『proef』 MANMI SAITOブログが面白い

最近、日本の才能ある若手デザイナーに知り合う機会が多いのですが、その中の一人、
『proef』のMANMI SAITOブログが面白いので、紹介します。

http://proefdesigns.blogspot.com/



以下引用

オランダに来て、一年目にしたことは、自分が素敵だと思うことを実現すること。
二年目に、それがなぜ美しいのか、どんな価値があるのか、自分にとって美しいとは何なのか、を掘り起こす。そのコンセプトを明確にして、コンテクストを作る。

コンセプト、コンテクスト、とは、日本語で言ったら概念、文脈なのだけど、日本語で言うそれとはどうも違う。
デザインとはコミュニケーションで、新しいランゲージを持つこと。このデザインにはランゲージがある。このデザインにはランゲージがない。

でも、デザインって何?コミュニケーションって伝わる、伝える、ランゲージって、言語?でもそれとはまた違うような気がする。
その中でオランダらしい。と言えるデザイナー、新しい美しいの言語を表現してるデザイナーが、maarten baasだと思う。



私たちは自然を見て美しいと思う、でも自然にあるものは、まっすぐな直線や、まったく傷がない完璧な形なんて存在しなくて、その歪さや不完全さに魅力があるけれど、私たちの生活の大量生産商品は、傷ひとつないまっすぐで滑らかな表面なものであふれていて、私たちはそれを完璧なもの、と理解している。

バース自身の言葉

「’美しさ’や’醜さ’というものに興味がある。私たちの美しいという感覚そのものが、それほど純粋なものではもはやない気がする。私のデザインは、それらの見方を一度リセットすることにある」

有名なsmokeシリーズは、19世紀のマスターピースともよべるような世界中のデザイナーが作ったいすを、燃やした家具

中略

かれの作品のコンセプトは、人々に美の概念について認識させる。
「どうして美しい棚は完璧なまっすぐな直線で出来ていて、木の装飾がなされているのか?
現代のデザインには、実験的だったり、表現するエネルギーのようなものが、アートや音楽、ファッションに比べかけている。」
現在プロダクトデザインのメインストリームにあるものたちは、可能であろう実験に対する挑戦をせずに、いままでのよいデザインとされているものの編集に過ぎない。だから、もし誰かが何か新しいことを試して、それが一般的に醜かったとしても、そのほうが面白いと感じる。」

以上、引用終わり

http://proefdesigns.blogspot.com/search/label/DESIGN


管理人は、昔からダッチデザインが好きで、オランダも良く行くのですが、やっぱり、ダッチデザインって色々な意味で面白いんですよね〜
デザイン自体が、アートの範疇に含まれているのだと思います。
どうも、それが日本というか、オランダ以外の国では、今ひとつ理解されてないような気がします。

特に、ダッチファッションの世界が。。
まあ、オランダ国内にハイファッションのマーケットが無いですからね。。
ファッションの世界でも、もっとなんとかしたいですね。

ということで、ダッチファッション(デザイン)の文脈をインターナショナルな言語で語るMANAMI SAITOの今後に注目しましょう!


proefデザインストッキングの写真はこちらにあります
http://proefdesigns.blogspot.com/search/label/PROEF

なお、contemporary creation+ では、通常販売の柄は、全て入荷しました。
ただしピンクは発売してませんので念のため。
ブルー&ブラックです。


よろしくお願いします。

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
0422-208101
[PR]

# by guild-01 | 2011-10-15 18:17 | proef | Comments(4)

H artinasal hand by..アクセサリー

e0126063_13162266.jpg


管理人が作っているアートアクセサリーシリーズ H artinasal hand by..

奴隷労働を伴う金やダイヤモンドなどと、私達の身近な町工場で作っている
ステンレスのネジやボタンやガラスなど、本当はどちらに多くの価値があるのか?
価値について根本から問い直しています。

もしも、それらのネジが優れていなかったとしたら、私達の世界は脆くも崩れてしまうはずですし、ガラスが優れていなかったら、コップの水がこぼれたり窓から外を見る事さえ出来ません。
ボタンの精度がなっていなかったら、服のボタンさえ嵌めることが出来なくなります。


H artinasal hand by..では、私達が当たり前だと思っているものの多くが、実は、様々な人々の ものすごい努力の上に成り立っていて、しかも価値があるということを、これからも見いだしていきたいと思います。


左から
Hemp + Silver =3,675yen(3,500)
Hemp + Silver =2,625yen(2,500)

French glass x wood + Cotton =3,150yen(3,000)
Stone Button x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)
Map Button x Silver + Wax PE =3,675yen(3,500)
French glass x Silver + Wax PE =3,150yen(3,000)

Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)
Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)
Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)
Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)

Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)
Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)
Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)
Stainless x Silver + Wax PE =2,625yen(2,500)

Stainless + Wax Cotton =2,625yen(2,500)
Stainless + Wax Cotton =2,625yen(2,500)
Stainless + Wax Cotton =2,625yen(2,500)


写真の商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)
[PR]

# by guild-01 | 2011-10-13 19:03 | H artinasal hand by. | Comments(0)

uemulo munenoli+RYOTA SHIGA 2012SS展示会

展示会情報です。

福島出身の2人のデザイナー、上榁むねのり氏と志賀亮太氏が、今週末から恵比寿のNADIFF APARTMENT TRAUMARISで合同展示会をやるそうです。

uemulo munenoli
http://uemulomunenoli.com/

RYOTA SHIGA
http://ryotashiga.com/

http://www.apalog.com/ryotashiga/



彼らが、この状況で、どういう服を作るのか?
本当に注目ですね。

バイヤーやプレスの方々は、是非足を運んでいただきたいと思います。

そこに、現在の『モード』が集約されているんじゃないかと思うんです。

そして、是非記事にしたり、買い付けたり、いろいろしてほしいと思います。

これからの日本のファッション、そして世界のファッションを考える上で、何かがそこにはあるのではないか?と管理人は思っています。

よろしくお願いいたします。ファッションの再生を願って。。


10月14日(金)〜10月17日(月)
11:00-19:00



TRAUMARIS 渋谷区恵比寿1-18-4 3F
http://www.traumaris.jp/

MAP
http://traumaris.jp/issue/images/traumaris_map.gif
[PR]

# by guild-01 | 2011-10-12 20:54 | uemulo munenoli | Comments(0)

吉祥寺のアートフェス『TERATOTERA祭り』10月20日(木)〜10月30日(日)

当ブログ管理人とguild周辺の仲間達が始めた『MUSASHINO ART PROJECT』と同時並行的に始まったのが、吉祥寺=高円寺間を結ぶ地域密着型アートプロジェクト 『TERA TO TERA』でした。


http://teratotera.jp/


これは、主に武蔵野美大出身の人達が始めたアートスペース『ART CENTER ONGOING』http://www.ongoing.jp/の人達と、東京都歴史文化財団の人達が中心になって進んでいったプロジェクトです。

そのTERA TO TERAの最初の大きな祭りが10月20日(木)〜10月30日(日)まで、吉祥寺駅周辺にて開催されます。


http://teratotera.jp/


以下引用

『TERATOTERA祭り』は、東日本大震災後のアートプロジェクトのあり方を探るべく、「震災復興」「東京をアートで元気に」という二つのスローガンのもと、 10月20日~30日をメイン会期として、JR吉祥寺駅周辺地域を舞台に開催する大規模展覧会です。映画館や商店街、百貨店の屋上など、日常生活で見慣れた街の風景が、アートの彩色によってこれまで見たことのない表情へと塗り替えられます。会期中は義援金を広く募ることをはじめとして、アート、映像、音楽、ダンスといった多様な表現を展開することで地域に活力を与えると共に、被災地へ向けアートに秘められた力やメッセージを強く発信していきます。2011年秋、東京の西の街中で繰り広げられる表現の祭典、ぜひお気軽に足をお運びください。


3.11以降の世界で、アーティストは何を見て、どんなメッセージを発信できるのか。 そして私たちはそこから何を感じとることができるのか。

以上引用終わり

是非吉祥寺にお越し下さいませ!!

管理人も期間中何をやるか考え中です。
[PR]

# by guild-01 | 2011-10-11 20:44 | ART | Comments(0)

DAN TOMIMATSU RECRYSTAL EXHIBITION SUSgallery window project-

e0122680_1950239.jpg
e0122680_19495163.jpg
e0122680_19491749.jpg


外苑前のSUSギャラリーhttp://susgallery.jp/では、新潟県燕市の金属加工技術をデザイナーがプロダクトとして、ブランド化する試み SUSgallery window project-が行われています。


第一回は、RECRYSTAL EXHIBITION -と題しまして、日本の次世代を担う注目のデザイナー富松暖氏が、日本の優れた技術を利用した新しいアクセサリーを発表しています。

管理人も先日レセプションに行ってきました。

写真は、氷砂糖をモチーフにしたジュエリーと、輪ゴムモチーフのジュエリーになります。
その他、会場には、チタン削り出しのコップやスプーンを抜いた金型など、様々なオブジェがあり、カッコ良かったです。


DAN TOMIMATSU
http://www.dantomimatsu.com/


以下引用

氷砂糖をモチーフとしたジュエリーを発表致します。

子供の頃、口にした氷砂糖。
白くて透明で、口に含んだ瞬間に幸せな甘さが広がる。

母の手からもらった一粒の氷砂糖。
理科の実験で作った自分だけの氷砂糖。

氷砂糖の味、形、舌触りは、そのものの記憶だけでなく
様々な出来事とともに結晶となり記憶されています。

頭の片隅で眠る記憶を呼び起こす”リクリスタルジュエリー”を発表致します。

併せまして、SUS gallery が企画するWINDOW PROJECTにて
リクリスタルをテーマにしたオブジェクトデザインも展示致します。

ぜひ皆様、お越し下さいませ

以上引用終わり 詳しくは

http://blog.dantomimatsu.com/


9/28~10/19まで
是非足を運んでみてください。
よろしくお願いします。
[PR]

# by guild-01 | 2011-10-11 19:46 | DAN TOMIMATSU | Comments(0)