人気ブログランキング |

ファッションの本質を探るワークショップ その5 東西の交流で発達する衣服やデザイン、そして文化



写真は元JIL SANDER のデザイナー uemulo munenoli ブラウス『Linea 』
日本のデザイナーも、こういう表現をする時代が来たのかと感慨深い一枚です。



ファッションの本質を探るワークショップ その4 自分の中の何かが変化するような服
http://guild3.exblog.jp/21219166/
のつづき

ccplus
「着出すときりがないんだけど...笑 これはRICK OWENSのロングカーディガンなのですが、これは上半身と下半身の素材が違うんですよ。で、下半身が身体にまとわりつくような素材で作ってあるんですね。だから、歩くと下の部分だけが身体に張り付いてセクシーな印象になります。もう計算されつくした素材と構造です。パリコレの一流デザイナーの服っていうのはやっぱりスゴいんです。」



竹田
「ほんとですね!」

注 RICK OWENS(リックオーウェンス)
パリコレには珍しいカリフォルニア産まれの異色デザイナー。ストリートと
ラグジュアリーの境界を走る人気デザイナー。かのヴィオネやグレといったバイアスカットの魔術師達に影響を受けた彼のカッティングは美しい。




ccplus
「これはSTEPHAN SCHNEIDER のワンピースです。和服にインスパイアされた服ですね。」

注 STEPHAN SCHNEIDER (ステファンシュナイダー)アントワープ王立アカデミー出身。ひねった解決法で作ったリアルな服で人気のデザイナー。プリントもカッティングも独特かつ、とても美しい。



(竹田ワンピースを着る)



竹田
「ほんとだ!和服っぽいですね。でも可愛いです。不思議な作りですね。」


ccplus
「パッと見ただけでは全然分らないんです 笑 着ると、いろんなところがスゴいことになっている。笑」



竹田
「私、なんて言うか、こういうデザイナーズブランドの服を着ると、もっと、いかにもファッションっぽい感じになってしまうのかと思っていたんですけど、なんだか全然違いますね。」


ccplus
「でしょ!?ここに置いてあるのはベルギーのデザイナーのものも多いんですけど、ベルギーってほとんど流行とか無いんですよ。ずっと似たようなシックな服か、もしくは変わった服なんですね。ショップとかも同じお客さんに向けて、その人の趣味とか体型にあったずっと同じような感じの服を売っていくっていうことが多いんです。そこは、モードの中心地パリから2時間くらいの位置関係というのも関係しているかもしれません。ほどよく流行から離れているんです。だからいかにもファッション的な嫌らしさが少ないと思います。
それに案外、和服っぽいでしょう!?」



竹田
「ほんとですね、なんかしっくりきます。」



ccplus
「ベルギーのデザイナーは、コムデギャルソンとか日本のブランドの影響を受けたっていうこともあるのですが、そもそも、アントワープっていう都市は、16世紀に東洋との貿易で栄えた都市なんですね。日本とか中国とか朝鮮の生地とか陶器、磁器や家具などを輸入して、アントワープからヨーロッパ各地に商品を輸出していた中心地なんです。だから、街中に東洋のアンティークを売る店がいっぱいあったりするのです。

ほとんど誰も指摘していませんが、北部ネーデルランド出身の世界的な画家、レンブラントとフェルメールは、それぞれ東洋の陶器や磁器の影響を受けて、自身の画風を完成させたのだと思います。
テクスチャーがそっくりですもん。
千利休とレンブラントの関係なんて調べたら、きっと思いもかけない面白いものが見つかると思いますよ。
現在、アントワープのデザイナーとかは、レンブラントやフェルメールに近いことをやっているのかもしれません。

それと同時に、現在日本では、千利休や俵屋宗達みたいなことをやっている人達が居るということなのかもしれません。」

後注
その後、アントワープでは、日本人のデザイナーが、DRIES VAN NOTEN , ANN DEMEUL MEESTER , HAIDER ACKERMANNなど多くのメゾンでデザイナーとして働くことになった。

そして、欧州のメゾンで活躍したデザイナー達が、日本に帰国し、自分自身のレーベルを立ち上げる機会も増えている。

e0122680_14325328.jpg


写真は、メゾン マルタンマルジェラ出身のデザイナー、小野智海氏による『名前の無いブランド』のコートです。
68,250yen(65,000)


(竹田 試着を終えて出てくる。)


竹田
「ありがとうございました。服ってほんと面白いですね、今まで気付きませんでした。」


ccplus
「そうですね、服っていうのは奥深くって面白いのでやめられない。だから今に至ってる感じです。」


後記

私たちが、普通に『東洋』だと思ったり『西洋』だと思ったりしているものって、実は、必ずしも、そうでもないのですね。

ずっと昔から相互に影響を与えている。


筆者が、それを一番感じたのは、ポルトガルに行った時に、首都のリスボンで、ポルトガル人が道ばたで『七輪でいわしを焼いている』のを見た時です。

この経験は、かなり衝撃的で、筆者の世界観を変えたといって良いと思います。

ポルトガル人は、日本に鉄砲をもたらし、結果的に戦国時代を生んだわけですが、日本人がポルトガル人に与えたものは、『七輪でいわしを焼く』ということだった。


おそらく、ポルトガルの人にとって、『七輪でいわしを焼く』というのは、現在では、ごく普通のことになっていると思います。

それは、
ポルトガルで、普通にイワシが取れる。
七輪でイワシを焼くと美味しいとポルトガル人が気付いた。
七輪の炭を生産し続けても、森林が枯渇しない気候だった。

という三拍子がそろっていたから、これがポルトガルの『文化』になったということです。


これが、乾燥していて、森林が少なく、なおかつ魚の穫れない隣のスペイン内陸部だったとしたら、全く定着することは無かったでしょう。


皮肉なことに、近代化によって『七輪でいわしを焼く』という行為は、私たちにとっては『非日常』になってしまいまいたが。。

その一方、日本に戦国時代をもたらした『鉄砲』を銃刀法によって葬り去ったのもまた、日本人の知恵だったと思います。


やはり、人を幸せにするような文化交流をしていきたいですよね。


e0122680_16161292.jpg



写真は当ブログ管理人も開発に携わった日本のブランド『gare』の袖まくりブラウス。
メンズの大きいシャツを縮めてレディースの半袖ブラウスにした1点ものから、パターンを起こし直したもの。
後にアントワープのデザインデュオ A.F.VANNDEVORSTが真似して作ってます。
27,300yen(26,000)




日本と欧州は、梅雨から夏にかけては別として、春・秋・冬の気温は、良く似ています。

植物の植生も、概ね落葉樹林帯なのは、西日本の一部や東日本も同じです。

着る衣服の質が似ていくのは、ごく当然のことだと思います。

(夏は、独自の視点が必要だと思いますが。。)


なので、欧州の衣服文化が、日本に影響を与え、日本の衣服文化が欧州に影響を与えていくのは、ごくごく自然なことでしょう。



筆者は、似たような気候と物価と文明を持つ欧州では、なぜ現地の素材で作った家や暮らしのシステムが今なお存続していて、日本では、それらがどんどん失われていったのか?

なんで、わけの分からないチープな新建材の家やプレハブやモルタルの家が、どんどん作られていったのか?ずっと考えてきたのですが、それは、また次回へ

by guild-01 | 2013-10-22 16:49 | FASHIONの本質

mapmagzineファッション特集

e0122680_14141089.jpg
e0122680_14145526.jpg
e0122680_14143378.jpg


管理人共同制作による吉祥寺のインディペンデントマガジンmapmagazineのファッション特集です。
数年前の編集ですが、アントワープ特集など内容充実で1,260yen(1,200)

まだ持っていない人は、是非買ってくださいませ。

編集長のharumi obama氏のオリジナルプリントが付いて 2,100yen(2,000)のスペシャルバージョンもあります。

http://www1.parkcity.ne.jp/magazine/


こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel 0422-20-8101  open=12:30〜21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

by guild-01 | 2011-10-25 14:32 | BOOK

マルタンマルジェラ東京


マルタンマルジェラ東京
恵比寿にマルジェラのショップが出来たのは2000年。
住宅地の奥の白い一軒家。
道の前には白い足跡と白いパイロン。
看板は無し。

内装は、とにかくどこもかしこも真っ白に塗り、白衣を着た店員がいる。

知らない人が見たら、なんか変な宗教団体かと思ったかもしれない。

実際、マルジェラがまだまだ日本では全然知られていない頃、何も書かれていない白いタグを見て、これは何?っていう人は多かった。


そんなマルジェラもオドロクほどの人気になり、移転した。
今度はカルピス工場の跡地。

壁にはMARTIN MARGIELA TOKYOの白い文字が。
中には映画館まである豪華な作り。

僕は前の方が好きだったですけどね。
あの怪しい感じがたまらなかったわけだけど、今回のはちょっと資金に余裕が出来過ぎたんじゃないかな?なんて思ってしまう。

服は素敵ですけどね。
いかんせんユーロがね、高いんですよ★
インポートは辛い。

それはともかく、出口危ないですよね。
何人落ちたのか?気になります。
それも、彼特有の洒落なのでしょうか?

ウェブサイトも相変わらず洒落が効いてます☆

http://guild3.exblog.jp/m2007-05-01/
http://www.maisonmartinmargiela.com/



MAISON MARTIN MARGIELA EBISU
lines 1, 4, 11, 10, 14, 22, MM6, Artisanal 0 and 0 10

2-8-13 Ebisu Minami, Shibuya
Tokyo 150-0022 Japan

Tel: +81-(0)3-57 25 24 14
Fax: +81-(0)3-57 25 24 13

Opening hours:
monday to friday 12PM to 8PM
saturday to sunday 11AM to 8PM


http://www.maisonmartinmargiela.com/en/stores/japan.html



マルジェラ行く時は、ついでにguildにも遊びに来てくださいね☆

http://www.guild3.jp/
http://guild3.exblog.jp/m2007-05-01/

by guild-01 | 2007-06-03 16:30

guild


guild


恵比寿でクリエイター支援のための場を運営することになった。
この先どうなるか?は分らないけれど、ここに行けば必ず面白いことがある。
面白いもの、面白い人に出逢える。ここから何かが産まれていくという場を作りたいと思う。


まだまだ恵比寿素人のワタクシ。
これから、どんどん恵比寿のことを知っていきたいと思う。
そんなわけで、自分で見て感じた恵比寿の世界を伝えていこうと思う。




まずは、自分か関わるguildの簡単な紹介から。



guildは、取り扱いブランドのショップ機能と、プレス・ショールームとしての機能。
それにギャラリーやエキシビションとしての機能を持つスペースです。


基本はファッションですが、ファッションのみに留まらず、ペインティング、映像、音楽、グラフィック、写真など、他ジャンルも含めた総合的な情報の集積・発信を目指します。

まだまだ始めたばかりのですが、これからどんどん面白いことやっていきたいと思いますので、ぜひ皆様よろしくお願いいたします。



undo http://www.undo-506.jp/
vicuna,
GARE,
gem http://www.gem-tokyo.com/
skinwear http://www.skinware.jp/sf.html
という日本のブランドと
インポートデザイナーズの服、靴、小物,
他、
CD http://www.bridge-records.com/
書籍等を扱います。


初回の展示は、インディペンデントマガジンmap のファッション特集
http://www1.parkcity.ne.jp/magazine/
の発行を記念した展示です。



mapは『FAFHION EMERGENCE』と題して、ファッションが立ち現れる瞬間を切り
取っていきます。



巻頭のアントワープ特集では、一時代を席巻したアントワープファッションがいかに産まれ
、街を変えていったのかを考えます。
そして、アントワープと日本の深い関わりについても掘り下げていく試みを行います。


『公共空間とファッション』では、
必要最低限の住居(建築)としての衣服、衣服というものが心や身体にいかに作用するのか
を、ホームレスの視点を通して考えていきます。



さらに、ファッションと身体の関わり、内と外の関係、

デザイナーが誕生していく瞬間。GAREという日本の新しいブランドがデビューしていく
過程などを追っていきます。



5月11日より6月4日(月)まで、東京、恵比寿のguild(ギルド)では、
mapファッション特集
http://www1.parkcity.ne.jp/magazine/

の刊行を記念した、アントワープファッションの希少なアーカイブの展示を行っています。




guildの目的は、クリエイションの支援にあります。
素晴らしいプロダクトが産まれ、流通するのをサポートしていくことが目的です。
素晴らしいプロダクトに触れることが出来るから、素晴らしいプロダクトを産み出すことが出来る。それはクリエイションの当然の仕組み。
そのために、順次、(Educational Archive)エデュケーショナルアーカイブの展示を行っていきます。

初回は、とっておきの銘品達が集まっています。




ANGIELO FIGUS(アンジェロフィギュス)のシルクのトップとひねったスカートとブーツ。


DIRK VAN SAENE(ダークヴァンシーン)の1999SSペーパードレス

VERONIQUE BRANQUINHO(ヴェロニクブランキーノ)の七色に光るシルクのドレス2003SSとか

MARTIN MARGIELA(マルタンマルジェラ)の銀色スカート2003SSとか

A.F.VANDEVORST(エーエフヴァンデヴォスト)の最高傑作2001SSの甲冑とか

48枚の長方形で作ったBRUNO PIETERS(ブルーノピータース)の2004SSドレスとか

ANKE LOH(アンケロー2001SS)のカーボンを使用したドレス

消費社会をテーマにしたRAF SIMONS(ラフシモズの2003SS)の空き缶アクセサリー等々
を展示しています。


他にもアントワープ関連の資料や本、フライヤーも準備してますので、好きな人にはたまらない展示になってると思います。
皆様お誘い合わせの上、是非どうぞ☆





そして、map編集長の写真家、小浜はるみ氏の写真を展示しています。

写真はこちら
http://www1.parkcity.ne.jp/obama/GALLERYTOP/photogallery.html
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/collection.html






行き方
JR恵比寿駅からガーデンプレイスまで動く歩道で移動し、ガーデンプレイス出口を出て右折
。橋を渡ると交差点があります。
その交差点を斜めに入る工事中の道があります。
その先にある白い巨大な煙突(夜間は赤い点滅が見えます)を目指して進みましょう。
工事中なので、途中で迂回しなければなりませんが、道なりに1−2分進むと左側に白い
一軒家のショップがあります。
赤い布の看板が目印です!

隣は雑貨屋と、”くれ竹”という料理屋さんです。






まだまだ始めたばかりのですが、これからどんどん面白いことやっていきたいと思いますので、ぜひ皆様よろしくお願いいたします。






guild(ギルド)
中世の商工業組合を意味するguild。
産業革命以前、株式会社の形態が起きる前
guildによるモノ作りはルネッサンスを支えた。
21世紀のguildは、新しい時代を支える一つの道を提示する。
それは、かつてのguildではなく、21世紀のguild



guild shop data
目黒区三田2-3-20 1F
TEL/FAX 03-3713-0513
営業時間 12:00-20:00
定休日  木曜日
2007年5月11日(金)オープン
http://www.guild3.jp/

by guild-01 | 2007-05-31 20:59 | guild