3.exblog.jp/m2007-05-01/
http://www.maisonmartinmargiela.com/



MAISON MARTIN MARGIELA EBISU
lines 1, 4, 11, 10, 14, 22, MM6, Artisanal 0 and 0 10

2-8-13 Ebisu Minami, Shibuya
Tokyo 150-0022 Japan

Tel: +81-(0)3-57 25 24 14
Fax: +81-(0)3-57 25 24 13

Opening hours:
monday to friday 12PM to 8PM
saturday to sunday 11AM to 8PM


http://www.maisonmartinmargiela.com/en/stores/japan.html



マルジェラ行く時は、ついでにguildにも遊びに来てくださいね☆

http://www.guild3.jp/
http://guild3.exblog.jp/m2007-05-01/

by guild-01 | 2007-06-03 16:30

ジョエルロブションのパン屋

ジョエルロブション
La Boutique de Joel Robuchon

ごくたまにしか六本木なんて行かないのだけど、ここだけは行きたくなるのがジョエルロブションのパン屋。
ここのカンパーニュの美味しさといったら☆
クロワッサンも美味だし。
ブリオッシュも美味。
使ってるバターの質が良いんですよね。


まともなパン屋の少ない日本にあって、本当に美味しいパン屋の代表格。
レストランよりむしろこっちの方が好きなくらい。


で、このパン屋が自宅の側にあったらなー!なんていつも思っていたのだが、恵比寿にあることが判明。
まさに”灯台もと暗し”

なんと店から徒歩3分だ。近い☆


もう、コンビニの不味いパンなんて絶対食わないぞ。
この店が一軒あるだけで来るのがめっちゃ楽しみになりました。


全種類制覇しようかな?
とりあえず、サンドイッチ類を食べてみる。
カンパーニュのサンドイッチ。

これは、昔パーティーやった時も作ったのだが、このパンと具の相性は素晴らしいのだね。
主張し過ぎないけれども、充分に味わい深いパン。
固さの加減も素晴らしい。
で、具がこれまた美味い。
ハムもチーズも、とても美味しい。
日本のハムやチーズって、実はほとんどが無茶苦茶なんですよね。


美味ーい☆
幸せ☆☆

しかも、高くないんですよね、全然。
ロブションのレストランはめったに食えないけど、ここなら毎日でも可。

恵比寿来たら、まず行くべし

ラ ブティック ドゥ ジョエルロブション
La Boutique de Joel Robuchon

場所は、ガーデンプレイスのB1Fのプロムナードです。


http://www.robuchon.jp/ebisu/la_boutique.html



ついでに、guild にも遊びに来てください☆
http://www.guild3.jp/

by guild-01 | 2007-06-02 15:27