人気ブログランキング |

イギリスのハンドフレームのニット小物について

イギリスのハンドフレームのニット小物について

『ハンドフレーム』というのは、手編みではなく、手織り。つまり、昔ながらの織り機で職人さんが編んだニットのこと。

産業革命以前のやり方で作られたもの『マニュファクチュア』ですね。

現在でも、一流ブランドは、こうした生産方法の工場で作ってたりします。


大量生産の機械ものとは明らかに違う質感が特徴です。


手編みほど高価ではなく、かといって大量生産のものとは明らかに違う素晴らしい質のもの。

ちゃんと使えば、普通に、一生使えるといって良いと思います。

当店では、ストールで8000円から13000円くらい、ニットキャップで5000円以下で販売してますので、極めてコストパフォーマンスは高いです。
5000円とか8000円で一生ものですから。


メリノウールのニットも素晴らしいですが、イギリスの伝統的なニットも、これまた味わい深いものです。


コーディネイトにちょっとざっくりとした印象を加えるのに良いと思います。



それから、NARUMI TAKIZAWAのフェイクファーのバッグ

そして、この季節恒例の掘り出し物冬小物なども入荷しております。
楽しいお買い物をどうぞ。


ただいまギフトラッピングも無料で行っています。
よろしくお願いします。

by guild-01 | 2014-12-19 21:56 | KNIT